[ニュース分析]12・28合意維持に必死な日本「両刃の剣」抜く(ハンギョレ)
 しかし、今回の措置は日本にとって「両刃の剣」になるほかはない。今回の措置が韓国の世論を刺激して、両国関係が“破局”に達しかねないためだ。そうなれば、日本が長期にわたり精魂込めて締結した韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)はもちろん、12・28合意も事実上破棄の手順に入りかねない。これを意識したように、菅長官は「日本と韓国は言うまでもなく隣国で大変に重要な国家だ。そうした中で日本がこうした措置を取らざるを得なくなったことは非常に遺憾」とし、「国と国で約束したことは実行してほしいという強い思いだ」と韓国政府を批判した。

 菅長官は「今回の措置をいつまで持続するか」という質問に「状況を総合的に判断して対応していきたい」としつつも「今回また、釜山市に(少女像が)新たに立ったので、政府としては今回の措置を取った」と話した。韓国政府が日本の抗議を受け入れて、釜山少女像に対して納得できる措置を取る場合、今回の事態を早期に収拾するという意味だ。しかし、韓国政府が世論を無視して日本の要求を受け入れることが出来るかは不透明だ。日本のマスコミも日本政府の今回の措置で当分韓日関係の悪化は避けられないという悲観論を示している。
(引用ここまで)

 ふむ、今回の日本政府による措置が「両刃の剣」とな。
 その理由が「両国関係が『破局』に達しかねない」からだそうですよ。
 そんなことは重々分かっている上でやっているに決まっているでしょうに。「日韓友好」に最大の価値をおいて関係性を結んでいるのであれば、そもそもが異論を呼ぶであろう慰安婦問題の解決なんてやらないほうが得策。
 それでもアメリカの取りなしで合意を結んだからには最大限利用するっていう腹づもりでしょ。

 という前提で日本テレビ系のニュースで報じられた政府高官の発言をご覧ください。

困らない

慰安婦像設置への対抗措置、その背景は…(日本テレビ)

 パク・クネが任期の前半で「歴史問題や慰安婦問題を解決しないかぎり、日韓首脳会談を行わない」と宣言していました。
 その宣言に対して安倍政権は「ドアは開いている」とだけ話して、積極的に韓国に関わろうとはしませんでした。
 それでも別に日韓関係は破綻はしませんでした。なにも困らなかったですしね。

 日本政府にとってこうして韓国側が合意の履行ができなくなる、あるいは合意を覆してくることは前提であったのでしょう。

 今回の対抗措置でも別に破綻しやしません。韓国の次期政権がどんな対日政策を執ってくるかはまだ不明ですが、反日オールスターであることからそれほど想像には難しくないところです。
 日韓関係は史上最悪レベルのそれになるかもしれませんが、そうなっても「日本は別に何も困らない」のです。
 第2次安倍政権からこっち、そのようにできるように「価値観外交」で布石を打ってきていて、それが実を結ぼうとしているのですね。

総理の誕生 (文春e-book)
阿比留瑠比
文藝春秋
2016/12/16