楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

王毅

 相互RSS募集中です

「対日外交最終兵器」のカン・ギョンファ、THAAD制裁撤回を言い出せなかったのは「時間がなかった」から……中学生の言い訳か

THAAD:中国にNOと言えなかった韓国外相「時間なかった」(朝鮮日報)
 康京和(カン・ギョンファ)外交部(省に相当)長官は6日、中国の王毅外相との韓中外相会談で、中国に対し「終末高高度防衛ミサイル(THAAD)経済報復」の中止を要求しなかったことについて、「原因が何なのか、どのように解決していくべきなのかについて意見交換をする中で、時間がなくなり提起できなかった」と8日、明らかにした。
(引用ここまで)

 韓国の外交部長官であるカン・ギョンファがARFから帰国。
 王毅中国外交部長との会談の中で、THAADミサイル配備に伴う中国からの経済報復についてなんも言えなかったことについて釈明。
 曰く──

「時間がなくなった」

 ……だそうで。
 夏休みの宿題ができなかった中学生みたいな言い訳ですね。
 そもそも、会談の予定時間は30分だったのですよ。
 それを当初の予定時間を大幅に上回る55分の会談となったにも関わらず、韓国にとっての中韓関係で最大の懸念となっている課題に言及すらできなかった。

 相手から解決策が提示されなかったとか、無視されたとかそういうのであればまだいいのですよ。
 あるいは課題に言及したところで会談を打ち切られたなんていうのもいい。
 でも、今回はそうじゃなかった。
 会談相手から一方的に圧力を加えられて、厳しい言葉でやりこめられた上でさらに懸念になっている件に言及できなかった。

 「対日外交最終兵器」として強行任命までしてきた人材がこれ。
 ムン・ジェイン政権の行く末を暗示しているようですね。

っていうか、朝鮮日報の記事タイトル自体がウソだしな。
 NOが言えなかったんじゃなくて、NOを言う機会すら与えてもらえなかったっていうのが実際です。

「時間がない」を捨てなさい 死ぬときに後悔しない8つの習慣 きずな出版
有川真由美
きずな出版
2016/6/21

「対日外交最終兵器」の韓国外交部長官カン・ギョンファ、王毅の圧力に「THAAD報復撤回」すら口に出せなかった模様

THAAD:韓国外相に詰め寄る中国外相「韓国の国益にかなうと思うのか」(朝鮮日報)
THAAD:韓国外相、中国外相に「報復撤回」言及できず(朝鮮日報)
 中国の王毅外相は6日、韓国外交部(省に相当)の康京和(カン・ギョンファ)部長と韓中外相会談を行った席上、韓国政府による終末高高度防衛ミサイル(THAAD)追加配備について、「改善が進む両国関係に冷水を浴びせ、遺憾だ」と述べた。これに対し、康長官は「THAAD追加配備は韓国国民の生命と安全を守るために、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が防衛的な意味で下した決断だ」と説明した。王外相は同日の公開発言で、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射については言及せず、韓国政府によるTHAAD発射台4基の追加配備決定のみを非難した。

 今回の外相会談はASEAN地域フォーラム(ARF)に合わせ開かれたもので、王外相は記者団が見守る中、「文大統領の就任以降、(韓国は)中国の正当な関心事項に配慮する姿を見せたが、やむを得ず(THAAD問題を)指摘しなければならない」と述べた。王外相は会談後、記者団に対しても、「康長官に『THAADで北朝鮮のICBMを防ぐことができるのか』という問題を提起した。その答えは明らかだ」と述べ、「安全保障に関する韓国の関心事が中国の不安を引き起こしてはならない」と主張した。さらに、「康長官に『韓国が米国主導のミサイル防衛システムに加わることが韓国の利益にかなうと思うのか』とも尋ねた。この問題について、韓国は真剣に考えるべきだ」とも発言した。
(引用ここまで)
 韓国外交部(省に相当)の康京和(カン・ギョンファ)長官が就任後、王外相との公式な外相会談は今回が初めてだ。王外相は康長官と握手する際にも笑わず、会談でも終始硬い表情を崩さなかったという。王外相は公開された冒頭発言で「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の就任以降、過去の誤った行動と中国側の正当な関心事項に対する配慮を行動で示した。これは両国関係の良い始まりだと思う」と述べた。形式的には文大統領の対中関係改善姿勢を評価し、韓国のTHAAD配備が「過去の誤った行動」であることを強調した格好だ。その上で、王外相は、THAAD発射台4基の追加配備について、「改善が進む両国関係に冷や水を浴びせる決定だ」と指摘した。(中略)

THAAD問題への言及が長引き、会談時間は当初予定の30分を大幅に上回る55分続いた。 (中略)

しかし、康長官は王外相に対し、THAAD問題をめぐる報復撤回を要求できなかったという。韓国外交部当局者は「時間が足りず、THAAD報復撤回に関する言及はなかった」と述べた。
(引用ここまで)

 中国外交部長(外相に相当)の王毅は相変わらずTHAAD配備問題について容赦ゼロ。
 以前から「THAADが配備されれば中韓関係は一瞬で破壊される」と中国大使が述べる訪韓した中国外交部交換が1日に3回も「THAAD配備には反対する」と話すなど、中国のTHAADに対する態度は同じまま。

 パク・クネ政権では米中の両方からの圧力をのらりくらりとかわしてきていたのですが、去年7月に配備決定してからは、中国のすさまじい圧力がいろいろとありましたね。
 結果、ヒュンダイの売り上げ台数は半減し、中国に展開しているロッテマートは閑古鳥が鳴き、中国からの観光客はすっからかん。WTO違反すれすれの行為を繰り返してきています。

 2015年終わりから2016年の中頃にかけて、慰安婦合意からTHAAD配備決定まで圧倒的にアメリカ側への揺り戻しがあったのですよね……。あれはなんだったんだろうなぁ。
 アメリカからの韓国政府への水面下における相当な圧力があったのではないかと想像しているのですが。2015年の9月には天安門で習近平、プーチン、パク・クネというスリーショット写真が撮影されて、完全に向こう側に行ったとばかり思っていたのですが。

 それはともかく。
 「対日外交最終兵器」ともされていたカン・ギョンファですが、王毅の圧力に対して為す術もなく、THAAD配備による圧力撤回に言及すらできなかったそうですわ。
 まあ……そんなもんだろうな、という感じ。ムン・ジェインは彼女を強行任命していましたが、当時から事務方の人間が言うような言葉が多いなぁ……とは感じていました。外交の現場で丁々発止というよりは、条件調整とかのほうが向いている人物っぽいなという印象。
 王毅と戦えるような人物ではなかった、というオチで終了ですかね。

トランプ「米韓FTAは再交渉か破棄。あんなものは受け入れられない、ひどい協定だ」→韓国政府「え、聞いてないです」

米韓FTAは見直し、韓国がTHAAD費負担を=トランプ氏(ロイター)
朝鮮半島情勢、「制御不能となる」危険性がある=中国外相(ロイター)
トランプ米大統領は27日、ロイターのインタビューに応じ、韓国との自由貿易協定(FTA)を停止あるいは再交渉すると語った。 (中略)

大統領は2012年に発効した米韓FTAについて、米国がカナダ、メキシコとの北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しを完了した後、再交渉の対象になると指摘。

米韓FTAは「ヒラリー(クリントン前国務長官)が結んだ、受け入れられない、ひどい協定だ」と批判し、米国は同協定を「再交渉もしくは停止する」と語った。

米国税調査局のデータによると、米国の対韓国貿易赤字は、米韓FTA発効前の2011年は132億ドルだったが、2016年には277億ドルまで増えている。(中略)

韓国企画財政省の匿名の高官はロイターに対し「発言と実際の政策は異なる」と述べた。現時点ではトランプ政権から何の要請も来ていないとし、今後の動きを見守っていく必要があるとの考えを示した。また、FTA再交渉について韓国は公式要請をまだ受けていないとする前日の柳一鎬・企画財政相の発言に言及した。
(引用ここまで)
中国の王毅外相は28日、朝鮮半島情勢について、状況が悪化し制御不能となる可能性があるとの認識を示した。ロシアの外交官に語った。

国連の会議に出席した際、ロシアとの会合で述べた。中国外務省が外相の発言を発表した。
(引用ここまで)

 米韓FTAこそがTPPを潰した原因ともいえるのですよ。
 FTAを結んでいるのに韓国政府がばんばん為替市場に介入し、ウォン安を演出してアメリカの雇用と富を奪い去っていったというのがアメリカ側の認識なのです。

 アメリカ国民の視点ではNAFTAがメキシコによる経済的搾取で、米韓FTAがアジアによる搾取の象徴。
 グローバリゼーションの波に乗ったら、中間層が貧しくなっていったという反発が「トランプ大統領」の生みの親といえます。
 生みの親には逆らえませんわな。

 TPPはまさにその延長線上にある多国間FTA。
 まだ発行していなかったことを幸いとして、まず就任と同時にこれを潰した。
 TPPに乗り遅れていた韓国は歓喜の声を上げていたのですが、次の目標はNAFTAと米韓FTAになるに決まっていたのですよ。
 メキシコからの不法移民と工場建設によって職を奪われた。
 米韓FTAによって本来得られるはずだった利益が奪われた。
 まあ、実際はどうなのかは情報の精査が必要ですが、アメリカ国民、そして議会からの視点はそうなっているのです。

 トランプが当選してからこっち、韓国はそれに備えるべきでしたし、そのための時間も充分にあったはずなのですが。
 やっていたことといえば大統領弾劾とそれに伴うぐだぐだ選挙戦。
 ま、しかたがない。

 もうひとつの王毅の発言記事は短いからこそ危険を性を感じます。他に載せられるような場所もなさそうなので、ここでピックアップしておきます。

韓国野党国会議員が訪中 → なんと王毅外相が歓待 → 完全にメロメロでレッドチーム再参入決定的

THAAD:韓国政府を無視する中国、共に民主訪中団を歓待(朝鮮日報)
THAAD:中国が仕掛けた「離間の計」にはまった韓国最大野党(朝鮮日報)
THAAD:中国高官「制裁しているのは中国国民だ」(朝鮮日報)
 韓国野党、共に民主党の禹相虎(ウ・サンホ)院内代表は4日、所属国会議員7人が中国を訪れ、王毅外相らと会見したことについて、「過去に国会議員が会見した中国政府関係者の中では、最も高いクラスとの会見だった」とした上で、「中国が韓国の文化産業の中国進出を阻んだり、観光客(の韓国渡航)を制限したりしていることに抗議し、それを回復するのが主な目的だ」と説明した。

 しかし、外交関係者は「今中国政府が韓国外交部(省に相当)を無視し、民主党を歓待するのは、韓国国内での対立を助長し、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備を撤回させる戦略だ」とし、「議員外交は必要だが、中国の意図に丸め込まれれば、結局『韓国は思い通りに揺さぶれる国だ』という認識を植え付けることになりかねない」と懸念を示した。
(引用ここまで)
 中国はこれまで、THAAD問題に関して金章洙(キム・ジャンス)駐中国大使など韓国政府関係者とは接触を避けているが、共に民主党議員の訪中団に対しては閣僚級関係者が出てきて会談し、晩さん会で歓待した。しかし、韓国政府関係者は「韓国内部を分裂させて自分たちの考えを貫こうという中国の狙いにはめられたもの」と言った。共に民主党は、THAAD反対を党の公式見解に決めているわけではないが、文在寅(ムン・ジェイン)前代表ら主流派は「次期政権が決めるべきだ」として現政権のTHAAD配備に実質的に反対している。また、同党は基本的に北朝鮮との交流・協力再開を主張し、そのため南北が対峙(たいじ)している状況を打開して対話を勧めるべきだとしている。この延長線上でTHAAD配備を事実上、白紙化しようとしているのではないかと思われる。
(引用ここまで)
訪中団関係者は会談後、「我々は、限韓令(韓流スターや韓国ドラマ・映画などを対象にした制限令)や韓国行きチャーター機の運航不許可、サムスン製・LG製バッテリーに対する不利益などは(韓国の)国民感情を悪化させる可能性があるので、中止すべきだと話した」と言った。この関係者によると、王毅外相はこれに対して、「(THAAD配備の)加速化プロセスという言葉が(韓国側から)出なければいいのだが。配備が遅くなったら、確執という状況を転換する努力をする」と答えたとのことだ。別の関係者は「中国側は『なぜ我々がしていないこと(北朝鮮の核のこと)に対して、我々が責任を取らなければならないのか」と強い不満を見せ、THAADに反対し、容認できないという考えを示した」と伝えた。だが、その一方で、「THAAD配備は韓中(国交樹立)25周年(に当たる今年)に、新たに中国の安全保障を阻害するものだ。『中国は(韓国の)安保を阻害したり、直接危害を加えたりしていないのに、なぜそんなことをするんだ』という中国の国民感情も理解してほしい」と言ったという。

 共に民主党訪中団のTHAAD報復中止要請に、孔鉉佑次官補は「中国国民の感情を無視する政策はできない。制裁しているのは中国国民だ」と答えたという。これは、最近の韓流スターや韓国ドラマ・映画に対する中国の制裁の動きを間接的に認めたものだ。

 だが、この関係者は「中国側は『韓中はこれを克服できる方法を探るため額を突き合わせて共に努力しよう』とも言った」と語った。
(引用ここまで)
 うわ、共に民主党の国会議員団に対して王毅外相が出てきたのか……。
 人たらしの基本ですね。自分を高く評価してくれる(ように見せている)っていう。
 なんだかんだで共に民主党はイ・ミョンバク政権とパク・クネ政権の9年ちょっと、まったく権力というものに無縁だったのです。
 前回の大統領選では惜敗と言っていいレベルで負けたこともあって、権力への渇望はかなり強いものになっているでしょうね。

 そんなところに「あいつらはしょうがないですねぇ。わたしはあなたたちの本当の価値を知っていますよ」とばかりに副局長が訪韓して相談をしてくる。現行政府は無視して
 そして訪中したら自分たちのカウンターパートではない、圧倒的な高位にある外相が出てきて話を聞いてくれる。
 挙げ句の果てに「我々は仲間だ。問題を克服できるように共に努力しよう」とか言われちゃう。

 これはもうメロメロでしょ。
 ちょろすぎる。
 韓国の次期政権は確実に左派政権になりますが、誰がなってもレッドチーム再参入は間違いなさそうですね。 

プロトコールとは何か 世界に通用する公式マナー (文春新書)
寺西千代子
文藝春秋
2016/11/20

 
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ