<フィギュア>大韓スケート連盟、「キム・ヨナの判定問題」結局放棄(中央日報)
> スケート連盟側は24日「ソチオリンピック女子フィギュア判定問題に関して国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴しないことにした」と伝えた。国際スケート競技連盟(ISU)は4日(日本時間)、公式ホームページに掲載した懲戒委員会の決定文を通じて大韓スケート競技連盟と大韓体育会が提起したソチ冬季オリンピック審判陣の構成問題に対する提訴を棄却した。 (中略)

大韓スケート競技連盟、体育会が今回の判定に対して控訴するには、決定文受信後21日以内、すなわち23日までにCASに行わなければならなかった。しかし今回の事案を主導的に進めていたスケート連盟は結局、CAS提訴をしないことを決めた。
(引用ここまで)

 おや、国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)には訴えなかったのですね。
 自尊心(実際には虚栄心)を満足させるためであればなんでもやる韓国人が訴え出なかったということは、もう結論が分かっているから……なのでしょう。

 CASでの訴訟はかなりの金額がかかることで知られています。
 我那覇は4500万円ほど寄付で募って、どうにか無罪判決を勝ち取ったのですよね。
 なもんで、以前に「私は違反をしていない! CASに訴えてやる!」と鼻息を荒くしていた女子ゴルフ選手とかも、そのままグダグダに。

 韓国スケート連盟の立場からすれば、キム・ヨナが引退してまともな収入なんてほとんど望めなくなるわけですから。
 数千万円をセーブできるのであれば自尊心なんて引っ込めるでしょう。どうせ自尊心なんて実際には虚栄心に過ぎないのですから。