楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

独自技術

 相互RSS募集中です

韓国独自技術で製造される戦闘機KF-X、プロモ映像はエースコンバットからのパクりだった

KF-X project stole game footage for demo video(THE KOREA TIMES・英語)
韓国最大の戦闘機開発プロジェクトとなるKF-Xのプロモーション映像にテレビゲームの映像が盗用されていた。
10秒ほどの空戦と爆撃戦の映像はバトルフィールド3とエースコンバットアサルト3から許可なく盗用されたものであり、著作権侵害となっている。
一瞬ではあるが、オリジナルの英語字幕が映り込んでいるのが分かる。

この「ADDによるKF-Xプロモーション」とされる映像は1年前にリリースされ、1万2000回以上YouTube等で再生されているKF-Xの宣伝動画であり、KF-Xには2028年まで30兆ウォン規模のコストがかかるとされている。
この動画作成には4000万ウォンが投入されている。

にもかかわらず、関連したすべての部署が著作権侵害の責任を認めようとはしていない。
KF-X計画を推進するADD(国防科学研究所)は「まったく著作権侵害には気づかなかった」と映像製作下請けのNabixに責任を押しつけた。
「コリアタイムスの指摘によってNabixとともに当該映像をチェックしてみたところ、著作権を侵害する映像が挿入されていることを確認した」とADD広報のシン・ファンギュは語った。「我々はまったく気がついていませんでした」。
彼は当該シーンを削除すると語った。

NabixはKF-X計画を推進するKAIこそがこの問題の責任者であると述べた。
「KAIから派遣されてきた調査員がすべてに渡って、言葉や文章といった細かい部分まで含めて指示を行ってきた」とNabixのCEOであるキム・ユンガクが語った。「KAIはF-35のプロモーション映像のようなものを作れといってきた。挿入すべきさまざまな情報や映像クリップも提供されたんだ」

彼は「ゲームの画面が提供されたかどうかは覚えていない」とも語り、同時に「これは政府のプロジェクトなんだ。なにも自由にできるような余地なんてない」とも語った。

KAIも同様に無罪を主張した。
「ゲーム映像は我々が提供した素材には含まれていない」とKAI広報のキム・スンピルは語る。「どのようにしてそのゲーム映像が混入したのかはまったく不明だ」

バトルフィールド3の映像はシングルプレイミッションの一部であると確認された。エースコンバット:アサルトホライズンのものはトレイラー映像のものであった。

ADDはコリアタイムズに対して映像を削除し、関係者に代わり映像盗用について謝罪すると語った。
コリアタイムズはEA、およびバンダイナムコに接触したものの、回答はなかった。

KF-Xは韓国独自のジェット戦闘機として、老朽化の激しいF-4/F-5を代替する目的で開始されている。ロッキードは韓国政府によるF-35購入の見返りとして、その技術供与を行うとしている。
(引用ここまで)

 そのADD謹製の映像がこちら。


 見ていて、なんか既視感があるなぁ……と思っていたのですが、この記事でピックアップした動画でしたね。
 さすがにゲームから盗用したモノであるとは気づかなかったなぁ。

 ま、韓国ではよくあること。
 「独島は韓国独自の領土である」という韓国政府の広報動画にNHKの坂の上の雲からの映像を盗用していたなんてこともありました。
 なんかの歌手がPVでFF7ACをまんまパクったなんてこともありました。

 「韓国独自技術で製造される初のジェット戦闘機」のプロモーション映像がこうなんですから、「韓国の独自技術」がどのていどであるかよく分かるのではないでしょうかね。

18歳の著作権入門 (ちくまプリマー新書)
福井健策
筑摩書房
2015/1/10

 

「韓国は独自技術を重視しすぎ」「いや、韓国は先進国技術の応用ばっかり」……どっちよ

「技術をカネで買う中国、韓国は独自開発ばかりを重視」(朝鮮日報)
「先進国技術の応用ばかり」 危機に弱い韓国製造業(朝鮮日報)
 「中国が合併・買収(M&A)をする理由は簡単。自分たちが持っていない技術と人材を短期間で獲得するためです。資本で格差を縮め、遅れた技術力を補おうとしているのです」

 中国の先端産業に詳しいソウル大のチョン・グクチン教授(電気・情報工学部)=写真=は「IT(情報技術)やバイオなどの未来産業は研究人材と技術が要になる。中国の最近のM&A動向を見ると、これらの中核技術と人材を最大限確保する戦略のようだ」と話した。

 チョン教授は、韓国企業は外部の技術を受け入れることに依然として抵抗があると指摘する。韓国の大企業は今でも、全ての技術を独自開発すべきだという考えから抜け出せずにおり、他企業を買収したり、技術移転を受けたりすることを嫌がるムードが根強いと説明した。
(引用ここまで)
「韓国の産業界はこの10年間、サムスン電子、半導体、スマートフォンの(好調により)錯覚に陥っていました。ほかの産業は苦戦しているにもかかわらず、いくつかの主力企業、品目だけが善戦しているのを見て『韓国がついに先進国の仲間入りを果たした』と思い込んでいたのです」

 ソウル大の李正東(イ・ジョンドン)教授(産業工学)は昨年9月、同大の半導体、情報通信、海洋プラント、航空宇宙、ビッグデータなど各分野の教授26人にインタビューし、韓国産業界の競争力を診断した書籍『蓄積の時間』を出版した。李教授は、最近は大企業、中小企業、ベンチャー、金融機関に至るまで、業種を問わず不況が色濃くなっているとし、製造業の技術力の低さがその原因だと指摘した。

 李教授は「韓国は先進国の技術を持ち込んで製造業を育てたため、技術を融合させることには長けているが、中核技術を生み出して育てることはできなかった。独自の中核技術があれば不況期も持ちこたえられるが、韓国は持ち込んだ技術を応用するばかりだったため、危機に弱い」と指摘した。米国やドイツ、日本は数百年にわたり積み重ねてきた技術力を基盤に部品・素材分野で優位に立っているが、韓国のように製造技術だけでは限界があるということだ。李教授は、今や韓国を追い越しそうな勢いの中国だけでなく、遠からずインドやインドネシア、ベトナムも韓国のような製造技術モデルで追い上げてくるとし「今変わらなければ、また追いつかれてしまうだろう」と産業界に警鐘を鳴らした。
(引用ここまで)

 言っていることが正反対のように見えますが。
 これはどこに視点を置くかの違いなのですね。
 中国からの視点として韓国を見ると「独自開発ばかりを重視して、技術を買おうとしていない」と映る。
 そして、日本や欧米からの視点で韓国を見ると「先進国の根幹技術を買ってきて応用しかやっていないから危機に対応できない」と映る。

 まあ、それからそれぞれの教授の専門分野にとって有利になる言葉を並べているだけという部分も大きいでしょうけども。
 実際に中国のやっていることは韓国のそれをスケールアップさせているだけなのです。

 手元に人も物も技術もない。
 であれば外から持ってくるしかない。
 まんま韓国がやってきたことです。RD-180を盗もうとしたところとか、合法非合法も含めてそのまま。
 そのスケールが足りないという話を最初のソウル大教授はしているのでしょう。

 で、その一方で先進国からの視点では独自技術が足りていない。技術に背骨が入っていない。
 なので危機対応能力が充分ではないと。
 この視点での典型例は造船企業の海洋プラントによる大規模損失でしょうね。

 韓国の立ち位置は中途半端、ということなのだろうなぁ。
 それはそれとして中韓共に「独自技術」への憧れというか詐称があって面白いですね。
 中国の場合はどちらかというと海外への売りこみに対して「独自技術」ということにしておいたほうが有利だから、という感じですが。
 韓国のそれは自尊心(実際には虚栄心)の問題になるというところがなお一層面白いところ。

バブルの最中にこれを書けていたのは西澤教授ならばこそ、でしょうね。

 

どこにも韓国の「独自技術」が見つからない! 高層ビル、橋、ロケット、高速列車、ガスタービンetc.etc...

韓国独自の技術が見当たらない「韓国最高層」ビル(朝鮮日報)
韓国最長の橋も外国技術頼み、独自技術不在で海外に従属(朝鮮日報)
「1位の外国企業まねてばかりの韓国企業オーナーたち」(朝鮮日報)
 ソウル市松坡区新川洞の「蚕室ロッテワールドタワー」は先月、最上部の尖塔構造部分の工事が終了し、地上123階、高さ555メートルの韓国最高層、世界5位の巨大高層ビルの外観が姿を現した。しかし、そこには「知られたくない真実」がある。

 75万トンの建物の重さに耐えるための基礎設計は英アルップ社、その基礎の上に19万5,000平方メートルのコンクリート、4万トンの鉄骨を組み上げる建物設計は米KPFとレラ社、風速80メートルの強風に耐えるための風洞設計はカナダのRWDI(社、合計2万個のガラス壁を取り付ける外壁工事は日本のリクシルと米CDCがそれぞれ担当した。「韓国の建築技術の集大成」かと思われたロッテワールドタワーは実際には外国企業の手で建てられたものだ。

 建設業界関係者は「事実上、コンクリートと鉄筋だけを我々の手で組み上げた格好だ。韓国の建設会社が海外に建てた数多くの高層ビルも実情は同じだ」と明かした。
(引用ここまで)
 現在韓国で稼働している30カ所余りの中型・大型のコンバインドサイクル発電所で使われるガスタービンには国産品は皆無だ。いずれもGEや独シーメンス、日本の三菱日立パワーシステムズなど海外メーカーが製造したものだ。業界関係者は「韓国企業にはまだ、高温・高圧に耐え、正確に稼働する大容量タービンを製造する素材技術と基礎設計の経験がない」と指摘した。

 仁川市の松島と永宗島を結ぶ長さ21.28キロメートルの仁川大橋は韓国最長、世界でも6番目の長さを誇る。2009年に完成した当時には、「韓国の建設業界の底力を世界に示した快挙」という賛辞があふれた。しかし、実態は異なる。工事こそ韓国企業が行ったが、重要技術はほとんど海外に依存したからだ。

 設計段階からして外国企業が担当した。仁川大橋のような大型の橋りょうでは、風、波、自動車の通行量、地震など橋にかかるさまざまな力を分析し、絶対に崩れないような構造設計を行うことが重要だ。設計は日本の長大が行った。1968年設立で、世界の20以上の大型橋りょうを設計した経験を持つ業者だ。土木設計専門家は「長大の技術者が仁川大橋だけでなく、永宗島大橋の構造設計も担当した。その技術者個人の経験と技術は、韓国の橋りょう設計業秋が束になってもかなわないと言っても過言ではない」と指摘した。

 仁川大橋は主塔から延びるケーブルが橋の上板を支える斜張橋だ。そのケーブルを製造したのも新日本製鉄(現新日鉄住金)だ。ケーブルの設置はフランスのフレシネという企業が担当した。ソウル大のコ・ヒョンム教授(土木構造)は「韓国にはそうした経験を持つ企業がない。結局はいくら高くても外国企業の言い値を払うしかない」と話した。
(引用ここまで)

 いや、それが「韓国そのもの」の姿でしょ?
 韓国の技術立国としてのプロフィールですよ。
 屹立たる技術開発を行うのではなく、2番煎じでいいから、市場拡大が見据えられる製品にとりついて市場を壊すほどに大量生産するだけ。

 人材が必要ならヘッドハンティングしてくるだけ。
 中間財や部品が必要なら購入してくるだけ。
 ○○の開発を一生続けたいとか、究極的には人類に貢献するとか理念なし。
 ただただお金儲けのためだけに企業活動をしてきたのですよ。
 ノーベル賞がまったく取れないのはその副作用としての症状ですよね。

 別にそれはそれでいいのです。非難されるべきでもない。
 経済活動で利益を得るというのはもっとも大事な部分ですから。
 でも、そんなやりかたはまんま真似されたら終わり。

 それがちょうど韓国と中国関係性ですよ。
 韓国のやってきたことをスケールアップしてやられているだけ。
 2000年代の10年間まではそれが通用していたのだけども、もはや中国からは肉薄され、為替で戦えていた日本にも円安フェーズで負けている。

 「勝っている間」に他を突き放すような技術開発をしていればよかったのですけどね。
 韓国のやっていることはどこでも同じでして。
「外需で稼げているうちに内需を拡大すればよかった」っていうのもありますし、「上が稼ぎを溜め込んでいるうちに中間層が伸びるべきだった」っていうのもありますね。
 結局はそこまで豊かになりきれなかった、というのが最終的な問題かな。

 上は上でトリクルダウンなんてするつもりがなかったし。
 下も下でちょっとでも振りわけを増やしたら、ヒュンダイ自動車の労働組合みたいになるってのも原因のひとつかな。
 国民の多くに「一緒に幸せになろう」という意識が希薄だったってことです。
 ウリの範囲だけが富めばよいって考えかたは李氏朝鮮時代から染みついた宿痾ですね。
 封建制を潜り抜けられなかった社会は先進国になれないのかもなぁ……。

 あ、それとガスタービンだけは無理だから手を出すな。あれだけはやめておけ……。

「韓国独自技術」で製造されたヘリ・スリオン → 嘘でした

国産といっていたが…韓国型機動ヘリ「スリオン」、核心装置はまだ輸入(中央日報)
 完全国産化を掲げて開発された韓国型機動ヘリコプター「スリオン」の核心である動力伝達装置が、国産化されていなかったことが明らかになった。技術移転契約をしてから7年経過したが、依然として核心部品全量を海外企業に依存している。監査院は1兆3000億ウォンが(約1400億円)投入された国産化作業が事実上失敗したと見て、調査に着手した。 (中略)

 しかし監査院の調査によると、動力伝達装置を構成する部品約450個のうち国産化するとエアバスヘリコプター側と契約した部品は30%にすぎない134個だった。このうち技術を受け継いで量産可能なレベルで開発されたものはこれまで約80個にすぎない。また、2012年6月に「スリオン」開発が完了した後、これまでスリオンに搭載された動力伝達装置はすべてエアバスヘリコプターの製品であることが確認された。監査院は責任の所在によっては、技術移転未履行違約金1000万ユーロ(約15億円)などを含む制裁を検討している。

 これに関しS&T重工業は「動力伝達装置の開発に100億ウォンを投資したが、一つの部品も納品できなかった」とし「技術移転約束を履行しなかったエアバスヘリコプターの責任」と主張した。エアバスヘリコプターは「技術移転を含め、契約を誠実に履行した」と明らかにした。
(引用ここまで)

 なんだ、いつもの韓国軍じゃないですか。
 技術移転をしてもらったら、それだけでアセンブルまでできるようなつもりになって、実際に組み立てたら動かない。
 しょうがないので海外の実績ある企業から部品を分けてもらってなんとかする。

 潜水艦でも戦車でも見てきた風景でしょ?
 南大門なんかでもそうでしたね。南大門の場合は自尊心が先に立ったのか、それとも「倹約」のためか日本製のものが使われることがなかったようですが。
 その結果がアレだったわけです。

 おそらくロケットでも戦闘機でも、まったく同じ風景を目にすることになると思いますよ。

 エアバスヘリコプターもきっちり契約に基づいた技術移転はしているはずです。
 その技術移転を受けた企業が、必要なクオリティを満たす部品を作れたかどうかはまた別の話です。

 いつもの韓国の「独自技術」 であったというだけのことですよね。
 

ポスコ「ファイネックス炉の爆発は炉の外で起きた。溶鉱炉自体に問題はない」 → 嘘でした

ポスコ溶融炉爆発、内部で起きていた(朝鮮日報)
>  鉄鋼大手ポスコの浦項製鉄所第1ファイネックス工場で22日に起きた爆発事故は、当初のポスコの説明とは異なり、厚さ1メートルの溶融炉壁面の内部で起 きたことが24日までに確認された。ポスコは「溶融炉自体に問題はなく、外部の付帯施設が損壊しただけだ」と一貫して主張しており、事故の規模を小さく見 せ掛けようとした疑惑が浮上している。

 本紙の取材によると、爆発事故が起きた第1ファイネックス工場の溶融炉は高さ28.8メートル、直径13−15メートル、厚さ1メートルの大きさで、地 上から約5メートルの高さに周囲を取り巻くように26カ所の穴がある。穴には長さ89センチメートル、直径83センチメートルの大送風口、長さ30センチ メートル、直径27センチメートルの小送風口が扇状につながっている。この小送風口に高熱の空気(酸素を含む)注入パイプをつなぎ、溶融炉の中に空気を吹 き込む仕組みだ。

 爆発原因について、ポスコ側は「送風口の出口が詰まって圧力が高まり、溶融炉と送風口が接する部分で爆発が起きた。送風口は溶融炉に設置されている付帯 施設であり、溶融炉は破損していない」と説明してきた。しかし、送風口の出口部分を納品したソウル・エンジニアリングの関係者は「送風口は溶融炉の表面鉄 皮に溶接し、壁面に埋め込まれた構造物であり、送風口との接合部分は溶融炉内部にある。その部分が爆発したとすれば、当然溶融炉が破損する」と指摘した。 ポスコの溶融炉が一部でも破損したのは今回が初めてだ。浦項市民は「先日は山火事に苦しんだが、今度は浦項の夜空を明るく照らすほどの大火事が起き、不安 感が高まっている」と話した。
(引用ここまで)

 今回爆発事故を起こしたのはファイネックス1号炉という話をしていたのですが、ノ・ムヒョンがテープカットにきたものではなく実用試験炉だったそうです。
 ざっと半分ていどの規模の炉だそうで。

 ただ、もしもですね。
 ファイネックス炉に経年劣化でなんらかの不具合が生じて、構造的な問題による爆発だったとしたら……という可能性まで考えてしまいます。
 というか、こういった経緯がなんらかの形でなければこんな隠蔽工作をする必要がないと思うのですが。

 実験炉なのだから、なんかあっても「実験炉で生じたミスだ。稼働しているファイネックス炉には関連はない」くらいのことを通常の韓国人であれば言うはずなのですよね。
 このファイネックス炉、実用炉として3基が稼働中だったはず。
 で、ポスコが中国に新規建造するのもファイネックス炉。
 さて、どうなんでしょうね。

Web魚拓: 1 / 2 / 図解 

タワーリング・インフェルノ [Blu-ray]タワーリング・インフェルノ [Blu-ray] [Blu-ray]
出演:スティーブ・マックィーン
出版: ワーナー・ホーム・ビデオ
(2010-07-14)
 

韓国の誇る独自技術で建造されたファイネックス鉄鋼炉、あえなく爆発

 どうやらこの爆発した高炉というのは、韓国で「独自技術の粋を集められて建造」されたファイネックス1号炉らしく。
 これが建設されたとき、韓国マスコミが異常なほどに興奮していたのを記憶しています。
 まあ、「独自技術で〜」っていう場合は大概、鼻息が荒いのですけどもね。
 この1号炉の竣工式には確かノ・ムヒョンが出席してセレモニーをしていたいたはずです。

 んでもって、製鉄をちょっとでも勉強したことがある人であれば「高炉で爆発だぁ!?」となるのですが。
 しかも、稼働から5年ていどの新造炉と呼んでいいクラスのもの。
 なにをどうしたらそうなるのか、理解に苦しむところです。
 設計レベルで問題があったのか、運用に致命的なミスがあったのか。
 報道では「死者は出ていない」とされているのが不幸中の幸いではありますけども。
 炉の稼働中に爆発があったのなら、周囲のありとあらゆるものを燃やし尽くして、可燃物がなくなるまで燃え続けるはずです。
 そういえばこのタイプの炉をポスコは中国で建造するのに一悶着ありましたねぇ。
 独自技術……。

韓国独自の技術で作られていた羅老の2段目になぜかフランス製の部品が?

羅老号また打ち上げ延期、フランス製部品で問題生じる=韓国(サーチナ)

 なにが滑稽って「1段目こそはロシア製だが、他の部分はすべてが韓国独自の技術で作られている」とかなんとかマスコミが言っていたのに、この体たらくだってことですよ。
 こんなんだから「韓国独自の技術で云々」なんて書かれていても、常に眉唾で見ていなくちゃいけないわけです。

 ま、宇宙開発に関しては「独自開発云々」はすべて嘘だっていってもしまっても間違いはないでしょうけども。
 韓国人というものは今年になってからですら、KSLV-1を「独自技術で製造」っていえるくらいにメンタリティが強いので。
 2021年打ち上げ予定の「独自技術で製造されるKSLV-2」のエンジンはウクライナで設計されたものでしたしね。

スクープ! 羅老号(KSLV-I)は韓国独自の技術で完成されていた!

韓国初の人工衛星搭載ロケット 10月打ち上げへ(中央日報)
ナロ号 今年10月に3度目の打ち上げ(KBS WORLD)

>ナロ号は韓国がロシアの協力を得て独自の技術で完成させた初めてのロケットで、2009年、打ち上げには成功したものの、衛星を覆っているフタを分離することができず、衛星を軌道に乗せることに失敗しました。
(引用ここまで・太字引用者)

 いまだに「羅老は独自技術で完成」って言ってるんですね。
 そりゃま、航天機構でも「信頼性を担保できない」って書かれるし、ウクライナから設計図もらっていても「独自技術の30トンエンジン」とか書けるわけですわ。
 どう考えても「独自技術」の位置づけが世界標準のそれとは違うとしか思えません。
 報道の用語が信じられないってどういう先進国(自称)なんだか……。
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
韓国人による北韓論
緊急追記で金正男についても。
BABYMETAL
LIVE AT TOKYO DOME
初回限定+早期購入特典
初音ミク ハートハンターVer.

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ