楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

爆発

 相互RSS募集中です

韓国携帯代理店「ギャラクシーノート7を他社製品に交換? じゃあ、渡したおまけも全部返品な」……ところで原因究明まだー?

スマホ爆発:景品のラーメンも返品? 製品交換で苦情噴出(朝鮮日報)
 サムスン電子が生産・販売を打ち切った最新スマートフォン「ギャラクシーノート7」の交換・払い戻しをめぐり、購入時の景品に関する消費者の不満が高まっていることが分かった。一部の代理店が同製品の購入者にプレゼントした景品について、購入者が未開封の状態で返品するか、現金で同等の金額を支払わない限り、ギャラクシーノート7の払い戻しまたは他社製品への交換に応じていないからだ。

 消費者相談センターなどに寄せられた苦情を分析した結果、ギャラクシーノート7の交換・払い戻しを開始した10月13日から1か月間で、同製品に関する相談は223件あり、そのうち景品に関する苦情が50件と最も多かったことが分かった。

 苦情は、景品の未開封状態での返品や現金での支払いを代理店に求められたというもので、特に、LGのV20やアップルのiPhone7など他社製品への交換を希望した場合にこのようなケースが発生していた。

 代理店の景品とは異なり、サムスン電子や移動通信各社が提供した景品は返品の必要がない。サムスン電子は当初、ギャラクシーノート7の払い戻しには景品の返品も必要との立場だったが、景品を返してもらう法的権利がない上、「米国では景品の返品は不要との措置が取られた」とのニュースが伝わるなど、世論が悪化したため、景品の返品は不要との決定を下した。

 これまでにギャラクシーノート7の回収率は40%台だという。
(引用ここまで)

 代理店というと、ドコモショップとかソフトバンクショップにあたるところですかね。
 爆発の危険があるリコール対象のスマートフォンを交換しにいったら「おまけの品も返せ」と言われたっていう。
 代理店としては、「サムスンのスマートフォンを買ったからこそおまけの品をつけたのであって、、他社製品に乗り換えるのであれば話は別」という考えかたなのでしょうけども。
 なんというか、本末転倒というか。リコールの意味がないだろうって話ですね。
 北米では政府機関から命じられた公式リコールなので、ユーザー保護の観点から返品を優先しているのでしょう。
 韓国でのそれはあくまでも自主リコールですからね……。

 そして、チェ・スンシル事件ですっかり影が薄くなってしまったのですが、いまだに原因究明ができていないのです。
 発売が8月19日。直後から発火、爆発の報告が多数会って最初の自主リコールは9月2日。北米での公式リコールが9月16日。
 発売からは3ヶ月、公式リコールから2ヶ月が経過しているにもかかわらず、なんのアナウンスもなし。

 時間が経てば経つほど、消費者の印象は悪化するでしょうから一刻も早くに発表するのが最良。それができないということは、よっぽど原因究明に時間がかかっているか、あるいは発表できないような部分にあるのか。

サムスン・クライシス 内部から見た武器と弱点 (文春e-book)
張相秀
文藝春秋
2015/1/25

サムスンが必死すぎる……「ギャラクシーノート7ユーザーはS7に機種変してくれたらS8でもノート8でも発売日に交換できます!」と必死にアナウンス

【取材日記】サムスンが知らない「ノート7」交換率の低い理由(中央日報)
ノート7をギャラクシーS7に交換すれば、S8の購入時に分割払い金の50%を免除(東亞日報)
Despite explosions, 33% of Galaxy Note 7 owners in Europe haven’t returned their device(BGR/英語)
「Note」シリーズは終わらない! Samsungが韓国のNote 7ユーザーに、Note 8へのアップグレード補償プログラムを発表(GIZMODE)
一方、悲しい結末に向かっているものもある。記者とギャラクシーノート7の関係だ。連絡先とアプリを苦労しながら慎重に移したのが2カ月前のことだ。最先端機能が多いノート7はさまざまな楽しみを与えてくれた。ところが誰もが知るあの事態が発生した。記者は「完全無欠」という新しい機器に交換してもらった後、連絡先とアプリを移し、指紋と虹彩を採取してサムスンペイ用カード情報を入力するなどの作業をそのまま繰り返した。いら立ったが、これで大丈夫だろうと思いながらだ。しかし予想はまた外れ、結局、記者とノート7の関係は終末を迎えることになった。

ところが記者は今、製作企業との関係も終えるべきかどうか悩んでいる。旧型フォンに交換するという言葉に堪忍袋の緒が切れた。ノート7の生産中止は消費者の責任でない。全面的に企業側の問題だ。なら同級または上位の製品に交換するのが常識だ。しかし企業側は来年出る新型フォンには交換できないという立場だ。インターネット上には記者のような不満を吐露する「ノート7同志」があふれている。交換率が低い最も大きな理由はまさにこれではないだろうか。
(引用ここまで)
韓国のNote 7ユーザーへの追加補償策として発表されたのは、2017年リリース予定のGalaxy Note 8へのアップグレードプログラム。対象となるのは、Note 7から乗り換えが推奨されるGalaxy S7/S7 edgeへ端末移行したユーザー。S7/S7 edgeを2年払いで契約すると、来年発売予定のGalaxy S8/Note 8が出たさい、端末がアップグレードされます。この時、S7/S7 edgeの残りの1年分の端末代金はチャラになるというのが大きなポイント。

少々ややこしいプログラムではありますが、SamsungのNoteブランドへのこだわりと必死さが表れた補償だと言えます。なんせ、まだ正式には未発表のNote 8まで持ち出して、ユーザーをひきとめようというのですから。Noteブランドを継続してくれるユーザーに対する手厚い対応です。
(引用ここまで)
 現在、韓国でギャラクシーノート7を交換したユーザーは10%とされています。
 案の定、こうして待てば待つほどよりよい交換条件が得られている。
 ギャラクシーS7と交換だけであったものが、S8発売時にそちらとの交換もできるという話になり、さらにはまだ影も形もできていないギャラクシーノート8が発売される際にはそちらとも交換ができるという条件になりそうだとのこと。
 その昔、ギャラクシーノート 8.0という製品があったような……。

 3番目の記事は「ヨーロッパで交換しているギャラクシーノート7はまだ33%」というものですが。さすがに韓国よりは多いですね。
 で、最初の記事は「なんで交換しているユーザーが少ないんだと思う?」っていう記事。
 まあ、メイン機を切り替えるのは面倒が少なくないので機種変を少なくしたいというのは実際のところです。

 自分の端末は大丈夫だと信じたいのでしょう。
 1ヶ月ちょっとで3回目の機種変更になるわけですよ。度重なる機種変は面倒だし、設定のやり直しも勘弁してほしい。さらには唯一無二のペンが使える大画面ファブレットという部分もある。
 交換したくない気分もわからないではないですけどね。

 面白い表現が英語記事にはありまして。
 ”Without exaggeration, Samsung’s Note 7 is a ticking time-bomb.” ―― 「控えめに言ってもサムスン電子のノート7は時限爆弾だ」だそうです。
 なんかあったらこんだけ騒がれていて「知らなかった」じゃ済まないだろうなぁ。

HUNTER×HUNTER モノクロ版 18 (ジャンプコミックスDIGITAL)
冨樫義博
集英社
2003/10/3

サムスン「助けて、まだ発火原因が特定できないの!」→人材投入でギャラクシーS8の開発スケジュールまで遅延も

サムスン、「Galaxy Note7」加熱の原因をまだ特定できず--新製品の開発に影響か(CNET)
 サムスンは全世界で「Galaxy Note7」のリコールを発表してから2カ月近くが経過したが、一部の端末で過熱と発火が発生している原因をまだ特定できず、そのせいで次期フラッグシップスマートフォン「Galaxy S8」の開発が遅れているという。The Wall Street Journal(WSJ)が米国時間10月23日に報じた。

 サムスンの広報担当者はWSJに対し、「われわれは、最初にこの問題の本質を正しく把握できなかったことを認識しており、今も根本的な原因の特定に献身的に取り組んでいる。これまで通り、当社の最優先事項は顧客の安全を確保し、市場に流通しているGalaxy Note7端末をすべて回収することだ」と述べた。

 WSJによると、過熱および発火の原因を突き止める取り組みが、Galaxy S8に影響を及ぼしているという。エンジニアがNote7の過熱問題の原因究明に取り組んでいるため、Galaxy S8の開発が2週間遅れていると、S8開発チームのメンバーの1人はWSJに伝えた。

 サムスンはNote7の2回目のリコールを実施した後、同スマートフォンの生産と販売を中止することを10月中旬に発表した。
(引用ここまで)

 おや、そういえばマスコミから「バッテリーの設計ミスだ」という指摘はあったもののサムスン本体からのアナウンスはまったくありませんでしたね。
 原因が分かっているのか、それともまだ分かっていないのか。
 分かっていてアナウンスしていないのか、それともアナウンスできずにいるのか。

 最初のリコールが9月2日。北米での公式リコールが9月15日。生産中止決定が10月11日。
 充分な時間があったにも関わらず、サムスン電子からのアナウンスは「バッテリーが原因だったので交換すれば大丈夫」という間違ったものだけ。
 その後、原因に関してはまったくアナウンスなし。リークすらない状況です。

 以前、長期的に見たときにサムスン電子にそれほどのダメージがないだろうと予想したのは、現在は大きな潮目の変わり時ではないということがあります。
 かつてモトローラ、ノキアが没落していきました。
 モトローラはGSMから3Gへの転換期で、ノキアはフィーチャーフォンからスマートフォンへの転換期で、それぞれ強みであったものを捨てきれずにタイミングを逸してしまって2位企業の追撃にあってしまったのですね。
 現状、廉価機への需要は強いもののこれらのような強い潮目ではないので、大きなダメージにはならないだろうと予想をしたのです。

 ですが、このまま原因究明ができずに迷宮入りなんてことになれば、シェアの低下が数パーセントでは済まない可能性も出てきますね。
 いつ爆発するか分からないような携帯電話を持ちたがるようなユーザーはいないわけで。
 記事によれば原因究明のために投入されている人的リソースがS8の開発スケジュールにまで影響を及ぼしているとのこと。
 さて、どうなりますかね。

サムスンの決定は何故世界一速いのか (角川oneテーマ21)
吉川 良三
角川書店
2012/3/10

韓国メディア「iPhone7だって爆発事故を起こしている! 全世界で3件も!」……無理筋ないちゃもんじゃない?

スマホ爆発:iPhone 7も世界各地で爆発か(朝鮮日報)
 『7 NEWS』などオーストラリアのメディアの報道によると、シドニー在住のサーフィン・インストラクター、マット・ジョーンズさんは20日(現地時間)、「車の中に置いていたiPhone 7が爆発し、車の一部が燃えた」と訴えた。ジョーンズさんは「1週間前に買ったiPhone 7の上に服を掛けてサーフィンを教え、戻ったところ車内に黒い煙が充満していて、服が燃えていた」と語った。そして、燃えて完全に溶けたiPhone 7を撮影した動画も公開した。地元メディアは「iPhone 7のバッテリーが熱にさらされて火が出た可能性がある」と分析している。これについて、米国の情報技術(IT)専門メディア「フォン・アリーナ(Phone Arena)」は「正確な調査結果が出るまでiPhone 7の購入を先送りするのも賢明な方法だろう」と報じた。

 米国や中国でもiPhone 7が爆発したという訴えが相次いでいる。「kroopthesnoop」というIDの米国人ネットユーザーは先月28日、ソーシャル・メディア「reddit」に燃えたiPhone 7プラスの写真をアップし、「職場の同僚が予約注文したiPhone 7を受け取り、包みを開けたところ、このような状態だった」と、発送の過程でiPhoneが爆発したと主張した。また、中国・河南省鄭州市に住む男性は今月2日、iPhone 7を使っていたところ、突然「ポン」という音と共に同製品が真っ二つになり、破片が顔に当たってけがをしたと訴えている。アップルでは3件の事故について調査中だが、まだ正式なコメントは出していない。
(引用ここまで)

 サムスンのギャラクシーノート7だけが爆発しているわけじゃない、iPhone7だってこうやって燃えているとか爆発しているっていう報告があるだろう、ということなのですが。
 まあ、実際にこういう事故もあるでしょうね。
 現状のリチウムイオン充電池を搭載した製品、特にスマートフォンにはあり得る話です。

 たとえば落としてしまって衝撃を与えた、あるいは尻ポケットに入れたままで座ってしまった。
 そういった目には見えないていどの応力が与えられただけでも薄型のリチウムイオン充電池にダメージがいったのであれば、こういった事故が起こりえるのです。
 それがiPhoneであろうとXPERIAであろうと、一定の数が出ている製品であればこういう事故は何件か起きるものです。

 なので、当初はギャラクシーノート7の話もそういう類のものだろうなぁと思っていたのですが。
 なにしろ頻度、件数が違いすぎる。
 CPSCに最初のリコールを届け出た時点で発売から1ヶ月、100万台ていどのものが90件以上発火発煙爆発している。100万台はおそらく出荷数なので販売台数はもっと少ないと思われますが、実際の数字はわからないのでここでは100万台としておきましょう。
 率としては1万台に1台、0.01%ていどの確率で発火等の危険な自体が起きている。
 これまでのスマートフォンではありえないものなのですよね。

 韓国メディアとしてはこの数件のiPhone7の「爆発事故」もあるだろう。ギャラクシーノート7だけじゃないんだということにしたいのでしょう。
 まあ、正直なところ無理筋です。

異世界はスマートフォンとともに。1 (HJ NOVELS)
冬原パトラ
ホビージャパン
2015/5/22

サムスン電子、GTA5のギャラクシーノート7爆弾化動画を削除……他にもっとやることあるだろ

Samsung blocks video of 'GTA V' Galaxy Note 7 bomb mod(engadget/英語)
サムスン、『GTA V』Galaxy Note 7爆弾Mod動画を著作権侵害で削除(Game*Spark)

 うっわ、くだんね……。
 以前に「ギャラクシーノート7がGTA5のmodで爆弾になったぞ」というエントリを書きました。
 風刺でやっているのですが、バカですねーくらいのネタなのですが。
 その紹介動画がサムスン電子のアメリカ支社からの「著作権侵害」のクレームで削除されました。
 ……と書いている最中にちょうど復活しちゃいましたね。



 少なくとも21日の0時過ぎくらいまでは削除されていたのですが。

deletedbysamsung

 こんな感じで。
 英語版engadgetはこの削除を伝える記事の最後にこんな風に書いてます。
 「it's probably not worth the effort for Samsung to chase down these videos -- the company has a lot more serious things to be worrying about right now」
 「サムスン電子は動画に削除依頼出すよりも、もっと真剣に向き合うべき問題があるんじゃないかね」ってとこですか。
 まったくもってその通りですわ。

自爆テロリストの正体(新潮新書)
国末憲人
新潮社
2005/12/20

ギャラクシーノート7の交換・返金に応じた韓国人はわずか10%……残りの90%が狙っているものとは?

「ノート7使い続ける」というマニアたち…サムスン、どうする?(中央日報)
8月中旬に予約注文でギャラクシーノート7を購入した会社員のパクさん(43)。9月初めに発表された1次リコールの時も交換を受けなかった彼は、生産中止発表後も確固として「交換してもらうつもりはない」と周辺に明らかにする。まず時間がない。予約購入者は先に電話で交換を申し込み、相談員が教える指定代理店を訪れるか郵便局宅配で製品を送らなければならない。パクさんは「案内文は読んでも複雑で、会社の仕事がとても忙しくこんなことに身を入れる時間はない」と話した。ノート7の機能はすべて気に入っており他の携帯電話に替えたくもない。彼は「来年初めまで待ってギャラクシーS8に替えることができるならそうしたい。ノート7の大画面とカメラ機能ともに満足しているのに、仕様が低いスマートフォンに乗り換えたくない」と話した。

9月中旬のリコール問題で一度ノート7を交換したキムさん(48)も「今度は交換するつもりはない」と話した。前回の交換も1時間も待たなければならなかった。彼は「心理的に再び代理店を訪れる気になれない。また、使うほどにこれほどの携帯電話はないようで替えたくない」と話した。

ギャラクシーノート7の生産中止発表後も交換や払い戻しの意思がないという顧客は1人や2人ではない。生産中止後に移動通信代理店で交換・払い戻しが始まったのは13日。

営業日基準で4日が過ぎたが、韓国国内55万人のノート7ユーザーのうち交換・払い戻しに出た人は10%に満たないものと移動通信業界は集計する。世界的にもまだ100万人を超える消費者がノート7を使っていることがわかった。

これらの相当数はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などを通じ、「ノート7を替えるつもりはない」と明らかにしたりもしている。同徳(トンドク)女子大学国際経営学科のチェ・スンファ教授は「現在ノート7を所持する消費者は新製品が発売されると同時に購入したという点から、新しい機能を重視するアーリーアダプターだろう。ノート7が新たに搭載した機能が安全問題よりはるかに重要と感じる消費層である可能性が高い」と分析した。ノート7を「レアアイテム」と考えて使い続けたり保管しようとする消費者が多いだろうという話だ。

だが、年末までにノート7の交換・払い戻しを受けなければ損害はさらに拡大する見通しだ。まず海外旅行に行く際に持って行くことができない。これまでにノート7の機内への持ち込みを禁止した海外の航空会社は日本航空と全日空、エアアジア、シンガポール航空、カンタス・オーストラリア航空など10社を超える。

米国の航空機は状況がさらに深刻だ。米連邦航空局(FAA)は16日にノート7の機内持ち込み禁止令を出し、「該当機器を持って機内に入るのは犯罪とみなす」と明らかにした。ノート7を持って飛行機に乗り見つかれば最大で17万9933ドル(約1873万円)の罰金を払わなくてはならず、隠して持ち込み摘発されれば最大10年の懲役刑に処される。

来年から安心してノート7を使うこともできない。ソフトウェアアップデートが難しくなり、故障しても部品を調達できず修理を受けられなくなる可能性も大きい。もしも来年に気が変わっても交換や払い戻しを受けられないばかりか、来年以降ノート7でバッテリー発火事故が起きても責任所在が不明でどれだけ補償を受けられるかも明確でない。ミングルスプーンのソン・ドンヒョン代表は「市中のノート7が完全に回収されていない以上、追加で発火事故が起きるたびにサムスン電子はイメージに打撃を受けることになる。こうしたリスクを完全に除去するにはもう少し積極的に交換・払い戻しを促さなければならないだろう」と話した。
(引用ここまで)

 正直なところ、ギャラクシーノート7は発表当初から気になっていたのです。
 長らく楽韓Webを読んでいるかたはご存じでしょうが、うちはデジタルガジェットについてはアーリーアダプターを自認しています。
 ペンが使えて、かつ収納場所があるというファブレットはこれきり。「収納できる」というのがよいのですよね。……なくすので。
 ま、その一方でいわゆる「edgeスタイル」のディスプレイ側面が湾曲しているアレが嫌いなので、買うことはなかったでしょうけども。

 最近購入したZenpad3でけっこう満足しているのですが、たまーにスタイラスペンが欲しくなりますね。
 ま、Zenpad3はZstylusに対応していないのですが。

 そんなわけで、こういったガジェット好きの気分というのは分からないでもないのです。
 ただ、韓国の場合は確実にもうひとつの需要というものがあると思われます。

 それはこうして保持しておけば、よりよい条件で交換・返金ができるようになるのではないか、と考えている層の存在。
 韓国で徳政令が度々出るという話は以前のエントリでもしましたが、そんな場合でも「いや、応じないよ」という層が相当にいるのです。
 もちろん、借金を真面目に返そうというのはではなく、さらなる減免があると思っているのですね。
 彼らの弁では「政府は負債がありすぎて困っているからこそ、こうして債務減免措置を執っているのだ。返さずにいればもっと困って、さらに減免率が上昇するに違いない」とのこと。
 借金の場合はそうやって待ち構えているだけでも利息が上積みされていくので、戦略としては根本なところから間違っているような気がするのですが。

 今回の場合であれば返金だけではなく、新機種のクーポン等の発行まで狙っているって感じかなぁ……。
 これも一種の被害者商売ってところでしょうかね。
 家屋全焼のリスクを冒してまでやるような話ではないと思うけどなー。

火薬のはなし 爆発の原理から身のまわりの火薬まで (ブルーバックス)
松永猛裕
講談社
2014/8/20

ギャラクシーノート7:例のバッテリーの認証機関、サムスン電子の内部にあった……自家薬籠中の物ですか

サムスン、スマホのバッテリー試験は業界公認施設で実施せず(WSJ.com)
「サムスン電子、バッテリー自体の認証が火呼んで「WSJ ...サムスン側 "CTIA認証された実験室」(ニューシス/朝鮮語)
サムスン電子のギャラクシーノート7生産中止の事態は、スマートフォンメーカーがバッテリー適正テストなどの認証までも一緒くたに行っていたために招いた「利益相反」の問題による「実機」であるという診断が提起された。

アップルをはじめとする主要企業が第三者機関でテスト認証を受けるのとは異なり、社内(in - house)で関連する手続きを進めている実験室の職員が製品の発売を急ぐ経営陣の意向を無視できなかったことを意味する。

16日(現地時間)米国のウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、北米無線通信協会(CTIA)側を引用して、サムスン電子が2009年以降、この団体が認証した社内(in - house)バッテリー室を運営してきたと明らかにした。WSJはサムスン電子がアップルをはじめとする主要スマートフォンメーカーの中で、これらの社内設備を利用してきた唯一のメーカーと説明した。

サムスン電子など米国でスマートフォンを販売するメーカーはCTIA側が付与する認証を受けなければならない。スマートフォンメーカーはそのためにCITAが指定された28件あるいずれかの認証施設でテストに合格しなければならない。サムスン電子はスマートフォンメーカーの中で唯一、団体が付与する認証を受けて、独自の実験室を運用してきたことをWSJは伝えた。

この新聞の問題提起は、CTIA側からバッテリーの品質テストに関連の技術力を認められて実験室を社内に運営してきたことが、結果的に「握手」として作用したという意味で解釈できる。アップルより新製品を先に発売しなければならないという社内の空気が、実験室で勤務する従業員にかなりの圧力として作用した可能性があるという意味である。スマートフォンを作るメーカーがバッテリー適切実験認証まで一緒にしており、利益相反の問題が浮き彫りになることができるという意味である。 (中略)

サムスン電子側は17日、ニューシスとのインタビューで「CTIAは全世界でのバッテリー実験室を28件認めている」とし「その中でサムスン電子の研究室は、スマートフォンメーカーの中では唯一の認証を受けたところだ」と述べた。彼は、「他のメーカーは、この団体の資格を得なかったため、第3の場所で実験をしている」とWSJの指摘に異議を提起した。
(引用ここまで)

 CTIAは無線技術一般に関しての団体で、Bluetoothの互換性確認とかを行っているところですね。
 実際にCTIAのサイトでテストラボの一覧を見ることができます。確かにバッテリーのところにサムスン電子があります。

 ウォールストリートジャーナルによるとモトローラ(レノボ)とマイクロソフト(ノキア)もCTIAからバッテリーについての認証施設運営の許諾を得ているのだけども、現在は運営していないとのこと。
 第三者機関にテストを委託して合格という部分に意味がある、と判断したのでしょう。

 まあ、これやっちゃったら実際に意味ないしなぁ。
 自社でテスト・合否判定・認証して販売許可。どこにも監視としての役割がなくなってしまう。
 厳格にテストをやっているのであれば、自社内でのテスト環境があることから開発速度に利益があるでしょうけどね。

 開発側の社員がテストラボにやってきて「いやぁ、まいったよ。このままじゃiPhoneの発表までに間に合いそうにないなぁ」ってチラチラ見てきたら、それに抗うことができるかっていうことです。
 韓国社会の「上のものには逆らえない」かつ、「ウリの利益は最大限守る」のふたつがあり、実際に航空機の操作ミスすら指摘できず日本に比べて671倍の偽証罪のある国で、「厳格なテスト」ができるものか……と。

 ま、このあたりも爆発原因のひとつではあるでしょうかね。複合要因だとは思いますが。

脱・中国で繁栄する日本 国を滅ぼす朱子学の猛毒を排除せよ
井沢元彦
徳間書店
2015/11/25

ギャラクシーノート7爆発事件に見る、「韓国経済成長の限界点」……もうどこからもパクれない!

【社説】サムスンの危機に見る韓国経済の成功方程式の限界(朝鮮日報)
米国のコンサルティング会社、インターブランドの先週の調査によると、サムスンのブランド価値は世界7位だった。6位のIBM、5位のトヨタ自動車を僅差で追うレベルまで躍進した。ギャラクシーSシリーズに代表されるように、サムスンだけが韓国の企業の中で唯一、高級かつ有名なブランドというイメージを持っているのだ。

 サムスンがこのようなブランド価値を築き上げるまでには膨大な努力と投資が必要だった。1993年の「新経営」宣言以降、量ではなく質に注力してきた結果だ。「嫁と子ども以外は全て変えろ」と李健熙(イ・ゴンヒ)会長が社員にはっぱをかけたように、サムスンは低品質・安物というイメージから抜け出すために血のにじむような努力を重ねた。携帯電話の不良品15万台を焼却処分するという「携帯電話火刑式」まで敢行した。このように苦労して築き上げたブランドイメージと消費者の信頼が、ガラガラと崩れる危機に直面しているのだ。(中略)

 ギャラクシーノート7の一連の騒動は、これまで上昇気流に乗っていたサムスンの「成功方程式」が限界に達したことも示している。サムスンは先行者をまねてその技術を応用した上で、大規模投資によって市場を掌握する「ファストフォロワー戦略」で成功を収めた。トップダウン方式の果敢な意思決定によってライバルをスピードで圧倒するのがサムスンの競争力であり、これはほとんどの韓国企業の特技でもあった。この特技によって到達できる最高点が「サムスンブランド」だった。しかし、ここまでが限界だという事実を認めなければならない。

 サムスンだけでなく、全ての韓国企業が同じ問題をはらんでいる。ここに韓国経済が直面している根本的な問題がある。これまで韓国が得意技としてきたことは、実は中国の方がより得意なのだ。規模が大きくスピードもさらに上げられるからだ。中国との差を広げるためには創造と革新が必要なのに、それすら中国に追い抜かれるかもしれないという状況だ。(中略)

 サムスンの一連の騒動から韓国経済の成功方程式が限界にきていることを読み取らなければならないのは、世界が注目してきた韓国の企業生態系が全体的にダイナミックさを失い、低迷という深みにはまってしまったからだ。社会全体が変わらなければ、また別の衝撃的事態に襲われるのは時間の問題だ。
(引用ここまで)

 これまで日本企業の真似をしてきた。
 日本企業に対して真似できる対象が少なくなったので、「これを作れ!」とiPhoneを目指すようになった。
」  デザインを盗んだとして数百億円規模で損害賠償を支払わされる羽目になったけども、その甲斐あってスマートフォン市場ではシェア1位になった。
 もう、パクれるところはなにもない。

 ギャラクシーS4あたりで「我々はイノベーターだ」と宣言して、エヴァンジェリスト的な立場の人から苦笑を買ってしまったり。
 ギャラクシーS6ではiPhone風にするためにSDカードを使えなくして自爆、S7ではそれを戻したり。
 原則としてここ数年、迷走しているのですよね。
 iPhoneの仕様とデザインに振り回されているだけ。

 今回のギャラクシーノート7は「iPhone発売に先行して対抗機種を発売するのだ」とやったつもりだった。先行者利益をたんまりといただけるはず、という算段だったのですよね。
 だけども爆発。
 そして「バッテリーの製造元を変更したから大丈夫!」とリコールしたものの、再度爆発。
 このリコール後に再度問題が出る、というのはかなりの大問題。
 リコールに応じてからの再発売というのは「もう技術的に問題はありません」という証拠のはずなのにまったく同じ問題が出た。
 そんなんだったら中国企業の製品でもなんでもいいんだよなってことになる。
 もはやスマートフォンでできることはどこの製品であろうともさほど変わらないのですから。

 リコール費用は2000億円とも5000億円ともいわれているのですが、販売中止にした機会損失とブランドイメージ毀損を加えたらどのくらいのマイナスになるのか。
 ギャラクシーS7がけっこうなヒットをしてようやく一息つけたというところで、サムスン電子がどうなっていくのか。
 イ・ゴンヒからの代替わりも含めて面白い展開があるかもしれません。

届きましたよ。さっくさくでこれはいいものだ。
エイスース 7.9型タブレットパソコン ZenPad 3 8.0 SIMフリーモデル (ブラック)ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL-BK32S4
ASUSTek
2016/9/16

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
小林さんちのメイドラゴン 5巻
双葉社の全タイトルが50%ポイント還元フェア
BABYMETAL
LIVE AT TOKYO DOME
初回限定+早期購入特典
初音ミク ハートハンターVer.

ダライアス 30th Anniversary Edition
PS4用+サントラCD7枚組

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ