楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

日韓ワールドカップ

 相互RSS募集中です

FIFA審判委員長、「ビデオ判定が長い? 2002年のスペインだったら5分だって長くないと思うんじゃないかな」

FIFA ref's chief defends Club World Cup VAR trial after Ronaldo goal(ESPN・英語)
 FIFAの審判委員会の責任者であるマッシオ・ブサッカは日本で行われているクラブワールドカップにおいてテストされているビデオ判定に対する批判に対して反論を行っている。 (中略)

 主たるビデオ判定に対する批判は時間がかかるというものだ。

 しかし、ブサッカは「(判定に)タイムリミットは設けられていない」、大事なことは「正確な判定が行われることだ」と述べている。

「スペインは韓国でのワールドカップでの試合で判定が修正されるのであれば、30秒だろうと5分だろうと待つことを気にしたりはしないと思います」とブサッカは2002年のワールドカップで完璧に決められたように見えたふたつのゴールを取り消された挙げ句にPKで敗退したスペインを例に挙げた。
(引用ここまで)

 FIFAの審判委員長という重要な立場にいる人物が、今回のクラブワールドカップから導入されているビデオ判定について擁護しています。
 「正確な判定が必要だ」として、具体例を挙げるときにマラドーナの神の手でもなく、1966年のイングランド−西ドイツの誤審でもなく、2010年のその逆の誤審でもなく。
 韓国−スペイン戦の「誤審」をピックアップするところに、2002年のすべてが込められていると思いますね。

 まあ、もうちょっと洗練されたやりかたをする必要があるとは思いますが。
 ゴールについてオンサイドであったか、オフサイドであったかすべてビデオ判定するんですかねぇ……。

電通とFIFA〜サッカーに群がる男たち〜 (光文社新書)
田崎 健太
光文社
2016/2/20

欧州に「FIFA腐敗捜査=2002年の韓国代表だよな!」という共通認識がある模様

South Korea results from 2002 World Cup now under scrutiny(eurosport)

 記事の中味自体は昨日のものと大差ありません。英語で報じられているのがメインってところですかね。
 これが面白いのは「FIFAの疑惑が捜査される」ってなるとヨーロッパ中が一気に「2002年のことだな!」ってなるところ。
 ヨーロッパ……というか、おそらくは世界の共通認識としていまだにあるのですね。
 当時は「2002年のワールドカップ直後だから印象が強くて云々されているだけで、過去のワールドカップにも誤審はあった」って言い訳もあったのですが。

 13年が経過しても、「腐敗といえば2002年の韓国代表」って共通認識を持っている。
 しかもスペイン、イタリアといった当事者ではない英語メディアであるユーロスポーツがさらっとこう書いてしまう。
 ま、以前にも英Goal.comでワールドカップ10大誤審がモレノではなく、「韓国代表」であった時点でお察しくださいってところなのですが。

FIFA幹部逮捕続出で2002年日韓ワールドカップの韓国代表戦にもメスが?

幹部逮捕に揺れるFIFA。伊紙は2002W杯に疑問(フットボールチャンネル)
 国際サッカー連盟(FIFA)幹部6名が汚職により逮捕された。これを受けイタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』は29日2002年ワールドカップへの疑惑を報じている。

 日韓ワールドカップではイタリアは決勝トーナメント1回戦でホスト国である韓国と対戦した。この試合でイタリアは、FWフランチェスコ・トッティがシミュレーションによって退場。延長戦ではゴールが認められなかったこともあり1-2で敗北している。

 同紙は「FBIは2010年ワールドカップでは1000万ドル(約12億円)の賄賂が支払われたと言及」と報じ、「きっと2002年ワールドカップについても賄賂が明らかになるだろう」と述べている。

 韓国対イタリアでの2つの判定は、後にDVD「FIFA FEVER」において「世紀の10大誤審」に選出された。また、同試合の主審を務めたバイロン・モレノ氏は大会後に理由の明示なしにFIFAより国際審判リストから除名されている。
(引用ここまで)

 FIFA理事が複数逮捕されたと聞いて、うちが思ったのもこれ。
 楽韓Webを作るきっかけになったのが2002年のワールドカップでの傍若無人さなのです。
 それと某誌に「韓国の正体」っていう企画を持ちこんで「韓国はアンタッチャブルなんで……」って言われたのがきっかけですかね。

 2002年の誘致と競技になにもなかったとは言わせないぞってことなのでしょう。
 そして、イタリアがいまだに忘れていない、忘れようがない話でもあるわけです。
 もちろん、スペインも
 バイロン・モレノに証言させれば面白いと思うのですけどねー。


最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ