楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

春節

 相互RSS募集中です

韓国の旧正月は民族大移動! → ただし車椅子利用者を除く

車椅子の障害者を排除して走る「高速バス」(ハンギョレ)
 「高速バスの車両および運行の諸般の条件により、車椅子の同伴搭乗を希望する障害者のお客様には運送サービスを提供できません」

 祝日を控え、バスのチケットを購入しようとする帰省客が全国高速バス運送事業組合(以下、高バス)のホームページに接続すると、このような案内が現れる。案内文は「高速バス業界ではこのような問題点を改善できるよう継続的に努力しておりますのでご了解ください」と締めくくられる。昨年の名節の時にも高バスは同じ案内文を掲載した。

 現在、全国で運行される高速・市外バスは9500台あまり。どのバスにも車椅子昇降設備がない。折り畳み式車椅子は畳んで貨物スペースに積み込めるが、電動車椅子はバスに「乗車」する方法がない。高バス側は「『車椅子利用者が乗れるバスがない』という内容の案内は、数年前からホームページに引き続き掲載されている案内文だった」とし、「障害者が利用できるバスを作って運営するためには、政府の支援が必要だ」と話した。国土交通部傘下の交通安全公団は昨年11月になってようやく「高速・市外バス改造車標準モデル研究進行計画」を発表した。この研究の中心となる目標は、車椅子(長さ130センチ、幅70センチ、搭乗者を含む重さ275キロ)を乗せる昇降設備設置用バスの改造技術を確保することだが、研究期間だけで今年から3年を予定している。

 高バスは昨年11月にプレミアム高速バスを導入した。「車椅子は乗せられない」という案内文の隣には、このバスを紹介する「プレミアム高速バス運行案内」の案内文がある。「大韓民国で最高の高速バスを経験してください。最先端の安全装置の設置、リラックスシートおよび独立空間の提供や全座席に個別モニター、テーブル読書などの便宜施設が利用可能。映画・ドラマなどさまざまなコンテンツを提供」。しかし、このバスにも車椅子昇降設備はない。プレミアム高速バスを作ることはできても、車椅子利用者を乗せる高速バスはないということだ。
(引用ここまで)

 春節(旧正月)は韓国にとって民族大移動の季節でもあるわけですが、障害者にとってはそうではない、といういつものお話ですね。
 楽韓Webでも訪れた利川なり花開なりの地方に行くにはバスしか手段がありません。だけども、電動車いすを使っていると乗車できないと。

 KTXの開業の時も、記事中にもある「ファーストクラス並み」とされているプレミアムバス開業の時も、車椅子の乗客が数十人集まって、「切符を買ったのだから乗車させろ!」というように騒いだのです。
 一種の圧力団体が存在するのですね。そこまでしないとダメなんだろうなぁ。
 KTX開業時には警察によって排除されて、プレミアムバスの時は無言のまま乗車拒否で乗車できなかったとのことです。

 二階建てKTXの話題の時に、ちらっとムグンファ号での乗降の様子を取り上げましたのでそちらもご覧ください。KTXもKTX山川も特室(グリーン席相当)には車椅子スペースがあったような。乗車時もムグンファ号のそれと同じだったものが、電動リフトになったそうです。
 ……根本的な考えかたを変えてほしい気がするのですけどね。

車椅子の御大 豪州を行く
よみた(大庭靖雄)
ぽから
2013/6/20

中国が韓国のTHAAD配備へさらなる圧力「旧正月への増便不許可」……ただし、現政権とは交渉するつもりはない模様

【社説】韓国を軽視・無視、日本と中国の異常な動き(朝鮮日報)
1月の韓国機増便認めず、中国がTHAAD配備に揺さぶり(朝鮮日報)
 韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)が締結されてから1カ月が過ぎた。北朝鮮の核の脅威に対処するのに必要な情報を得られることから、韓国政府は国内の激しい反発を抑えてこの協定を締結した。しかしこの協定は日本が隣国を侵略し、数百万人の命を奪った過去と絶縁した国になったという仮定の上に成り立つものだ。そのような前提を日本側も知らないはずはない。ところが今回、防衛相が靖国神社参拝を強行した。このように最近、日本では韓国を軽視、あるいは無視する態度がたびたび見られるようになった。韓国が感情的な対応から抜け出せないからだろうか。

 このような状況で韓国の民間団体が釜山の日本領事館前に慰安婦少女像を設置した。釜山市東区庁は28日、今回の少女像の設置が許可なく行われたことから、当初はこれを撤去した。しかし文在寅(ムン・ジェイン)前共に民主党代表が東区庁を「親日」と非難し「釜山市民による少女像の設置は真の独立宣言だ」などと反発したため、設置を阻止しないことにした。法律に沿って対応した東区庁長は「謝罪する」と発言した。韓日関係が今後非常に厳しい状況になる徴候がここでも表面化し始めたようだ。

 これとは別に、中国外交部(省に相当)の陳海・アジア局副局長が26日に韓国を訪れ、政界や経済界の関係者と接触していたことが29日までにわかった。陳海氏は中国外交部で米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備問題を担当する人物だ。大統領選を前に韓国国内でTHAAD配備反対の世論を高めるのがねらいだろうか。一国の外交官が他国に一方的にやって来て、その国の外交当局と接触もせず勝手に行動するとなれば、これはその国と外交関係があると言えるだろうか。

 日本と中国によるこれら一連の動きは、直接的には韓国の国政マヒによってもたらされたものだが、より大きな観点からみれば、これまでの対中、対日外交の失敗を示すものとも言えるだろう。中国と日本の異常な動きはこれから起こる出来事の何らかの前兆と考えるべきではないだろうか。
(引用ここまで)
 チャーター機運航は通常1カ月単位で申請するもので、運航の前月20日ごろに各航空会社が中国民航局に申請して許可を得る。中国民航局が不許可の方針を知らせてきたのは今月28日夜のことだった。翌29日に航空各社がそれぞれ国土交通部に報告したことで多数の不許可が明らかになった。 (中略)

 この期間は、中国外務省でTHAAD問題を担当する陳海アジア局副局長が、韓国政府が思いとどまるよう伝えたのにもかかわらず一方的に訪韓し、韓国国内の政財界関係者に接触した時期と重なる。26日から30日までだった陳海副局長の訪韓は、THAAD反対世論を高めるのが目的だったと見られている。中国政府がチャーター機運航を不許可にすることで、陳海副局長の訪韓効果を最大限引き出し、「THAAD配備が続く限り報復する」と警告しているのだ。
(引用ここまで)

 釜山の慰安婦像とその設置の経緯に関してはもう何度も書いているので割愛。
 ちょっと面白かったのは、中国外交部から副局長がやってきてTHAADミサイル配備に関して野党側国会議員や経済界と接触していたという話。
 もはや韓国政府を交渉相手としては見ていない、ということですね。

 ついでに中国政府から「春節(旧正月)の韓国向けチャーター機は申請却下」というアシストも得て、THAADミサイル配備……というか、Xバンドレーダーの配備をなんとしてもやめさせるという不退転の決意が見て取れます。
 その交渉相手は現在の政府ではなく、次期政権である野党であったり、経済界であったりするわけですね。
 実務的だなぁ……。

 韓国からは幾度となく「韓中関係はビジネスパートナーであって、安保政策に対して中国からの一方的な制裁などありえない」という話が出ていましたね。でも、いわゆる韓流制限、そして韓国への渡航制限。そして稼ぎ時の春節でチャーター機の運行不許可。
 韓国側からは「大国である中国がこんな制裁をするなんて!」っていう恨み節が出ていましたが、これこそが中国のやりかたそのものですわ。

 実際にはTHAAD配備だけではなくて、一度自分の陣営にきた国が裏切ってブルーチームに戻ることについての制裁も含まれています。
 恭順には報酬を与えるのが冊封制度ですが、裏切りにもそれなりの対価がついて回るということでしょう。
 一度は天安門でスリーショットを撮らせるくらいの高い席次を与えたにもかかわらず、THAADミサイル配備を決定した。 
 これを許してしまっては他の国に面子が立たないし、同じように冊封体制から離脱する国も出かねない。 

 「うちらを裏切ったらこうなるんやでー」 という見せしめにちょうどよかったということでしょう。

習近平はいったい何を考えているのか 新・中国の大問題 (PHP新書)
丹羽 宇一郎
PHP研究所
2016/10/14

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
韓国人による北韓論
緊急追記で金正男についても。
BABYMETAL
LIVE AT TOKYO DOME
初回限定+早期購入特典
初音ミク ハートハンターVer.

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ