楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

秘線国政介入事件

 相互RSS募集中です

韓国人「サムスン電子副会長は懲役5年じゃ軽すぎる!」→韓国裁判所広報が釈明へ……国民情緒法では懲役10年以上だった模様

李在鎔副会長の量刑への批判に裁判所が釈明(中央日報)
李副会長はわいろ供与、横領、財産国外逃避、偽証、犯罪収益隠匿などの容疑を受けた。裁判所は李副会長に対する容疑をすべて認め懲役5年の実刑を宣告した。これに先立ち検察は李副会長に懲役12年を求刑した。

民主社会のための弁護士会などは25日、「李在鎔判決、評価は峻厳だが量刑は微弱だ。裁判所の財閥裁判、まだ進むべき道は遠い」という題名の論評を出し、「裁判所がサムスンの脱法的形態を違法なものと判断しその行為者らを刑事処罰したことに対しては歓迎する」としながらも、「しかしその行為者らの境遇を考慮し彼らに対して弱い刑を宣告したことに対してはとても遺憾だ」と明らかにした。

民主社会のための弁護士の会は「特に李在鎔副会長に対し求刑の半分にも満たない5年の刑を宣告したことに対しては納得しがたい」と主張した。

「共に民主党」の朴柱民(パク・ジュミン)議員、正義党の魯会燦(ノ・フェチャン)議員ら政界からも李副会長の量刑をめぐり「低い水準」という趣旨の批判が出たりもした。

これに対しソウル中央地裁刑事裁判公報担当判事は異例の釈明を出した。

26日のSBSによると、公報担当判事は「無罪が認められたわいろの部分は343億ウォン。量刑が過度に低いという表現は考えてみる余地がないだろうか」と明らかにした。特に、裁判所は今回の判決で判事の裁量により量刑を半分である2年6カ月まで減軽しなかった点を強調したりともした。
(引用ここまで)

 「量刑に不服」とあるので、あの「物証はないが心証では有罪だ」のやりかたに文句が出てるのかなぁ……と思ったら、大きく違ってました。
 確かに判決言い渡しのニュースでも、韓国人からのコメントは「たったの5年だと?」とか「50年の間違いじゃないのか」「一審で5年、二審で3年執行猶予、いつものパターンだね」みたいなものが大多数でした。
 一応、「この有罪への持っていきかたは無理じゃないの?」みたいな指摘もなくはなかったのですが、ほとんど支持は得られていない状況でした。

 まあ、国民情緒法で有罪が決まっているのですから、それよりもはるかな下位にある地方裁判所がそれに逆らえるわけがないのですが。
 懲役5年で低い水準ねぇ……。
 「日本併合時代はよかった」と話をした90代のおじいさんを、酒に酔って撲殺した犯人に言い渡された刑が懲役5年でした。
 それと同じだと見ると、韓国では重いんじゃないかなぁ……という気もしますけどね。

 「国民情緒法的には懲役10年以上に処するべきところなのに、地裁はなにをやっているんだ」というところでしょうか。
 「サムスンは韓国では嫌われている」という話がけっこう出ているのですが、それを反映した結果といえるのでしょうね。
 だからこそ広報担当判事が「量刑は妥当である」と釈明せざるをえない状況というわけか。
 ホント、中世だわな……。

韓国裁判所「物証はないが心証では有罪。なのでサムスン電子副会長は懲役5年」 → こんな無茶苦茶が通る理由はパク・クネの裁判への影響?

【社説】「黙示的な請託」 疑わしきは罰する司法判断は正義なのか(朝鮮日報)
裁判長は「面会の際、李被告が朴前大統領に明らかに請託を行った事実は認められない」との見方を示したものの、李被告には経営権継承という大きな課題があったことに加え、乗馬への支援がすなわち崔順実被告への支援になること、そしてそれは大統領への金品の提供にあたることを(李被告は)認識していたと裁判長は判断した。つまり朴前大統領と李被告の間で「以心伝心、すなわち黙示的な形の不正な請託」が行われたというのだ。李被告と朴前大統領の間で経営権継承に関するやりとりがなかったのは事実だが、李被告はこれについて朴前大統領が力を貸してくれることを期待して乗馬への支援に応じ、また朴前大統領も様々な形で経営権の継承を後押ししたというのだ。

 朴前大統領と李被告の心の中で互いに請託が行われたかどうかなど確認のしようがない。二人が本当に以心伝心の形でやりとりを行ったのか、あるいは朴前大統領の求めに李被告がやむなく応じたのかなど誰にもわからない。事実なら有罪で、そうでなければ無罪になるのだろうが、それは証拠に基づくものではなく、単に裁判長の個人的な判断にかかってくるのだ。 (中略)

 この事件は司法が法廷の外から加えられる有形無形の圧力に屈せず、法律と証拠のみに基づいた判断ができるかという点でも関心が集まった。大統領府は裁判中「大統領府のキャビネットからみつかった」として過去の様々な文書をわざわざ公表し、特別検事を通じて裁判所に提出した。現職の閣僚も法廷で被告に不利な証言を行った。(中略)

 「世紀の裁判」とまで言われた事件だ。国民の誰もが納得できる明確な判決を期待したが、結局はどこか後味の悪さが残ってしまった。政治による圧力や険しい世論の中で行われた裁判の判決理由は「以心伝心の黙示的請託」だった。上級審でこの後味の悪さが払拭されるか改めて注目したい。
(引用ここまで・太字引用者)

 昨日、書き切れなかったイ・ジェヨンの贈賄での有罪についてちょうど書いている朝鮮日報の社説があったのでピックアップ。
 まあ、ここから下の文章はそれを一切見ないで書いているのですけども。

 今回の「贈賄」認定のなにが無理筋かというと、パク・クネもチェ・スンシルも賄賂を受け取っていないというところなのです。イ・ジェヨンはもちろん、サムスン電子も直接の贈賄をしていない。
 イ・ジェヨンがやったことは「スポーツ振興のための寄付を頼む」と言われて、それまでもやってきた寄付をしたことだけなのですよ。
 サムスン電子は延々と乗馬協会をサポートしてきたし、平昌冬季オリンピックに向けて冬季種目の強化のためにといわれて英才センター設立もサポートした。
 チェ・スンシルの設立したKスポーツ財団、ミル財団にも寄付をした。
 それが「乗馬協会はチェ・スンシルに牛耳られてきた。英才センターはチェ・スンシルの姪が牛耳っている」といわれて贈賄認定。

 これまで韓国ではスポーツだの文化振興だのに財閥からの寄付がばんばん使われていたのですよ。もちろん、パク・クネ政権でも同様。
 たとえばパク・クネは青少年雇用ファンドなんてものを提唱して、サムスン電子の会長であるイ・ゴンヒは意識はないけど20億ウォンを寄付しています。その他の財閥からも寄付があったそうです。
 こういった政府からの寄付要請はすべて贈賄であると認定される可能性が出てきたのですね。

 他の財閥のトップも戦々恐々としているようです。

[イ・ジェヨン宣告]凍りついた財界「大統領が呼んでただけなのに...」(ニュース1・朝鮮語)

 チェ・スンシルが実質的に設立したKスポーツ財団、ミール財団にはサムスン以外にもSK、ヒュンダイ自動車、LG、ハンファ、ロッテといった財閥がほぼすべて寄付をしているのです。

 イ・ジェヨンの弁護士もそのあたりを突いていまして。
 「他の財閥も同じように寄付を依頼され、同じように寄付をしている。これらが贈賄にならないのに、なぜサムスン電子だけ、なぜイ・ジェヨンだけは罪になるのだ」と。

 まあ、ぶっちゃけていえばパク・クネを確実に有罪にするためには、贈賄・収賄の両方で有罪になる必要があるからですよね。
 寄付したほうが贈賄と認定され、有罪になった。
 だから、寄付を依頼したほうも収賄であり、有罪なのだと。

 加えてその他の財閥についても現政権に逆らうようであれば、同じように扱うぞという脅しでもあるわけですよ。
 「最低賃金が上がったから海外に工場を建設する? イ・ジェヨンと同じになりたいというわけか?」というような感じですかね。
 ムン・ジェインの独裁体制を固めるために裁判所も加担した、ということなのです。

む、徳富蘇峰の近世日本国民史が安くなっている……。
近世日本国民史 田沼時代 (講談社学術文庫)
徳富蘇峰 / 平泉澄
講談社
1983/7/10

サムスン電子会長イ・ゴンヒ、心筋梗塞で倒れてから3年経過したものの「実は元気」だった→この情報が唐突に出てきた理由とは?

「サムスンのイ・ゴンヒ会長、健康状態は良好」(ハンギョレ)
 3年前に倒れたサムスン電子のイ・ゴンヒ会長の健康が良好であると知らされた。イ会長は2014年4月、心筋梗塞で倒れ、3年余りにわたり病院で治療を受けている。1日、サムスングループの事情に精通した核心関係者は「イ・ゴンヒ会長の健康状態は、コミュニケーションが難しいことを除けばとても良好だ。元気な状態だ」と明らかにした。また「ベッドに横たわっているだけでなく、看病人の助けを得て車椅子に座り、病室の廊下を行き来してもいる」と付け加えた。息子のイ・ジェヨン副会長が今年2月贈賄容疑で拘束された後、イ会長の健康状態が外部に知らされたのは今回が初めてだ。

 イ・ゴンヒ会長の病状は、2014年に彼が突然倒れた以降、グループ未来戦略室を通じて「徐々に快方に向かっている」など状態が伝えられもした。その後、サムスングループの未来戦略室が主要社長団会議後に行っていたブリーフィングを2015年下半期に廃止し、イ会長の健康に関する情報も途絶えていた。
(引用ここまで)

 「健康状態が良好」であれば、それはそれでよいんじゃないでしょうかね。
 以前から車いすに乗っている……乗せられているという話題は出ていましたし。
 コミュニケーションはできないけども、1日2回の経営報告は受けたりしてましたしね
 意識はないけども、パク・クネの作った青年雇用ファンドに200億ウォンも寄付をしていたりもしました。
 さて。
 肝心なのは、なぜこの時期に「イ・ゴンヒ会長は元気だ」なんて話題が出てきたのかということですが。
 ちなみにイ・ゴンヒの生死は韓国においては株式市場を揺らすほどの大ニュースとなります。

 サムスン電子副会長であるイ・ジェヨンは権力継承を急いで第一毛織とサムスン物産の合併を急いだということになっています。
 直接の逮捕原因はその合併を急ぐために、パク・クネおよびチェ・スンシルに対して賄賂を使い、大株主である国民年金に「合併賛成」のコメントを出させたということです。
 会長であるイ・ゴンヒが心筋梗塞で倒れ、明日をも知れない状況になっている。
 その権力をイ・ジェヨンに集中させるためにサムスン電子株を多数持っているサムスン物産と、イ・ジェヨンが大株主であった第一毛織の合併が必要であり、かつ急ぐ必要があった。
 さもないと相続税が6兆ウォンにも及び、それを支払うためには手持ちの株式をすべて売っても間に合わないという状況に追いこまれているから、焦っていたのだ……というストーリーです。

 さて、この裁判は昨日結審し、今月末にも判決が予定されています。
 ここで「実はイ・ゴンヒはまだまだ元気だ」という情報がリークされれば、「明日をも知れないイ・ゴンヒからの相続を恐れていた」というストーリーが成立しなくなるのですね。
 おそらくは判決に影響を及ぼそうとしてリークされた情報ではないかと。
 でもまぁ、現状のムン・ジェイン政権下で最大の悪とされている財閥の長が無罪というようなことにでもなれば、またぞろ裁判官は糾弾され、ヘタしたら自宅前でろうそくデモすら起こされかねないような状況です。
 イ・ジェヨンの最初の逮捕状請求を棄却した裁判官には「息子がサムスン電子に就職しているそうだ」なんて噂まで立てられました。この裁判官には息子なんていなかったにも関わらず。
 この状況に抵抗できるような裁判官は韓国には存在しないでしょうねぇ……。

チェ・スンシルの娘、チョン・ユラへの逮捕状請求が棄却 → 韓国人「まだ金の力が通用する国なんだ!」

検察、「チョン・ユラ拘束」を失敗……チェ・スンシル圧迫捜査戦略難航(ニューシス・朝鮮語)
拘束避けたチョン・ユラ、チェ・スンシル宅で閉じこもる……検察、反撃への備え(聯合ニュース・朝鮮語)
検察がチェスンシル(61)氏の娘であるチョン・ユラ(21)さんを相手に請求した逮捕令状が棄却された。国政壟断事件の「最後のパズル」と呼ばれたチョン氏身柄確保に失敗し、追加捜査又は公訴維持の過程で動力を確保しようとしていた検察の計画が難航するものと思われる。

チョン氏拘束を契機に、現在のすべての容疑を否認しているチェ氏の心境の変化を引き出すことができるとしていた展望も期待にとどまる可能性が大きくなった。

3日法曹界によると、検察はチョン氏身柄を確保した後、梨花女子大学入試と学士不正、サムスングループによる乗馬特恵支援、ドイツ内で使用された資金の流れなどを強く調査する予定だった。

この過程でチョンさん追加の疑いを捕捉するか、すでに裁判中であるこれらの疑いが具体化されることを検察は期待していた。チョン氏はチェさんの犯罪行為だけでなく、チェさんとパク・クネ大統領の間で行われたことを誰よりもよく知っている人物に見えるだけに、裁判に渡された各人物公訴事実のすき間を満たしてくれるものと予想したものである。

チョン氏の弁護人であるイ・ギョンジェ弁護士の発言も同じ脈絡で読まれる。弁護士は前日チョン氏の令状審査後、記者たちと会って「検察がチョン氏を拘束しなければならないという論理を強く説いた」とし「チョン・ユラ氏を介して梨花大不正論争を再開したいと言っていた」と伝えた。 (中略)

一方、当初この事件自体が朴元大統領を拘束にするという頂点をとっただけに、検察がチョン氏拘束に注力することはないという観測もある。

検察出身のある弁護士は「幼い年齢だったチョン氏が知っていること自体が多くない」とし「チョン氏を拘束するかどうかは、この事件の大きな幹ではない。検察の今後のアクションに大きな影響あるようには見えない」と予想した。
(引用ここまで)
拘束の岐路に立っていたものの危機を脱した「秘線実勢」チェ・スンシル氏の娘チョン・ユラ(21)氏が3日未明、逮捕状棄却直後母親所有ソウル市江南区ミスンビルに戻って休息を取りつつ閉じこもっている。 (中略)

検察は、チョン氏のいくつかの疑惑をめぐってまずは業務妨害、偽計公務執行妨害の疑いで逮捕状を請求した。犯罪収益隠匿規制法違反、外国為替取引法違反、賄賂などの他の容疑は、今後の補強捜査が行われる可能性が予想される。

検察が令状棄却事由などを綿密に検討した後、激しい反撃に出ると予想される中、チョン氏側が今後どのような動きを見える注目される。
(引用ここまで)

 逃亡先だったデンマークから韓国へ帰国した、チェ・スンシルの娘であるチョン・ユラに対して韓国検察は逮捕状の請求を行ったのですが、裁判所からは棄却されました。
 まあ、冷静な第三者の視点からしてみたら、当時18だかそこらの子供がどれだけこの事件の主犯として関わってんだよって話になります。
 結果として一流大学への入学やら、とんでもないレベルの馬を買い与えられたといった利益は受けたのでしょうが、じゃあその主犯なのかと。
 公判維持が難しいと考えた、というところでしょうかね。

 ただし。
 若年層に関していうのであれば、嫌悪の対象としてはパク・クネよりもチェ・スンシルよりもチョン・ユラの存在が大きいのですよ。
 まさに金の匙をくわえて生まれてきた人物で、かつ大した実力もないのにアジア大会の乗馬競技で金メダル獲得(馬がすごかったので)、それを高らかにかざして韓国では最高峰の女子大学とされている梨花女子大へ不正入学
 なんというか、韓国人の子供たちが脳裏に描く嫌悪すべき存在をそのまま具現化させたような存在なのです。

 しかも、その嫌悪に対して「親の金も実力のうちだ」とかFacebookで煽ってくる。
 中学生以上の大学生以下の韓国人にとっては死んでほしいくらいの存在ではないかと。
 そして、少なからずそういった若年層の支持によってムン・ジェイン政権は成立したという側面があるのです。
 実際、NAVERでのコメント数は上の記事が約3500、下の記事が約7500。聯合ニュースのほうはまだまだ伸びているって感じです。
 すでに判事の名前も個人情報も筒抜けでネット上に出回っている状況。

 サムスン電子副会長のイ・ジェヨンも同様にまず逮捕状請求が棄却されて、判事に対して大ブーイングが上がり、2回目はきっちり国民情緒法によって逮捕されました
 同じような経緯を経るのではないかなー、と思われます。

朴槿恵と亡国の民 (扶桑社BOOKS)
シンシアリー
扶桑社
2017/4/25

「知日派」とされる韓国首相候補「就任後は慰安婦合意の課程を精査したい」「日本側は河野談話を活用すべき」とさっそく反日宣言

韓国首相候補「就任したら韓日慰安婦合意の過程を調査してみたい」(中央日報)
安倍首相を「閣下」とは呼ばない=韓国首相候補(聯合ニュース)
この日、李氏は国会で開かれた人事聴聞会に臨んだ。この中で、尹厚徳(ユン・フドク)議員(共に民主党)から「首相に就任したら慰安婦合意過程で問題はなかったか、崔順実(チェ・スンシル)の影響が及んであきれるような決定をしたのではないか、調査してみようという意欲はあるか」との質問を受けると、李氏は「一度、確認してみたい」という前向きなメッセージを伝えた。

引き続き、尹議員から「韓国外交部長官が『不可逆的』『最終的』合意という言葉を使った。外交交渉でこのような合意があったのはどのような意味なのか」と問われると、李氏「改めて再論しないということ」としながら「拡大解釈すれば、政府だけでなく民間、国際社会でも終わったという信号を与える合意」と伝えた。
(引用ここまで)
 一方、旧日本軍の慰安婦問題を巡る日本との合意については、「絶対多数の国民が情緒上、その合意を受け入れていない現実を両国が認めなければならない」と指摘。慰安婦合意が国民の不信を買ったのは日本の責任だとの指摘に関しては「私も同じ考え」として、「絶対多数の韓国人が(合意を)受け入れていない現実を認め、日本側が(慰安婦問題で旧日本軍の関与を認めた)河野談話を活用し、知恵を発揮することを望む」と促した。
(引用ここまで)

 かつて東亞日報の記者として東京特派員を務めたこともある知日派、ということで「日本との架け橋になるのでは」というように親韓派から期待されている首相候補なのですが。
 まあ、無理。
 いまの韓国に吹き荒れるヒダリの嵐に抗えるわけがないのです。
 そもそも首相は内政担当ですしね。

 で、慰安婦合意に対して「とにかく合意への経緯を確認する」というのがムン・ジェイン政権の姿勢になりそうです。
 まあ、大統領選挙中から……というか、それ以前のパク・クネへの弾劾アピールでも散々言ってきたことなのですが。
 「まずは国内での精査、そして再交渉」という方針。

 日本との再交渉も外交交渉として俎上に乗せるのは間違いないでしょうが、それよりもなによりも前政権への攻撃の材料なのですね。
 質問からして「慰安婦合意はチェ・スンシルに影響されたものではないか」というもの。
 まあ、けっきょくは首相候補も「河野談話を活用し、知恵を発揮してほしい」とか言っているので、返す刀で日本への再交渉をするつもりなのでしょうが。
 どっちにしてもムン・ジェイン政権にとっては一粒で易姓革命と対日交渉という二度おいしい代物なのです。
 こんなおいしいものを放っておくわけがない。

 日本政府は再交渉を述べてきたときはどうするのか。
 そして韓国側がツートラック外交を求めてきたときにどうするのか。
 それぞれの対応が必要になってくると思うのですが。
 まあ、安倍総理の言葉を見るに、彼らの望むようなツートラック外交は絶望じゃないかと感じますけどね。

1kg……??
江崎グリコ ポケセレ アーモンドグリコ 1kg
江崎グリコ
2013/6/14

ムン・ジェイン、就任2日目にして「パク・クネを高く吊す準備をしろ!」と側近に命令

文大統領、セウォル号事故・国政介入事件の再捜査に言及(朝鮮日報)
文大統領、「国政壟断・セウォル号隠蔽」の真相調査を指示(ハンギョレ)
新政府の約束...」歳月号真実」が明らかになるか(YTN・朝鮮語)
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日、新任の大統領府参謀らとの昼食会で、旅客船「セウォル号」沈没事故の再調査と朴槿恵(パク・クネ)政権時の「崔順実(チェ・スンシル)国政介入事件」などに対する再捜査に言及した。セウォル号沈没事故調査は既に特別調査委員会が調査を終え、現在は引き揚げられた船体を調査する段階にあり、関係者の裁判も終わった状態だ。また、崔順実事件なども特別検察官による捜査に続き、検察の追加捜査発表まで終わっている。野党では「政治的に利用しようとしているのではと国民は懸念している」と批判した。

 文在寅大統領は同日の昼食会で、チョ国(チョ・グク)民政首席秘書官に「国民は検察改革の方面に関心を持っている。それも重要だが、セウォル号特別調査委員会もしっかり活動できずに終わったため、そうしたことがあらためてもう少し調査できればと思っているようだ」「(朴槿恵政権時の)国政介入事件に対する特別検察官捜査が期間延長されないまま検察捜査に入ったことも、国民は心配している。そうしたことが検察でもっときちんと捜査できるようになればと思う」と述べた。これに対してチョ国・民政首席秘書官は「法律改正前でも実行できることはできるだけすべきだろう」と語った。
(引用ここまで)
 大統領府関係者は「大統領の発言は、チェ・スンシル国政壟断事件の出発がチョン・ユンフェ事件だったにもかかわらず、真実が隠蔽された。民政首席室と検察が(捜査を)十分に行えばこのようなことは起きなかったはずだから、当時にどんなことがあったのか事態を把握すべきという趣旨」だと説明した。また、「セウォル号特調委が十分に活動できなかった背景には、どのような問題があったかを把握すべきということ」だと付け加えた。
(引用ここまで)
セウォル号惨事特別調査委員会は、昨年6月の調査期間が終了した後に公式活動が中断された。

9人だけ残って命脈を維持している従業員は、「第2の歳月号特調委」を約束した新政府に最後の期待をかけています。

キム・ヒョンウク/セウォル号特調委前メディアチーム長:一日も早くセウォル号特調委2期が正しく機能するように、政府次元で十分に役割を果たすことを期待しています」

ムン・ジェイン大統領は当選前の先月、セウォル号3年記憶式で特調委再起動を約束しました。

ムン・ジェイン/大統領(セウォル号3年記憶式):「新政府はすぐに第2の特調委を構成して、すべての真実をひとつひとつ解明します。国会で法律を通過しなくとも、大統領の権限で特調委を再起動します」
(引用ここまで)

 ムン・ジェインが当選時に「私に投票しなかった人にとっても大統領だ。統合の大統領となるのだ」というように語っていました。
 選挙以前から左右分断、老若分断が話題になっていました。国民統合ができるのかどうかなんてのもメディアを騒がせていましたね
 選挙中はかけ声として「統合政府」だの「協同政府」といったようなものが各陣営から飛び交っていました。
 それに対して楽韓Webではムン・ジェインの政策方針ですぐに分かる。統合なんてできるわけがないよねという話をちらっとしました。

 で、当選2日目に任命した参謀に対しての最初の言葉がこれ。
 けっきょくは「セウォル号の真実を探れ!」と「チェ・スンシルによる国政壟断事件は大元から再調査だ」と言い始める。
 何度も何度も語っているように、韓国の政権交代は易姓革命です。前政権の行ったことはすべて否定する必要があるのです。
 今回の政権交代は特にそのためだけに選挙を行ったようなものですからね。
 「今回選ばれた自分のほうが徳がある」ということを見せつけるためにも、これをやらないと格好がつかないのでしょう。

 そこまで火急の用事なんでしょうか。
 他にリソースをかける必要があることはいくらでも存在していると思えるのですが。
 これが「韓国の統合のシンボル」のやり方ではあるのでしょうけどね。
 事前の予想通りでしたわ。

生贄投票(1) (ヤングマガジンコミックス)
江戸川エドガワ / 葛西竜哉
講談社
2016/5/20

「親の金も実力のうちだ」でお馴染みのチョン・ユラ、不正入学はこうして行われた

チョン・ユラ容疑者はこうして面接でトップになった…入試の再構成(中央日報)
2014年9月22日、当時のナムグン・ゴン入学処長はユン・ソクヒョン管理部処長とぺク・ジヨン相談部処長を呼ぶ。入学願書受付の締め切りから1週間後だった。ナムグン処長は「(キム・ギョンスク新産業融合大学長が)チョン・ユンフェ氏の娘がうちの大学に志願したと知らせてきたので総長に報告してきたところだ」と説明した。ナムグン処長は、「チョン・ユンフェ氏とは誰ですか」という崔京姫総長の質問に対し、朴槿恵(パク・クネ)大統領との関係を紙に描いて説明したという。「選抜するようにと。そして私(総長)は知らないことにしてほしいと」。2人の部処長が記憶するナムグン処長の言葉だ。

翌月18日、体育特技者の面接考査があった。キム・ギョンスク学長はぺク・ジヨン相談部処長にぎこちなく「私は学長だが、ここ(面接)に入ってもよいか」と尋ねる。「かまいません」と答えると、キム学長は「ハム・ジョンヘ教授が体調を崩してやむを得ず私が来た」と伝えた。ペク部処長は面接委員名簿に一度変更があったことは聞いていたが、誰が委員かは機密事項であるため知らなかった。ペク部処長が当時の面接委員名簿を見て驚いたのは2年後だった。朴英洙(パク・ヨンス)特別検察官チームが取り調べの過程で見せた1、2次面接委員名簿にキム学長の名前が2つともあった。キム学長は最初から面接委員に含まれていたのだ。

面接考査が始まる前、面接委員のオリエンテーションがあった。ナムグン処長はあいさつの言葉を述べた後、「今回、うちの学校にアジア競技大会の金メダリストが志願したというのを知っているでしょう」と話し始めた。驚いたユン・ソクヒョン部処長が面接委員に「冗談と思って聞いて独立的に評価してほしい」と話したが、「総長が無条件に選ぶように話した」というナムグン処長の言葉と重なった。ナムグン処長は面接委員らにこのように叫んだ。「金メダルです、金メダル!」。しかしメダルの実績は考慮しないことを3週前の「入学選考公正管理対策委員会」会議で決定していた。 (中略)

2015学年度随時募集体育特技者選考の合格者発表が最終決定した10月28日の教務会議の前、ナムグン処長はユン部処長とともに崔京姫総長を訪ね、チョン・ユンフェ氏の娘が合格したと報告した。崔総長は「それは誰ですか」と尋ねた。ナムグン処長は「大統領の側近」という表現を使いながら説明していた。すべて聞き終えた崔総長の言葉はこうだった。「そうですか。私は事後報告を受けたということにしてください」。
(引用ここまで)
 いまはデンマークで「なにがなんでも韓国には帰らない」と抵抗しているチョン・ユラの、2年ほど前の梨花女子大での面接の様子を採録したものだそうですが。
 ……コントみたいですね。
 特に「金メダルです、金メダル!」ってとこ。
 このシーンでチョン・ユラ(チョン・ユンフェ)は乗馬服姿でアジア大会の金メダルを首からかけていたそうです。 

 ナムグン・ゴン処長というのが入学に関する責任者で、キム・ギョンスクというのは当時の健康大学の学長だったはずですが……翻訳の問題か、いまはそういう立場にいるのか。ま、ともかく。
 このふたりは国会の参考人質問で「私は知らなかった、あいつが責任者」というのをやりあっていたのですよ。 
 けっきょくはどちらも関与していて、逮捕されたということなのですが。

  で、この「コント・面接」のあとに当然のように合格し、例の韓国における最高の名言「親の金も実力のうち」という発言をfacebookに残したのでした。
 そしてその発言もあって、チョン・ユラはチェ・スンシルよりも韓国の若者たちには恨まれているという話です。 
 そんな部分もあって、韓国に帰りたくないと抵抗しているのでしょうね。かつて「おまえらは下民なんだよ」と見下していた人間に哀れみの目で見られるわけですから。

 でもまぁ、こんな「事情のある面接」は韓国でいくらでもある風景。
 企業でも大学でも同様です。
 その風習を利用して、どこの馬の骨とも分からない人間が「○○さんからこちらで面接を受けなさいと言われた」と電話しただけで入社できてしまうという詐欺事件が起きるのですよ。
 「○○さんからの紹介では入社させないわけにはいかない!」となってしまうのですが実際には知り合いでもなんでもなく、ホームページで役員の名前を見て口に出しただけだったという。

 昨今のろうそくデモは「そういった風習をもうやめよう」という部分が大きく、そのために若者の参加が多かったという話ですが。
 ……まあ、彼らの望む「キレイナ韓国」を彼らが生きているうちに見ることはできないでしょうけどね。 

呆れた哀れな隣人・韓国 (WAC BUNKO 248)
呉善花 / 加瀬英明
ワック
2016/12/24

 

パク・クネが報道陣の殺到する裁判所の玄関から入らざるを得なかった理由とは……

国政介入:朴槿恵前大統領を逮捕(朝鮮日報)
朴槿恵前大統領を逮捕、拘置所に収容 韓国検察(産経新聞)
 ソウル中央地検特別捜査本部は31日、在任中に総額433億ウォン(約43億円)の賄賂を受け取った疑いなどで朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領(65)を逮捕した。

 ソウル中央地裁は30日午前10時半から午後7時すぎまで9時間近くにわたり逮捕状交付の是非をめぐる審査を行い、31日午前3時3分に逮捕状を交付した。前職の大統領が逮捕されるのは、1995年の全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領、盧泰愚(ノ・テウ)元大統領に続き3人目となる。(中略)

 前職大統領に対する裁判所による礼遇はなかった。朴前大統領は一般の被疑者と同じく、ソウル中央地裁西館の出入り口を通り、法廷がある3階まで階段で上った。検察による聴取時の「大統領」という呼称は裁判所では「被疑者」へと変わった。
(引用ここまで)
 検察によると、朴容疑者は友人で女性実業家の崔順実(チェ・スンシル)被告と共謀し、最大財閥、サムスングループから約298億ウォン(約30億円)の賄賂を受け取った疑い。高額の賄賂犯罪を処罰する特定犯罪加重処罰法上の収賄などの容疑がある。

 また、朴容疑者は同法違反に加え、崔被告が実質支配した財団に対する計約774億ウォンの出資を大企業に強いた職権乱用や強要のほか、大統領府秘書官を通じて機密文書を崔被告に渡した公務上機密漏えいなどの容疑ももたれている。

 サムスンの経営トップである李在鎔(イ・ジェヨン)被告は既に起訴済みで、朴容疑者の起訴は避けられない情勢だ。
(引用ここまで)

 まあ、「やっぱりな」以外の言葉は出てきません。
 昨日は地裁で午前中から長時間の聴取を受けたのですが、パク・クネ側は地裁前の報道陣が集中する場所を避けたいと裁判所に依頼していたのだそうですよ。
 チェ・スンシルがもみくちゃにになって靴が脱げた場所ですね。で、それがプラダ製だったので、なおのこと韓国国民からの怒りを買ったという。
 あとナッツ姫が小声で「申し訳ございません」って言ってたところでもあります。
 いわば、あの裁判所前というのは「罪人が晒し首」になる場所なのですよ。

 地裁に入るのであれば地下駐車場から直接入ることのできるエレベーターもあるので、そちらを使わせてくれという依頼があったとのこと。
 だけども、地裁はそれを却下して「玄関口から入るように」とわざわざ通達したのだそうですよ。
 つまり、「おまえはもはやただの一般の被疑者と同じなのだ」ということを通達したのです。
 というか、そうしないと国民情緒が許さない。
 ヘタに特別扱いでもしようものなら、暴徒と化した国民情緒が裁判所に向かいかねないという危惧からこうしたというのが実際のところなのでしょう。

 実際の審理でも同様の経緯を辿ることになるのでしょうね。
 国民が求める逮捕で、国民が求める起訴をされ、国民が求める有罪になって、国民の求める即時拘束になって、国民の求める収監……。
 そしてその度に「我々はろうそく革命で正義を成し遂げた!」と気持ちよくなるのでしょうよ。

朴槿恵の真実 哀しき反日プリンセス (文春新書)
呉善花
文藝春秋
2015/8/20

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ