楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

消防服

 相互RSS募集中です

韓国「消防服が検査なしで納入された」 → 政府「性能に問題ないんでそのまま着用しろ」 → 消防士「水は吸うし、凍りつくし……どうにかしてくれ!」

[独占]今度は「水を吸う消防服」論議...消防士安全の脅威(JTBC/朝鮮語)
[アンカー]
消防士が着る防火服を適切に検査していなくて問題になった防火服不良検査議論。たぶん覚えてことでしょう。国民安全処は問題となった防火服約2万着に再検査をして、一線に普及しましたが。今回の検査もやはり不良のままでした。最前線に立っている消防士は「水を吸い込む消防服」としながら不快感を訴えています。これは不便であるというだけではなく、実際には消防士らの生命と直結する問題でもあります。
ガンシンフ記者が単独報道していただきます。

[記者]
国民安全処が「何の問題もないので既存の防火服を着用するように」との決定を下したのが昨年4月でした。
shoubou0
「未検査の疑いのある特殊防護服をそのまま着用すると決定」

ところが消防士たちは、この防火服に重大な欠陥があると口を揃えます。

イ・ジョンイル/ソウル麻浦消防署鎮圧隊長:「撥水性が落ちた消防服は現場での作業中に吸水してしまうのです。氷点下の寒さでその水が凍ってしまい、重さも増えてしまうというジレンマが……」

大田地域の消防士:「長時間活動していると安全装備のささいな重さも非常な重さに感じるのです。水が染みこんでくると疲れで話すこともできず、すぐに肌に触れてしまいます」

消火時には放水を続けなければならず、消防服にとっては防水機能も防炎機能に劣らず重要な要素です。
実際に、現在の消防防火服の性能がどのていどのものなのか、直接着用して水をかけてみました。
ただでさえ装備が重い上に消防服が水まで含んでしまい、より力が必要になります。重量がどのくらい増えたのか検証してみましょう。

shoubou1

10分間、水を流しながら鎮圧状況を再現したところ、消防服の重量が1.8kgが増えました。

冬季にはさらに問題が深刻になります。取材陣が冷凍倉庫で実験を試みました。
氷点下15度の冷凍庫に15分ほど水を吸った消防服を使ってみました。凍りついてしまい、まともに動くことができません。

shoubou2

繊維研究機関関係者:「1.8kgほど重量が増加した場合、大量の水を吸収しているとみてよいでしょう。氷が凍るほどであれば耐水、撥水機能は機能していないと見てよさそうです」

過去5年間の火災を鎮圧である負傷した消防士は362人です。
不十分な消防防火服が消防士の安全を脅かしています。
(引用ここまで)

 去年の2月にいつものようにいつものごとく、防火性能の検査を省略した消防服が納入されたという事件がありまして。

いつもの韓国シリーズ:今度は不正認証された消防服5300着を消防署に供給で大混乱

 検査されていなかったものは5300着だったのですが、それが既存のものに混ざってしまって2万着が使えるんだか使えないんだか分からない状況になっていたのですね。
 実に韓国らしい事件だったのですが。

 その後、「どうやら検査されなかっただけで問題ないのでそのまま着用」という結論になったそうですよ。
 すごいですね。
 日本だったら経緯はどうであれ全量廃棄は間違いないと思いますが。
 このあたりで韓国のダイナミックさが象徴されているんじゃないかと思います。別の言葉で言うのであればケンチャナヨですけどね。 

 んで、その消防服を改めて装備したところ水は吸い込むは、凍りつくはで使い物にならないと。
 検査もしてない、性能は悪いと。
 おそらく要求性能はちゃんとしたものであったと思うのですよ。撥水性があり、零下○度でも凍らない……というような形で。
 でもって試作品はその要求性能を満たしているものだったのでしょうね。

 でも、量産品は見ての通り。
 試作品と量産品のクオリティの差は、そのまま製造費の差になるわけで。
 どこかで誰かがその差額を入手しているのでしょう。ま、いつもの韓国の風景です。

韓国人による恥韓論 韓国人による恥韓論シリーズ (扶桑社BOOKS新書)

いつもの韓国シリーズ:今度は不正認証された消防服5300着を消防署に供給で大混乱

消防署員の命綱…特殊耐火服5300着がニセモノ=韓国(中央日報)
【取材日記】消防署員の耐火服まででたらめな韓国(中央日報)

性能検査さえ受けなかった消防用特殊耐火服5300余着が全国消防署員に支給されていたことが一歩遅れて確認された。国民安全処は、このために問題になった5300余着を含め最近納品された1万9000余着すべてを着用しないように一線の消防署に通知した。どの耐火服が検査を受けていないのか判別できないためだ。問題になった耐火服はD社とK社の2社が2年前から調達庁の入札を経て市や道に供給したものだ。2社が納品した耐火服のうち一部で、韓国消防産業技術院(KFI)の製品認定検査を受けていないことが発覚した。納品会社は耐火服が火炎や高温に耐え切れるのか確認する製品認定検査を必ず経なければならない。

安全処は調達庁が契約した耐火服1万9300余着と製品認定検査を通過した耐火服の数量を比較した。その結果、5300余着が検査をせずに納品されたことが明らかになった。だが、「不良耐火服」がどれかは識別できないでいる。
(引用ここまで)
問題の企業等は「製品には欠点はない。納品期日に合わせようとしたところ、検査を省略することになった」と言い張っているようだ。実際に性能には問題がないのかもしれない。だが、すでに消防署員の信頼にはひびが入った。現場に出動した消防署員が火の中で情熱を傾ける前に、着ている耐火服を見つめながら躊躇(ちゅうちょ)するかもしれない。

韓国では年間平均7人の消防署員が殉職する。人口に比べて消防署員の殉職率は日本の2.6倍になる。装備の不良もこの比率を押し上げる一因となっている。危険の第一線で命を賭けて仕事をする彼らに耐火服一着もまともに用意することができないこの国が恥ずかしい。
(引用ここまで)

 いまさらのように「この国が恥ずかしい」って言ったって、そんなんばっかりじゃないですか。
 原発の不正部品は言うに及ばず。
 KTXのブレーキも不正部品が納入されたけど、どの部品をどこに取り付けたか分からなくて全数検査とかやってましたし。
 KF-16は廃部品から再生したもので修理。
 セウォル号事故はそういった韓国のてきとーな文化が爛熟して結実したものなのですよ。

 ただ、そうやって韓国は経済成長を遂げてきたのですから、「我が国はメチャクチャだ。そうやって世界経済10位圏にまでたどり着いたのだ」と胸を張って言えばいいと思うのですけどね。
 こうやって安全係数を削り取ることで製品やサービスにアドバンテージを得てきたのですから。

 それを「恥ずかしい国だ」なんて、いまさら素面に戻って言われても鼻白むだけですわ。
 韓国人には一騎当千の遺伝子があるとか、韓国人はリーダーシップ遺伝子を持つ民族だとか、数学オリンピックやブレイクダンスで日本を圧倒しているから、人材競争力では日本よりも韓国が上とか言ってればいいんですよ。
 自尊心に酔っ払ったままでね。

 今回の話も「検査すらしなかった耐火服で勇猛に戦う韓国人消防士は素晴らしい」くらいに言ってりゃいいのに。
 韓国というものをミリほどでも誇るのであれば、そのバックボーンとなっているこういう「文化」を含めてですわ。

kurokanshi
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ