楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

日韓関係

 相互RSS募集中です

韓国特使「日本側は韓国国民が慰安婦合意を受け入れないという話を理解したというように受け止められる話を聞いた感じを受けた気がする」

慰安婦問題 未来志向的に克服することで合意=韓国特使が日本から帰国(聯合ニュース)
韓国大統領特使「日本、韓国の慰安婦合意反対の情緒に理解」(中央日報)
文議員はこの日、4日間の日本訪問を終え帰国した。慰安婦問題を巡る話し合いがうまく進んだような感じを受けたとも説明した。(中略)

 また、「韓国も(慰安婦合意の)破棄には言及せず、韓国国民の大多数が情緒的に受け入れられないことを明確に伝えた。(日本側からは)その趣旨を理解できると受け止められる話を聞いた」と強調。慰安婦合意の問題で韓日関係が崩れることはないと述べた。
(引用ここまで)
文特使は空港で記者らと会って「われわれが慰安婦合意を破棄しようという話をすることはなかった。代わりに多くの国民が情操的に慰安婦合意を受け入れられないという点を明確に伝えた」と力を込めて話した。

その上で、「(日本側から)その趣旨を特別に理解するという意味に解釈される言葉を聞いた」と話した。さらに「私が見る時、慰安婦問題が争点になって韓日関係の枠組みが崩れることはないだろう」と強調した。慰安婦問題に対する再協議よりは両国が前向きに解決方法を求めていこうというコンセンサスができたという意味だ。
(引用ここまで)

omaennakadehana

 「その趣旨を特別に理解するという意味に解釈される言葉を聞いた」

 Wikipediaの記事ですら「誰が?」って注釈をつけられそうな話です。
 日本側ってそもそも誰だって話ですわ。
 政府なのか、与党なのか、野党なのか。
 総理ひとりにしか会っていないというわけじゃないですからね。
 それどころか村山、河野、菅に会っているくらいですから、発言の主体が不明です。
 そもそも「という意味に解釈される言葉」って。

 このムン・ヒサン特使、岸田外相から慰安婦合意に対しての言葉はなかったという話をしていましたね。
 そして今回は「慰安婦合意について、韓国国民の多数が反対している話をした」「そのことについて、日本側からその趣旨を特別に理解するという意味に解釈される言葉を聞いた」のだそうですよ。

 前段はムン・ジェインが安倍総理との電話会談で話した言葉そのままですよね。これを日本側が受け入れなかったと話すことは、韓国では受け入れられないということなのでしょう。
 ちょうど秀吉に朝鮮半島侵略の意図があるかどうかを探りに来た朝鮮通信使(副使)のようですね。

ちなみに「おまえがそう思うんなら〜」はこの本が元祖。
少女ファイト(1) (イブニングコミックス)
日本橋ヨヲコ
講談社
2006/7/21

韓国特使訪問時に安倍総理と岸田外相が口を揃えた言葉から、新しい日韓関係が見えてきた

安倍首相、韓国特使に「慰安婦合意の履行」を暗に要求か(朝鮮日報)
 韓日の摩擦の主な原因となっている慰安婦合意については、依然として溝が大きかった。文議員はこの日、安倍首相に対し「慰安婦合意を含め、歴史問題を賢明に解決していこう」と述べた。これに対し安倍首相は「慰安婦合意を含め、韓日関係を適切にマネージ(管理)していきたい」と応じた。共同通信など日本のメディアは、安倍首相の言葉を「合意を履行せよ」の意味だと報じた。

 しかし、双方ともこの問題を執拗に取り上げることはしなかった。同席したユン・ホジュン議員は「会談の8割は北朝鮮問題についての話で、互いに気まずくなる対話はできる限り控えた」と話した。菅官房長官も「未来志向的に日韓関係を築こうという基本的な意志を確認した」と述べた。
(引用ここまで)

 最初、昨日の夜にこの記事を見たときに、なんか脳裏に引っかかるものがあったのです。
 違和感というかなんというか。でもま、なんかその違和感の正体が分からずにスルーしていたのですね。
 ふと、今朝になってから思い出したのですよ。
 この「日韓関係を適切にマネージしていきたい」っていう文言、この前日の岸田外相も言ってました。

文喜相韓国大統領特使一行による岸田外務大臣表敬(外務省)
岸田大臣から,日韓合意を含む二国間関係を適切にマネージしていきたい旨を発言しました。
(引用ここまで)

 特使と岸田外相の会話が噛みあってないなぁ、というエントリを書いていましたね。
 でもって、こちらが特使が安倍総理表敬訪問時のもの。

文喜相韓国大統領特使一行による安倍総理大臣表敬(外務省)
安倍総理大臣から,日韓合意や本日外交ルートで申し入れた問題を含め,二国間関係を適切にマネージしていきたい旨を発言しました。
(引用ここまで)

 なかなか感慨深い話ですね。
 日韓関係は友好とか信頼によって築かれるものではなく、マネージ、管理するものであるというところに行き着いたのです。
 少なくとも日本政府はそういった認識を一致させて行動させているのだな、と。
 ま、確かに日韓関係には「適切にマネージする」ことが、もっとも必要なことかもしれませんね。

マネジメント[エッセンシャル版]
P F ドラッカー
ダイヤモンド社
2001/12/13

韓国特使団「正常な国家では前政権が結んだ協約を一方的に破棄することは難しい」……韓国なら問題ないってこと?

訪日の与党議員「慰安婦合意の一方的破棄、正常な国家では難しい」(聯合ニュース)
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が日本に派遣した特使団の一員である与党「共に民主党」の尹昊重(ユン・ホジュン)国会議員が18日、韓国CBSラジオの電話インタビューで、慰安婦問題を巡る韓日合意に関し「前の政権が結んだ協約を一方的に破棄することは、正常な国家では難しい」と述べた。文大統領の大統領選での韓日合意に対する公約も「(合意の)白紙化ではなく、再交渉しようということだった」とした。
(引用ここまで)

 この記事のタイトルを見たときに大半の日本人は同じ感想を抱くのだと思います(笑)。
 「正常な国家では無理、っていうことなら韓国であれば余裕じゃないの?」って。
 そもそも大統領候補の多くが破棄を主張していましたしね。保守で与党(当時)である自由韓国党からの候補も「破棄」を言っていたのには苦笑するしかありませんでしたけど。

 大統領選中、ムン・ジェインとアン・チョルスだけは「再交渉」を述べていましたが、このふたりについてはあるていど以上本気で政権を担うつもりがあったということなのでしょう。
 「破棄」をしてしまえば、国家として終わるということを理解していたというべきか。
 公約で「再交渉」を言っておけば、日本から「合意の遵守こそが日韓関係のイロハのイ」と言われ続けたとしても「再交渉」を交渉中とはいえるわけですね。
 公約を破ってもいないし、合意を守ってもいない。「保留」の状況にできる。
 ま、もっともそんなものは韓国の国内事情であって、日本にとっては知ったことじゃない。

 ただまあ、破棄を言ってしまったら最後、もはやまともな国家としてなんらかの合意をしてもらえなくなる。少なくとも今後数十年の単位で日本とは無理。
 「あいつらまともに約束も守れねえしな。金が戻ってくるかどうか(笑)」とか麻生財務相に言われたことがリフレインし続けることでしょうよ。
 もちろん、それは政府単位での日韓関係だけではなく、企業同士でも個人同士でも同じような文脈で使われるでしょうね。

 「一度合意したことをトップが変わったら簡単に違える国(の企業、の人間)なのだ」という話ができてしまうのですね。
 政府単位でも再交渉に対して無視して「遵守を要求」するもよし。
 破棄させて「認めない」と言うもよし。
 一粒で何度おいしいのよっていうくらい楽しめますよ。

自分の「異常性」に気づかない人たち 病識と否認の心理
西多 昌規
草思社
2016/11/25

ムン・ジェインから安倍総理への親書に慰安婦合意の文言ゼロ → 特使「それ以上は語れない」 → 韓国メディアは見て見ぬふり

韓国特使 「シャトル外交復活を」 首相に親書(毎日新聞)
 安倍晋三首相は18日午前、韓国の文在寅大統領の外交特使である与党「共に民主党」の文喜相(ムン・ヒサン)議員と首相官邸で会談し、日韓両国が早期の首脳会談を調整することで一致した。文議員は首脳の相互訪問による「シャトル外交」の再開を求める大統領からの親書を首相に手渡した。親書には慰安婦問題に関する日韓合意についての記述はなかった。首相は「合意を含む両国関係を適切にマネージ(管理)したい」と文議員に伝えた。(中略)

文議員は会談後、記者団に「(日韓合意の記述は)親書の中にはないと承知している。両首脳は(11日の)電話協議の際、何が問題か十分理解した」と指摘した。
(引用ここまで)

 ヘタレたか。
 さて、この毎日新聞の記事は11時32分に公開されました。
 とりあえず15時まで待ってみたのですが、「親書に慰安婦合意についてはなにも書かれていなかった」という報道はゼロです(笑)。
 慰安婦合意についてなにか報じているとしたらこれくらいですかねー。

ムン・ヒサン急使、日安倍首相面談... 「大統領、シャトル外交復元希望」(聯合ニュース・朝鮮語)
ムン特使は会談後、記者らと会った席で慰安婦、歴史問題について言及したのかという質問に「真剣に話したが、これ以上語るには気まずい」と語った。しかし、十分に韓国の意見を伝えたのかという記者の問いには、「もちろんだ」と答えた。

親書に関連内容があるのかという問いには、「そのような内容はないと理解している」とし「しかし、(11日、両首脳の)通話内容を見ると、現実の問題が何であるかをよく知っていて十分に理解していると聞いている」と説明した。

慰安婦の合意についてはどのように理解をすることなどかという質問には、「それは大統領が通話した内容そのままだ」とだけ答えた。この日の具体的な安倍首相の反応も「お互いがお互いの意見を開陳して理解した」とだけ伝えた。
(引用ここまで)

 一応、この記事の中では「親書に慰安婦合意についてなにもない」とは書かれていますが、かなりスルー気味。ムン・ヒサン特使の言葉としてちらと書かれているだけで、実際には報じていないも同然。
 ここは韓国人にとっては対日外交においてもっとも大事な部分であるはずです。記者団の質問もその点をついていますね。
 でも、言葉を濁すしかない。
 「そのことについて話すのは気まずい」のだそうですよ。
 ここでは気まずいと翻訳しましたが、きまりが悪いとかすっきりしていない状況というような意味ですね。

 もっと言ってみれば「言えないんだよ、察しろよ!」ってことですかね。
 日本側からこの話題に関しては「日本は遵守した。韓国も遵守しろ」以外にはなにも言えませんわな。
 そしてそう言われたのでしょう。
 すでに「最終的かつ不可逆的に解決」した案件ですから。

 しかし、思っていた以上にヘタレていたというか、現実的だったというか。
 ムン・ジェインは本気でツートラック外交ができると思っていて、実行しようとしている感じですね。

 

ムン・ジェインからの特使「韓国国民は慰安婦合意を受け入れられない」→岸田外相「慰安婦合意こそが重要だ」……まったく噛みあわない模様

日韓、慰安婦問題で溝(共同通信)
岸田文雄外相は17日、韓国の文在寅大統領が特使として日本に派遣した文喜相国会議員と外務省で会談し、慰安婦問題に関する2015年末の日韓合意の重要性を指摘した。文特使は「韓国国民の大多数が受け入れられない雰囲気だ」と伝え、日韓の溝が改めて表面化した。双方は未来志向の関係構築では一致。北朝鮮対応での米国を交えた連携強化も確認した。(中略)

文特使は18日に安倍晋三首相と会談する。
(引用ここまで)

 岸田外務大臣は最初に「日韓慰安婦合意を遵守する精神が大事」と述べる。
 ムン・ヒサン特使は最初に「国民の大多数が受け入れられない雰囲気だ」と述べる。
 ……安倍総理がムン・ジェインにかけた当選祝賀電話と一緒ですね。その縮小再生産というか。
 まったく噛みあわない。
 あえて噛みあわないようにしているのでしょうけどね。
 特使といっても要するにメッセンジャーですから、大統領の意向を越えるようなことはできないわけですし。

 それにしても記事では「溝」と書かれていますが、まだ溝であれば飛び越えるなりまたぐなりできるでしょう。越えようとする決心さえあればなんとかなる。
 現在の日韓関係は数学でいうところの「ねじれの関係」になってます。直線が空間上でどこまでいっても交じりあわない。
 それが前提の二国間関係になるであろうことは、ムン・ジェインが大統領になる以前の段階で目に見えていましたけども。
 ま、それでよいのです。
 そういう二国間関係でなんの問題もない。イ・ミョンバクが天皇謝罪要求をしてからこっち、日韓はそういう関係になろうと努力し続けてきたのです。
 その成果がしっかりと出てますよ。

 それともうひとつ楽しみなのは「ムン・ヒサン特使は明日、安倍総理に面会する」ってところですかね。
 ムン・ジェインからの親書を携えているとのことです。そこになにが書かれているか。けっこう楽しみにしているのです。
 場合によっては大統領からの就任わずか一週間で修復不可能になる可能性すらあるのではないかと。
 いや、野田総理からの親書を受け取れないとして、宅配便で送り返してきた実績がある国ですよ?
 普通のことが書かれてたら、それはそれでがっくりです。

SHIMANO(シマノ) FC-M9020-B1 シングル ギア別売(SM-CRM90) 11S ・BB別売 チェーンライン53mm/OLD148mm 170mm
シマノ
2015/7/6

産経新聞「慰安婦合意の再交渉に反対の日本人が81%」 読売新聞「反対の日本人は61%」……ふたつの世論調査の違いはどこから来てるの?

慰安婦に関する日韓合意の再交渉「反対」81.9% 文在寅大統領誕生で「合意守られるか懸念」76.4%(産経新聞)

 産経新聞とFNNによる世論調査で「慰安婦合意の再交渉に応じない日本政府の方針を支持する」とする回答が8割を超えていました。
 ぱっと見ると、今日の読売新聞の世論調査の61%よりもはるかに多い割合で慰安婦合意の再交渉について反対しているように見えます。

 まあこれ、すごく簡単にいってしまえば設問の違いですね。
 読売新聞の世論調査における設問はこう。

「文在寅氏は、大統領選挙の期間中、韓国の元慰安婦を巡る問題を最終的に解決するとした日本と韓国両政府の合意について、再交渉を求めると主張していました。日本政府は、再交渉に応じるべきだと思いますか、応じるべきではないと思いますか」

image

 で、その回答が……

・応じるべきだ    25
・応じるべきではない 61
・答えない      14

 というものでした。日本政府と回答者は同じ視点に立っています。
 どちらかというと「あなたはどう思いますか?」という立場で尋ねられている。

 その一方で産経新聞FNNの正確な質問文言はFNN世論調査のページに上がっていないのですが、ざっくりとこんな感じ。

「日韓合意の再交渉に応じないとする日本政府の方針を支持しますか、支持しませんか」

・支持する  81.9%
・支持しない 12.3%

 これは日本政府からやや離れて第三者的な応援する(応援しない)位置に立つ視点。支持不支持ですからね。
 自らの責任が軽くなる設問とでもいいますか。日本政府の方針をどう見ているのか、という問い。

 別にどちらの設問がどうというわけではなく、視点の違いがあるだけです。
 実際の数字この両方の真ん中あたりにありそうな感触ですかね。
 「周囲の人間は100%○○だ!」っていう勘違いもありがちな話。立場が左右どちらでも「おまえの周りではそうかもしれんな。おまえの周りでは」って言われておしまいです。

統計でウソをつく法 (ブルーバックス)
ダレル・ハフ
講談社
1968/7/24

日本人の61%「慰安婦合意の再交渉に応じるべきではない」→ 韓国人「パク・クネのやったことなど知るか!」

日本国民の61%が「慰安婦、日韓合意再交渉要求応じてはならない」(聯合ニュース・朝鮮語)
慰安婦を巡る再交渉、61%「不要」…読売調査(読売新聞)
 読売新聞社の全国世論調査で、韓国の文在寅大統領が、大統領選挙の期間中、慰安婦問題を巡る日韓合意の再交渉を求めていたことについて聞くと、日本政府が再交渉に「応じるべきではない」と答えた人は61%に上り、「応じるべきだ」の25%を大きく上回った。

 慰安婦問題を巡る日韓合意は、「最終的かつ不可逆的な解決」を定めている。今回の調査では、再交渉に対する日本国民の拒否感の強さが浮き彫りとなった。

 今後の日韓関係については、「変わらない」58%が最多で、「悪くなる」23%、「良くなる」8%。北朝鮮との対話を重視する文氏の方針が、核やミサイル問題の解決につながると「思わない」人は65%に上り、「思う」は23%だった。
(引用ここまで)

image
 政府が韓国に対して強い態度で出ることができるのは、こうした国民からの支持があるからなのですよ。
 逆に言うのであれば、こうした国民の考えに逆らえば支持を失うということも分かっているからこその強気に出ざるを得ないとも言えますけどね。

 ヒダリな皆さんは叫べども叫べども、自分たちの主張が毫ほども受け入れられないことに本当にいらついているようです。
 まあ、現実に即していないのですよね。
 言っていることも、やろうとしていることも。

 で、韓国版の聯合ニュースではこの数字が報道されて、韓国人がコメントでファッビョーンとなっているわけですが。まあ、そのあたりはコメント翻訳をやっているところに任せるとしましょうか。

 この報道の日韓関係が「変わらない」58%と「よくなる」8%が合わせて66%っていう語りかたは……なんというか、ポジティブっすな。
 この場合の「変わらない」はどう考えても「(悪いまま)変わらない」でしょうに。

 ああ、それとも「よくなる」が8%いますが。ちょっと面白い数字でして。

image

 政党支持率で民進党(6%)+共産党(2%)の数字がちょうど8%なのですよ。
 ちょっと面白いですよね。

安倍総理「ムン・ジェイン当選おめでとう。ところで慰安婦合意の再交渉はありえないのでよろしく」

初の文・安倍電話会談、「韓日関係の基盤」めぐり正面衝突(朝鮮日報)
 文大統領は11日午後2時35分から25分にわたり、安倍首相と電話で会談した。(中略)

 しかし文大統領と安倍首相はその直後、「未来の韓日関係の基盤」について、明らかな見解の違いを見せた。文大統領は「両国が成熟した関係に進む上で、歴史などさまざまな懸案が障害にならないよう歴史を直視し、そのような課題に真摯(しんし)に取り組んでいかねばならない」と強調したという。今後、韓日関係を進展させるためには「歴史問題の整理」が先だ、という意味にも解釈される。

 これに対し安倍首相は即座に、慰安婦問題をめぐる韓日合意に言及し「未来志向的な韓日関係構築のための基盤として、着実に履行することを期待する」と述べた。文大統領が公約に掲げた「慰安婦合意の再交渉」の可能性を否定し、「合意履行」を「韓日関係の基盤」だと明言したのだ。文大統領はこれに対し「韓国国民の大多数が、慰安婦合意を受け入れられないという気持ちでいるのが現実」と応じた。文大統領はさらに「民間の部分で発生した問題について、政府が解決することには限界があるため、時間が必要だ」として「(慰安婦合意を受け入れられない)そのような国民の感情と現実を認めつつ、共に努力しよう」と訴えた。「慰安婦合意の再交渉」という表現や「少女像」問題についての直接の言及はなかったと青瓦台は説明しているが、両首脳が韓日関係のスタート地点をめぐって正面衝突したようなものだ。 (中略)

 それでも安倍首相が初めての電話会談でいきなり慰安婦合意の履行を求めてきたのは、韓国で「再交渉論」が本格化する前に機先を制する狙いがあったとの分析が出ている。 (中略)

 日本側が再交渉に応じない場合、韓国政府が一方的に「合意の破棄」を宣言する可能性もある。しかし、この場合は韓日関係の崩壊という痛手を負うだけでなく「国家間の約束を破棄したことに伴う信頼低下」を覚悟しなければならないだろう。韓神大のハ・ジョンムン教授は「文大統領が遊説先でずっと主張してきた再交渉問題について、日本が先にくぎを刺してきたため、韓国側も対応せざるを得なくなった。思ったより問題が早く訪れた」と指摘した。
(引用ここまで)

 最後のコメントにもあるように、安倍総理が先手を取りましたね。
 「日韓関係のイロハのイ」こそが慰安婦合意なのだ、と。
 慰安婦合意は最終的、かつ不可逆的に結ばれた国家間の約束事で、日本からは再交渉には絶対に応じない。
 その一方でムン・ジェインも「国内に反対の声が大きい」というように反論してきた。
 慰安婦像に関しても「民間のやっていることに対して政府が解決することには限界がある」との話をしてきたと。

 最初の「祝電」であるはずの電話会談から、バッチバチにやり合ってますね。
 予想されたことではありますが。
 どう考えても穏当な日韓関係はあり得なかったのですから、最初からそれぞれの立場を表明しておくのはよいことです。

 今後、5年に渡ってどのような日韓関係になっていくのか、ムン・ジェインも実によく理解できたのではないでしょうか。
 最初からこれだけ高い位置で緊張関係が結ばれるのであれば、今後は期待ができますね。
 あとはムン・ジェインが望んでいる「ツートラック外交」を許すのか否か。
 そしてムン・ジェインは慰安婦合意の再交渉ができないことで、合意破棄をしてくるのか。
 「生ぬるい関係なんて俺たちには似合わないぜ!」ってところですね。
 このあたり、まさにノ・ムヒョンの後継者たる人物といえるでしょう。

 しかし、就任2日目からこれですよ(笑)。

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
亜人ちゃんは語りたい 5巻
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ