楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

毎日新聞

 相互RSS募集中です

毎日新聞の記者ですら「強い脱力感」を覚えざるを得なかった釜山への慰安婦像設置

釜山の少女像設置、日本の厳しい世論を知らない韓国(WEDGE)
 韓国南東部・釜山にある日本総領事館前の歩道に昨年末、慰安婦を象徴する新たな少女像が設置された。(中略)この問題を契機に改めて、慰安婦問題に関する2015年末の日韓合意について考えてみたい。 (中略)

 しかし、国際条約によって保護される大使館や総領事館といった外交公館前の公道への設置を黙認するという行為は、明らかにアウトである。本来なら合意があろうと、なかろうと問題があるのだが、わざわざソウルの少女像に言及した合意がある中での黙認だ。「他の公館前には少女像設置を許さない」と明示されているわけではなくても、「合意の精神」もしくは「趣旨」に反するとしか言えない。

 だからこそ日本側で強い反発を呼んだのである。特に、大使館前の少女像撤去は簡単ではないと考えていた日本の専門家や政府関係者が受けたショックは大きかったように見える。韓国側の対応を見守るべきで、性急な要求をするのは逆効果にしかならないと説明する論拠を失ってしまったからだ。正直に言えば私も、釜山の少女像が結局建てられたというニュースを見た時には、失望というより強い脱力感を覚えた。 (中略)

 私見では、ソウルの少女像に対する日本国内の反感の強さは韓国側にきちんと認識されていない。私は昨年秋、来日した韓国メディアの記者たち(主として政治・外交担当)との意見交換会で、日本の世論は少女像問題に極めて強い関心を持っていることを認識しておいた方がいいと伝えたのだが、韓国人記者たちはピンとこないようだった。

 日本側の対抗措置に韓国メディアが驚いた理由の一端は、ここにありそうだ。日本側の関心をきちんとフォローしていないから、「なんでこんなに激しい反発が出るんだ?」と驚いた。だから、「(対露外交など)安倍首相の相次ぐ外交失敗に失望した右翼保守層を結集させ、国内の支持基盤を固めようという意図が見える」(聯合ニュース)、「トランプ政権の発足前に韓国が外交合意に違反しているという主張をして、韓米関係を引き離そうとする動き」(ニュース専門テレビ・YTN)、「韓国の国政空白と米国の政権交代という時期をにらんだ日本の奇襲」(朝鮮日報)などという解釈が堂々と語られるのである。 (中略)

 一方で安倍首相に対しては、合意発表時に自らの口で謝罪の言葉を公にしなかったことや、おわびの手紙を書かないのかと国会で質問された際に「毛頭考えていない」という強い表現で否定したことへの批判がある。(中略)手紙についても前例を踏襲するかどうかという話なので、少なくともそれほど強い表現で拒絶する必要があったかは疑問だ。 (中略)

いまや韓国では全否定の対象ではあるものの、朴大統領が「当事者の納得する措置が誠意ある措置だ」と繰り返していた時に異論をはさんだ運動団体や韓国メディアはなかった。それなのに、生存者の7割超が合意に基づく事業を受け入れたことを全く評価せず、ほとんど報道もしないというのは、どうしたことだろうか。

 こうした事実をきちんと踏まえた上で、なお残る問題点について指摘するのが筋ではないか。日韓合意に否定的な韓国の有力政治家も同じことだ。当事者の多くが受け入れたことへの評価を明確にしないまま、再協議や破棄を主張するのは無理がある。

 日韓合意は、1990年代初めに慰安婦問題が外交問題となってから初めての政府間合意だ。日本による一方的な措置だった河野談話発表やアジア女性基金が国際社会に広く知られることなく終わったのと違い、日韓合意は国際社会に広く発信され、米国や欧州諸国、国連など多くのアクターから歓迎された。それだけに両国とも現実には破棄など簡単ではないし、そんなことをしても得るものはない。破棄しようとしたり、蒸し返したりしようとすれば、かえって外交的なマイナス点を重ねるだけになりかねないだろう。
(引用ここまで)

 この澤田克己という記者、かなりの知韓派です。
 10年くらい前に「脱日する韓国−隣国が日本を捨てる日」という本を書いていますね。内容はいまひとつ覚えていないのですが、読んでいることは間違いないです。
 かつて日本を特別視してきた韓国であるが、成長に従ってその構造から抜け出そうとしている、という当たり前の話を書いていただけで、本のタイトルがちょっと刺激的だったというだけですかね。
 でもまあ、長く韓国滞在していただけのことはあって、ちょっとメモをしたような部分があったようななかったような……。
 その後のイ・ミョンバクによる竹島上陸のあたりで「ああ、遠慮しないようになったというのはこういうことか」ってこの本をちょっと思い出しました。

 毎日新聞の記者であるという部分から偏りがあるのかなと思いきや、以前も中央日報のインタビューに対して「韓国は好きな部分も嫌いな部分もある」というように答えている客観視ができている人だなという印象があります。
 韓国で財布を落として戻ってきたっていうドヤ顔の記事を書いて、「その記事って実は韓国disだよね」と楽韓Webに喝破されるような生半な人物でないのは確かだと思います。
 その記者にして今回のプサンの慰安婦像設置に「失望というより強い脱力感を覚えた」と書かせてしまう。

 その原因が「日本側の反応の強さが伝わっていない」ことにあるようだとするのは慧眼ではないかと思います。
 「反応の強さ」とぼかしていますが、この記事にかぎらず、日本に蔓延しているのは嫌悪感ではないかと感じます。
 韓国側は「日本がいやがってるぞ、もっとやれ!」くらいに思っているのですが、実際にはいやがっているのではなく「嫌悪感を抱いている」というのが実際の感覚に近いのではないかと。
 韓国側はメディア、政府含めて「市民団体がやっていることだ」っていう言い訳を延々と言っているのですが、それも含めての嫌悪感ですかね。
 合意を守ろうとしない嫌悪感。
 国家間の合意を無視しようとする嫌悪感。
 うん、しっくりきますね。

 記事中の「お詫びの手紙を書いたほうがいい」というのは、いただけない感覚かなと思いますが。
 以前も書いたように韓国に対して合意に挙げられていないことをやるのは危険なのですよね。
 そこから一点突破すらやりかねない輩なので。

 記事は「慰安婦合意は日韓の歩み寄りの結果だ」というようにまとめられていますが、日本側は当初から破棄されることもも含めての対応だったのではないかというのが楽韓Webの立場なので、その部分はちょっと相容れないところです。
 でも、なかなか面白い記事ではあると思います。

 記事の裏側すべてに「もうホントになんとかしろよ……」という、韓国が好きな部分がある著者だからこその怨嗟の声が張りついている感じです。
 知韓であればあるほど、がっくりときているというのは実際なのでしょうね。

おっと、こちらもKindle化。
困った隣人 韓国の急所
井沢元彦 / 呉善花
祥伝社
2013/10/30

世論調査:嫌韓本を読んでいる人たちは、そうでない人たちに比べて……

読書世論調査:「嫌韓・嫌中」本や記事 1割超「読んだ」(毎日新聞)

>  韓国や中国を批判する「嫌韓・嫌中」本やその記事を読んだことがある人は1割超いることが、毎日新聞の「第68回読書世論調査」で分かった。読んだこと がない人を含めると2人に1人は、売れていることで「日本と韓国・中国との関係を悪化させる」と考えており、冷静に受け止めているようだ。

  「嫌韓・嫌中」本・記事を読んだ人の45%が60代以上で、10代後半は3%、20代は8%だった。「嫌韓・嫌中」本・記事を読んだ人をさらに分析してみ ると、8割は普段から本や新聞を購読。読んでいない人に比べ、歴史や地理の本を好み、電子書籍の読書経験も多かった。週刊誌を読む人が多く、調査時期の1 カ月間に読んだ雑誌は、「週刊文春」25%、「週刊新潮」23%、「週刊現代」21%だった。1カ月の本の購入費が平均で3000円以上と答えた人の割合 は、読んでいない人の約3倍だった。
(引用ここまで)

mainichi_kennkanbooks

 文章よりも画像のグラフのほうが雄弁に物事を語っていますね。
 「嫌韓・嫌中」本(朝日が言うところの嫌中憎韓本)を読んだことのある層は、読んだことがない人に比べて……

・新聞を読む人間が1.24倍。
・書籍を読む人間が1.6倍。
・歴史・地理の本を読む人間が2.47倍。
・1.68倍、電子書籍を読んだことがある。
・1ヶ月の書籍購入費が3000円以上である人間が2.83倍。

 リテラシーは「嫌韓・嫌中本」を読んでいる層のほうが高いのが分かります。
 電子書籍という新しいメディアも柔軟に受け入れ、より新聞を読み、より書籍を読む。
 特に歴史・地理の本を読んでいる。

 毎日新聞は記事中でさらっと「冷静に受け止めているようだ」とか書いていますが、その論拠がどこにあるのか分かりませんね。
 毎日新聞から数字に対しての具体的な言及がないということは、「そういうこと」なのです。

 下衆の勘ぐりをするのであれば、このアンケートで「見ろ、嫌韓・韓中本を読んでいる奴らはろくに本も読まないんだ」みたいなことをやりたかったんだと思うのですよ。
 でも、そのあてが外れてしまったので、あくまでもさらっと流すくらいのものになってしまったのでしょう。

 これを見ても嫌韓、嫌中はネットにおける狭い領域で云々なんてものではなく、もはや一般人を多く含んで日本をあまねく覆っているムーブメントなのですよ。

韓国への日本人観光客は減っているわけではない、という毎日新聞の屁理屈

ふしぎソウル(4):日本人の韓国旅行は減っているのか(毎日新聞)

 ふむ。
 この記事のいわんとするところはふたつ。

・韓国旅行が少なくなった主原因は円安
・たまたま円高局面が終わったタイミングと竹島上陸が重なっただけ

 あくまでも円安が原因であって、日本人が嫌韓に転じたからではないということですか。
 楽韓Webで提唱している「嫌韓新時代」ではないということをいいたいのでしょうね。

 じゃあ、それが「正しいモノの見方」なのか検証してみましょうか。
 まず、こちらの円ドルレートを3年単位(3y)でごらんください
 2012年の初頭から3月半ばにかけて7円前後の円安になっているのが分かります。
 ですが、前年比で日本人旅行客数は減っていません。

 韓国に至っては2012年の1〜5月は前年比で30%の伸びを見せています。
 ただ、この伸びはどの国を対象にしても同じで、数字のぶれはありますがほとんどの国で伸びています。東日本大震災の揺り戻しも原因のひとつでしょうね。
 さて、同じように7〜8円ほどの円安局面となった8月以降。

 今度は明白に韓国・中国方面の観光客は減少しています。
 9月以降、12月までの具体的な数字はこう。
 おっと、資料はJTB総合研究所から。

-韓国中国台湾ハワイタイベトナムフランスドイツ
09月-3.8%-22.2%-1.2%+8.5%+5.5%+91.0%+2.7%+4.3%
10月-20.7%-27.2%+4.9%+16.5%+47.2%+10.7%+6.8%+8.0%
11月-24.8%-31.4%-3.5%+21.2%+133.5%+9.9%+3.8%-5.1%
12月-24.0%-22.7%-6.8%+5.4%+48.3%+9.2%+5.8%+4.9%

 どうですかね。
 2013年については11月までで、観光客数が前年比プラスになった回数はこんな感じです。

中国*台湾ハワイタイベトナムドイツ*
1回4回10回10回8回3回
*10月分までの発表のみ

 で、韓国ですが11月まですべての月で前年比マイナスです。
 中国ですら10月に前年比で増えたのに。

 数字を他と比較せずに牽強付会するなんてのは、毎日新聞としてはお手の物ですからね。
 ま、こういうように比較をしてみたほうがよりよく物事が理解できると思いますよ。


 

韓国への修学旅行、15校中11校が取りやめ。その理由とは?

韓国修学旅行:15校中11校、国内に 予定の公立高、今春の北朝鮮問題受け /秋田(毎日新聞)
> 今年度、韓国への修学旅行を予定していた公立高校15校のうち11校が旅行を中止し、国内に変更したことが分かった。今春の北朝鮮の核・ミサイル問題などを受けたもので、各校が生徒の安全や保護者の意見などを考慮した結果とみられる。

 海外への修学旅行は2001年、秋田空港にソウル便が就航したのを機に、検討が進んだ。県は04年から、ソウル便の利用促進のため、修学旅行生らへのの 補助事業を開始。初めての利用者には1人あたり2万円を支給している。制度の利用者は増加傾向で、昨年度は27校1658人(私立高校、専門学校など含 む)に上った。
(引用ここまで)

 ああ、韓国への行き来を補助している……というのはこういう制度なんですね。
 航空便を確保するための苦肉の策、ということなんでしょうが。
 こんな無駄遣いするくらいなら、他のことに使えばいいのにと正直に思います。

 それと、韓国への修学旅行をやめた理由が「北朝鮮問題を受けて」ということになっていますが。
 違いますよね。
 韓国自体へ日本人が行きたがっていない。
 保護者が子供を韓国へ行かせたがっていないということですよ。

 毎日新聞の立場ではそうは書けないので「北朝鮮問題云々」という話をせざるを得ないのでしょうが。
 もう、韓国に行くことは「心配を込められて見られてしまう」ことなのですよね。

 もう一件、韓国国内で日本人が被害者になるような事件があったら前年比で半分以下になることもあると思うのですが。
 まあ、9月からはきついかな。
 去年の9月時点ですでに前年比(つまり一昨年と比べて)で落ち込みを見せていましたから。
 ちょっと楽しみなのですよね。9月の渡航統計がどうなっているか。

仰天!韓国
J-CASTニュース編集部
ジェイ・キャスト
2013-08-15

 

時代は「日本人は韓国への幻滅感と徒労感に襲われている」と毎日新聞が社説で書かなくてはならない状況へ

金言:民間対話が必要だ=西川恵(毎日新聞)
> 昨年末の安倍晋三首相の登場以来、韓国の「日本の右傾化」「再軍国主義化」批判は衰えを見せない。議論の中で私は「日本全体が右傾化している」との韓国の認識は、日本世論の質的変化を見落とし、実体からかけ離れた日本像を作り出してはいないかと指摘した。

 韓国排斥の右翼的な言辞を弄(ろう)する一握りの人間はいつの時代にもいる。問題は、これまで韓国といい関係を築かねばならないと考えていた良識ある多 くの日本人が、韓国への幻滅感と徒労感に襲われていることである。両国の関係改善に力を注いできた人のみならず、韓流ブームで韓国の歴史と文化を身近に感 じていた人など、韓国に親近感を持っていた人がマスとして距離を置き始めている。

 これまでは関係が悪化しても、復元させようという動きが必ずあった。両国関係に尽力してきた日本側参加者の一人が私に「いまの日本では動くに動けない」 と語ったように、日本全体が冷めている。この日本世論の質的変化は昨年夏の李明博(イミョンバク)大統領(当時)の竹島(韓国名・独島)上陸が引き金と なった。一国の首脳の軽率な言動が外交関係に破壊的に働いた典型例だ。(中略)

 フォーラムに参加して感じるのは、こうした民間対話がいま両国に必要とされていることだ。意見は違っても、会って話すことは相手の立場になって考える機会となる。日韓は首脳会談の条件が整うまで民間対話で溝を埋めていくしかない。
(引用ここまで)

 毎日新聞のコラムですらここまで書かなくちゃいけない状況に追い込まれているっていうのが現実。
 これまで、韓国側がどれほどの悪行三昧を働いてきても「いや、それでも」という層が少なからずいたのです。
 もちろん、いまでもそれは存在します。
 しかし、この記事に書かれているように、それが「マス」ではなくなってしまったののですよね。
 もうマスどころか、確実に少数派。
 むしろ、日韓関係をなんとかしようという輩が「この状況でなにをやってるんだ!」とか叩かれるレベル。

 もう、毎日新聞がこう書かざるをえないとか本当に韓国にとっては危機的な状況なのですが。
 どうも韓国側にはそれほどの危機であるという自覚がさほどないようなのですよね……。
 ま、韓国がそういう認識であればこちらもそれで問題ないのですけども(笑)。
 引用していない部分の、中国に対する認識の違いからきているんですですかねー。

 あ、それと最後の「民間対話」ですが少数派の皆さんでどうぞご自由に。
 マスの日本人はそれを生暖かく見ていますから。

男の勘違い
斉藤 学
毎日新聞社
2013-08-09

 

毎日新聞:日本経済よりも世界経済の安定を優先させろ……どこの国の新聞だよ……

社説:日銀緩和と新興国 世界の安定あってこそ(毎日新聞)
> 日銀の大規模な金融緩和が新興国経済に影響を及ぼし始めている。円安が進み株式市場が活況に沸く日本とは裏腹に、新興国では通貨高から輸出にブレーキがかかり、対抗措置として利下げに踏み切る中央銀行も出てきた。(中略)

 日銀が黒田東彦総裁の下で大規模な量的緩和を決めた今年4月以降、インド、オーストラリア、韓国、ベトナムなどが相次ぎ、利下げした。国内経済を浮揚さ せる狙いだが、円などに対する自国通貨の値上がりで、産業界の不満が募り、政治家が中央銀行に緩和圧力をかける傾向も強まっているようだ。

 例えば今月利下げに踏み切った韓国では、ウォンが対円で半年に約25%上昇し、中銀に「より積極的な役割を」と利下げを求める声が与党幹部などから上 がっていた。今月末に金融政策委員会を控えたタイでは、中銀に対する緩和圧力が勢いづく。すでに利下げ済みの国でも、追加措置への期待が消えそうにない。 (中略)

 日本を責めるのは筋違いだとの見方もあるだろう。「円安の副作用があったとしても日本がデフレから脱却すれば世界経済にもプラスだ」というのが政府・日 銀の主張だ。歴史的にみて、まだ円安とは言えない、との指摘もあるし、大規模な量的緩和を先に始めたのは米英で、日本単独の仕業でないのも事実である。

 とはいえ、世界経済の安定した成長があってこそ日本の繁栄も持続するというものだ。その世界経済の安定に尽くすのは主要通貨を持つことに伴う責務である。手遅れにならないよう、米国はもちろん、日本もしっかり認識しておくべきだ。
(引用ここまで)

 ……どこの国の新聞だ、これは。
 リーマンショック以降の日本は他の国と違って緩和をしてなかっただけなんだよな。
 それで日本だけ回復に出遅れてたっていうだけなのに。

 新興国にとっても先進国の経済状況がよくなることは悪くない話なのですよね。
 この毎日新聞の記事が固執している韓国経済だって、瀕死になっている原因はヨーロッパ、アメリカの経済が死にかけたせいですし。
 ま、それをいうのであればそこまで外需一辺倒になってしまった経済構造に問題があるという話でもあるのですが。

 売国奴に告ぐ! いま日本に迫る危機の正体売国奴に告ぐ! いま日本に迫る危機の正体 [単行本(ソフトカバー)]
著者:三橋貴明
出版:徳間書店
(2012-02-29)
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
韓国人による北韓論
緊急追記で金正男についても。
BABYMETAL
LIVE AT TOKYO DOME
初回限定+早期購入特典
初音ミク ハートハンターVer.

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ