楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

誤審

 相互RSS募集中です

WBC敗退危機の韓国代表、7回表に押し出しを見逃されていた

 昨日から探していたのですが、ようやく動画がありました。
 こちらをどうぞ。


 シチュエーションは7回表。ツーアウトランナー満塁。
 バッターはイスラエル代表のブレイク・ガイレン。3Aまで行ったことはあるものの、メインキャリアは独立リーグ。現在は浪人中っぽいのかな。[en:Wikipedia]
 カウント3-1からイ・ヒョンスの投げたボールは低めに外れたストレート。ガイレンもバットを投げ、レガースを外して一塁に歩く気満々。
 もはや主審のほうすら見ていません。
 押し出しで一点追加で勝ち越しと思いきや、判定はストライク。

 ……明白に膝の下。
 その後、ガイレンはショートライナーで韓国代表は危機から救われました。ショートがセカンド寄りに守っていたシフトでしたね。
 その後、昨日伝えたように延長10回に勝ち越されて負け。3番、4番のキム・テギュン、イ・デホがノーヒットじゃそうなりますわな。
 現在試合中の台湾−イスラエル戦は8回裏終了で12-3。イスラエルがコールドゲーム寸前。まあ、さすがにここから逆転は難しいかな。台湾は代表選出でいろいろ内紛もあった模様。
 なお、イスラエルが勝った場合、韓国はオランダに負けるとほぼ敗退決定です。プレーオフの可能性はまだなくはないけど……。

 しかし、ホームタウンディシジョンとはいえ、これはないなぁ。

ビッグデータ・ベースボール 20年連続負け越し球団ピッツバーグ・パイレーツを甦らせた数学の魔法 (角川書店単行本)
トラヴィス・ソーチック
KADOKAWA / 角川書店
2016/3/17

FIFA審判委員長、「ビデオ判定が長い? 2002年のスペインだったら5分だって長くないと思うんじゃないかな」

FIFA ref's chief defends Club World Cup VAR trial after Ronaldo goal(ESPN・英語)
 FIFAの審判委員会の責任者であるマッシオ・ブサッカは日本で行われているクラブワールドカップにおいてテストされているビデオ判定に対する批判に対して反論を行っている。 (中略)

 主たるビデオ判定に対する批判は時間がかかるというものだ。

 しかし、ブサッカは「(判定に)タイムリミットは設けられていない」、大事なことは「正確な判定が行われることだ」と述べている。

「スペインは韓国でのワールドカップでの試合で判定が修正されるのであれば、30秒だろうと5分だろうと待つことを気にしたりはしないと思います」とブサッカは2002年のワールドカップで完璧に決められたように見えたふたつのゴールを取り消された挙げ句にPKで敗退したスペインを例に挙げた。
(引用ここまで)

 FIFAの審判委員長という重要な立場にいる人物が、今回のクラブワールドカップから導入されているビデオ判定について擁護しています。
 「正確な判定が必要だ」として、具体例を挙げるときにマラドーナの神の手でもなく、1966年のイングランド−西ドイツの誤審でもなく、2010年のその逆の誤審でもなく。
 韓国−スペイン戦の「誤審」をピックアップするところに、2002年のすべてが込められていると思いますね。

 まあ、もうちょっと洗練されたやりかたをする必要があるとは思いますが。
 ゴールについてオンサイドであったか、オフサイドであったかすべてビデオ判定するんですかねぇ……。

電通とFIFA〜サッカーに群がる男たち〜 (光文社新書)
田崎 健太
光文社
2016/2/20

韓国人「またオリンピックで韓国人が犠牲になった!」 → レスリングで優勝候補が「誤審」であっさり敗退

- オリンピック - <レスリング>キムヒョヌ、釈然としない判定で、16強敗退(聯合ニュース/朝鮮語)
キム・ヒョヌ(28・三星生命)のオリンピック2回連続の金メダルが挫折した。
キム・ヒョヌは14日午後(韓国時間)、ブラジルリオオリンピックパークカリオカ2競技場で開かれた2016リオデジャネイロ五輪レスリング男子グレコローマン型75kg級決勝トーナメント1回戦でライバルのロシアのみウラソフに6-7で惜しくも敗退した。
昨年の世界選手権優勝者であるウラソフはキム・ヒョヌと金メダルを賭けて激突すると予想したライバルだ。
予選1回戦をデフォルトで通過したキム・ヒョヌは1回転1分30秒で背負い投げで先に2点を獲得して先行した。
しかし、1分後に相手にペナルティを奪われた後のローリングに続いて入った投げ技を許容し、一度に6点を奪われた。

キムヒョヌは第2ピリオドに入って反転を狙った。
57秒でペナルティを得たがスコアに接続していなかった。 1点を得るにとどまった。
キム・ヒョヌは3-6で敗色が濃厚になった試合終了5秒前に投げ技で4点を得て劇的な逆転勝ちを収めたかのように思われた。

しかし、審判が2点だけを認めた。
アンハンボン監督は、すぐにビデオ分析(チャレンジ)を要請した。 審判はキム・ヒョヌの技術を4点ではなく3点で認めた、アン監督の要求を受け入れずに、ウラソフに1点を与えた。
これによって最終的には6-7で敗れた。
チャレンジを要求したときに受け入れられなければ、相手に1点を与える。
(引用ここまで)

 gorin.jpにこの試合のビデオがあるので、そちらもごらんください。

レスリング グレコローマン男子75kg級予選(R.ウラソフ vs H.キム)

 解説者はチャレンジで4点になると言っていますが、まあそれはともかく。
 ちなみに最終スコアは5-7です。けっきょく2点として認定で、チャレンジ失敗でウラソフに1点が加点されています。試合再開時に時計が動かなかったのはそのあたりが原因ですかね。
 リンク先のNAVERでの韓国人コメントでは「3点になったのならチャレンジ成功でウラソフへの1点はなかったことになるから同点だろう」って何人も書いていますが、ビデオ中でもジャッジは2点であると指示している(青い2点の札を上げている)=チャレンジ失敗で5-7で間違いなし。
 オフィシャルリザルトを見てもスコアは5-7で確定しています。

 で、ジャッジがビデオ判定でも2点だと判定したのであれば、それはもう2点で確定なのです。
 ジャッジに対して抗議するのであればルールに従って抗議しろってことなのですよ。まず最初の時点でマットに監督が入りこんでイエローカードを受けていて、さらにビデオ判定後に入りこんでレッドカード提示。
 それでも降りないっていう。

 選手も選手ですでにジャッジは決まったのに、試合再開にも応じない。
 試合が終わったあとも握手しようともしていなかったのですが、そこでカメラが切り替わってしまったので最後は握手したのかしないのか不明。
 まったくもって、「自分は被害者だ」と主張している韓国人そのものです。韓国国内であればそれが通用してどうにかなったりもするのでしょうが。
 前回のロンドンでのフェンシングでも同様に抗議していましたが、結果は変わらなかったわけです。
 今回も世界レスリング連盟に提訴すると息巻いていますが、確定したジャッジは変わりはしませんよ。
 なんでグッドルーザーになれないのかねぇ……。



ロンドンオリンピックで相次ぐ誤審で被害を受け続ける韓国、なぜ?

<五輪>“誤審オリンピック”4件のうち3件が韓国…スポーツ外交力が問題?(中央日報)
ロンドン五輪:相次ぐ大誤審、韓国は3件で被害(朝鮮日報)
<五輪>韓国フェンシング代表の涙の1秒…歴代5大疑惑判定に(中央日報)


 ……まあ、誤審やらなんやらあるのはいつものことですが、それが韓国に集中していて、かつすべてが韓国に悪いように作用しているのは別に「スポーツ外交力」がどうこうじゃないような気がしますね。
 日本人の感覚だと、こういうのって罰かぶりっていうんですけど。

 そもそもが最後の記事の「歴代5大疑惑」ってのに見事にロイ・ジョーンズJr.の盗まれた金メダルが入ってるっていう。
 正直、韓国だったらこれまでの経緯からやられてもしかたないよねって思ってしまいます。
 だって、それだけのことをやってきたんですから。
 選手個人に対しては憐憫の情を持ちますが、まあ「キミはいい選手であったが、属した国がいけないのだよ」って感じですか。

【噴水台】誤審(中央日報)

【噴水台】誤審
>  韓国国民がスイス戦の頻繁な誤審のため激しく憤った。 FIFAは再試合を要求する韓国ネチズンの怒りに堪らず、インターネット接続を遮断した。

韓国はアテネオリンピックの体操で誤審のため金メダルを逃すなど、重要の競技でよく判定問題に巻き込まれた。

もどかしいが、方法はない。

ただ、誤審の最後は悲惨だったという歴史を慰めとするしかない。ネロ皇帝は反乱軍に追放されてどのように死んだか分からず、その直後、戦車競走の審判官はみんな斬首の刑に処せられた。
(引用ここまで)

 さて、ちょっと前の記事ですが。
 この「誤審」をしたオラシオ・エリソンド氏がどうなったか、面白い結果だったので書いてみましょう。

 まず、FIFAから最高の審判のひとりであると認められて、決勝戦の主審として笛を吹くことになりました。
 審判として最高の栄誉に与っているといえるでしょう。
 そして、決勝ではジダンに対して毅然とレッドカードを提示して、大いに評価されています。
 なるほどね。

 翻って、韓国のワールドカップ4位(笑)の裏で暗躍したバイロン・モレノ。
 FIFAから国際審判リストから除名され、市議選選挙では地元チームにとんでもない贔屓をしたにも関わらず落選。その審判が問題とされて、20試合の出場停止処分。さらに復帰後にも1試合出場停止。
 で、けっきょく審判を辞職

 なるほどね。誤審の最後は悲惨……か。

ミスあれば“強制送還”−誤審減少狙うFIFA会長(サンスポ)

ミスあれば“強制送還”−誤審減少狙うFIFA会長(サンスポ) [00:30]

 FIFA FeverのDVDを見つけたその日に、こんな記事が出るのも奇遇ですな。

 しかし、FIFA会長自ら「3年前のW杯のような貧弱なパフォーマンスを繰り返してはならない」なんてコメントを出すのもすごい話だ。
 貧弱なパフォーマンスの上に成り立ったW杯ベスト4か……。
 しかし、モレノむちゃくちゃいい表情してんな。仕事をやり終えた男の顔だ(笑)。

ブラジル戦戦評いろいろ(楽韓Web)

朝鮮日報
中央日報
東亜日報……は戦評らしきものはありませんでした。

 見事なまでに、一発目のFK疑惑への言及なし。

 いきなり一発目であれをやられたら、まったく展開が変わるでしょ。誤審にしろ買収にしろ、ひどい話だ。韓国代表はそこそこよくやっているからよけいにな。

ブラジル戦実況 その1(楽韓Web)

 開始早々、いきなりバックパスを手で処理したということで間接フリーキックから韓国が得点。
 これまた大疑惑のジャッジ……。っつーか韓国選手に当たってるし、おまけにハンドだし……。
 その後、ロナウドが得点して追いついています。
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
亜人ちゃんは語りたい 5巻
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ