楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

案の定

 相互RSS募集中です

ムン・ジェイン政権の閣僚候補、次々と身体検査に引っかかっている模様。首相、外相、公取委員長まで!? → 秘書室長「公約と国政運営は違うのだ」と言い訳

文在寅政権、閣僚候補に公約破りの「偽装転入」相次ぎ発覚(朝鮮日報)
 李洛淵(イ・ナギョン)首相候補、康京和(カン・ギョンファ)外交部(省に相当)長官候補、金尚祚(キム・サンジョ)公正取引委員会委員長候補の偽装転入疑惑が相次いで明らかになったのを受けて、大統領府が26日、遺憾の意を表明した。しかし、野党側は大統領自身の謝罪を要求、李洛淵氏の人事聴聞経過報告書採択を拒否した。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は大統領選挙時、偽装転入・兵役逃れ・不動産投機・脱税・論文盗作という5大不正に関与した者は高位公職者から排除すると公約していたが、最近の人事でこうした問題が発覚したため、「公約を破るのか」と批判の声が出ている。これについて大統領府の任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長は同日の記者会見で、「選挙キャンペーンと国政運営という現実の重みが機械的に同じということはありえない点を率直に告白すると共に、ご了解いただきたい。文在寅政権も現実的な制約の中で人事をするしかない。もっと常識的に、よりよくしようと努力している。各候補が持っている資質と能力が、(偽装転入などの)関連事実が与える社会的喪失感に照らして、著しく大きいと判断される場合は、関連事実の公表と共に人事を進めている。国民の皆さんに申し訳ない。国会(人事)聴聞委員委員の皆様にも恐れながら広くご理解いただきたい」と述べた。大統領府は同日、国政企画諮問委員会に「偽装転入問題を公論化し、最小限の基準を設けてほしい」と要請した。
(引用ここまで)

 ムン・ジェインは「偽装転入、兵役逃れ、不動産投機、脱税、論文盗作の5大不正は高位公職者から排除する」という宣言をしていたのですよ。
 保守のパク・クネ政権と異なり、我々はクリーンですというアピールですね。
 そんな中、まずは外交部長官候補とされているカン・ギョンファが娘の高校入学時に偽装転入をしていた事実が明らかになりました。
 そのニュースを報じたエントリで楽韓さんは「この5大不正とやらを犯していない人間が韓国の上層に存在するんですかね」と書きました。

 で、今度は首相候補のイ・ナギョン、そして公正取引委員長候補の「財閥絶対殺すマン」キム・サンジョに偽装転入疑惑。
 ……ほらね。

 不動産投機に関しても、投資と投機の区別も宣言していないですしね。
 韓国でこうした大臣候補になるほどの人物で、不動産に投資していない人物が存在するんでしょうか。
 絶対にいないと断言してもいいと思います。
 なにしろ韓国人の持つ資産の9割が不動産ですよ?
 法人を立ち上げてその法人で投資していたらどうなのかとか、ボーダーラインが引かれていないのでいくらでも言い逃れはできると思いますが。

 5大不正の中でも偽装転入は本人がやらないとどうにもならないので、発覚しやすいのでしょうね。
 兵役逃れは子供に関してさせていたらどうなるんでしょうかね。あるいはサムスン電子の会長・副会長のように「病気で〜」とか「怪我で〜」とかの場合はどうするのか。

 ま、今回の3例もけっきょくは「公約と国政運営では重みが違う」で、「ご理解いただきたい」で終了。
 「名誉あるろうそく革命」とかなんとかぶち上げても、その革命をやったほうも同じ社会から出てきたんだから大なり小なりその社会の清濁を呑み併せているに決まっているのです。

 それでも彼らは「自分たちだけはキレイであり、保守はそうではないのだ」と言い張るでしょうね。
 それだけがアイデンティティのようなものですから。
 それに反するようなことを発言した連中はもちろんギロチン行きになるのです。

死刑執行人サンソン――国王ルイ十六世の首を刎ねた男 (集英社新書)
足安達正勝
集英社
2003/12/22

釜山の慰安婦像、自治体が炎上に耐えきれずに設置許可へ。やっぱり法治は無理だった……

釜山日本領事館前の少女像設置を容認…「自治体が対応するのは難しい」(中央日報)
釜山東区が30日、在釜山日本領事館前の少女像設置を認めることにした。

釜山東区は市民団体が28日に日本領事館前に設置した少女像を強制撤去して押収したが、非難世論が激しくなると2日後に立場を変えた。

パク・サムソク東区庁長は30日の記者会見で、「市民団体が日本領事館前に少女像を設置するのなら阻止しない」と伝えた。また「多くの市民に謝罪する」とし「この問題は自治体が対応するのは難しい」と明らかにした。
(引用ここまで)

 うん、知ってた。
 まあ、釜山東区は頑張ったと思います。個人的には。

 今回の強襲設置→強制撤去役所業務炎上→設置許可という一連の流れはよいですね。
 単純に強襲設置されるだけだと「なんなんだ」で終わりですが、強制撤去がはさまったことで不法であるということが認識が深まるきっかけにもできます。
 あ、もちろん日本人にとって。
 韓国人に法治は無理なのだということを日本人に知らしめる出来事となりましたね。

 もう完全に日米からは離脱の方向で間違いない。ま、パク・クネがああなった時点で分かっていたことではありますが。

だめだこりゃ (新潮文庫)
いかりや長介
新潮社
2003/5/31

【知ってた】韓国国会がパク・クネの罠にかかってしっちゃかめっちゃか。もはや弾劾不可能な方向へ【案の定】

朴氏4月退陣案、物別れ 与党非主流派と最大野党協議(東京新聞)
 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の辞意表明を受け、最大野党「共に民主党」の秋美愛(チュミエ)代表と与党「セヌリ党」非主流派の金武星(キムムソン)前党代表が一日、ソウル市内で対応を協議した。秋氏は「弾劾しなければならない」としたが、金氏は与党主流派が主張する来年四月ごろの朴氏退陣という案での合意を主張し、物別れに終わった。

 また、韓国メディアによると、第二野党「国民の党」は、共に民主党が提案した二日の弾劾訴追案採決に反対。採決は先送りされる見通しが強まった。

 セヌリ党は一日の議員総会で、朴氏の四月退任と大統領選の六月実施を求める案を満場一致で決めた。

 金氏は秋氏との協議後、報道陣に、弾劾訴追案を可決しても憲法裁判所の判断が出るのは来年四月末ごろになると説明。「四月末の大統領退任が決まれば、あえて弾劾に進まず、(与野党が)合意することがよいのではと提案したが、まとまらなかった」と語った。

 金氏は、朴氏が四月退任を受け入れない場合には、今月九日に野党が国会で採決を目指す弾劾訴追案に賛成するしかないとした。

 一方、秋氏は記者団に「遅くとも来年一月末までに大統領が辞任しなければならないと(金氏に)主張した」と語った。両者は今後も協議を続けるという。
(引用ここまで)

image

 与党セヌリ党から造反するのではないかと見られていた非パク派は日和って、党全体でパク・クネの退陣に乗っかる方向になりつつあります。
 野党第一党の共に民主党は2日の弾劾決議を主張するも同調が少ないので沈黙気味。
 野党第二党の国民の党は「とりあえず2日の弾劾はやめとくわ」と様子見。

 さあ、盛り上がってまいりました。
 パク・クネが国会に向かって投げたボールが、ビリヤードのマルチクッションのように方々に当たって連鎖反応を起こしてきていますね。
 つまり、退陣後をどうするかということに関して目が向いてきた。
 影響力をより多く残すにはどうするべきか。
 国民の党は第二党なのでこのまま弾劾では存在感を出せない。
 共に民主党は国民への「パク・クネの首をとったのは我々だ」とアピールしたいから弾劾決議に向かいたい。
 セヌリ党非パク派はどっちつかずになるのを恐れて様子見。
 セヌリ党主流派は時間をかけて事態の沈静化を狙いつつ、次の大統領選でより優位に立つ方法を考えている。

 うーん、いい感じで罠にかかって毒が回ってるなぁ。
 国政のことを本当に考えるのであれば、即座に弾劾決議を成立させてパク・クネを引っこめるほうがよいのです。
 それが一番国民が納得する形ですから、大統領代行がパク・クネの側近であろうとも数ヶ月後には大統領が罷免されて大統領選挙になる。時間的に見てもおそらくこれが最短コースでしょう。
 この週明けくらいまでは弾劾待ったなしだったのですが、一昨日の記者会見で一気に風向きが変わってきました。

 一番面白いシナリオは共に民主党が弾劾決議を国会にかけて、なおかつ否決されるというパターン。
 これだと結果的に信任されたことになるので、任期満了までありえる。
 国会で大統領の職務を認定したも同然ですからね。さすがにそこまでバカな真似はしないと思いますが……。
 斜め上を行く人々だからなぁ。

強欲の帝国
チャールズ・ファーガソン
早川書房
2014/4/15)

韓国で事故連発の地下鉄が脱線! → 交通公社「脱線を模した訓練です」 → 嘘でした

脱線事故は「訓練」!? 仁川交通公社が市・政府に虚偽報告(朝鮮日報)
 仁川交通公社(以下、公社)が、今年8月7日に仁川地下鉄2号線の終点に当たる雲宴駅車両基地付近で起こった電車の脱線事故を、「脱線の状況を想定した模擬訓練だった」と偽って報告していたことが分かった。仁川市が6日に発表した。

 仁川地下鉄2号線は今年7月30日に開通したが、開通からおよそ1週間で9件の事故を起こした。公社は、電車の運行がしばしば止まり、利用客の不満が噴き出している状況で脱線事故まで起こしてしまったことから、この事故を「模擬訓練」と偽ったという。脱線事故の当時、電車は車両基地に向かう途中で乗客はおらず、人命被害はなかった。

 ところが公社は、8月7日の事故について「あらかじめ計画していた模擬訓練が、脱線事故と誤って伝えられた。実際には、状況対応力を養うため、予告なく不意に訓練を行った」と発表した。事故の翌日には、公社の幹部が仁川市庁の記者室を訪れて全く同じ説明を行い、こうした内容の「訓練結果報告書」を国土交通部(省に相当)と仁川市に送るということまで行った。

 しかし、事故現場の状況を示す動画などが次々とメディアで公開され、やがて公社が事故を訓練と偽っていたことが明らかになった。公社は6日、仁川市庁で記者会見を開き「開通初期に各種の障害のため事故が相次いだ状況において脱線事故まで判明したら、市民の不安が大きくなるだろうと考え、訓練を装った」と釈明した。

 仁川市は、この事案について監査を開始した。市の関係者は「メディアや市長をだましたことも問題だが、今回の件は市民をだましたもので、重大な事案。関係者には最も重い懲戒を下す方針」と語った。
(引用ここまで)

 仁川地下鉄2号線が7月末に開業しまして。
 試運転時に車両が追突初日から事故を起こして、翌日からも事故を起こし続けています。
 で、開業後1週間ちょっとで脱線事故を起こしたと。

 だけども、終点駅から車両基地に向かう無人の時だったので「脱線事故を想定した訓練だった」と政府に報告していたと。
 ついでにいうと無人運行の地下鉄なので、車掌、運転士もいなかった。つまり、ケガ人等もいなかった。
 であれば「これは訓練だ!」ということにしてしまえばいい。
 完全犯罪を目論んだわけですね。

 韓国人の傾向として「その場さえごまかすことができればあとはどうにかなる」というものがあります。
 マニュアル無視はこのあたりが大きな原因ではないかと考えています。その場だけやり過ごせばなんとかなる。自分の担当時に事故が起きなければ問題ない。

 その延長線上には、常にセウォル号が待ち構えているのですけどね。
 今回の脱線事故は「ひやり、はっと」のはっとにあたるのかな。もう一歩進めばハインリッヒの法則の「大事故」になるわけです。

 しかし、さすが仁川だ。期待を裏切らない……。 

日本の地下鉄誕生秘話、だそうです。
地下鉄誕生 (交通新聞社新書)
中村建治
交通新聞社
2013/12/16

韓国仁川で地下鉄2号線開通 → 初日からあれやこれやの大騒ぎ → 韓国人「……これが韓国の実力だよ」

'心細い仁川地下鉄' 開通初日断電に故障繰返(聯合ニュース/朝鮮語)
仁川都市鉄道2号線が開通初日から断線と電車の故障などの安全面での問題を浮かび上がらせた。
無人遠隔制御システムで運営されている仁川鉄2号線は開通前の試験運行にも追突事故を起こした前歴があり、安全性への疑問が噴出している。
30日、仁川交通公社によると午前10時27分頃、仁川地下鉄2号線西区役所駅〜仁川加佐駅5.1km区間に電力供給が突然切れた。 この事故で仁川地下鉄2号線29.2km全区間の上下電車の運行が15分間中断された。
電車は最寄りの駅まで手動運行で移動した後に電力供給再開を待っていた。
事故区間の駅では、運行中の3つの列車から降りた数百人の乗客が乗り場で待機するのに不便を体験した。
午前10時42分頃、電力供給が再開され、電車の運行も再開された。

しかし、家庭の中央展示場駅から出発した電車が、10時52分頃には家庭駅でまた停止して電車の運行が再び25分間中断された。
最終的には故障電車を西区役所駅の退避線路に移した後、電車の運行は11時17分頃に再開された。
これにより、開通初日に最初は電力供給中断で15分、さらに電車故障で25分の計40分間、運行に支障が出た。

仁川交通公社は、変圧器の問題で過電流が流れたために瞬間的な停電が発生し、電力供給が中断されたと見ている。
午後7時20分頃には、信号システムの問題で黔岩駅下り線で運行していた電車がまた停止し、乗客数十人がプラットホームに降りるという騒動が起きた。
仁川交通公社側は、故障した電車をウンヨン車両基地に移し、約12分間上下線全区間の電車を時速40勸焚爾僚行運転で運用された。
仁川交通公社の関係者は、「管制所から電車を制御するために信号システムの問題で管制所と電車の間の通信がしばらく切断されたものと推定される」とし「今はすべての電車が通常の速度で運行している」と説明した。
このほか、この日の一部の駅では電車ドアなところが正しく閉まらなかったために安全要員が手動でドアを閉めて出発した。
仁川交通公社は、すべてのドアが個別制御できる仕様であり、ドアに異物が挟まったために開閉がスムーズでなかったと見ている。

市民は、開通初日から事故が相次ぐ失望感を隠せずにいる。
ネイバーID「kcy **」を使うネチズンは「朱安駅から列車遅延13分待ってゼウル駅では、列車の故障で約束した時間に25分遅れてしまった」と不満を吐露した。

仁川地下鉄2号線は開通前の試験運行時も不安な姿を現した。
5月21日南洞区ウンヨン駅仁川大公園駅の中間地点で停止していた列車に、後続の列車が追突した。
当時の事故は、手動で試験運行をしていたのために後続列車の機関士が前方注視を怠って安全距離を確認していなかったために事故を起こしたものと推定された。
仁川鉄2号線をめぐる安全性の議論は、開通直前まで続いた。
仁川市議会イハング議員は25日、「無人軽電鉄の最高速度は一般的に時速70劼任△襪、仁川2号線は80劼乃涓誕と減速を繰り返すことにより、危険にさらされている」と指摘した。
(引用ここまで)

 試運転時に追突事故を起こした仁川2号線が昨日開通したのですが。
 瞬電、車両故障、システム障害のトリプルコンボ。

 望んでいた危惧していたとおりのオチになったってところですかね。
 ……しかし、有人の試運転で追突事故っていう鉄道ではほぼ最大レベルの事故を起こしておいて、当初の予定通り無人運転で開業できるっていう判断がすごい。
 相変わらずの胆力の強さですわ。
 有人運行で事故が起きたのだから、開業から何日かは無人運行せずに運転手をサポート要員として乗せておくとかすればよいと思うのですが。

 あるいは「韓国人を信頼していた」のかもしれません。
 すなわち、有人運行よりも無人運行のほうが確度が高いのだ、と。
 事故のあったときにも「この追突事故は有人で手動運転だからこそ起きた」という言い訳をしていましたからね。
 つまり、有人だからこそ失敗した。無人運転システムのほうがよほど頼りになるとうい認識だったのかもしれません。
 でも有人であろうと無人であろうと、作ったのが韓国人で運用するのも韓国人なのですから大差はないとは思うのですけどね。


車両を造るという仕事 (交通新聞社新書)
里田啓
交通新聞社
2014/4/15

平昌五輪委「予算が足りない! 国からの援助がもっと必要だ」→韓国メディア「この恥知らず!」

【社説】今さら追加支援を求める平昌五輪組織委の恥知らず(朝鮮日報)
 2018年の平昌冬季オリンピック開催までわずか1年8カ月となった今、大会組織委員会が韓国政府に6000億ウォン(約530億円)以上の追加支援を求めていたことが分かった。オリンピックのための予算は2兆2000億ウォン(約1930億円)に定められているが、この額では大会の開催は到底おぼつかないというのがその理由だ。組織委は当初、計画を取りまとめた2011年の時点では「これだけの予算で十分に開催可能」と考えていたようだが、最近になって周囲を取り巻く環境が大きく変わったことを支援要請の理由に挙げている。具体的には平昌大会から新たに採用された種目があること、さらに入場チケットの販売収益や開会式、閉会式会場の建設費用が現状を全く反映していなかったことなどが理由として挙げられている。 (中略)

 国際オリンピック委員会(IOC)は2014年末、財政面での負担を軽くするとの趣旨から、ボブスレー、リュージュ、スケルトンを外国で行う分散開催を勧告し、また国内の他の地域で一部種目の開催を求める声も何度か上がった。しかし組織委と江原道はこれらの要求に一切応じようとはしなかった。このように一連の経費削減策を無視しておきながら、今になって予算の追加支援を求めるとは恥知らずにもほどがある。

 平昌オリンピックの予算は、高速鉄道の建設を含むインフラ関連を含めると、すでに14兆ウォン(約1兆2300億円)近くにまで膨れ上がっている。このような現状を考えても、組織委は政府に追加の支援を求めるのではなく、大会の規模やイベントの縮小を甘受するなどして、与えられた予算の範囲内で大会を開催する方策を見いださねばならない。
(引用ここまで)

 いや、そりゃそうでしょ。
 誰一人として大会そのものへの国庫援助が2兆2000億ウォンなんかで終わるとは思ってない。

 記事中にありますが、現状だって総事業費は14兆ウォン。
 ちなみに2年前の時点で12兆8000億ウォンでした。
 ざっくりと総額で15兆ウォン前後を巡る攻防ですかね。
 道路整備や鉄道整備といったものはインフラとして残るのでしょうが、大会関連費は露と消えるのです。

 韓国の国家予算1年分が350兆ウォン前後であることを考えれば、すでにその3〜4%を平昌オリンピックに費やすことは確定していて、そこからどこまで増えるかのチキンレースですよ。

 で、オリンピックが終わってしまえば特別帰化で一時的に二重国籍になっていた選手は帰国して、これまでと同じようにジャンプでもモーグルでもフィギュアでも低迷。
 忘れた頃に突然変異でなんかの競技でメダルを穫るような選手が出て、「○○先進国となったのだ!」とか妄言を垂れ流すのです。
 「夏冬両方のオリンピックを開催できるの先進国だけ」なんていうメンツのためだけで開催するのですから、なにも残らなくて当然でしょう。


【様式美】バドミントン、日本男子チーム敗退。韓国戦で空調が入る珍事!?

世界一バド男子 風の“アウェー洗礼”表彰台届かず(スポニチ)

>  世界一のチームが“アウェーの洗礼”に屈した。バドミントン男子団体が行われ、5月の国・地域別対抗戦のトマス杯で優勝していた日本は、初戦となった韓国との準々決勝で5時間30分を超える激闘の末、2―3で敗れて44年ぶりの表彰台に届かず。エースの田児賢一(25=NTT東日本)が出場した第1試合 のシングルスでは、韓国を後押しする不可解な風が会場に吹き荒れた。

 21―12で奪った第1ゲームは無風だったが、第2ゲームに入ると、田児を向かい風が襲う。コートチェンジした第3ゲームは風向きが変わるはずだが、空 調が意図的に操作されたのか、なぜか再び向かい風。シャトルは軽く、風の影響を受けやすいため、向かい風だと圧倒的に不利だ。1―2と逆転で落とし、「途 中で風が変わるなんて、他の国じゃありえない。事前に打ち合わせしてたんじゃないの。だって韓国の選手は面食らってなかったでしょ」と吐き捨てた。

 第2ゲーム中に審判本部に抗議した日本代表の舛田コーチは、怒りを通り越し、あきれていた。「風が明らかにおかしかった。都合が良すぎる」。隣のコート でプレーし、風の影響を受けて大逆転負けを喫したインドネシア選手からも、「おまえらがコートを移動したら風向きが変わった」と言われたという。日本オリ ンピック委員会(JOC)に提出する報告書にもこの件について記載し、問題提起する構えだ。

 第2試合以降は風向きは一定となり日本は粘ったが、やはり田児の敗戦が痛かった。「しようがないっしょ。韓国でアジア大会やってるわけだから。負けたの は情けないわ。トマス杯でも自分が波に乗せてたんで、これじゃ優勝できるチームじゃない」。悔しさを晴らすには、各メンバーが個人種目で“日本旋風”を巻 き起こすしかない。
(引用ここまで)

 ……いや。
 そもそもバドミントンの試合では空調って入れませんよ。
 夏場の試合だと選手、審判もろもろ大汗かいて試合を進行するって話を聞きます。
 というか、そもそもバド試合で空調でどうこうって話をはじめて聞いた気がします。

 まあ、どうせなんかやるだろうとは思っていましたが、バドミントンで空調入れるとかもうね……。
 あとは勝つつもりでいた選手が、試合場で暴れて寝転んで、関係者が試合会場の電気を切れば様式美が完成です。

 ちょっと調べたら女子チームでも同じようなことがあったようですね。
 ま、韓国の民度ってこのレベルなんですよ。



イ・ミョンバクの「ロボット魚」完成 → 「群れぬ! 泳げぬ! 通信せぬ!」

57億ウォンかけたが…川にも近づけない韓国の魚ロボット(1) (2) - (中央日報)
‘4大河川 ロボット魚’成功?…‘ウソ’だった(ハンギョレ)

> 57億ウォン(約5億7000万円)を予算で支援され、2010年6月から2013年6月まで魚ロボットが開発されたが、結果は完全な失敗だった。9つの 試作品のうち7つは監査院が監査をする前にすでに故障していた。残り2つのうち1つも監査院が今年3月、実際にテストをしている途中に故障し、監査が終わるまで直らなかった。結局、1つで性能検査をしたが、当初の目標とはかけ離れた結果が出た。
事業計画書の目標によると、魚ロボットが水中で泳ぐ速度は秒速2.5メートルだった。しかし監査院の実験では秒速0.23メートルにしかならなかった。速度は10分の1ほどだ。

水中での通信距離目標は500メートルだった。その程度になってこそロボットに搭載されたセンサーが統制室に伝えられ、実質的な水質監視が可能だ。しかし 実験では50メートルにすぎなかった。4大河川の川幅は50メートルを超えるところが多いが、実際、川岸でも通信するのが難しいレベルということだ。 (中略)

実験項目の中には3つの魚ロボットが水中で群れを作って目標物に到達する「群集制御」機能もあったが、作動するものが1つしかないため、この機能は調べることもできなかったという。 (中略)

研究の成果ではないが成果として包装したり、研究費8915万ウォンを用途外に使った不正行為も摘発された。
(引用ここまで)

ロボット肴

 2011年に投入予定だったものが、2013年に延期されていた「4大河川の水質監視用魚ロボット」ですが、けっきょくはまともなものが作れずに有耶無耶に終了。
 2011年の時点で楽韓さんは「有耶無耶になるんじゃないか」と考えていましたが、案の定。

 9機製造されたうち、監査を受けられたのは2機だけ。
 その2機のうちの1機も故障。
 「3機で群れて泳ぐ機能」が装備されていたのだけども、まともな機体が1機しかなかったので検証できない。 おまけに秒速23センチでしか泳げない。実際の川に放流したら流されるでしょうね。

 22兆ウォンを投入した4大河川再生事業の一環だったのですが、韓国独自の製造手法による抹茶ラテを産み出しただけですべてが無駄に終わってます。
 このロボットの予算が5億7000万円(笑)。
 で、この研究費のうち900万円が流用されていたというオチ。

 そもそもまっとうな技術力なんかないんですから、こんなもんですよ。
 ま、こう言っちゃなんですが、最後の研究費流用も含めてすべて想定内に収まったというところですかね。


 
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ