楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

自殺率

 相互RSS募集中です

あの老人地獄だった韓国で高齢者自殺率が減少の兆し……ただし、10代はヘル朝鮮に絶望して……

10代の自殺率が、上昇なぜ?「勉強しても、将来が見通せない」
ほぼすべての年齢層の自殺率が減少しているのに、10代の自殺率だけは上昇に転じており、政府の対策作りなどが急がれると指摘された。史上最高の青年失業率と階層上昇のはしごの崩壊、家庭の解体に未来への希望がますます消えているからだというのが専門家たちの診断だ。

25日、統計庁によると、昨年10代の自殺死亡率(人口10万人当たりの死亡者数)は4.9人で、2015年(4.2人)に比べ16.5%増加した。過去2011年(5.5人)以来続いてきた減少が6年ぶりに変わったのだ。昨年の自殺率(-3.4%)はもちろん、70代(-13.5%)、80代(-6.6%)、30代(-1.8%)などの自殺率が減少したこととも対照される。20代の自殺率は0.1%上昇、実質的に所定の位置であった。専門家はこれに対して、「未来への希望が消えた社会・経済的構造との関係が深い」と口をそろえた。クォン・イルナム韓国青少年活動学会(明知大教授)は、「10代が感じる学業負担やストレスはそのままである一方、青年失業などの影響で学業を介して確実に受けることができる『期待利益』は急減したのが影響を及ぼした」とし「過去のように一生懸命勉強だけうまくいけば、社会で認められて成功できたという「動機」も弱まった」と説明した。ホンヒョンジュ自殺と学生の精神健康研究所長(翰林大教授)も「今の10代感じる未来はかなり絶望的だ」と述べた。

10代の「巣」がなければならないことが前提に自らの役割をしていないことも一因である。ジョンテクス韓国自殺予防センター長は「景気低迷で家庭不和が激しくなって、離婚や別居にひとり親家庭が増え、青少年の居場所がますます狭くなる状況だ」と分析した。 (中略)

答えは60代以上の高齢者の自殺が急減っていることで見つけることができる。10年前(2006年)と比較して80代以上の自殺率は、なんと30.7%も減少し(2006年112.7人→昨年78.1人)だった。(中略)

専門家は、高齢者の自殺率の減少が、最終的に「政策的支援と関心の結果」という点を考慮すると、今後の青少年の自殺予防にも政策的支援を増やすべきだと注文した。ホン所長は「現在自殺関連予算がほとんどの高齢者層に集中しており、青少年を対象とした政策支援は微々たるもの」とし「青少年の自殺予防のための事業に、より多くの予算を編成しなければならない」と強調した。
(引用ここまで)

 韓国で自殺率を引き上げている高齢者層の自殺率はじわじわと減っているのですね。
 以前に比べれば切り捨てというほどではなく、ケアができるようにもなっている。
 パク・クネ政権で基礎年金は倍増、ムン・ジェイン政権でさらに増額されていますから。まあ、財源はないのですが。
 日本でここ数年、自殺率がかなり減っているのに対して、リーマンショック後の韓国では激増。その後、多少は減っていますが2004年からぶっちぎりでOECD加盟国では1位、世界でも(統計のある国では)1位だったものが現在でも4位。
 経済好不況が自殺率に大きく寄与しているのが分かる統計ですね。
 キリスト教国はまた別ですが。

 そんな中、10代の自殺率が増え始めた、というお話。
 金匙VS.土匙の中でかつ極端な学歴社会ではどうにもならない格差が韓国で生じているのも実際。
 ヘル朝鮮の中で生きていても芽が出ない。
 サラブレッドにはサラブレッドの、ばんえい馬にはばんえい馬の、ロバにはロバの幸福ややりがいがある(by高須かっちゃん)のだけども、韓国では誰もがサラブレッドの幸福しか目指さないし、認めない。
 実際、サラブレッド以外は賃金も半分以下で幸福云々を言っている場合じゃないという部分もあることですしね。

 勉強ができなければ終わり。
 ソウル大学に入るほどに勉強ができても金の匙をくわえてこなければ終わり
 勉強ができても、進路を間違えたら終わり。だからみんな医者になりたがる
 スポーツに才能があると見たらそればかりやらせて、一切の勉強をやらせずに練習だけさせる。育成に失敗したり、故障したら? どうせ勉強ができなければ終わりなのだから、こっちにオールインするしかない。
 多様性がない。そもそもそんなものを認めない。

 こうして15年以上インターネット上でニュースを見てきて(さらにそれ以前の韓国ウォッチャーとしてのキャリア足すと20年ちょい)、その傾向はますます強くなっていると感じます。
 ムン・ジェイン政権はこういう構造そのものにこそ手を出すべきで、ばらまきで「所得さえ上げればええやろ」みたいなことをしている場合ではないと思うのですけどね。
 あと女性の自殺率が世界一、というのもケアすべき部分ではないかと思われます。

ダーリンは71歳/高須帝国より愛をこめて
西原理恵子 / 高須克弥

韓国の福祉研究者「自殺対策の日韓戦でもやれば関心を持ってくれるのか?」と自嘲気味に語る

【コラム】自殺問題解決の韓日戦でも開こう(中央日報)
「生活の香り」というコラム欄にふさわしい文章を書きたいが、筆者の感性が干からびたのか、それとも余裕のない社会の現実のためか、以前のように潤いのある文章を書きにくくなったことを時々感じる。現実の本当の生活は美しい香りだけでなく苦痛の香りも混ざっていると自らを合理化したりもするが、それでも虚しさは残る。

例えば「毎年秋がくると」のような表現の後に「秋の情緒や過去の思い出に浸る」というような文章を結びつけることができればよいが、危機の時代に生きているためか、「毎年秋がくると」の次に「発表される自殺率統計に緊張する」という重い話をつなぐ自分の姿を発見する。実際、年間1万4000人近い自殺者が発生するこの現実が危機でなければ何であろうか。研究テーマの一つが自殺予防という理由から、前年度の死亡原因統計が発表される秋がくると、他の自殺問題専門家・研究者と同じように緊張して注目する。

先月発表された2015年自殺関連統計を見ると、前年に比べ自殺者数は1万3836人から1万3513人へと2.3%減り、人口10万人あたりの自殺者数で表す自殺率は25.8に小幅減少した。しかし依然として経済協力開発機構(OECD)国家平均自殺率12.0と比べると圧倒的に多い。ほとんどの年齢層で自殺が減少したが、最も深刻な問題である高齢者の自殺はさらに増え、70代の自殺はむしろ8.5%、80代の自殺は6.4%増えたという点で、やや低下した全体の傾向に安心することはできない。 (中略)

我々よりはるかに高かった日本の自殺率を2002年に韓国が上回った。日本は韓国と比較にならないほど大規模な自殺予防予算を配分し、厚生省傘下の自殺担当部署を政府全体レベルの対策のために内閣府に移して対応したという点を考える必要がある。自殺問題解決の韓日戦でも開いて解決のための善意の競争でもすれば、韓国社会全体がサッカー韓日戦に関心を向けるようにこの問題に関心を持つことができるのだろうか。

OECD自殺率トップから抜け出す方法はOECD脱退しかないようだと自嘲して嘆いたりもする。自殺率だけを低めるのは不可能であり、出生率・高齢者貧困率・生活の質など多くの問題とつながっているため、暮らしやすい世の中にすることが最終的な目標でなければいけない。

毎年秋がくれば、自殺率の統計に胸が締めつけられない、そして秋の男の感性のマネだけでもできる秋はいつ頃くるのだろうか。
(引用ここまで)

 ちょっと面白かった。
 いや、扱っている話は面白くもないものなのですが。
 「韓国社会がこの話題に関心を持つには『自殺率日韓戦でも開く』しかないのだろうか」という話ですね。
 いつの時代になっても日韓戦になると韓国人の目の色が変わるということなのでしょうが。

 現状の韓国では無関心というより、一歩間違えば当事者になりかねないからこそそういう人たちへの気配りなんかしてられないというのが実際なのかもしれませんね。
 記事にあるように「出生率・高齢者貧困率・生活の質など多くの問題とつながっている」からなのですが。

 そんなわけで国会議員から発案されている福祉政策をすべて行うと韓国の国家予算がすべて食い尽くされるくらいに、口では福祉福祉と言い続けているのですが財源はなし。
 要するにこれまでの障害者孤児を海外に輸出するような極端な低負担低福祉では韓国社会がもたないところまできているということなのです。

 そういうところまで社会が熟しているはずなのに、経済は先進国一歩手前で停止しているというところがまたもの悲しいところですね……。OECDなんかに加入しなければ、こんなことがクローズアップされることもなかったのでしょうけども。

おや、安くなってますね。
悪あがきを繰り返し 突然死の危機に陥る中国と韓国
宮崎正弘 / 室谷克実
徳間書店
2016/1/29

韓国があのランキングで他のOECD加盟国を圧倒、しかもその統計はまだ……

韓国の自殺率 OECDでワースト=日本は3番(聯合ニュース)
 経済協力開発機構(OECD)の加盟国のなかで韓国は自殺による死亡率が最も高く、自らを健康だと考える割合は最も低いことが30日までに、分かった。

 OECDが発表した「ヘルスデータ2015」によると、2013年を基準としたOECD加盟国の自殺による死亡率は人口10万人当たり12.0人だった。韓国(2012年基準)は平均を大きく上回る29.1人で、OECD加盟国のうち、最も高かった。2番目はハンガリー(19.4人)で、3番目が日本(18.7人)だった。

 1985年からの自殺率推移をみると、OECD加盟国のほとんどは減少しているが、韓国は2000年から増えている。日本も自殺率が高いが、2010年以降は減少傾向にある。

 また自身の健康状態が良いと思っている韓国人は少ないことが分かった。韓国は主観的な健康状態を良好と考える割合が35.1%で、OECD加盟国の中で最も低かった。OECD平均は68.8%だった。最も高いのはニュージーランドの89.6%だった。
(引用ここまで)

 10万人あたりの自殺率が30人前後で貼りついたままでピクリともしませんね。
 まあ、韓国の社会状況・経済状況は年々悪化しているので、目に見えて増加していないというのはある意味で減少していると言ってもいいくらいのものではありますが。
 特に韓国でしんどい高齢者層の状況はなにもよくなっていませんからね。
 あえて言うのであれば、デフレ気味で物価がそれほど上がっていないので暮らしは苦しくはなっていない……という感じかなー。
 悪化要因ではないというだけで、よくなってはいないので自殺率が変化していなくて当然ですが。

 OECDでトップ、それ以外の世界ランキングを考えてもトップクラスであるのは間違いないところ。
 WHOの統計を見るとギアナがダントツで高くて、韓国が2位。それをスリランカやリトアニアが小数点以下の数字で争っているという状況です。

 んで、国別の統計を見るとそれまでも低くはなかった韓国の自殺率が2009年に跳ね上がるのですよね。
 で「好況」であったはずの2010年(成長率6.5%)にもそのまま。
 つまり、この頃から経済成長があっても下層にまでは届かなくなっている。あるいは、届いたとしても苦しさが緩和されるほどではなくなっているってことなのでしょう。
 韓国のベビーブーマーの引退がはじまったのもこのあたりだったはずなので、やっぱり高齢層に収入がなくなっているのに、まっとうな年金制度がなかったというのが原因ですかね。
 でもってそれが一向に改善されていないのだから、自殺率もそのままと。
 ロジックは見えているのだから、改善すればいいと思うのですが、それをやったら韓国政府が破綻すること間違いなしですからね。
 それでなくとも税収が足りなくて、ここ数年は赤字国債発行を連発
 地方は地方で「無料給食とかもう無理っす」って泣き言が入っている状況。
 いくら公約といえど「増税なき福祉」が云々とか言ってる場合じゃないのですけどね……。

 しかも、この統計、まだパク・クネと政権がはじまっていない2012年のものなのですよね。

死にいたる病 (ちくま学芸文庫)
セーレン・キルケゴール
2013-10-25

韓国で「貧乏で食料が買えなかった経験がある」人間の割合がすさまじいことに

【断末魔の中韓経済】自殺率はOECD諸国で10年連続1位 韓国貧困高齢者の悲惨な現実 (ZAKZAK)
 今回の連載第2回で、過去1年間に「貧困のため、食料を買えなかった経験」を持つ人の割合は、日本が2%(2013年、以下同)、中国が8%であるのに対し、韓国は何と26%であると書いたが、衝撃を受けた読者が多かったのではないだろうか。

 さらに指摘すべき点は、韓国は「貧困のため、食料を買えなかった」人の割合が、過去のデータと比較して「増えている」という点だ。中国は下落傾向、日本は横ばい(日本の数値は世界最低であり、さすがにこれ以上は下がらないだろう)である。

 日中両国とは異なり、韓国では「現在進行形」で貧困問題が拡大していっていることが分かる。特に悲惨なのは「高齢者」の貧困化だ。
(引用ここまで)

 むう、「食料を買うことができなかった経験のある韓国人は全体の26%」って本当かなぁ……。
 連載第2回も見てみたのですが、「○○発表のデータによれば」というようなソースがないのですよね。
 ただまあ、このあとに書かれている高齢者層の貧困を考えると、充分にありえる数字ではあるのですが。

 似たような話を取り扱った覚えがあったのですが、過去エントリを見てもそのデータはありませんでした。
 貧困層エンゲル係数が上昇しているというエントリはありましたが。

 バッカスおばあさんの話もありますし、どこかで納得はしちゃっているのですけどね。
 それでも韓国の食料はクオリティにさえ目をつぶれば相当に安いものが入手できるという事情もあるので、明白なソースが欲しいところではあります。

 その他の記事については、ほぼ既報なので触れません。

貧困の現場
東海林 智
毎日新聞社
2013-07-09

韓国の自殺率、通貨危機直後の1.5倍にふくれあがる

韓国社会の「影」 生活苦による一家心中相次ぐ(聯合ニュース)
自殺死亡率が20年で3倍に 経済的な悩み多く=韓国(聯合ニュース)

> 死亡原因統計によると、2012年の人口10万人当たりの自殺者(自殺死亡率)は28.1人だった。

 1992年の8.3人から、アジア通貨危機の余波を受けた1998年には18.4人に増えた。2002年が17.9人、2007年が24.8人で、2011年に31.7人まで上ったが、2012年は小幅低下した。

 経済協力開発機構(OECD)の基準で算定すると、2012年の韓国の自殺死亡率は29.1人でOECD加盟国のうち最も高い。加盟国平均(12.5人)の2.3倍にあたる。

 韓国は2000〜2010年の自殺死亡率の増加ペースもOECD加盟国で最も高いことが分かった。韓国とポルトガル、チリ以外の加盟国はマイナスだった。

 韓国での自殺の原因はさまざまだが、経済的な苦しみが大きいといえる。統計庁が2012年に15歳以上を対象に実施した社会調査によると、最近1年間に深刻な自殺衝動を感じたことがあるとの回答は9.1%で、このうち経済的な苦しみを挙げた人が39.5%を占めた。
(引用ここまで)

 日本は統計によってもゆらぎがあるのですが、2012年の10万人あたりの自殺者は20〜21人の間といったところ。
 まあ、ぶっちゃけ低くはない。
 けれども韓国のそれは日本の1.4倍にもなっているという事実。

 統計のある国ではリトアニアだけが韓国を上回っているというほど。
 何度か書いていますが、韓国という国は本当に影が濃すぎるのですよ。
 通貨危機当時よりもはるかに多い。
 これが韓国社会というものが、21世紀に入ってからどういった経緯を描いてきたのかという実際の姿であると思いますね。

 まるで「笑えないびんぼっちゃま」ですよ。キツい姿ですわ。


 

青少年も、高齢者も将来に絶望。自殺率世界トップとなった国

韓国の10代自殺率が大幅上昇 OECD上位(聯合ニュース)
韓国、児童・青少年の自殺率10年で47%増…増加率OECD2位(中央日報)


>韓国は、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で自殺率1位という汚名を8年も着せられたままだ。2010年基準として一日平均43.6人、 33分間に1人が自ら人生をあきらめている。しかも未来の主人公である児童・青少年の自殺率が他国よりも急増している。OECD加盟31カ国の児童・青少 年(10−24歳)の自殺率(平均)は、2000年に人口10万人あたり7.7人から2010年は6.5人に減少した。だが、この期間中に韓国内の児童・ 青少年の自殺率は10万人あたり6.4人から9.4人に46.9%増加した。チリ(52.6%)に続き2番目に急激な上昇の勢いだ。韓国の児童・青少年の 自殺率は、2000年はOECD加盟国で18位だったが2010年には6位に上昇した。

統計庁が昨年発表した社会調査報告書によれば、20歳以上の成人は自殺衝動の理由として経済的困難(42.6%)を最も多く挙げた。だが青少年(12−19歳)は成績および進学問題(39.2%)を主な要因に選んだ。
(引用ここまで)

 汚名を着せられたっていうか……ただの事実だけどな。
 高齢層は経済的に困窮して自殺。
 若年層は成績で将来が決まってしまうことに絶望して自殺。

 世界でも有数の高速な少子化。
 世界でも有数の自殺率。
 世界でも有数の高齢化。
 で、かつその高齢化を迎えている高齢者の自殺率もまた世界有数(というか世界1位)。

 ……この国、詰んでるとしか思えないんだけどなぁ。

 自殺したらあかん!東尋坊の“ちょっと待ておじさん” [ 茂幸雄 ]
自殺したらあかん!東尋坊の
“ちょっと待ておじさん” [ 茂幸雄 ]

韓国の社会的不安要素増大で、自殺率が世界最高クラスに

韓国で校内暴力や自殺が深刻な社会問題に(WSJ)
自殺共和国の韓国、40分に1人が自殺(KRNEWS)
ソウルの自殺率、ニューヨークの5倍(中央日報)

 韓国の人口あたりの自殺率はOECD加盟国としてはダントツのトップ。
 全世界的に見てもトップクラス。

 日本ではバブル崩壊後の1995年前後から大きく上昇し、このところは小康状態といったところなのですが、それを尻目に急上昇。
 社会的不安要素の増大っていうのが原因でしょう。
 あとは福祉政策の薄さというかが大きいのでしょうね。特に老齢対策で。
 韓国の老人問題というのは「なりふりかまわず突っ走ってきて、成長できなくなった瞬間にふと周りを見てみたらなにも残っていなかった」というような感じで若干の哀れみを感じないでもないのですよね。

 ただ、韓国経済の現状はまだ序章に過ぎないわけでして。
 人口ボーナスの終了にともなう経済縮小はとんでもないダメージになるでしょうから、そのあたりをどう処置していくか。
 魔法の杖を持っているらしいパク・クネの手腕の見せ所というわけですよ。

いよいよ、韓国経済が崩壊するこれだけの理由 (WAC BOOK)いよいよ、韓国経済が崩壊するこれだけの理由 (WAC BOOK) [単行本]
著者:三橋 貴明
出版:ワック
(2013-01-09)
 

自殺者数が減っていく日本、増えていく韓国

日本の自殺者数、15年間で10%低下(朝鮮日報)
>  日本の警察庁は17日、昨年の自殺者数が2万7766人となり、前年比9.4%(2885人)減少したと発表した。日本で年間の自殺者が3万人以下に低 下するのは15年ぶりだ。自殺者が最も多かった2003年(3万4427人)に比べると約6600人減ったことになる。(中略)

  一方、韓国の10年の人口10万人当たり自殺者数は33.5人で、経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち8年連続1位となっている。全世界で見て も、リトアニアに次いで2位だ。1日平均42.6人、年間1万6000人が自ら命を絶っている。毎年救急センターを訪れる自殺未遂者は10万人余りと推定 される。
(引用ここまで)

 おや、日本の自殺者はだいぶ減少しましたね。
 一定の思想の持ち主たちが、日本を腐すのに「1年で3万人以上の人間が自ら命を絶つ国」なんて言い方をずいぶんしていましたが、それもできなくなってしまったというわけですか。

 んで、韓国では相も変わらずOECDで断トツの自殺率トップ。
 全世界で見てもあのリトアニアとのトップ争い中。

 韓国を「(日本と違って)生き生きとした人たちが構成する社会」みたいに言う輩がいますが、どこであろうとよい一面だけを見ればそうなるのですよね。
 どんな国だって清濁あって、完璧なわけないんだし。
 よく天国のようにもてはやされるスウェーデンだって、負の面があるのです。
 元朝日新聞記者の西脇某が韓国での育児事情を褒めはやしていましたが、ソンウ・ジョンがそれを諫めるなんてこともありましたっけ。
 物事の一面しか見ない人はどこにでもいるものですが。
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ