楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

浅田真央

 相互RSS募集中です

浅田真央がキム・ヨナの世界記録を塗り替えられたのはISUの陰謀があったからだった!

<フィギュア>引退説飛び交っていた浅田、キム・ヨナの点数を超えて世界新(中央日報)
ISU、浅田を前面に出してキム・ヨナを消しにかかったか?(デイリーアン/朝鮮語)

> キム・ヨナ(24)のいないフィギュア世界選手権で浅田真央(24)がホームの利点を生かしてショートプログラム(SP)世界新記録を樹立した。

浅田は27日、日本のさいたまスーパーアリーナで開かれた国際スケート競技連盟(ISU)のフィギュア世界選手権女子シングルSPで、技術点42.81点に芸術点35.85点を加えた78.66点で首位に立った。浅田は主な特技であるトリプルアクセル(空中3回転半ジャンプ)をはじめ、すべてのジャンプ・スピン・ステップ技術を完ぺきにこなした。2010年2月、バンクーバー冬季オリンピック(五輪)でキム・ヨナが出したISU公認大会SP最高記録(78.50点)を塗り替えた。

しかしこのような高得点の裏には、自国・日本で開かれた大会という利点も無視できない。浅田はこれまで自国で開かれた国際大会で比較的甘い点数をもらっていた。昨年11月、東京で開かれたグランプリシリーズ第4戦(NHK杯)では、トリプルアクセルをすべて失敗したにもかかわらず207.59点の個人合計最高記録をマークして優勝した。ISUを後援するスポンサー13社のうち11社が日本企業だ。
(引用ここまで・太字引用者)

>しかし、浅田の素晴らしいスコアは、国内外の専門家から疑問の眼差しを向けられているのが事実だ。ショートプログラムの点数のみで語るのは難しいが、いわゆる「スコアばらまき」ないしは「スコアインフレ」が先月ソチ冬季オリンピックに続き、今回の世界選手権でも続いている、「背景」に対する疑問だ。

実際、今回のSPでパーソナルベストを記録したのは浅田だけではない。1位浅田をはじめ、2位カロライナ・コストナー(77.24点)、3位ユリア・リプニツカヤ(74.54点)、4位鈴木明子(71.02点)、5位グレイシー・ゴールド(70.31点)に至るまで5人の選手全員がショートプログラムで70点以上の得点でパーソナルベストを記録した。このような「スコアインフレ」の傾向が続けば、29日のフリースケーティングでも高得点を得て、合計スコアでも世界記録を出すことができるだろう。

この「スコアインフレ」の現象の背景として、ISUにはどのような意図があるのかを推測してみよう。

ISUオタビオ・クァンタ会長が「証拠を示せ」と言われたらどうしようもない。しかし、最近行われた一連の状況を総合してみると、現在の世界選手権で起こっている「スコアインフレ現象」に対する以下の推測は、十分な説得力がある。

まず、このようなスコアインフレ現象はソチ冬季オリンピックで(訳注:韓国国内で)ふくらんだ「スコア一方的議論」に根拠がないと強調するためだという推測が可能だ。特に、ソチ冬季五輪当時、ロシアの選手たちにスコアが甘かったという論議があったが、その中心には女子シングルで金メダルを獲得したアデリーナ・ソトニコワとリプニツカヤがいる。

ソトニコワはオリンピックの金メダリストであるが、ロシア氷上連盟の釈然としない措置を受けて今回大会に不参加だった。リプニツカヤは今回の大会ショートプログラムで74.54点を受けてソチ冬季五輪団体戦ショートプログラムで記録した自身のパーソナルベスト(72.90)を1.46点更新した。

つまり、ISUの審判はリプニツカヤがソチ冬季オリンピックで得た点数が、決して「一方的支援」の結果ではなく、妥当な採点による正当なスコアだったという点を、今回の世界選手権大会の得点を使用して再確認し、強調したものと見られる。

見方によっては今回の世界フィギュア選手権に出場した選手たちは得点という面において、リプニツカヤからのプレゼントを受け取ったとも見ることができる。そして、今回の大会で浅田がホームアドバンテージを前面に出してショートプログラム歴代最高点を記録したのは、ISUが世界フィギュアの歴史からキム・ヨナの痕跡を消すためのアクションを取った結果ではないかという疑いもある。
(引用ここまで)

 というわけで陰謀論出まくり。
 キム・ヨナが出した世界記録を、浅田真央が破ったのはISUがスコアインフレを目論んだからということが言いたいようですね。
 ISUはロシア勢がソチで得た得点は特殊なものではなく、実力を反映したものであるということにしたい。だからリプニツカヤの得点を上乗せしてきた。浅田はそれにうまく乗って、かつホームタウンディシジョンを得た。
 なぜならISUのスポンサーは日本企業ばっかりだと。
 悲劇の女王であるキム・ヨナはISUの陰謀で世界最高得点を奪われているというような感じでしょうかね。

 なんでこんなことが起きるかというと、いつもの「我々は弱小国だからだ」というヤツでしょう。
 弱小国であるから、こういう扱いを受けるのだと。

 ま、こういった「推測」をするのは、実は自分たちであればこうするという「投影」からなのですけどね。



浅田真央のSP世界記録更新で「追い抜かれた」韓国マスコミが大爆発!

浅田真央、キム・ヨナ世界新更新...ホームアドバンテージ?(朝鮮日報/朝鮮語)
浅田真央、ショート新記録...ホームアドバンテージの議論?(朝鮮日報/朝鮮語)


 昨日のフィギュア世界選手権で女子SPの世界新記録を浅田真央が打ち立てました。
 すごい演技だったと思いますよ。
 で、それについて韓国マスコミが驚きの大報道中です。

 ふと浅田 真央(아사다 마오)でchosun.comを検索してみたらこの騒ぎ

 このエントリを書いている時点で、木曜日からの記事が42本。浅田真央の世界フィギュアの記事だけで。
 スポーツ新聞のスポーツ朝鮮と朝鮮日報本体の両方が検索できているので、増量されているでしょうけども。
 いや、それにしても。

 ついでに「世界フィギュア」で検索したら、木曜日からこっちの記事数は47本
 ほとんど浅田真央の記事。
 ……自国選手が2人出ているのに、メインで扱っている記事はこれ(↓)だけ。

パク・ソヨン、優雅な白鳥の演技で個人最高点...フィギュア世界選手権フリー進出

 ひどくねぇ?
 これまでキム・ヨナ以外の選手がフリーに進むことすら珍しかったんだからきっちり報道してあげたらいいのに。50点台なんて立派な成績ですよ。

 あと記事本体の「ネチズンはホームアドバンテージだと言っている」っていう代弁させている手法も古くさいし。
 昨日の「SP世界最高点更新」の時点でこうなるだろうなとは予測していましたが、ちょっと想定外のひどさ。
 自尊心(実際には虚栄心)に引っかかってしまったのでしょうねぇ……。

【ケース販売】おやつカンパニー カップブタメン とんこつ 37g×15個[おやつカンパニー とんこつラーメン らーめん]
【ケース販売】おやつカンパニー カップブタメン とんこつ 37g×15個[おやつカンパニー とんこつラーメン らーめん] 

「キム・ヨナを真似て伝記を出す!」という自分たちの価値観を反映した誤報

「キム・ヨナを真似た」浅田真央伝記報道は誤報(中央日報)(中央日報)

 先日、因果律を歪めたものの、やむなく謝罪記事を出したようです。
 記事内容はともかく。どうでもよいので。

 これって見事なくらいの「投影」なんですよね。
 自分たちであればライバルが伝記を出したら、それに対抗する形で伝記を出すっていう。
 その自分たちの価値観をまんま反映しているのですよね。
 こういう誤報とかにこそ、その人間や背景の社会が反映されるのです。面白いですね。

「キム・ヨナの伝記に刺激された」から、すでに伝記を出版済の浅田真央……因果律が歪んでいる

キム・ヨナに刺激され? 浅田真央も伝記を出版(中央日報)
> 米国児童図書作家のクリスティン・ジドルムスが最近キム・ヨナの伝記執筆を終え話題になる中、浅田真央も最近伝記を刊行した。

ジャパンタイムズは20日、吉田順が浅田真央の伝記「さらなる高みへ」を最近刊行したと伝えた。
(引用ここまで)

  浅田真央がキム・ヨナが夏に出す予定の伝記とやらに刺激されたから、その発売予定となる半年前の今年2月に伝記を出したそうです。
 ……韓国では物事の因果律が歪んでいるんだな。

「浅田真央の連続3回転はキム・ヨナを意識している!」と事実確認もできないダメ報道

<フィギュア>浅田真央、キム・ヨナのように「連続3回転」練習(中央日報)
 もともと、連続3回転を演技に組みこんでいたのに、それを復活させるだけで「キム・ヨナのように」とかもうね。
 09-10のシーズンでやっていなかったってだけなのに。
 自意識過剰もいいとこだな。

 それ以前にスポーツ報道として、過去のプログラムの事実確認すらできていないダメさがいかにも韓国的。

アスリートに敬意を持てない国での国際大会

フィギュア:韓国のホテル従業員が浅田を盗撮(朝鮮日報) [22:00]

 こんな国で調子を崩したからって、別に問題ないよなぁ……。

 ちなみに日本が大好きだっていうアスリートは少なくないのですよ。特に格闘家で。
 優れたアスリートに対して、日本人というものは原則として賞賛を惜しまないからなのですね。
 あとブラジルから来たりすると、治安のよさっていうのもあるようですが。
 そういう面がない連中しか存在しない国で、調子を崩しても全然OK。
 オリンピックシーズンの荒川だってGPファイナル出られなかったんだよ?

キム・ヨナのライバルから遠ざかる浅田真央。それはそれでけっこうです。

<フィギュア>キム・ヨナのライバルから遠ざかる浅田真央(1) - (中央日報) [18:30]
 オリンピック(五輪)直前に実戦感覚を回復するために出場した大会で、浅田は自尊心に傷を負い、うな垂れた。五輪開幕を約2週後に控えた状況で赤信号が点ったのだ。
(引用ここまで)

 なんだろうな、この人のミスを喜ぶゲスな記述は。
 こういう記事を自分らは書いておいて、日本のスポーツ新聞が「キム・ヨナの弱点は精神面」って書くだけで「失敗を願ってる!」とか言えるっていう。

 こういう連中を見ていると別に浅田真央が優勝しなくてもいいけど、キム・ヨナの優勝だけは願いたくないね。
 知れば知るほど嫌いになれるとはよく言ったもんだ。
 なんでこんな連中が主催する大会に出なくちゃならんのやら。

「浅田はキムのライバルじゃない」と思いこむために都合の悪い部分を翻訳しない韓国人

フィギュア:真央は今もキム・ヨナのライバル?(朝鮮日報) [20:00]
 米NBCスポーツは3日(韓国時間)、五輪特集ページで「浅田真央とキム・ヨナのライバル関係再び?(Is the Asada-Kim rivalry back on?)という見出しの記事を掲載した。
(中略)
 NBCは、浅田とキム・ヨナの今季2大会におけるジャンプの種類と成功率を比較した。審判の主観的な採点が可能な技の完成度(GOE)や芸術点を除き、二人のジャンプ力を比べたのだ。浅田はGP第2戦と日本選手権、キム・ヨナはGP第1戦とファイナルをサンプルに、ジャンプが回転不足と判定された回数を比べたところ、浅田は計7回(GP第1戦3回、全日本選手権4回)だったのに対し、キム・ヨナはわずか2回(ファイナル2回)だけだった。それほど技術の完成度でキム・ヨナのほうがリードしているということだ。

 ジェシカ・ステイアーズ記者は、記事の最後に「浅田は(キム・ヨナの)ライバル関係と言えるほどの成績だろうか」「浅田が五輪の金メダルに挑戦するには、キム・ヨナのミスが必要なのか」などと疑問を投げかけている。つまり、浅田はキム・ヨナのライバルというには物足りないという意味だ。
(引用ここまで)

 ……英語力が足りないのか、それとも「そうあってほしい」という主観が強すぎるのか。
 こちらがNBCのオリンピック特設ページなのですが。
 はっきり言って、朝鮮日報のこの記者は英語が読めないのでしょう。もしくは欧米の新聞の記事をほとんど読んだことがないか。
 特に最後の一文の解釈が異常ですし、翻訳を途中で終えているというありえないやりかたをしています。
Has Asada done enough to revive the rivalry? Does she need a mistake from Kim in order to challenge for Olympic gold? What if she attempts a second triple Axel in the free skate - how much does that shift her momentum, and is that a risk worth taking?
(引用ここまで)

 訳しましょう。

「浅田は対立関係を回復したか? 浅田が金メダルを狙うにはキムのミスが必要か? 浅田がフリープログラムに2度のトリプルアクセルを組み入れてきたらどうなるか? それ(2度のトリプルアクセル)はどれほどの勢いを浅田につけるのか? リスクを冒す価値があるのだろうか?」となるわけですね。

 事実を提示して判断は読む人間に預けるっていう欧米の記事ではよくあるパターンです。
 この文章の後半を読めば分かるように、記者の文章の意向としては「この二人は再びライバルとなった」ということなのですけどね。
 朝鮮日報では中途半端に引用して、印象操作をしています。
 ま、朝鮮日報ではいつものことなのですけどね。

 もしかしたら、What if〜が理解できなかったのかなぁ……。
 まあ、それよりもどちらかといえば耳障りな意見を意識から抹殺したという、いつもの韓国人的解釈に終始しているだけの気がします。

Web魚拓
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
亜人ちゃんは語りたい 5巻
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ