楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

独島は我が領土

 相互RSS募集中です

韓国人が「統一旗に独島がないなんて!?」と大騒ぎ → どうやらその原因はロンドンオリンピックにあった模様

合同入場で使用の朝鮮半島旗に独島描かず 平昌五輪組織委が説明(聯合ニュース)
平昌五輪の南北合同入場統一旗の独島はない(ノーカットニュース・朝鮮語)
平昌冬季五輪(2月9日開幕)の開会式で韓国と北朝鮮が合同入場する際に掲げる朝鮮半島旗には独島が抜けていることが23日、分かった。

 平昌冬季五輪組織委員会はこの日、大会主要会場の平昌アルペンシアリゾートに設けられたメインプレスセンターで開かれたメディア向けイベントで「南北の選手団が合同入場する際に旗手が掲げる朝鮮半島旗には独島が抜けている」とし、「これは1991年に日本の千葉で開かれた南北合意にともなう結果」と説明した。

 組織委文化行事局の金大顕(キム・デヒョン)局長は済州島を除き、西端の馬鞍島、東端の独島、南端の馬羅島は朝鮮半島旗には含まれないとし、「独島も前例に従う意味で今回表示されない」と説明した。

 朝鮮半島旗が初めて登場したのは南北合同チームが初めて出場した1991年の世界卓球選手権大会で、当時南北は協議を通じ、朝鮮半島と済州島を旗に描いたが、独島などの島は描かなかった。

 だが2006年のトリノ冬季五輪と2007年の長春冬季アジア大会では独島が入った朝鮮半島旗が使用された。日本が独島の領有権を繰り返し主張することから、朝鮮半島旗に独島を含めるべきとの気運が高まったことを受けての結果だ。

 これについて組織委関係者は「2006年トリノ冬季五輪の場合、これまでの合意のとおり、独島が抜けた朝鮮半島旗を使おうとしたが、北側が独島の表記を主張して修正された」と説明した。

 また「国際オリンピック委員会(IOC)は五輪を政治的に活用してはいけないと強く主張している」とし、「実測すれば鬱陵島はもちろん、独島も朝鮮半島旗では見えないのが事実だ。独島を見せること自体、IOCは政治的な行為と認識して受け入れない」と補足した。
(引用ここまで)

 楽韓Webでは既報の「統一旗に独島が描かれていない」という事実がようやく韓国にも出回りはじめました。
 詳細はそちらのエントリを見てもらいたいのですが、簡単にいえばIOCが認定している統一旗には済州島だけが描かれており、独島はおろか鬱陵島すら描かれていないというものでした。
 これについて韓国オリンピック組織委員会では「最初に使った統一旗ではそもそも独島は入っていない。当時の合意に従ってこれを使用する」といった話をしているのですが。
 おかしな話なのですよね。
 記事にもあるようにトリノでは実際に鬱陵島と竹島の描かれた統一旗が使われて入場行進をしているのです。

North and South Korea Agree to March Under One Flag at 2018 Olympics(daily intelligencer・英語)

 最後に統一旗が使われた入場は2007年の長春アジア大会。
 その後、保守政権であったこともあり、南北関係は冷えこんで統一入場云々をするような空気にはならなかったために使われていないのですが。
 ともあれ、過去には「独島の描かれた統一旗」が使われて入場していたことは間違いない事実なのです。

 それからこれまで、なにがあったかというとロンドンオリンピックのサッカー3位決定戦で「独島は韓国領土」というプラカードを掲げたパフォーマンス、そしてその行為への懲戒

 いわばこの件で有罪判決を受けたために、韓国は二度と「独島云々」をオリンピックにおいて言えなくなってしまったのですね。
 当時、「銅メダルの授与があったから韓国の実質勝利だ」というような論調が韓国にはあふれたものでしたが。
 その結果、自国開催のオリンピックで自国旗も掲げられず、さらには統一旗にも「領土紛争地域の記入は政治的行為である」と禁じられた、というオチになったのでした。

 ノーカットニュースのほうには3500弱のコメントが投稿されています。「独島は我が領土だろう!」というものもありますが、なかば諦観というか。
 「自国開催なのに自国旗も出せない。統一旗には独島も描けない……なんなのこれは」みたいな感じになってますね(笑)。
 まさに自業自得です。

自業自得?
井内舞子
GENEON UNIVERSAL ENTERTAINMENT
2011/1/26

独島プラカードのパク・ジョンウ、IOC懲罰委員会に直接釈明のためにスイスに向かっていた

<サッカー>“独島パフォーマンス”朴種佑、IOC判決前に自ら釈明へ(中央日報)

 「独島は我が領土」のプラカードを掲げたパク・ジョンウがIOC懲罰委員会に直接、事情説明に向かったそうです。
 この聴取は11日に行われるということで、これはスイスの属する欧州中央時間。つまり、日本時間では火曜日ということになりますか。

 ただ、懲罰委員会にかけられてもそのまま発表になるかどうかは不明。

 さて、FIFAによる懲罰のときには韓国マスコミから「大勝利!」みたいな報道が出ました
 銅メダル授与は間違いない、というような話も出ていますね。
 この懲罰委員会の判断によっては、来年のソチ五輪ではとても「面白い風景」が見られるようになると思うのですが。
 さてはて。

ロンドンオリンピック総集編 2012年 8/30号 [雑誌] (週刊朝日増刊)ロンドンオリンピック総集編 2012年 8/30号 [雑誌] (週刊朝日増刊)
販売元:朝日新聞出版
(2012-08-17)
販売元:Amazon.co.jp

「独島は我が領土」のチョン・グァンテ、日本から入国拒否されていた?

「独島歌手」チョン・グァンテ、日本入国を拒否され「もう行かない」(サーチナ)
>  韓国の歌手チョン・グァンテ(56)氏は1日、韓国のエンタメ情報番組『余裕満々』に出演した際、「放送のため日本に行くことがあったが、日本大使館が何の理由もなく、私のビザ(査証)発給を拒否した」と明かした。韓国メディアが報じた。

 1982年に「独島(日本名:竹島)はわが領土」を歌って有名となったチョン氏は、韓国では「独島歌手」とも呼ばれている。チョン氏は1996 年、日本に入国するために入国査証を申請したが、発給を拒否されたという。

 番組でチョン氏は、日本の査証発給を拒否されたのは「歌のせいではないか」という司会者の質問に対し、「それはよく分からない。日本大使館で入国査証の発給を拒否されたことに私が暴れると、翌日に来いと言われた。そして、その場で申請書類を破り、もう2度と日本には行かないと思った」と答えた。
(引用ここまで)

 2点、疑問があります。
 まず、本当に日本側がビザの発給拒否をしたのかということ。
 呉善花氏の例をひくまでもなく韓国では当たり前に起きることですが、日本では言論に対してビザ発給拒否はないと思うのですよ。
 なにしろ、独島守護全国連帯なんていうキチ○イめいた連中ですら来日できてしまうのですよ? しかも、2年連続で。
 シーシェパードみたいなテロを信奉している輩ですら来日可能なこの国からおいそれとビザ発給を拒否されるとは思いにくいなぁ……。

 外務省ビザ(査証)FAQ

 もう一点はそれほど嫌いな日本にわざわざなんで来ようとしてるんだよっていう。
 あ、拒否されて暴れたっていうのは疑問でもなんでもなく、フツーに納得できることです。本当に拒否されたのであればですが。

 ちなみにこの「独島は我が領土」ですが、少女時代も誇らしげに歌っていますね。
 YouTubeではアップされる端から消されているようです。が、「独島」と入れるとサジェスチョンで一番上に「独島は我が領土 少女時代」と出てきたりするのですよね(笑)。
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
乙嫁語り 10巻
2018/02/15発売
ガールズ&パンツァー
最終章 第1話 特装限定版
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ