楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

格差

 相互RSS募集中です

韓国経済:あれほどの高齢層格差なのに韓国は2位。OECDトップは……?

65歳以上の所得不平等、韓国はOECD加盟国で2位(中央日報)
韓国労働研究院が11日に発表した「高齢層雇用構造変化と所得不平等報告書」によると、65歳以上の高齢者の所得不平等指数(ジニ係数)は0.422で、チリの0.428に次いでOECD加盟国で2番目に高かった。 (中略)

高齢層と韓国の労働年齢階層(18〜65歳)の所得不平等水準はOECD加盟国でも低い水準となった。韓国の労働年齢階層のジニ係数は米国の0.392、英国の0.353、ドイツの0.299、フランスの0.294など先進国より低い0.28となった。 (中略)

特に高齢層労働者のうち最低賃金以下の労働者の割合は37.1%に達し、全労働者平均11.6%の3倍を上回った。彼らは警備、清掃、家事サービスなど、雇用が不安な臨時・日雇いに従事して苦しい生活をしている層だ。

これに対し相対的に高額の年金を受け取っている公務員、教師、軍人など年金生活者や相当な利子・配当所得を得ている資産階層の高齢者も相当数に達し、高齢者所得の二極化を呼び起こしていると分析される。
(引用ここまで)

 あの格差でまだOECDで2位。
 バッカスおばさんが公園を占拠し、高齢層の自殺率ぶっちぎりで1位
 その一方で持ってる人間は山ほど不動産を所有していて、下手をするとそこが韓国経済崩壊の震源地になりかねないあの格差で2位。
 チリすごいな。

 天然資源に恵まれている国というのは格差が小さいという認識だったのですが、中途半端な量だったり、民主主義国家としての歴史が浅いとこうなるのかもしれませんね。
 まだまだ南米は魔境ということか。

 まあ、それ以前に「資源産出国は格差が小さい」っていううちの思いこみこそが陳腐であるとは思いますが。あんまり南米の状況というものが視野に入っていないからだな……。
 それにしてもなかなか衝撃的な数字ではあります。

 ジニ係数0.42以上っていったら、ちょっとした暴動が定期的に起きても不思議じゃない数字ですわ。
 チリの場合は全体の格差(ジニ係数が0.5前後で推移)がそのまま高齢層にも反映されているのですが、韓国の全体格差は0.28というのも解せないなー。
 なんか数字のトリックがあるのだとは思うのですが。


韓国経済:アメリカとほぼ同じ格差を持つのに、コリアンドリームはない韓国

急激に格差広がる韓国 上位10%への所得集中は米に次ぎ2位(聯合ニュース)
 韓国国会立法調査処が世界トップ所得データベース(WTID)と国際通貨基金(IMF)の資料を分析したところ、韓国の上位10%への所得の集中度(2012年基準)は44.9%だった。アジア主要国で最も高く、世界の主要国の中でも米国(47.8%)に次ぐ高い水準となった。

 所得集中度は所得上位の人たちが所得全体に占める割合を算出し、不平等の水準を判断する指標。フランスの著名な経済学者トマ・ピケティ氏らが運営している。

 主要国の上位10%への所得集中度をみると、米国や韓国、シンガポール(41.9%)、日本(40.5%)が40%を超えた。米国と共に新自由主義の導入を提唱した英国は39.1%、フランスは32.3%、オーストラリアは31%だった。

 韓国はアジア通貨危機前の1995年には上位10%への所得集中度が29.2%で、米国(40.5%)や日本(34%)、シンガポール(30.2%)などより低かった。

 だが、アジア通貨危機後、急速に所得集中度が上昇。1995年〜2012年の上昇幅は15.7ポイントとなり、シンガポール(11.7ポイント)、米国(7.3ポイント)、日本(6.5ポイント)などを上回り、所得不平等が最も深刻な国となった。
(引用ここまで)

 所得の二極化はアメリカ・韓国にかぎらず世界的なトレンドでもあるのですが、韓国の場合は急激にそれが進んでいるというところが問題。
 楽韓Webでも「所得集中でアメリカに対抗できるのは韓国だけ!」(悪い意味で)というように報じてきました。
 1997年と2008年の2度に渡る通貨危機で、上位層だけがより富んでいくという構造になっていったのですよ。
 なので、統計上は「ひとりあたりのGDPが3万ドルの先進国まであと一歩!」になっているはずが、国民の多くに中流意識がまったく芽生えないという状況になっている原因でしょうね。
 あるていど、国民全体の給料が上がってからであればそれほどきついことにはならなかったのでしょうが。

 むしろ、この統計を見ると通貨危機前のほうが中流が多く存在したように見えます。
 そういえばシンシアリーさんも似たようなことを言っていましたね。通貨危機で全体が圧縮されて上位層以外はそのままになった……というようなお話だったと思いますが。
 以前は楽韓さんも「個人の収入が充分に伸びればウリとナムも解消されて、普通の国になるのでは……」などと思っていたこともありました。
 前提自体も間違っていたというオチでした。ついでにいえば収入が伸びていたとしてもウリとナムは解消されないと思います。

 アメリカはまだ「アメリカンドリーム」でさまざまな分野で一発逆転の素地が見られるのですが、韓国の場合はスポーツ選手で高額所得者になるか、芸能人として長い奴隷契約を抜けたあとに収入を得られるようになるかくらい。そうでなかったら公務員になるくらいだもんなぁ……。あ、それと労組が異常に強い企業に就職するか。

 所得だけではなく、資産の集中も見てみたいのですがこれがなかなか資料が見つからない。
 韓国の場合、不動産を所有しているか否かできっぱりと分かれるはず。かつ、年代別にどうなっているかが面白そうなのですけども。

この回は面白かったなー


最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
材料入れてコトコト煮込むだけレシピ
100円セール中。
シン・ゴジラ
S.H.Figuarts メトロン星人
「ようこそウルトラセブン」
ダライアス 30th Anniversary Edition
PS4用+サントラCD7枚組

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ