楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

日韓関係

 相互RSS募集中です

日本政府「釜山の自治体に慰安婦像撤去要請の文書を送った? 不十分」→駐韓大使の帰任がまたまた延期へ

慰安婦像の移転要請だけでは「不十分」 駐韓大使、帰国長期化(zakzak)
 政府は、韓国・釜山での慰安婦少女像設置に対抗した長嶺安政駐韓大使の一時帰国措置を巡り、韓国外相が釜山市に少女像移転を文書で働き掛けただけでは「不十分」と判断し、当面帰任させない方針を固めた。政府関係者が25日、明らかにした。韓国の憲法裁判所が3月上旬にも朴槿恵大統領の罷免の可否を決めるのを見極める構え。1月9日からの大使一時帰国は長期化しそうだ。
(引用ここまで)

 これは面白い構造。
 慰安婦合意はどう見ても妥協の産物で、日韓共にその国民には不満の残る合意でした。
 楽韓Webでは「これが外交の現実だよなー」と思っていたのですが、背後にアメリカがいる以上はしかたがないとも感じてはいました。
 まあ、日本としてはぎりぎりのところを守って「不可逆に解決」という言葉を入れたということでよしとしようというところでしたかね。
 密約の結果として発表された河野談話とは異なり、各国が証人となる外相同士の記者会見という形も悪くはありませんでした。文章化していないところには不満でしたが。
 事前に「こういう路線ならあり」と書いていたものをそれなりに実現していたので、合格点かなーとも考えていたのですよ。
 実際問題、韓国ウォッチャーで慰安婦合意を合格点だって言っていたのは、うちくらいだったのをよく覚えてますよ。

 ところが1年ちょっとが経過した今、慰安婦合意が日本側が韓国政府を攻める道具に変化していようとは。

 韓国政府「撤去について努力しますので……」
 日本政府「具体的な動きなしじゃ意味ないねぇ」
 韓国政府「釜山東区に慰安婦像を撤去するよう働きかけました」
 日本政府「不十分ですね。リジェクト」←イマココ

 ちょっと考えていなかった展開ですわ。
 何度か書いているように、現在のレイムダックとして一切の動きが取れない韓国政府に対してではなく、次期政権に向けてのアピール行動であるとは思うのですけどね。
 釜山の慰安婦像設置は日本政府にとっては渡りに船といったところだったのでしょうね。
 面白いもんだなぁ……。

マンガで分かる逆転発想勉強術(1) (ヤングキングコミックス)
ゆうきゆう / まったくモ―助
少年画報社
2016/9/26

元日本人のホサカ教授がムン・ジェインの政策ブレーンに登用 「慰安婦合意はいくらでも再協議可能」

文在寅大統領選挙キャンプに合流した保坂教授「韓日慰安婦合意、いくらでも再協議可能」(中央日報)
保坂教授は23日、ソウル汝矣島(ヨイド)の文在寅キャンプで行われた要人招へい記者会見で「日本も1993年の河野談話を検証し、事実上、無効にした」としながら、2015年12月28日の韓日慰安婦合意の再協議の可能性を提言した。

しかし、保坂教授は「再協議以前に、どのようにして合意に至り、その背後に何があったのか、正確な検証を終えた後で、そのような土台の上でいくらでも再協議は可能」と付け加えた。
(引用ここまで)

 ……まあ、再協議できなくもないと思います。たとえば──

「慰安婦合意について再協議しよう」
「不可逆に解決したので無理です」

 ……こんなような会話を「再協議」というのであれば、きっと可能なのでしょうが。
 「いくらでも可能」というのであれば、この会話を何度も繰り返すこともできるとは思います。

 そもそも、ホサカ教授がこの問題に口を出してくること自体が笑っちゃう。
 ムン・ジェイン陣営としては対日政策をツートラックで進めるために日本側の事情に詳しい人物を……ということなのでしょうが。
 現状の日本における対韓国感情からはもっとも遠い人物のひとりですわ。

 ホサカ教授の主張は年々過激化の一途を辿るばかりで、日本からまるで相手にされないものになっています。
 去年にはついに「日韓友好を求めるのなら大韓民国臨時政府を認めて、否定的な言説を取り締まれ」とか言い出す始末。
 20世紀の終わりにはこんな考えかたをしていた人間もけっこういたのですが、もはや2017年の日本では通用しませんわ。

 それでもムン・ジェイン政権でホカサ教授がブレーンとなって対日政策が練られるのであれば、それはそれで「よい日韓関係」を結ぶことができると思いますけどね。
 むしろ日本にとっては望ましい方向かなぁ。

世界一簡単な髪が増える方法
辻 敦哉
アスコム
2016/9/24

ビッグフロント先生「アメリカは尊敬・信頼できても韓国をできないのなら、それは偏見だ!」と信頼していない国への信頼を強制する模様

安倍首相の対米「隷従」と韓国への「居丈高」を大前研一氏指摘(NEWSポストセブン)
 しかし、もし「和解の力」が安倍首相の外交における基本信条であるならば、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことへの対抗措置として日本政府が駐韓大使と釜山総領事を一時帰国させるなどしたのは、矛盾しているのではないか。

 第二次世界大戦で日本はアメリカと太平洋地域で熾烈な戦いを繰り広げたが、アメリカ本土には迷惑をかけていない。一方、韓国は植民地にして本土に迷惑をかけたことは間違いない。安倍首相が「和解の力」を本当に信じているのであれば、大統領がスキャンダルで職務停止になって死ぬほど恥ずかしい思いをしている韓国に対し、10億円払ったのだから日韓合意の約束を守れ、と迫って傷口に塩を塗るのは言葉と行動が違うことになる。

 アメリカには僕のように隷従し、韓国には居丈高な態度を取る。アメリカは尊敬・信頼できるが、韓国は尊敬も信頼もできないという、ある種の「偏見」が見え隠れする。
(引用ここまで)

 これが古い、韓国を一人前の国家として認めていない人間の典型的なパターンですね。
 ちょうど昨日そんな感じのエントリを書いて、そのサンプルがその日のうちに手に入るとは。

 尊敬も信頼も互いに築き上げるものであって、日米はそうすることができたからこそオバマ大統領はその任期中に広島を訪問できた。
 そしてその返礼として安倍総理が真珠湾を訪問した。
 おととしの安倍総理のアメリカ議院演説にあったように、ギャラリーに硫黄島に上陸した兵士がいて、その横に硫黄島守備隊司令官の孫が座ることができる。
 広島訪問には反対の声もあっただろうし、真珠湾訪問に対しての問題もあったはず。でも、尊敬と信頼は確実に二カ国のベースにある。

 じゃあ、翻って韓国はどうなのか。
 安倍総理のアメリカ議院演説に韓国政府が反対表明
 世界遺産登録に際して「お互いに協力をする」と外相同士が宣言しても土壇場で手のひら返し
 国家元首は70年どころか「被害者と加害者の立場は1000年経っても変わらない」と宣言する。
 国民は日本に対して嫌がらせを繰り返し、大使館・総領事館のすぐ横に嫌がらせの像を建てる。
 原爆投下は神の懲罰と言い放ち、天皇は跪いて謝罪しろと要求し、盗んだ仏像は返さない
 こういった行動にどうしたら尊敬と信頼があるというのか。

 信頼と尊敬は相互にあってこそ成り立つものであって、片務的にそれを抱えろとかおかしな話です。
 つまり、相手側がどうであろうと信頼し、尊敬しなければならない。
 この考えかたこそが、相手を下に見ている証拠とすらいえるのに。

 大前研一氏はどうも言葉が軽いというか。なじめない人物です。

誤解されない話し方 説得力より納得力 (講談社+α新書)
梅田悟司
講談社
2010/5/20

韓国外交部「釜山の自治体は慰安婦像を撤去せよ」……ただの丸投げじゃん

外交公館前の造形物設置「望ましくない」=韓国外交部(聯合ニュース)
慰安婦:外交部、釜山市などに公文書で「少女像撤去を」(朝鮮日報)
韓国政府、釜山東区庁に「少女像移転」の公文書(中央日報)
 趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は同日の定例会見で、「一般的な場合において、外交公館前の造形物設置は国際慣行の側面で望ましくないとの立場だ」と述べた。

 また、ソウルの日本大使館前の少女像についても同様の基準を適用できるとの意味かとの質問に対し「そうだ」と答えた。

 少女像の移転をめぐり、先ごろ政府が釜山の自治体に公文書を送ったことについては「少女像は民間で自主的に設置したため政府が(移転を)決定できないとの前提の下、慰安婦問題を歴史の教訓として記憶するためより適切な場所に像を移す方策について政府と自治体、市民団体などが知恵を絞る必要があるという立場を伝えるために送った」と説明した。

 自治体側が公文書を政府からの「圧力」と受け止めかねないとの指摘については「数回にわたり表明してきた立場をさらに明確に伝えるために送った。強要というよりは知恵を集める必要があるという趣旨だ」と述べた。
(引用ここまで)

 韓国政府が慰安婦像移転、撤去について多少は動きを見せてきたというところでしょうか。
 でも、よく見てみると自治体に丸投げしているだけで、韓国政府が主体としてはなにもしていないのですよ。
 釜山東区に「移転しろ」って公文書を送っただけ。
 自治体は中間管理職みたいなもんで、撤去でもしようものならまた電話パンクは間違いなし。
 もはや自治体レベルではどうしようもないし、日本政府も韓国政府に努力を求めているのが慰安婦合意の精神。

 日本政府の基本方針は日韓外相会談でもあったように「結果が大事」というもの。
 韓国政府、担当自治体、市民団体が具体的な協議をはじめるっていうのが、慰安婦合意でも書かれている「努力」の最低限度かなぁ。
 ま、それを判断するのは日本政府です。

 現状は「もうちょっと頑張ろう」ですね。

超一流になるのは才能か努力か? (文春e-book)
アンダース・エリクソン / ロバート・プール
文藝春秋
2016/7/30

 

韓国人「日韓関係がただの二国間関係になりつつある……だと?」

ことあるごとに衝突 悪循環にはまる韓日関係(聯合ニュース)
 韓日関係が、ことあるごとに衝突する悪循環に陥りつつある。(中略)

 独島を「固有の領土」と明記し、独島領有権教育を義務化する日本の学習指導要領改訂をめぐり、14日にも外交部に呼び出されている鈴木氏は、8日ぶりとなる再度の呼び出しに至極事務的な表情で応じた。異例であるべき呼び出しが日常的になっている状況を象徴的に示す光景だった。

 韓日は2015年12月末の慰安婦合意以降、大局的な協力を目指して両国関係の良い流れを保とうとしてきたが、16年12月に慰安婦被害者を象徴する少女像が釜山の日本総領事館前に設置された一件を機に、関係が再び悪化の一途をたどっている。

 慰安婦、教科書、独島、靖国神社参拝など長年確執が続いている問題だけでなく、海外駐留の自衛隊から韓国軍が実弾を借りたことをめぐっても神経戦を繰り広げていた過去の状況に、韓日関係が戻ってしまうとの懸念も出ている。

 こうした状況について専門家は、安倍晋三政権の右寄りな姿勢と韓国の弾劾政局などが原因の一時的な現象とは見なし難いと指摘する。

 むしろ、歴史の被害者・加害者という認識が関係に大きな影響を与えていた時期、冷戦下で安全保障のため経済面で協力してきた時期の「特殊関係」を韓日が脱する過程で起きた現象だと捉える方が本質に近いとの見解が多い。

 外交部東北アジア局長などを務めた趙世暎(チョ・セヨン)東西大教授は23日、韓日が特殊関係にあるという論理で懸案を解決していた時期は過ぎたとし、「これからは韓日間で利害関係により問いただすことは問いただし、指摘することは指摘するというパターンが増えると予想されるため、備えるべきだ」と述べた。対日政策において予想される利益と被害を、韓国は冷静に見積もる必要があるとの指摘だ。

 趙氏はさらに「外交の青写真を描き、統一と北核問題解決のため日本にどこまで協力でき、どこまでが限界なのかを見極めた上で、対日外交を展開すべきだ」と助言した。
(引用ここまで)

 韓国側でもようやく少数が気づきつつあるようですね。
 日韓関係がただの隣国関係になろうとしていることを。
 その大いなるきっかけは2002年のワールドカップでした。そこからじわじわと韓国と日本の関係性のおかしさ、韓国の異常さが拡がっていったのです

 個人的なポイントはソウルオリンピックでした。当時はインターネットがなかったので、韓国の持つ異常さ、おかしさを拡散させる手段がなかったのです。
 ですが、ワールドカップの時にはインターネットがあり、その異様さを喧伝できるようになったのです。
 楽韓Webもその一環ですね。

 ・差別用語を使わない。
 ・原則的に韓国メディアの報道を引用する。
 ・淡々と伝え、評論する。

 楽韓Webはこの3つを延々と足かけ16年間続けてきたのです。

 多少なりとも「実際の韓国の姿」の少なくとも一面を伝える役割を遂げてきていると自負しています。
 日本国民の大多数が「韓国は友好国ではない」と理解し、「日本とは根本的に異なる国」であるという認識ができたからこそ、こうして外交的に対抗措置を執ることができるようになったのです。
 それ以前は韓国をお味噌扱いにしてきた、ということでもあるのですけどね。
 韓国を特別扱いにしろと言っている連中は、韓国を一人前の国とは認めていないということにもつながるのですが。

 韓国側はいまだに「被害者と加害者の関係性は1000年経っても変わらない」とか言っている状況ですが、いずれ日韓関係はすでにパラダイムシフトを迎えたことを知ることになるでしょう。
 ようやく専門家のレベルがそこに気がつきつつある、というのが今回の記事というわけですね。

 思えば遠くにまでやってきたもんだ……。

この1冊で韓国問題丸わかり!Part.2―――やっぱりこの国はホントにおかしい【歴史通増刊】
ワック編集部
ワック
2016/11/4

韓国政府、慰安婦合意に反対の団体に対して支援を中止 → 次政権ではどうなるかが慰安婦合意の焦点である理由

ムン・ミオク議員「慰安婦合意反対の民間団体に韓国政府が支援を中止」(朝鮮日報)
 「女性家族部(省に相当)が韓日慰安婦合意に反対意見を表明した民間団体に対する政府支援を中止した」との主張が飛び出した。

 これは、国会の女性家族委員会に所属する最大野党「共に民主党」のムン・ミオク議員が20日、「女性家族部から提出された資料『朴槿恵(パク・クネ)政権年度別女性家族部民間団体国庫補助金支援現況』を分析した結果、確認された」として明らかにしたものだ。

 ムン・ミオク議員によると、女性家族部は2013年に「女性団体共同協力事業」と「旧日本軍従軍慰安婦被害者の生活安定および記念事業」で、「ナヌムの家」「従軍慰安婦と共にする馬昌鎮市民の会」など4つの市民団体と韓国女性人権振興院に2億8900万ウォン(現在のレートで約2900万円)の予算を組んだ。

 14年にも「社団法人韓国挺身隊問題対策協議会」「ナヌムの家」「韓日歴史交流会」など17団体に26億4700万ウォン(約2億6000万円)を支援した。

 また、15年には13団体に13億900万ウォン(約1億3000万円)を支援するなど、慰安婦問題を国内外に伝えるさまざまな事業に支援を惜しまなかった。

 ところが、15年12月28日の韓日慰安婦合意以降、これに対する反対意見や反対声明を発表した「社団法人韓国挺身隊問題対策協議会」「ナヌムの家」「従軍慰安婦と共にする馬昌鎮市民の会」への支援が中止されたという。

 ムン・ミオク議員は「ある市民団体は韓日慰安婦合意で設立された『和解・癒やし財団』のせいで事業支援が続けて受けられなかった」と主張している。 (中略)

 これに対して女性家族部は「2014年から15年まで韓国女性人権振興院で行われていた『国際協調活動および民間団体記念事業』公募で選定された民間団体に事業費を支援したが、16年は当該公募事業そのものを実施していない」と反論した。

 そして、「社団法人韓国挺身隊問題対策協議会には毎年、施設運営費(3000万ウォン=約300万円)を支援してきたが、16年にはこれを団体側から返納してきたため、今年もその予算を確保して国費支援を申請するよう公文書で案内したが、現在まで回答がない」と説明した。
(引用ここまで)

 慰安婦合意がきっかけになり、韓国国内でも市民団体への政府による支援が激減といったところですか。
 慰安婦関連資料の世界の記憶(旧称世界記憶遺産)に対しても登録を目指す団体への支援を取りやめています
 少なくとも現状では、慰安婦像の撤去を除いて慰安婦合意に則った行動を取っているというのは間違いないところですかね。

 その一方で3月の頭に弾劾裁判の判決が出て、罷免されたとしたら5月には新大統領誕生。
 現状ではムン・ジェインが新たな大統領になることは9割9分間違いない。
 釜山の慰安婦像を電撃訪問したように、慰安婦問題を蒸し返してくるであろうことも間違いない。
 そもそも易姓革命の性格を強く持っている韓国の政権交代では、前政権の成果はすべて否定される定めにあります。
 今回の政権交代はその性格がさらに強くなっている……というか、ならざるを得ない状況になっている。

 そのときに日本政府はどのように対応するのか、あるいは対応できるのか。
 慰安婦合意は当初からそこが焦点であるのですよ。

 

竹島の日式典を目指して今年も韓国人が島根県庁に向かう模様……入国拒否にしたら?

韓国議員らが「竹島の日」にまたも文化テロを計画 いつまで傍若無人を許すのか 下條正男・拓殖大教授(産経WEST)
「竹島の日」式典開催に抗議 韓国団体が現地訪問へ(聯合ニュース)
2月22日は、「竹島の日」である。2006年に第1回が開催されて以来、島根県主催の式典は、今年で12回目を迎えることになった。韓国から毎年、同国の民族団体「独島守護全国連帯」のチェ・ジェイク氏が島根県にやってきて、式典会場近くで小競り合いを繰り返すのも、年中行事の一つとなった。彼らの目的は、「竹島の日」の廃止を求めて、抗議することにある。今年は、竹島に「平和の少女像」を建立するとして、募金運動を始めた京畿道(キョンギド)議会の議員も一緒にやってくるのだそうだ。その議員も、独島守護全国連帯の関係者ということで、島根県庁前では記者会見を開くつもりだという。

 普通、彼らは観光ビザで日本に来るはずだが、その種のパフォーマンスを演ずるためには、別途、興行ビザも申請する必要がある。興行ビザも持たずに入国し、大阪の韓国領事館前や島根県庁前で抗議のパフォーマンスをし、「竹島の日」の式典を妨害する行為は文化テロである。

 だが彼らには、自国と他国の区別がつかないのであろう。日本が法治国家であるならば、毎年のように「資格外活動」をさせ、英雄気取りで帰国させるのは感心しない。日本では何をしても許されると思い込まれては、日本国内が騒々しくなるばかりだからだ。
(引用ここまで)
韓国の市民団体「独島守護全国連帯」は20日、ソウルの日本大使館前に設置されている旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」の近くで会見を開き、島根県を訪れ、同県が主催する「竹島の日」(2月22日)の式典に抗議する計画を明らかにした。(中略)

 同団体のメンバー5人は21日午前、大阪の韓国総領事館前で抗議声明を発表し、22日午前、島根県庁前で独島の領有権主張を批判する行進を行う。

 同団体は島根県が条例で竹島の日を制定した2005年から毎年、抗議するために現地を訪れている。
(引用ここまで)

 今年もまた独島守護全国連帯のみなさんが日本にくるそうで。
 楽韓Webでも何度か関連エントリを書いています。記事にあるチェ・ジェイクなる人物は2005年には島根県庁前で血書を書こうとしてカッターを取り出して、警察に確保されていますね。ちなみにソウル市会議員です。
 今年は慰安婦像を独島に建てると宣言していた、京畿道議員もやってくるそうですわ。
 こんな風にして毎年毎年、竹島の日に韓国人がやってきては一騒動を起こして凱旋していくのを見送るだけだったのですよ。

 ただ、2014年に靖国神社への韓国人の侵入を阻止したように、やろうと思えばなんらかの手段は執れる状況ではあるのです。
 現状、日本国民の釜山対抗措置への支持が約8割。
 韓国に対する日本人の印象が最悪になっている現在の状況であれば、入国拒否なり業務妨害なりの手段で逮捕しても反対意見は極小だと思うのですけどね。

 なんとかという独島芸人を入国拒否するよりは、こいつらに対してやらない理由はない。
 まあ、入国拒否をしてもそれを理由に凱歌を挙げるのは間違いないでしょうが。
 monKIことキ・ソンヨンもなぜか新婚旅行に北海道に来るとか、なんでこういちいち日本に来るんでしょうかね。

まだまだ大幅割引中ですね>角川
領土の常識 (角川oneテーマ21)
鍛冶 俊樹
KADOKAWA / 角川学芸出版
2014/5/15

韓国側「慰安婦像について努力しますので大使帰任を……」 → 日本側「具体的な行動なしじゃねえ?」

「日本政府、駐韓大使帰任条件は『韓国の少女像撤去具体的行動』」(聯合ニュース・朝鮮語)
日本政府は、釜山少女像の設置に反発して一時帰国した長嶺安政駐韓日本大使の帰任時期は「撤去のための韓国側の具体的な行動」を条件として韓国側の動きに応じて判断することにしたと共同通信が18日伝えた。

ユン・ビョンセ外相は主要20カ国・地域(G20)外相会議に出席を契機にドイツのボンで岸田文雄日本外相と会い「可能な限り最大限の努力をしていく」と述べたと通信は伝えた。

岸田外相は会談後、記者団に「韓国の対応を注視するとともに、(2015年12月末日韓の慰安婦)合意を着実に履行することを要求した」と述べた。

しかし、韓国では、少女像撤去の反対世論が強いうえに、弾劾政局が続く状況で少女像撤去は困難と見て日韓の対立状況は長期化する可能性があると共同通信は予想した。

共同通信は外交消息筋を引用してユン長官が会談で、韓国政府がこれから実行するアクションを岸田外相に紹介したと伝えた。ただし、この外交筋は具体的な内容は明らかにしなかった。

共同通信は、「尹長官が釜山総領事館の前に設置された少女上の撤去のための手順について説明した可能性がある」と伝えた。
(引用ここまで)

 先日のG20における日韓外相会談の内容を韓国側は共同通信の報道を引用することで報道しています。
 そこそこ探したのですが韓国メディアによる独自取材としての結果はほぼなし。
 明日以降、あるいは帰国してからなにか出てくるのかなぁ……。

 で、面白いのはコメント件数。
 普通の出来事では100件も行かない。
 大きめの事件で100〜500件といったところ。
 パク・クネの弾劾に関する記事では5000件を超えることが多くて、10000件を超えたことも何度かありましたね。
 で、今回は3500件のコメント。韓国人にとっては大きなインパクトのあるニュースだといえるでしょう。

 中身はお知らせするまでもないようなアレ。
 「日本にお伺いを立てなければ像も建てられないのか」というようなものもありましたが。

 ま、日本政府ももはやパク・クネやユン・ビョンセを相手にはしていないというのが実際なのでしょう。
 次期政権を担う大統領がどのような態度に出るのか、そこを焦点にしている感じです。
 日本の一部からは「大使を帰すタイミングを失った」というような論評が出ていますが、そうではないのです。
 次期政権はおそらく2ヶ月以内には成立する。
 パク・クネによる大どんでん返しがないかぎり。
  どう見たってタイミングはそこに向けているのですよ。

 で、次期政権が「慰安婦問題を再交渉する」なんて話をしたら「はい、対抗措置継続」でよいのです。
 一度韓国に戻しておいてそのタイミングでまた帰国させるなんていうのもありかもしれませんが、それだと「またか」となる可能性もある。
 伝家の宝刀はそう抜くもんでもない。
 次の日韓関係は「日本側の決裂宣言」からはじまるのですよ。なかなか面白いシチュエーションになりそうですね。

やっかいな隣人 韓国の正体―-なぜ「反日」なのに、日本に憧れるのか
井沢元彦 / 呉善花
祥伝社
2012/10/20

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
韓国人による北韓論
緊急追記で金正男についても。
BABYMETAL
LIVE AT TOKYO DOME
初回限定+早期購入特典
初音ミク ハートハンターVer.

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ