楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

通貨危機

 相互RSS募集中です

韓国のIMF転落から20年、これからも韓国経済が絶望的な理由はこれ!

韓国IMF危機から20年、サムスンは大きくなったが…(JBPress)

 著者の玉置直司氏は日経新聞の元記者。JBPressで韓国系コラムを書いておられるかたですね。
 今回の記事は「IMF管理下転落から現在までの韓国経済のポートフォリオ」といったところでしょうか。
 3ページ目の30大財閥の行方とかすごいよなぁ……と改めて思いますね。
 IMF危機を機に、韓国社会は大きく変貌してしまった。

 社会全体で競争が激化した。一度、猛烈な人員削減で危機を乗り切った企業は、経営が悪化するとすぐに「雇用調整」に乗り出すようになった。

 社内競争はすさまじく激化した。いや、それ以前に、新規採用拡大にきわめて慎重になり、大学生の就職難は慢性的に深刻だ。正規職がどんどん非正規職に置き換わり、「質の高い働き場」は一向に増えない。

 一部の大企業は、業績が絶好調だが、なかなかこれが産業界全体に浸透しない。雇用も増えないとなれば、「好調な経済」を実感できるはずもない。

 IMF危機を比較的短期間で乗り切りはしたが、それは、雇用を痛め、一部の大企業への経済依存度を高め、経済格差を急拡大させるという副作用も生んでしまった。
(引用ここまで)

 この20年間というもの、韓国がやってきたのは「富の囲いこみ」なのです。
 ごく一部の既得権益者のみが富裕層として富を独占し、それを他に分け与えない。トリクルダウンを与えないというものだったのですね。
 こちらはヨーロッパで進んでいるタイプの「就職できたものは天国、そうでないものは地獄」というパターン。
 そして、その富の偏在のしかたはアメリカと同レベル(かつアメリカンドリームがほぼ存在しない)。
 やったね、欧米に追いついたじゃないですか(笑)。

 労働組合は既得権益を堅く堅く保持しようとして、ウリとナム化をさらに進める。
 ウリに入るためには労働組合にお金を払って正社員の椅子を買わなければならないというような状況になっている。まるで李氏朝鮮時代の両班戸籍の売り買いですね。

 ムン・ジェインがやるべきなのは、所得主導成長よりもこういった既得権益へメスを入れることなのですが。
 労働組合とムン・ジェインはなによりも堅いウリの絆で結ばれていますから無理なのです。
 労働組合にメスを入れることができないからこそ、それ以外の労働者の最低賃金を増やそうという方向性になっているということもできるかな。
 まあ、その結果が企業の海外脱出になるのは火を見るよりも明らかなのですが。
 歪みきったジェンガをぶっ壊さずに、指でつついて直そうとしているようなもんですよ。
 これまでなんとなく感じていたことがこのコラムを読んで言語化できました。

HGUC 1/144 RGM-89 ジェガン (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)
バンダイ
2009/8/7

次に起こる韓国の経済危機で日米は通貨スワップに応じてくれるのか? → 日米中ともに応じる気配なし

【コラム】また危機がくれば日米は通貨スワップに応じるのか(中央日報)
朝鮮戦争(韓国戦争)後の最大の国難という通貨危機から20年経過した。当時、我々はドルのような基軸通貨を持たない国がどれほど脆弱かを痛感した。外国人資金は一気に流出し、外債は満期が延長されなかった。当時、我々は日本や米国に支援を求めた。しかし米国のクリントン政権は金泳三(キム・ヨンサム)政権に「国際通貨基金(IMF)で解決策を見いだすべき」として一線を画した。日本系の金融機関は韓国から真っ先に資金を引き上げた。林昌烈(イム・チャンヨル)副首相は玄海灘を渡って三塚大蔵相に支援を頼んだが、門前払いされた。 (中略)

それから10年ほど経過した2008年秋、米国発のグローバル金融危機が韓国を襲った。振り返ると、水面下の状況は通貨危機当時に比べて良くなっていなかった。同年9月以降、ロールオーバー(外債満期延長)はすぐに凍結し、韓国ウォンは1ドル=1500ウォン台に暴落した。当時、韓国には2000億ドル以上の外貨準備高があったが、実際、国際金融市場に危機が発生すると効果はなかった。外国投資家は容赦なく資金を引き上げた。当時、韓国経済を通貨危機から救ったのは米国との通貨スワップだった。通貨スワップ規模は300億ドルだったが、危機に米ドルを使えるという「マイナス通帳」の心理的安定効果は相当なものだった。外国人の離脱はすぐに落ち着いた。

結局、過去20年間の2回の大きな経済危機克服には基軸通貨国の支援と協力が絶対的だった。考えたくもないが、もしまた危機を迎えれば、韓国はその危機を乗り越える万全の準備ができているのだろうか。8月末現在の外貨準備高は3848億ドル。20年前とは比較にならない金額だ。しかし国際金融専門家の間では「実際に金融危機に直面すればその程度では十分でない」という懸念が少なくない。 (中略)

しかし為替レート防御のこうした最終安全装置はいま状況が良くない。米国との通貨スワップは2010年に中断して以来、再開の兆候が見えない。韓日間の通貨スワップは終了から2年半経過した。10日が満期の中国との通貨スワップ(560億ドル規模)の延長も昨今の韓中関係を勘案するとどうなるか分からない。

基軸通貨国でない韓国のような小規模開放経済にとって経済同盟の重要性はいくら強調しても十分でない。しかし米国との関係はなぜか以前とは違うように見え、日本との溝は深まっている。今後、危機が訪れれば自力で克服しなければいけない切迫した状況になるかもしれない。外貨準備高を相当積み上げているからといって過信する時ではない。経済であれ安保であれ「根拠のない自信」が危機を招く。
(引用ここまで・太字引用者)

 なんで太字部分のような嘘をつく国に施しを与えなかればいけないのか、という話なのですよ。
 今回の中央日報に限らず、以前から朝鮮日報中央日報東亞日報朝鮮日報も(2回目)同じように嘘をつく。
 最後の最後まで支えようとしていたのは日本の金融機関なのに、こうやって嘘をついて日本を貶めようとする。「日本のせいで通貨危機がはじまり、IMF管理下になったのだ」くらいのことを平気でいう。

 国対国の話であるとはいえ、最後は人対人なのですよ。
 最後まで韓国を守ろうとした人たちに対して、こうして「おまえらのせいで韓国はめちゃめちゃになった」と言いがかりをつけてくる。
 そりゃ、二度と助けませんわ。
 同じようなことを鈴置さんのコラムでも書いていますね
 20年前の実務者はいまのお偉いさんですし、実務者の下で働いていた若手は現在の実務者ですよ。

 さらに麻生財務相が「(慰安婦合意という)約束が守れないのなら、貸した金も返ってこないかもしれない」って言えてしまう時代になってしまっている。
 国民からも韓国を守る必要はないというのはコンセンサスとしてできあがっている。
 昨日も書いたように通貨スワップ協定というのは、終わらせるときよりもはじめるときのアナウンス効果が期待できるものです。

 慰安婦合意、というものはこうしてみると韓国にとって本当に毒として働いてますよね。
 日本にとってはいい防波堤となっているわけですが。


中韓通貨スワップ協定満期まであと9日


信頼学の教室 (講談社現代新書)
中谷内一也
講談社
2015/12/16

20年前、通貨危機も日本が引き起こした。アメリカと通貨スワップ協定を結んで日本の鼻をぺしゃんこにしてやれ!

【時視各角】韓日通貨スワップは政治だ(1)(中央日報)
通貨スワップこそ政治だ。協定は中央銀行同士で結ぶが、決定は財務長官、またはさらに上のラインでする。あらゆる政治・外交の計算が根底に敷かれている。最も残念なことない国はもちろん基軸通貨国、米国だ。米国は日本、英国、欧州連合(EU)、カナダ、スイスの5カ国とだけ協定を結んでいる。簡単には増やさない。だれとでもするならだれもドル不足を恐れなくなる。中国、日本、韓国が数千億〜数兆ドルずつ米財務省債券を買っている理由がなくなる。世界最大の財政赤字国の米国経済が壊れかねない。

まねっこの日本も米国ぐらい通貨スワップを政治的に使う。先週安倍晋三首相は釜山(プサン)の少女像を問題にして通貨スワップ交渉を中断した。問題は政治・外交から生まれたのに筋違いの経済に矢を放った。韓国の弱点、外国為替のトラウマに触れたのだ。元高官のS氏は「そんなことだと思っていた。日本は一度も韓国が絶対に必要な時、望む時に助けてくれたことがない。むしろ最初にお金を抜き出し不意打ちを食らわせた」と話した。S氏は何人もいない国際金融専門家だ。

日本はちょうど20年前にもそうした。通貨危機が押し寄せた1997年、真っ先に韓国からドルを抜き出した。実に150億ドル。同年の外貨準備高が多い時で約250億ドルだったので半分を超える。林昌烈(イム・チャンリョル)経済副首相が日本の財務省を直接訪ねて行ったが門前払いした。三塚博蔵相は「米国が便宜を計らうなと言っている」として1銭も出さなかった。林昌烈副首相は「日本がお金を引き揚げなかったら韓国経済がこのようになっただろうか」と抗弁したが効果はなかった。いま韓国経済はその当時くらいに厳しい。米中紛争が激しくなれば外国為替のトラウマが再発しかねない。韓日通貨スワップはないよりもある方が100倍良い。それでもこうした状況で日本にぬかずくことはできない。方法はないか。S氏は「過去から学ばなければならない。韓国がすがれば百戦百敗だ。日本が先に手を差し出すようにしなければならない。そうするには米国を動かし、中国をてこに使わなければならない」とした。 (中略)

日本にとって韓国の立場は大きな考慮対象でない。米国の顔色、中国の牽制がもっと重要だ。高高度防衛ミサイル(THAAD)をめぐる葛藤に巻き込まれたいま、中国を活用するのは難しい。 (中略)

トランプ氏の大統領在任期間に300億〜500億ドルの通貨スワップだけ維持できても韓国の外国為替・金融市場は大きく安定させられる。内外から危機の嵐が押し寄せる時期に資金流出の心配なく経済再生にだけ集中できる。厳しいときは後頭部を叩く日本の鼻をぺしゃんこにするのはおまけだ。
(引用ここまで)

 もう完全に韓国では「1997年の通貨危機のトリガーを引いたのは日本」ということが定説になっているのですね。
 以前から何度か楽韓Webでもその嘘を糾弾しています
 鈴置氏のコラムでも同様に糾弾していましたね。「こんな嘘をつくから金融からも外交からも無視されるようになったのだ」という話もコミで。

 韓国人にとっては近年で最悪の国辱である通貨危機が日本の手によって引き起こされたというストーリーは気分的に分かりやすい、そしてそうあってほしいという欲求に合致するものなのでしょう。
 その気持ちよさと引き替えに不興を買っているのですから望むところなのでしょうが。
 この流説を広めようとしていたのは金泳三政権周辺だったのです。
 自分たちの責任ではなく、日本こそが主犯だったのだ。「憎き日本人め!」ということで責任を薄めようとしたのでしょう。
 ですが、金大中政権における国会答弁ではそれが嘘であると明かされてしまっています。
 易姓革命であることが功を奏したと言うべきでしょうかね。

 まあ、その後の広まりようは韓国人の気分にはまったからこそではあるのでしょうが。
 そんなことを言っているから、「信頼のない相手は金も返さないかもしれんな」って言われるようになるのですよ。

 アメリカと通貨スワップ協定ねぇ……締結できて、日本の鼻をぺしゃんこにできればよいですね。

ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門
木村尚義
あさ出版
2016/8/2

韓国人「また日本人が通貨スワップ協定で後頭部を殴るつもりだ!」 → 麻生財相の「誰が交渉相手なのか分からない」発言を受けて

日韓スワップ交渉中断……試練の時に後頭部を殴ってきた日本のデジャヴュ(ソウル経済新聞・朝鮮語)
麻生太郎日本副首相兼財務相の「韓国政府の誰と交渉すればいいのか分からない」という発言で、日韓通貨スワップ交渉が事実上中断された中で、日本のこのような態度は1997年の通貨危機の時、私たちの助けを求めるを振り切ったと似ているという分析が出ている。当時、日本は「困難なとき友人が本当の友達」という私たちの懇願に対しても「日本も難しい」と資金を大挙回収して行った韓国が国際通貨基金(IMF)の救済を受ける直接的な原因を提供した。日系証券会社である野村も「待遇に非常ベルが鳴っている」は、4ページの報告書を発刊して待遇の問題が公論化されたし不渡りを迎えるきっかけとなった。

そもそもは1990年代初頭にさかのぼる。日本は不動産バブルが崩壊すると景気浮揚のために超低金利政策を導入した。当然のことながら国内で投資先がなくなった日本国内の投資資金は、世界各地に広がっていく。低利で円を借りて他の国の資産に投資する、いわゆる「円キャリートレード」が始まった。ちょうど韓国企業、金融圏の状況と損得が合致した。1990年代初頭から半導体などの投資ブームが吹いており、特別制裁がなかった総合金融会社(総合金融会社)は、海外から資金を借り入れては企業に貸した。外国は危機時にいつでもお金を回収ことができる「短期」の融資を好むし、これに対する知識がなかった私たちの金融機関は、これを受け入れた。

1997年にマレーシア、タイなどが倒れながら危機感が増幅された。韓国の外貨準備高が300億ドル前後だった1997年、私たち金融界は日本だけで合計220億ドルの短期融資を賄っていた。日本は、その年の9月の国際決済銀行(BIS)自己資本比率8%を守るためには仕方ない理由をつけて資金を回収し始めた。私たちの財政経済院(現企画財政部)は日本の財務業績の人脈を総動員して、「日光のギラギラしたときに傘を貸して、雨が降ったときに回収していてはいけない」とお願いしたが、日本では最終的に60%程度である130億ドルを回収していった。特に11月以降、合計83億ドルを回収しては、私たちがその年の11月IMF救済金融を要請する直接的な原因を提供した。今は拘束されたが、当時の財政経済院次官だったカン・マンス前企画財政部長官は「日本は遠い隣人だった」と著書「現場から見た韓国経済30年」で書き表した。

野村も代表的な例だ。1998年10月、日本最大の証券会社である野村證券ソウル支店は、4ページの長さの簡単なレポートを外国人の顧客に限定配布した。タイトルは「大宇に非常ベルが鳴っている」、サブタイトルは「これ以上(大宇に)資金調達源がない」であった。報告書は、「韓国政府が金融機関の社債保有を制限した措置に加え、待遇の低い株価での処置は資金を調達する方法がない」とし「深刻な流動性危機に直面するだろう」と指摘した。待遇の状況が対外に公表されたし、最終的に大宇財閥は翌年空中分解した。一次的に経営に失敗した大宇グループの誤りが大きかったがどうであれ、決定打を放ったのは日本だった。

今も似ている。韓国は最悪の国政空白、市中金利の上昇、ドル高に伴う新興国企業の債務危機の可能性などに危険な状況でスワップが必要な状況である。しかし、日本は無視している。もちろん、麻生副総理が「韓国政府の誰と交渉すればいいのか分からない。交渉をすることができない」という発言が素直に韓国の副首相が曖昧な状況を指摘した可能性がありますが、通常スワップについては両国が最終的な結論が出まで言及していないという点で説得力が落ちる。日本が最近の国政混乱も自国に利益を得る韓日軍事情報保護協定は何も言わずに締結した一方、スワップには問題を提起した点も、やはり経済的な面で韓国の後頭部を殴るのではないかという解釈が出ている。

同様に野村は最近、韓国の成長率は来年の予測値を過度に下げた。野村は来年韓国の成長率が1.5%にとどまると見た。経済協力開発機構(2.6%)、LG経済研究院と韓国経済研究院(2.2%)などより過度に低い。通貨危機のように日系資金が抜けていく兆しも見られる。最近日本経済新聞は、韓国リスクが高まりされ、日本の銀行の警戒心が高まっていると指摘した。6月末現在、国際決済銀行(BIS)基準日本の韓国に対する債権額は334億ドルである。日本経済新聞は、「資金運用先を見つけるのは難しい日本の銀行がサムスン電子とポスコなどの融資を積極的に増やしてきた」とし「政治経済的リスクが大きくなった今、韓国の債券が負担となっている」と指摘した。

キム・デジョン世宗大経済学科教授は「米国の雇用市場が金融危機以前の水準を回復し、米国の金利正常化速度が速くなると思われる」とし、「国内政治経済状況を考慮すると、危機が来ることができており、スワップが必要な状況だ」と明らかにした。彼は「日本が韓国の副首相が曖昧であることを挙げてスワップに消極的な点と、国内外の経済リスクに適切に対応しなければならない点などを総合考慮した場合、一日も早くコントロールタワーを正しく立てなければならない」と強調した。
(引用ここまで)

 先日の麻生財務相の発言を受けて、いくつかの韓国メディアが「また1997年のように日本が後頭部を殴ろうとしているのだ!」というような記事を書いています。
 いまだにIMF管理下に置かれた責任を日本にひっかぶせようとしているのですね。
 もう大嘘であることが分かっているのに、常に言いがかりをつけてきている。
 そもそも通貨危機を起こすなって話ですし、大宇にしても経営不振を起こすなよって問題ですわ。
 ただまあ、これも交渉材料にできるんじゃないかなぁ……という気がしています。

 日韓通貨スワップ協定を日本が最後の最後に裏切るのではないかというように思うのであれば、最初からそんなものをなくしておけばいいんじゃないでしょうかね。
 この記事のコメントも「日本は常にそうする連中だ!」というようなコメントに溢れていますから。
 GSOMIAを締結したのだから当然日韓通貨スワップ協定も、みたいに考えているほうがおかしいっていうのもありますね。
 それはそれ、これはこれ。
 うちはうち、よそはよそ。

 ちなみに野村の仕業というのもねぇ……野村證券は2015年の韓国の経済成長率を2.5%と予想していました。
 この成長率予想を発表したときも「これほど低く予想するとは!」みたいな反発があったのですが。さらにいえば、楽韓さんも「いや、2%台後半はあっても、そこまではないんじゃないの?」と思っていたほどなのですが。
 実際、2015年の成長率は2.6%でした。
 もっとも近い予想だったのは野村證券のものだったのですよね。その野村が1.5%と予想しているのであれば、それなりの予想根拠があるのでしょう。
 さらにいえば、今回の国政停滞で経済的に問題になるであろうという話はムーディーズからも指摘があります。明日あたりにピックアップ予定。

言霊――なぜ、日本に本当の自由がないのか (祥伝社黄金文庫)
井沢元彦
祥伝社
1995/12/11

韓国が通貨危機に追いこまれた理由 → やっぱり日本のせいだった

[社説]外交対立が招いた韓日スワップ打ち切り(東亞日報)
日本は1997年、タイから始まったアジア通貨危機の際、韓国から100億ドルの資金をいきなり撤退させため韓国が通貨危機に追い込まれるのに大きな影響を及ぼした。2008年のグローバル金融危機の直後も、韓国との通貨協力の規模拡大に消極的な姿勢を見せた。韓国と中国が300億ドル規模の通貨スワップ協定の締結を進めると、交渉に積極的な姿勢に転じて、同じ規模の協定を締結した。資金力を武器に、韓国を手なずけしようとする日本の態度は後味が悪いが、それこそ国際的な経済関係の厳しい現実だ。
(引用ここまで・太字引用者)

 右を向いても左を見ても、全方位でバカばっかりか。
 実際にはどうだったのかとか、調べるつもりがまったくなし。
 自分のところの国会答弁すら見ない。というか、それ以前にどうであったのかに興味がないのですよね。

 かつ、前回も書いたように「日本人が韓国の通貨危機を引き起こした」というストーリーは韓国において受け入れられやすいものなのですよね。
 思考停止して「あれもこれも日本のせい。あっちもこっちも日本が盗んだ」って呪文を唱えていれば楽になれるのですから、近代的な思考が身につかないのも当然といえば当然ですかね。
 呪文というよりは呪詛ですかね。

韓国ウォンがドミノ倒しのように急落するシナリオ。3000億ドルを超える外貨準備高はやはり砂上の楼閣だった?

コラム:韓国ウォン急落シナリオの現実味(ロイター)
> 現在、底堅く推移している韓国ウォンだが、筆者はその先行きに対して慎重な見方を持っている。なぜなら、たとえ韓国の格付けが相対的に高い水準にあるとしても、ウォンが市場のリスク回避姿勢に対して脆弱と考えられるからだ。(中略)

 ウォンの脆弱性の背景には、韓国の対外債務に占める短期債務の比率の高さが挙げられる。今年6月末の韓国対外債務は4186億ドルと過去最高水準だが、 うち短期債務は1414億ドルと対外債務の33.8%を占める。これは同じアジア圏に属するインド(23.0%)やインドネシア(17.0%)に比べても 高い。

 韓国の場合、外貨借り入れの主体は民間銀行で、外貨建て預貸率は300%超と中国(約200%)や日本(約100%)に比べ高く、市場のリスク回避姿勢 が強まり韓国の対外短期債務が急速に引き上げられると韓国の民間銀行はウォン売りによって外貨を調達する必要性が高まる。

 上述したように08年の世界金融不安の際にウォンは大きく下落したが、この時は韓国中銀がFRBと結んだドルスワップ協定によって米ドルを調達することで流動性危機を抑え込んだ。

 現在、韓国中銀とFRBが締結したドルスワップ協定は失効したままであり、また日韓スワップ協定は先月末に拡充措置が終了し限度額が700億ドルから 130億ドルに縮小している。08年当時のように対外短期債務の回収ペースが高まると、ウォンへの下押し圧力は急速に強まる可能性がある。(中略)

 韓国の外貨準備は3234.6億ドルと世界第7位の規模に達しているが、流動性危機が生じた際に転用できる外貨準備はせいぜい4割程度と考えられ、ウォン売りの流れを食い止めるには十分とはいえない。
(引用ここまで・太字引用者)

 以前から楽韓Webでも指摘していた、韓国政府の外貨準備高のうちの「真水がどれくらいか」というお話。
 以前にも日経新聞で「相当額がアメリカの住宅金融公社債」と指摘されていました。
 このロイターのコラムでは稼働資産は4割ていどではないかとの指摘がなされています。
 とすると約1300億ドル、10兆円ちょっとといったところでしょうか。

 この10兆円とCMI経由での通貨スワップが最後の盾。
 ……無理だ。
 このコラムで想定されている事態にはとてもじゃないけど、対応できそうにもありません。ハゲタカにつつかれたら何発かまでは耐えられても、それ以上は無理。
 民間銀行にドルを融通しつつ、ハゲタカからウォンを防衛という二面作戦を展開しなくちゃいけないわけですから。

 日韓で700億ドル、米韓で300億ドルの通貨スワップ協定があったので、これがあれば相当に耐えられたのでしょうが。
 逆説的にウォンの脆弱性によって韓国経済は支えられてきた部分が少なくありません。
 実はIMF管理下時、そして2008年の通貨危機ともに輸出にブーストがかかって結果的には韓国経済は成長してきたのです。
 そして上下格差がアホほど広がる結果になったわけですが。
 それでもまぁ、成長だけはしてきました。

 今度もそうなるのかというと、難しいかなぁ……という気がしています。
 というのもすでに人口ボーナスが(ほぼ)終わっているから。
 成長の余地を残していない段階での経済破綻がどうなるかというのは……ギリシャがいい例になるんじゃないでしょうかね。

ウォン安に飲み込まれた隣国「韓国経済の現実」(MONEYzine編集部)

ウォン安に飲み込まれた隣国「韓国経済の現実」(MONEYzine編集部) [23:45]

 世界不況で輸出が急減。ウォン安のメリット面で韓国の大企業はどうにかなっているというのが状況。ここ半年をまとめた記事ですね。
 でも、安価だった輸入品が高騰して韓国人(特に下層)は青息吐息。
 ま、しょうがないですか。

韓国はアジア新興市場国中の危険国、英エコノミスト(聯合ニュース)

韓国はアジア新興市場国中の危険国、英エコノミスト(聯合ニュース) [23:15]
> 中国やインド、台湾などのアジア新興国は全般的に安全に見えるが、短期債務比率や銀行預貸率が高い韓国は例外だと指摘した。韓国の外貨準備高に占める短期債務の割合は102%(2009年予想値)で、調査対象国のうちで最も高い。銀行預貸率も130%と2番目に高く、全体的な危険度は東欧のポーランドと同じ3位となった。韓国ウォンの価値は昨年にドル対比40%近く急落し、外債負担が膨らんだ。
(引用ここまで)

 以前も韓国マスコミは東欧初の通貨危機で韓国が余波を受けるみたいな話をしていましたが、客観視してみると東欧諸国並の経済基盤の脆弱さがあるっていうだけの話でしたと。
 ロールオーバーできればいいですね(はぁと)。
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ