楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

日韓首脳会談

 相互RSS募集中です

日韓首脳会談でムン・ジェインが「歴史問題については棚上げで」と発言!!!! 北朝鮮核問題はそこまでしなければならないほどに事態が進んでいる模様

韓日蜜月へ  文大統領と安倍首相が対北朝鮮で共同歩調(聯合ニュース)
韓日、北核に集中するために当分は過去史を浮上させない…文大統領「緊密な関係が切実」(中央日報)
 北朝鮮の脅威を直接受ける韓国と、北朝鮮が発射したミサイルが北海道の上空を通過した日本は、核問題を巡り連携を大幅に強化する方向に動いている。

 7日にロシアの極東ウラジオストクで行われた文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三首相の首脳会談は両国間の親密さが増していることを確認できる場となった。

 とりわけ、朝鮮半島問題の平和的な解決を掲げてきた文大統領が対話よりも圧力を強める方向に方針転換し、北朝鮮の核問題を巡る両国間の連携がさらに強まっている。

 両首脳は北朝鮮が挑発をやめるよう、最も強い制裁と圧力をかけることで一致し、両国関係改善の障害となってきた歴史問題についてはできるだけ言及を避ける姿勢を見せた。

 首脳会談後、韓国青瓦台(大統領府)の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官が公表した発表文では、全10段落のうち、歴史問題関連の内容は1段落のみに盛り込まれた。それも「両国が歴史問題を安定的に管理しながら、未来志向で実質的な交流と協力を強化していくことにした」とし、歴史問題の解決を強調するよりは同問題が関係改善の障害になってはならないとの意味を込めた。
(引用ここまで)
文大統領きて安倍首相はこの日、東方経済フォーラムが開かれているロシア・ウラジオストクで50分間にわたる韓日首脳会談を開き「北朝鮮の核とミサイル挑発による北東アジアの緊張が高まっている中で、両国が過去の問題を安定的に管理しながら、未来志向的で実質的な交流と協力を強化していこう」と話したと尹永燦(ユン・ヨンチャン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国民疎通首席が伝えた。

これに関して尹首席は「(北朝鮮の脅威など)両国の問題を解決していくうえで慰安婦問題や強制徴用問題などが足かせにならないように両国が未来志向的な観点で懸案を管理し、安定的に問題を解決していくということ」とし「過去の歴史などの問題を争点化するか、両国の最大限の最も大きな問題として浮上させるのは現在としては適切でない」と説明した。

尹首席は日本の政界・関係人事の神社参拝や過去の歴史関連の妄言を日本側が中断することにしたのかに対しては「具体的には分からない」としつつも「両国が首脳が会って話をした時は新しいものに対してある程度合意があったと見ている」と話した。
(引用ここまで)

 日和った……と言いたいところですが、そうじゃないというのが実際ですか。
 シチュエーションとしては、むしろ逆ですかね。
 「あのムン・ジェイン」が歴史問題を引っ込めなければならないところまで追い込まれている、と考えるべきかもしれません。
 そうすると現在の北朝鮮核問題がどれほどのものか理解できるかもしれません。
 なにしろムン・ジェイン政権そのものが、本来であれば「パク・クネ政権の否定」で成り立っているのですから。

 本来の政権の基本方針として慰安婦合意をちゃぶ台返ししなければならないし、日韓GSOMIAも反故にしなければならない。
 慰安婦像は庇護の対象にすべきだし、長く無視され続けてきた徴用工裁判も「被害者」に有利な形で結論を出さなければならない。

 親日と指さされたパク・クネ政権の真逆を行かなければならない命運を抱えているのですよ。
 実際、これまでそうしてきました。
 韓国の最高裁に当たる大法院長官には自分と同じ陣営といえる革新派を指名して、徴用工裁判への圧力としてきました。
 女性部には慰安婦記念館を作らせるようにしてきましたし、慰安婦像の設置は違法であっても黙認状態。
 徴用工や慰安婦の問題が日韓基本条約で解決されたというのは理屈に合わないなんていう、爆弾発言まであったほど。

 事実、ロシアに渡る前には「協力を模索するも、歴史問題では平行線か」というように韓国メディアでは語られていたのです。

 それが先日は日韓GSOMIAを更新し、今回は「歴史問題は棚上げにしてください」と言い出してしまった。
 あの北朝鮮に対しては宥和路線しか知らないムン・ジェインが、北朝鮮核問題に対するために日本に対して「歴史問題の棚上げ」を言い出す。
 ……どれだけの事態なのか。
 聯合ニュースはお気楽に「日韓が蜜月」とか書いていますが、そういう状況じゃない。
 逆説的にですが、もうすでに恐ろしい事態にまで追い込まれているのではないかと感じられるのですよね。

ムン・ジェインの運命 (Fate of Moon Jae in) 문재인의 운명 Special Edition [並行輸入品]
moon jae in
2017

韓国大統領府「安倍総理は『北朝鮮に必要なのは対話の再開』との大統領の言葉に理解を表明した」 → 嘘でした

慰安婦合意:文大統領、関係改善と切り離して安倍首相に問題解決訴え(朝鮮日報)
 文大統領は同日の会談で、「韓半島(朝鮮半島)の平和統一条件を整えるため、韓国の主導的役割と南北対話再開が必要だ」と述べた。大統領府はこれについて、「安倍首相は『理解を表明する』と言った」と語ったが、NHKなど日本の各メディアは「安倍首相は『今は北朝鮮に最大限の圧力をかけなければならない。対話をすべき時期ではない』と言った」と報道した。
(引用ここまで・太字引用者)

 既報の日韓首脳会談の記事だったのでスルーしそうになったのですが、記事の最後にあたる引用部分にまたひどい話が出ています。
 ああ、韓国政府がまたやりましたか。

 外務省の日韓首脳会談ページを見ても「北朝鮮問題については(中略)いまは最大限の圧力をかけることが必要であり、対話の時ではない」とあります。

日韓首脳会談 平成29年7月7日(外務省)

 韓国外交部のサイトを見たのですが、日韓首脳会談についてのページはありませんでした。日米韓首脳会談はあったのですけどね。

 まあ、現状で日本政府が「対話の必要性に理解を表明する」なんて言うわけがないのですよ。
 米韓首脳会談前に行われた杉山外務次官とサリバン国務副長官の会談を見ても。
 日本政府の総意として「北朝鮮へ圧力をかけるしかない。拉致問題解決の糸口を探るためにも」という中で、堂々とこんな嘘をつける韓国大統領府。

 ま、いつものことではあります。
 「エリクソンから15億ドルの投資がある」なんて嘘を軽々とつける連中ですし、日本から「お渡しした」朝鮮王朝儀軌についても「日本が返還した」なんて飄々と言ってのけてしまう。
 外務省は抗議したほうがいいと思いますがね。

良心をもたない人たち
マーサ・スタウト
草思社
2012/10/10

G20で日韓首脳会談→安倍総理「日韓関係の基盤は慰安婦合意」→ムン・ジェイン「韓国国民は情緒的に受け入れられない」

安倍晋三首相、慰安婦問題の日韓合意は「欠くべからざる基盤」 シャトル外交再開で一致(産経新聞)
 安倍首相は、日韓合意に関し「未来志向の日韓関係を築くために欠くべからざる基盤だ。難しい問題が全体の日韓関係に悪影響を及ばさないよう適切にマネージすることが共通の利益だ」と強調した。文氏は「韓国国民の大多数が合意を情緒的に受け入れられずにいる現実を認め、両国がともに努力して賢明に解決していきたい」と述べた。

 両首脳はまた、日中韓首脳会談の東京での早期開催でも一致した。北朝鮮については、安倍首相が「核・ミサイル開発を止めるには、外貨獲得源を遮断することが必要だ」と述べた。
(引用ここまで)

 ふむ、慰安婦合意に対する日韓の扱いの違いが如実に表れていますね。
 ムン・ジェインはあくまでも「韓国国民が受け入れることができない」という話を全面に押し出している。
 「情緒的に受け入れることができない現実を認め、両国が努力して賢明に解決していきたい」、すなわち日韓合意についてなんらかの再交渉を前提とした認識であると。
 ただ、シャトル外交を再開するというようにそれはそれとして、他の外交懸案は話し合うという方針のようですね。
 その一方で日本からは慰安婦合意について「日韓関係を築くために欠くべからざる基盤だ。難しい問題が全体の日韓関係に悪影響を及ばさないよう適切にマネージすることが共通の利益だ」と宣言。
 つまり、慰安婦合意こそが日韓関係の一丁目一番地である。これを無視することはできない、ということですね。

 そして、日韓関係に言及するときには常に出るようになった「マネージ」という単語。
 このマネージという単語、ムン・ジェインが政権に就いてから出るようになったのですよ。初出は5月の特使に対しての発言
 つまり、ムン・ジェイン政権との関係は「マネージ」していくべきものであるという認識であるということなのですね。

 ついで北朝鮮に対して安倍総理から「核・ミサイル開発を止めるには、外貨獲得源を遮断することが必要 」との話。
 開城工業団地や北朝鮮への団体観光を再開させようとしているムン・ジェインに釘を差したということですが、認識できているかどうか……。
 予想はされていましたが米韓首脳会談と同様、日韓首脳会談でもこれといって新しい話はなし。
 まあ、「マネージする」という観点からすればこれで当然なのでしょうね。

G20でパク・クネと習近平の中韓首脳会談が決定、「G20の成功」のために習近平が執る手段は?

朴大統領 ロ・中・米と首脳会談へ=日本とも最終調整中(聨合ニュース)
韓国の青瓦台(大統領府)は1日、朴槿恵(パク・クネ)大統領が2〜9日の3カ国歴訪中、ロシアと中国、米国とそれぞれ首脳会談を行うと発表した。安倍晋三首相との会談も調整しているという。

 朴大統領は「東方経済フォーラム」が開かれるロシア・ウラジオストクで3日、プーチン大統領と会談する。

 その後、20カ国・地域(G20)首脳会合が開催される中国・杭州で習近平国家主席と会談する。

 朴大統領はロシア、中国との首脳会談を通じ、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射などで核とミサイル能力を高めていることを強調するとともに、中ロ両国が反対している米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍への配備の正当性を説明し、北朝鮮問題で連携を強化したい考えだ。

 杭州ではサウジアラビアやエジプト、イタリアとも首脳会談を行う予定だ。

 また、ラオス・ビエンチャンで行われる東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に合わせ、オバマ米大統領と会談する。安倍首相とも首脳会談を行う方向で最終調整を行っているという。
(引用ここまで)

 3日、東方経済フォーラムで露韓首脳会談。
 4日からのG20杭州で中韓首脳会談。
 で、6日からのASEAN関連首脳会議で米韓首脳会談。
 ここまで決定で、同じASEANで日韓首脳会談もあるかもしれないと。

 どう見ても茨の道にしか見えない。
 ロシア、中国に関してはTHAADでどれだけ叩かれるのか想像もつきません。

 中国としてはG20杭州をなんとしてでも「成功裏」に終わらせる必要があるのですよ。
 内側から突き上げられている習近平としては外交を華やかに成功させることでその威厳を保ちたいという方向性にあるはずです。
 いつものように周辺の工場操業を一切やめさせて青空の演出をして、周辺住民には強制休日をとらせて外出させる。さらには杭州周辺のリゾート地は値下げさせて杭州住民をG20期間受け入れるように厳命されているということです。
 ついでにテロ対策なんかもかなり厳しくやっているとのこと。

 さて、ここで問題。
 G20の場で南シナ海問題が取り上げられるかどうか、取り上げられるとしたらどういうような形になるかの根回しが終わっているとして。
 こっちに関しては最低限、主催国である中国の威厳を潰さない形になるでしょう。
 それでは同様に「主催国である中国の威厳」を保つためにTHAADミサイル配備問題はどう扱うべきか。
 すでに「生意気な犬がTHAADミサイルを配備しやがって」という形で報道されていて、国内の対韓感情も急速に悪化中。
 さて、中国が韓国に求めるものは……ということなのですが。
 その場にいない北朝鮮を槍玉に挙げて安穏に済ませるのか、それとも……。

 中国に満足のいく回答を与えたら、その直後の米韓首脳会談は針のむしろなんてものじゃないと思います。
 そのあたりで「今回は北朝鮮を厳しく叩くことで勘弁してください」ということで、昨日に急遽、事務次官が訪中したりしたのかもしれませんね。

 なかなか、韓国ウォッチャーとしては見逃せない1週間になりそうですよ。


非公開だったはずの日韓首脳会談発言がメディアへリーク→韓国側から「非公開だ!」と叫ばれても、日本側が平気なワケとは?

非公開のはずが… 韓日首脳の発言 日本で相次ぎ報道(聯合ニュース)
 韓国と日本の双方が非公開とすることで合意したとされる首脳会談の少人数会合での発言内容が相次いで日本のメディアで報じられている。韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と安倍晋三首相は会談の前半、約1時間にわたり外相らを含めた少人数会合を行った。

 読売新聞は10日付の記事で、安倍首相が旧日本軍の慰安婦問題をめぐり、ソウルの日本大使館前に設置されている少女像を撤去するよう求めたことなど、会合での発言を紹介した。また、安倍首相が冒頭、「日本国民が慰安婦問題で感じていることを率直に言わせてもらう。大統領も正直に話してもらっていいので、(話した内容は)口外しないことにしませんか」と話したと伝えた。

 日本経済新聞も7日、慰安婦問題の解決案として韓国側が求めている法的責任について、安倍首相が「できないことはできない」と拒否したと紹介するなど、会談での両首脳の発言を報道した。

 韓国政府は日本メディアの報道について、「事実と距離がある」と表明するにとどめるなど、消極的な対応をしている。日本政府が慰安婦問題をめぐり都合の良い内容をメディアに公開し、それが既成事実として受け止められる側面を無視できない状況となっている。

 東京都市大の李洪千(イ・ホンチョン)准教授は聯合ニュースに対し、「両国の首脳が非公開を条件として発言した内容が片方のメディアに報道されるのは信頼の問題だと思う」と指摘。「基本的な信頼が構築されないと韓日関係の回復が難しい状況で首脳同士が約束したことが守られなければ問題がある」と語った。
(引用ここまで)

 秘密裏に「非公開と約束した」なんていわれてもなぁ、それ自体が非公開なので真偽は不明ですね。
 「非公開とした」ということが非公開のはずなので、そんなことを暴露した人物自体が信頼できない罠。
 「クレタ人は嘘つきだ」ってクレタ人が言ってもね、ということですか。

 ま、それはそれとして。
 実際に「非公開で行きましょう」という話はあったと思うのですよ。それは公的に公表しない、ということでしょうね。
 メディアを通じたリークを禁じていなければ、メディアによる報道は知ったこっちゃないっていうのが日本政府の立場なのでしょう。
 なかなかやるようになったなぁ……。

 さて、この話には重要な事柄がひとつ残されていまして。
 外交は国民の信がなければできないのですね。政府が任意の国にどんな外交ができるかというのは、国民のバックアップによる部分が大きいのです。
 たとえば、もう日本はよほどのことがないかぎり台湾へ非道な扱いをできない。
 たとえ中国にボイコットされようとも(そして韓国がブッチしようとも)東日本大震災の追悼式に台湾を公式参加させないわけにはいかない。国民がそれを求めているから。

 それとまったく同じ意味で(そして正反対のベクトルで)、韓国にはもはやなにをしてもいいという国民からのお墨付きがあるのですよね。
 ま、その国民意識を形成してくれたのは他でもない、韓国の行動なのですけども。 


韓国政府「実務訪問以下の粗末な扱いをしてやる!」 → 日本政府「困るどころか大助かり!」

<韓日首脳会談>安倍首相、1泊2日の間に韓国人対象の日程なく(中央日報)
安倍首相のソウル滞在28時間 9年ぶりの訪韓に物足りなさも(聯合ニュース)
安倍首相は1日午前11時43分ごろ専用機でソウル空港に入国した。2012年12月に首相として2回目の就任をしてから初めて韓国の領土を踏んだ。今回の歴訪には韓流ファンである昭恵夫人は同行しなかった。宿舎はソウル小公洞(ソゴンドン)のウェスティン朝鮮ホテルを選んだ。これまで日本の首脳たちは韓国訪問時はロッテホテルを好んだが、昨年7月にロッテホテル側が自衛隊創設60周年行事をキャンセルして関係が悪化したという説が外交界に広まっている。

安倍首相は入国初日、韓日中3カ国首脳会談や韓日中ビジネスサミット、日中首脳会談、3カ国首脳会談歓迎晩餐などの公式日程だけをこなした。日中首脳会談は李克強首相が泊まっていた新羅ホテルで行われた。2日は午前10時から青瓦台(チョンワデ、大統領府)で朴槿恵(パク・クネ)大統領と韓日首脳会談を行った。朴大統領との昼食はなかった。

首脳会談を終えた安倍首相は、ロッテホテルで日本の記者団を対象に記者会見を行った。韓国の記者たちの出席は許さなかった。安倍首相は記者会見の後、仁寺洞(インサドン)にある韓定食レストランで10人前後の駐韓日本経済人らと昼食をとった。メニューは韓牛カルビで1時間半程度の食事だったという。その後、在韓日本大使館の職員に会って日本に戻った。

安倍首相の今回の訪問には韓国人を対象にした日程はなかった。1泊2日の短い日程を考慮しても相手方の国民の歓心を買うための「公共外交」が首脳外交の重要な日程として扱われる状況で異例のことだ。 (中略)

当初、安倍首相は公共外交のために日本人が運営する仁寺洞のマッコリ教室訪問などを検討していたが実現しなかったという。
(引用ここまで)

 帰国当日の記事なのでけっこう前のものなのですが、安倍総理の訪韓がどういうものであったかがよく分かるものでしたのでピックアップ。
 国家元首や行政の長が外国訪問したときには、たとえば地元の小学校訪問とか現地の工場訪問とかよくありますね。
 で、ニュースで「地元の住民に気さくに話しかけ、交流する姿が見られました」なんていうのがひとつのパターン。小学生がガチガチになりながら花束を渡すなんていうのもありですかね。
 でも、実務訪問だか私的訪問だかだったので、そんな光景はゼロ。

 今回、韓国から「日本側から公式訪問の要請がなかったのでこのようになった」っていう話でしたが。
 むしろ、日本側が交流を求めなかったというのが実際なのでしょうね。
 初日の昼に空港着。日中韓首脳会談等の公式行事にのみ出席。
 翌日も日韓首脳会談をしたら、そのまま帰国。

 個人的には市井に出ないほうがよいとは個人的に思っていたのでよかったですけどね。
 安重根を気取ったような輩が出ないとはかぎりません。もっとも恐れていたところはそこですから。
 リッパート大使襲撃事件を見ても、韓国の警備能力は高いとはいえない。
 であれば、日本政府としても公式行事以外に出席しなくて済む実務訪問扱いは望むところだったのではないでしょうか。

 中国の李首相に比べて安倍総理に粗末な扱いをすることで嫌がらせをと考えた韓国政府、韓国にいる時間をなるべく短くしたかった日本政府。双方の利害が一致したってことでしょう。
 韓国的には肩すかしを食らった部分なのでしょうけどね。

スルーされない技術
石田章洋
かんき出版
2014-12-12


日韓首脳会談の内容を流出させるのは「日本のダーティープレーだ!」と叫ぶ韓国人……流出させないなんて約束はしていないはずだが……

【社説】日本のダーティープレーと韓国外交部の無能(朝鮮日報)
 日本の安倍晋三首相は今月2日の韓日首脳会談で、旧日本軍の慰安婦問題の早期妥結に向けた交渉を加速化することについて朴槿恵(パク・クンヘ)大統領と合意した。会談の直後には、日本メディアに対し「今年が日韓国交正常化50周年ということを念頭に置いて交渉していく」と述べた。国交正常化50周年に言及したのは、慰安婦問題の年内の妥結を第1の目標として努力していくという意味だと考えられ得るものだった。

 ところが安倍首相は、帰国するや否や、これを覆すかのような発言をしている。帰国した日の夜には日本テレビの番組に出演し「慰安婦問題は1965年の日韓請求権協定に基づき、完全に解決されたという基本的な立場に変わりはない」と語った。今月4日には与党・自民党の幹部に対し「年内(の妥結)という話が出ているが、年内と(期限を)切ると難しくなる」と述べたと報じられた。すでに解決したというなら、一体何についての交渉を約束したのだろうか。「年内は難しい」というのなら、なぜ「国交正常化50周年」に言及したのか、理解できない。 (中略)

 首脳会談の後日談が日本メディアを通じて連日伝わってくるというのも正常とはいえない。「日本側が『慰安婦問題のために首脳会談ができないというのなら、なすすべがないと意地を張ったため、韓国が譲歩した』「日本側が昼食会を提案したのに、韓国側が拒否したため、安倍首相の周囲では『昼食会ごときで国益を損なうことはできない』という話が出ている」などと、一方的な内容ばかりが伝わってくる。日本はいつでも堂々と構えてきたというわけだ。このような後日談は、日本が果たして今回の首脳会談に真摯(しんし)な姿勢で臨んだのかという疑問を生じさせている。 (中略)

 韓国の外交部(省に相当)も嘆かわしいのは同じだ。外交部が最初から、(首脳会談について)全てを透明な形で明らかにしていれば、日本のダーティープレーがこれほどひどい状況にはならなかったはずだ。韓国政府は何を心配したのか、南シナ海での中国による海洋進出問題や、日本産水産物の輸入規制問題、産経新聞の前ソウル支局長に対する裁判の問題など、首脳会談で議題になった懸案を公開せず、日本の外務省が公開した後になってそれを認めた。3年6カ月もの間首脳会談を拒否したことで、何ら成果を得られなかったことが恥ずかしかったからなのか。日本はこのような外交部の弱点を見透かして、つまらない後日談を流しているのだ。韓国政府は首脳会談で何ら成果を得られなかった上、事後の管理にも失敗した。外交部の無能ぶりは、到底隠しようがない病だ。
(引用ここまで)
 先日の「日本側が勝手に歪曲した事実を流出させている!」ってヤツの続報ですね。
 「日韓国交正常化50周年」の言葉を入れたから年内解決のはずだって(笑)。
 そんなことが双方の了解事項として入っているのであれば、それこそステートメントが発表されますわ。
 書いていないことを勝手に推し量って、それを裏切られたからって怒り心頭ってんじゃ話が通りませんわな。

 「解決に向けて協議を加速する」のであれば、局長級会議をこれまでの開催平均より1日だけ早めたって「加速」していることにはなりますしね。
 「年内解決」っていう確実な言質を取れなかった時点で負けなのです。
 おまえらが世界遺産騒動の時にやったことを、意趣返しでやられているんだっていうことに気がつけよ。

 最初の「日本側が流出させている」ってエントリでも書いたのですが、こうやって片方から有利な情報だけをリリースされてほしくなければきっちりと共同記者会見して、共同ステートメントを出せばよかったんですよ。
 「○○を双方の理解として発表した」っていう形にしておけば、そこからはどうしたって抗えない。二人が揃って記者会見していればこんな風にはならなかったのですよね。

 訪米したときのオバマ大統領との共同記者会見がだいぶトラウマになっているのかもしれません。
 事前打ち合わせなしでずばっと言われてしまって、言葉を濁すことすらもできずに立ち尽くすなんてことはもうやりたくないのでしょう。
 あるいは避け続けてきた日本側の記者からの質問に答えること避けたのかもしれません。

 でも、韓国がそうやって情報封殺をしようっていうなら、日本側は逆にオープンにしてしまえっていうことで。
 韓国側は情報を出したくないからこそどんなに言われても、それをあとから認めるだけで自分から情報を出さないのでしょうね。
 それを日本側が理解しているからこそ多少、話を盛っているにしてもやりたい放題なのですよ。
 そもそも、「会談内容を流出させない」なんて約束なんてしてないでしょうにね。



韓国政府が「日本は首脳会談内容を歪曲させて流出させている」と強い不満を表明しているものの……

韓日首脳会談の日本メディア報道は歪曲多い=韓国当局者(聯合ニュース)
 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と日本の安倍晋三首相が2日に青瓦台(大統領府)で行った初の首脳会談で公式に確認されていない内容が日本メディアから相次いで流出していることについて、韓国政府が強い不満を示した。

 韓国政府当局者は4日、聯合ニュースの取材に対し、「韓日首脳会談と関連して日本側から歪曲(わいきょく)されていたり、事実と異なる話が相次いで出ている。これは朴大統領が首脳会談で真実と信頼を取り上げて強調した『誠信之交』にも反するものだ」と指摘した。

 また「朴大統領と安倍首相は期待していた以上に率直に話を交わした」と説明。その上で、「これをうまく生かし、韓日関係を改善し、旧日本軍による慰安婦問題解決のために努力するのが正しい姿勢だ」と日本側に信義と誠実に基づく対応を求めた。 (中略)

 日本では首脳会談の内容だけでなく、会談開催までの過程における韓日間の交渉内容などが政府関係者からの引用などの形で相次いで報道されている。慰安婦問題の解決法については法的責任ではなく人道的支援策などが提起されている。

 これに対し、韓国政府内外からは、日本側が慰安婦問題をめぐる今後の協議で主導権を握るため、攻撃を繰り出して反応を見て、世論を形成する作戦を取っているとの疑いの目が向けられている。

 また日本が米国などを念頭に置き、韓国政府が非協調的で否定的であるかのように見せかけようとする「非外交的、非紳士的行為」との指摘も出ている。

 また政府当局者は1日に行われた韓日外相会談で、岸田外相が慰安婦を象徴する「平和の少女像」の問題を取り上げたという日本メディアの報道について、「会談では少女像の『少』の字も出てこなかった」と指摘した。

 朴大統領と安倍首相の昼食会開催を条件に、韓国政府が慰安婦問題と関連した日本側の譲歩を要求したという日本メディアの報道についても、昼食会を条件に妥結を要求した事実はないと明らかにした。
(引用ここまで)

 まあ、そりゃ午餐もなければ共同記者会見もない。共同ステートメントもないっていう首脳会談の中味を知るには当事者から聞くしかないんじゃないでしょうかね。
 で、日本側の関係者に会談の中味を聞くのであれば、それは当然日本側の主観をともなったものにならざるを得ないのです。

 あと、最後の「外相会談では少女像の『少』の字も出てこなかった」って話。
 つい最近、どこかで似たような話を聞いたような覚えがありますね。 

 それよりも面白いのは、この記事に南シナ海の『み』の字も出てこないところ。
 安倍総理がパク・クネ大統領に「南シナ海に関してはどうなの?」って聞いた場面なんかも当然、『流出』だと思うのですけどね。
 そして、なによりも大きな会談の流出として扱われるべきだと思うのですが。
 不思議ですね。

羅生門
芥川竜之介
Kindleアーカイブ
2015-04-01

 
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ