MLB:朴賛浩、2016年野球殿堂入り候補に(朝鮮日報)
<野球>朴賛浩、MLB殿堂入り候補に(中央日報)
 > 韓国プロ野球ハンファの朴賛浩(パク・チャンホ、38)選手は韓国の野球史に新たな記述を刻んだ。朴賛浩はこのほど、米国の「野球殿堂博物館」 (以下、野球殿堂)が発表した2016年の殿堂入り候補者16人に名前が上がっていることが分かった。東洋人選手が野球殿堂入り候補者に選ばれるのは、野 茂英雄(2014年の候補者)以来2人目だ。(中略)

 朴賛浩は大リーグ通算124勝98敗、防御率4.36、奪三振1715を記録した。成績だけを客観的に見れば、野球殿堂入りの可能性が高いとは言えない。

 しかし、大リーグでは珍しい東洋人選手として長年活躍し、東洋人投手の最多勝記録を持っているという点はプラス要素だ。
(引用ここまで)

 まあ、殿堂入りの候補選手となるだけでもけっこうな実績ですよ。
 でもま、パク・チャンホは得票率5%を獲得できずに1回目の投票で候補からさようならです。これは予言とかじゃなくて99%確実な予測。100%って言っちゃってもいいかな。

 殿堂入りの指標であるBlack Inkで殿堂入り投手の平均ポイントが40ポイント、同じくGray Inkの平均ポイントが185ポイント。これらの指標は例えば「ノーヒットノーランをやると○ポイント」というように実績が積算されていくものです。
 パク・チャンホはBlack Inkで3ポイント、Gray Inkで46ポイント
 論外です。

 野茂でBlack Inkが11ポイント、Gray Inkで88ポイント。
 こちらも無理。まあ、野茂は1回くらいは次回投票に持ち越されるかもしれませんが。
 東洋人で殿堂入りする可能性があるのはイチローくらいなもんですよ。
 松井ですら無理不可能。

 こんな風にマスコミが「もしかしたら期待できるかも」なんて書くのはむしろ酷ですわ。
 ちゃんとこんな風に数字を出して「パク・チャンホはがんばったが、殿堂入りは100%ない」って言ったほうが親切ですよ。そういう意味では中央日報の記事のほうがまともではあるかな。

Slugger (スラッガー) 2012年 06月号 [雑誌]Slugger (スラッガー) 2012年 06月号 [雑誌]
販売元:日本スポーツ企画出版社
(2012-04-24)
販売元:Amazon.co.jp