韓国の「汚職清潔度」37位 改善進まず=日本は18位(聯合ニュース)
Corruption Perceptions Index 2015(TRANSPARENCY INTERNATIONAL)
 汚職問題に取り組む非政府組織(NGO)「トランスペアレンシー・インターナショナル」(本部ドイツ・ベルリン)は27日、各国の公的部門を対象とした2015年の「汚職指数」を発表した。

 韓国の「清潔度」は100点満点中56点で、168カ国・地域のうち37位と前年の43位から順位を上げた。汚職指数は、公的部門の腐敗に関する専門機関のデータなどを反映し、各国の清潔度を数値化したもの。

 同NGOの韓国本部はただ、順位が上がったのは調査対象が前年の175カ国・地域から減ったためで、大きな意味はないと説明する。また、指数も前年から1点上がったものの、08年の5.6点(10点満点)以来7年にわたりほぼ改善が進んでいないと指摘した。

 昨年は公務員らに対し金品のやりとりを厳しく禁じる法律が制定されるなど肯定的な変化があったとしながらも、自殺した建設会社前会長が政治家に金銭を渡したとされる問題が波紋を呼び、さらには防衛事業をめぐる汚職が発覚し、国民に衝撃を与えたと説明した。

 清潔度1位はデンマーク(91点)、日本は18位(75点)。最下位には北朝鮮とソマリア(各8点)が並んだ。
(引用ここまで)

 毎年、1月の終わりから2月にかけて出る「汚職清廉度ランキング」。
 いつも定点観測するつもりで忘れてしまうので、気がついたときにピックアップしておこうというヤツ。
 おそらく何度か引用することになるでしょうし。

 記事中にあるように、韓国は2008年の調査開始時からほとんど点数が変わっていない。
 改善されていないのですね。
 OECD加盟国の平均が67.2点で、韓国は55点前後をうろちょろとしている。

 ただ、今年は大きなトピックがありまして。
 そう、例の公務員への5万ウォン以上の付け届けを禁止した「キム・ヨウンラン法」が施行されるのです。
 これがどう評価されるかっていうのが、ちょっと見所というのもあります。

 韓国では贈り物が一般的になりすぎていて、キム・ヨウンラン法で「内需がしおれてしまうのでは?」といわれるくらいの状況……ではあるのですが。
 それでも5万ウォン、ざっと5000円以下の贈り物であれば自由ということでもあるのですよ。
 最初に「韓国で『贈り物』がついに禁止される!」って聞いたときには「おお、これでようやく近代の最中を潜り抜けて、まともな国家を形成できるようになるのかな」とかちらと思ったのですが。
 直後に「5万ウォン以上は禁止」というのを聞いて。「ああ、やっぱり韓国は韓国のままなのね」という苦笑いしたものです。
 まあ、それでも公務員にとっては大きな変化であるのは間違いないのですが。
 この「贈り物」という風習は、いわゆる「ナム」である他人が、コネクションを作って「ウリ」の一員になるための大きな武器だったのですよね。
 それが禁止……ではなく、金額制限されることでどんな副作用が出るのかちょっと楽しみなのです。

お中元 御中元 ハム ギフト 【送料込】ハム 詰め合わせ セット 5FB【国産】 ゴールデンポーク サイボクハムウインナー ロースハムお中元 内祝い お返し 【楽ギフ_名入れ】
お中元 御中元 ハム ギフト 【送料込】ハム 詰め合わせ セット 5FB【国産】 ゴールデンポーク サイボクハムウインナー ロースハムお中元 内祝い お返し 【楽ギフ_名入れ】