楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

韓国人と数字

 相互RSS募集中です

韓国で喫煙率が7年ぶりに上昇した理由とは?

韓国の喫煙率、7年ぶりに増加(朝鮮日報)
 2009年から低下傾向にあった喫煙率が、昨年は7年ぶりに上昇に転じていたことが分かった。15年1月にたばこ代が4500ウォン(現在のレートで約430円、以下同じ)から一気に2000ウォン(約190円)も引き上げられてからわずか1年しかたっていないにもかかわらずだ。たばこ代が値上げされた直後、たばこの販売量は一時大きく減少したものの、最近再び増加に転じたことはすでに報じられているが、政府の調査で喫煙率そのものが上がったことも今回確認され、たばこ代値上げの効果が改めて議論となりそうだ。

 疾病管理本部が全国254の市、郡、区の保健所で満19歳以上の成人22万8452人を対象に健康調査を行ったところ、昨年は男性の喫煙率が41.9%だったことが分かった。疾病管理本部が19日に公表した。 (中略)

 男性の喫煙率はこの調査が初めて行われた2008年には49.2%で、翌年は50.4%と最も高くなったが、その後は15年まで6年連続で低下した。とりわけたばこ代が値上げされた15年は前年に比べて3.8ポイントも下落し最低値を記録していた。

 今回の結果については複数の専門家が「喫煙率の上昇はある程度予想できた」と指摘する。毎月公表される企画財政部(省に相当)のたばこ販売量集計から、昨年はたばこの販売量が増加したことがすでに分かっていたからだ。年ごとのたばこ販売量は2014年の43億6000万箱から15年には33億3000万箱へと一気に減少したが、16年には36億6000万箱と前年に比べて10%増加していた。

 一部の専門家は「喫煙率が再び上昇したということは、たばこ代の値上げに伴う効果が思ったほど影響しなかったということ」と指摘している。高麗大学保健大学院のチェ・ダルウン教授は「国民はこれまでの4500ウォン以上に高くなったたばこ代に予想以上に早く適応した」とした上で「それでも海外と比較すれば相変わらず安く、たばこ代が高くて吸えないというほどではないことが改めて分かった」とコメントした。
(引用ここまで)

 2009年に一度上がった喫煙率が下がってきて、おととしは値上げに伴って大きく減少したものの去年は持ち直した。
 ふむ。
 さて、日本では収入が少ない層ほど喫煙率は増え、特に女性では200万円以下と600万円以上の層で3倍の差があることが知られています。

 2009年の韓国になにがあったかというと、グレートリセッションによる本格的な不況が襲い、経済成長率は0%台(0.71%)になった年でした。通貨価値がほぼ半減するという状況でしたね。
 IMF管理下に置かれた1997年以来の不況。
 翌年は中国の内需喚起に伴う中間材の大量輸入で持ち直したのですが。

 で、去年はさすがに0%台ではありませんでしたが、あれだけ金利を下げてかつ規制緩和をアホほどしたのに2%台後半が2年続いてしまいました。
 商売人の視線では「IMF管理下のときよりもよっぽど厳しい」という声も上がっているほどです。
 そんな中でたばこの販売量が10%上昇し、喫煙率も微増した。
 かつ宝くじの売り上げも上昇している。

 これだけで「明日を省みない韓国人が増えている」とするのは大げさかもしれませんが、「IMF管理下に置かれたときは『ここさえ過ぎればまだ希望が見える』と思っていたけど、いまはもう希望すら見えない」なんて声も聞かれます。
 韓国では「たばこをより多く購入する層」が増えているのかもしれませんね。

いまなら100円。
マンガでわかる統計学入門
滝川好夫
新星出版社
2014/12/5

 

「災害時に韓国政府の指示に従いますか?」 → 韓国人の答を数字にしてみると……

「災害時に韓国政府の指示に従いますか?」 予想外の調査結果(朝鮮日報)
 「さまざまな事故や自然災害に遭遇したときは韓国政府の指針に従う」と考える国民が予想以上に少ないことが分かった。成均館大学危険コミュニケーションセンターが成人男女1000人を対象に行ったアンケート調査によると「事件や事故、自然災害が発生したときは政府の指針に従う」とする回答は100点満点中46.2点だった。この調査は先月28−30日に満20歳以上の成人男女を対象に「絶対に従わない」を0点、「全面的に従う」を100点とし、回答をその間の平均点に換算する手法で集計が行われた。

 「事故や災害に関する情報は適切に受けることができると思う」は37.5点、「責任の所在究明といった対応はしっかり行われると思う」は34.7点といずれも低かった。また「さまざまな事故や災害のリスクは過去よりも高まっているか」との質問に「そう思う」と回答した点数は平均72.3点だった。
(引用ここまで)

 この記事を読んでいてふと思い出したのが、ソンウ・ジョンの「被災者はもっと声を上げよ」というコラムですね。
 当時、「被災者はなんでもっと騒がない」「いまは静かな秩序を保っているときなのか」みたいなことを書いていたのですが。
 韓国人のこういった「政府への指針には従えない」「適切な情報は政府からはもらえない」という部分の情緒が大きく出たものだったのですね。
 あの被災地の様子を見たら、それぞれのネイティブな感情が発露してもしかたないかな……とは思います。

 実際問題、韓国ではセウォル号沈没事故でも三宝デパート崩壊でも大邱の地下鉄火災でも、情報を知っているものから逃げていた。
 そして、実際に地震が起きてもまともな情報提供も行われない。なので「比較的安全なような気がする」ビニールハウスに待避する
 北朝鮮と戦闘行為があっても、住民は泊まるところがなくて近隣のサウナに退去しなくちゃならない(でも、大学教授はそれを褒め称える)。
 この数字はこれまでの知見が反映されているのでしょう。

 日本人だったら70点台後半から80点台に行くかなー。
 政府への信頼度の違いというか、いまは見えていなくても動いているはずという確信はありますよね。自分ならそうするから、という部分もあるか。

 韓国人がこういった感じで政府や自治体を信じないというのは李朝からの伝統であると感じます。朝令暮改というか、両班の気分で変わることも少なくない。
 それに対抗するために相互に情報を交換するための組織としてのウリができ、ナムを排除していったというのが「ウリとナム」、韓国人の言うところの「情(ジョン)によるつながり」ではないのかなと理解しています。

 それを実際の数字にすると政府への信頼度は50点以下、というのは得心のいく数字ですよね。
 なにが「予想外」なのかさっぱりですわ。 

 

韓国で宝くじ、カジノ、クレーンゲームが流行る理由とは?

不況で一攫千金狙うしかない? 宝くじやカジノ盛況=韓国(聯合ニュース)
 宝くじを主管する企画財政部の委員会は22日までに、数字選択式宝くじ「ロト」の昨年の販売量を約35億5000口と集計した。前年比9%増加し、過去最多を記録した。販売額も約3兆5500億ウォン(約3480億円)と、販売単価が2000ウォンから1000ウォンに引き下げられてからは最高となった。

 韓国で唯一、韓国人が利用できるカジノ「江原ランド」の売上高も年々増加している。2016年通期の売り上げなどはまだ発表されていないが、1〜9月の売上高は前年同期に比べ6%、当期純利益は4.5%、それぞれ増加した。通期も増収増益が見込まれる。

 射幸性の高い産業の盛況は、不況の裏返しとの見方がある。ある専門家は「賃金は増えないのに物価は上がり、庶民の経済的な苦しさが増しており、ロトや賭博を通じ比較的小さい元手で大金をつかむ夢を見るようになった」と分析した。特に宝くじやカジノは、ある程度の知識が必要な競馬や競輪に比べると単純で初心者も手を出しやすく、「大当たり」を狙う人が参入しているとする。

 500ウォンを入れて数万ウォンのぬいぐるみなどの景品を取るクレーンゲームの流行も、同じ流れといえる。クレーンゲーム専門店の数は2015年の21店から昨年11月には500店以上に増えた。

 専門家は「射幸性の高い産業の拡大と参加者の増加により、中毒者が量産される可能性が高い」と懸念する。中毒者が増えれば、社会的、経済な損失は不況以上だと指摘した。
(引用ここまで)

 調べてみると2015年の10月にも同じような記述がありました。
 その当時で宝くじ全般が前年同期比9.2%の売り上げ上昇。
 今回はロトのみですが、前年比で9%の売上高上昇を記録。

 統計として低所得であればあるほど、所得比で多くの宝くじを購入するという傾向にあることが知られています。
 また、「自分のステータスは貧しい」と感じる人間ほど宝くじを購入するということも知られています。
 格差を覆すことができずに固定されている社会の場合、宝くじや芸能界でタレントになるといった一攫千金に夢を託すことはそれほど非合理的ではないとも思うのですけどね。
 ブラジルでいえばファベーラからサッカー選手を目指すようなものですか。

 さて、韓国の社会全体で宝くじの売り上げが伸びているという事実は統計上、韓国人全体が貧困に陥りつつある……ということを意味しています。
 現状の韓国はアメリカと同じくらいに格差があり、それを覆すことができない社会になっているのでこの傾向も当然といえば当然かな。
 ま、その一方で「まだ夢を買うくらいの余裕はある」という言いかたもできるかもしれませんね。
 韓国でロトの当選金が青天井だった頃は、ロト購入に全資金を費やして人生終了なんてパターンもあったのですが。

宝くじ超当せんデータ「当たる人のルール」がわかった
女性セブン編集部
小学館
2010/11/7

韓国人「空気汚染がひどい……空気清浄機で測定しなければ……」 → 結果……

汚染物質濃度、表示はでたらめ=韓国で市販の空気清浄機調査(朝鮮日報)
 韓国で市販されている簡易室内空気測定機器や汚染物質濃度測定機能付き空気清浄機は室内空気に含まれている汚染物質の濃度を適切に測定できないという政府調査の結果が発表された。これは、環境部(省に相当)が「調査対象の簡易測定機器3製品と空気清浄機4製品は実際よりも粒子状物質濃度を51−90%低く表示するなど、精度が落ちることが分かった」と13日、明らかにしたものだ。簡易測定機器の場合、浮遊粒子状物質の濃度が実際には1立方メートル当たり181マイクログラム(100万分の1グラム)だったが、製品では17.7マイクログラムと表示され、総揮発性有機化合物(TVOC)の濃度を測定する3製品の場合、トルエンの濃度が1立方メートル当たり0マイクログラムのガスを注入したのにもかかわらず、1000マイクログラムと表示された、と環境部では話している。

 調査対象となった簡易測定機器は「SKTエアキューブ」「ケイウェザー・エアガード・ケイ」「ビットファインダー・ウェア」の3製品、空気清浄機はサムスン電子製「ブルースカイ」、LG電子製「ピュリケア」、コーウェイ製「アイ・オー・ケア」、シャオミ製「ミエア2」の4製品だった。国立環境科学院のクォン・ミョンヒ生活環境研究課長は「これらの製品は現在、市場占有率が高い製品ばかりだ。1000万ウォン(約100万円)する専門の測定機器とは違い、簡易センサーを利用した簡易測定器や空気清浄機で粒子状物質濃度を正確に測定するのは、現在の技術では不可能だ」と述べた。環境部は今後、これらメーカーに測定値を数値で出すのではなく、単純な汚染推移だけを表示する方向で改善するよう勧告する方針だ。
(引用ここまで)

 まあ、韓国人にとっては日常茶飯事。
 天気予報も、HIV検査キットもテキトーに答を出すだけ。
 放射線検知も同様で、そこに汚染物質濃度が加わったということです。

 韓国では中国からの汚染物質も濃厚でしょうし、自国の石炭火力発電所も相当な数あるので空気がけっこうひどいのですよ。
 つまり、かなりの需要があるので作ったのですが、技術が追いついていなかった。
 そもそもPPM単位のものを家庭用機器で計ろうということ自体が間違っているのですが……。
 まあ、それを無視して「需要に応えた」というだけですね。
 韓国ではごくごくありがちな風景。

単位171の新知識 読んでわかる単位のしくみ (ブルーバックス)
星田直彦
講談社
2005/6/20

「自分は社会的最下層」と考える韓国人が激増 → それが日本にとっても危険なわけ

約2割「自分は社会的最下層」 将来も悲観=韓国統計(聯合ニュース)
【社説】韓国人の半分が途切れた階層間移動はしごに絶望する(中央日報)
韓国統計庁が12日に発表した統計資料によると、所得・職業・学歴・財産などから社会における自身の位置がどこに属すると考えるかについて、6分類中の最下層に属すると答えた回答者が1994年には12%だったが、昨年は約20%に増加したことが分かった。一方で、中間層に属すると答えた人の割合は60%台から53%に下がった。

 位置が高まる可能性について悲観的に考える人が年々増えている。努力によって個人の社会的な立場が高まる可能性について、肯定的にとらえている人は1994年には60.1%だったのに対し、昨年は21.8%に落ちた。否定的にとらえている人は5.3%から62.2%に上昇した。
(引用ここまで)
昨年を基準に、子供世代の階層間移動の可能性について尋ねる質問に対し、すべての年齢で2人のうち1人が「悲観的」と答えた。10年前は10人のうち3人だった「悲観的」という回答がなんと5人へと急増した。このような内容で昨日、韓国統計庁が発表した「韓国の社会動向2016年報告書」は「土のさじ(貧しい者は貧しいままという意味の新造語)」だの「ヘル朝鮮」だの自嘲的な表現がわけもなく出てきたのではなく、国民が感じている韓国社会の断面を映しているものとみるべきだ。若いほどより悲観的という事実は衝撃的だ。30代の国民10人のうち6人が「私の子供は階層間上昇移動が難しいだろう」と答えたが、未来世代はいくら努力しても両親程度の暮らしも営みにくいだろうというあきらめに陥っていることを表わしている。

それなのに、国家を率いる政界と政府は適切な対応ができなかった。朴槿恵(パク・クネ)大統領はこれに先立ち、光復節祝辞で「自己卑下と悲観、不信と憎しみは決して変化と発展の動力になれない」と話して批判を受けたことがある。このように現実とかけ離れた朴大統領の認識も、最近国民が広場のろうそくを灯している背景の一つだとみていいだろう。
(引用ここまで)

 全韓国人の2割が「自分は社会の最下層に位置している」と考えている。
 これは怖い。
 実際に統計上に最下層にいるかどうか、というのはあまり関係ないのです。
 自己認識上で「自分は社会的最下層に位置している」という考え自体が危険。そして、そう考える人間が韓国で10年ちょっとで12%から20%に上昇した。
 かくして、チョン・チャンハンは靖国に向かいキム某君はシリアのIS支配地域に向かったというわけです。

 なぜなら、その最下層に落ちたが最後、「階層間移動はしご」がないから。
 あったとしても、そこにたどり着くまでにTOEICで800点以上、サムスン電子なら900点以上が必要。もしくは公務員になるくらい。
 それ以外にはスポーツ選手になるか、芸能人になるかくらいしか手はない。

 だからこそ若者の多くがろうそくデモに向かったという部分もありますかね。
 悪いのはパク・クネや一部の財閥だけであって、韓国人は優秀であるという前提は崩れていない。
 いまの政府だけが問題なのであって、そこさえ正せばなんとかなる。

 ま、一種の現実逃避だったのですね。
 でも、「世界4大革命を達成」しちゃったものだから、高揚感に包まれている。
 もっとも、なにも変わっていないのが現実なのですが。

爆発する韓国経済 (Voice S)
室谷克美
PHP研究所
2016/11/28

韓国の老人貧困率がOECD1位 → 韓国政府「対策として指標を変更しよう!」 → 結果……

高齢者の貧困ОECD1位を誤魔化そうとする韓国政府(ハンギョレ)
 保健福祉部が、韓国の高齢者の貧困率の統計が現実よりも高く出る傾向があるとして、新しい高齢者貧困指標の開発に乗り出した。政府が、実際の高齢者の貧困問題を軽減するために、老後の所得を増やす対策に力を入れるよりも、統計基準を変えて数値を下げるのに没頭していると批判されている。現在、韓国の高齢者貧困率は、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で1位だ。

 13日、福祉部と国策研究機関の韓国保健社会研究院の担当者の話によると、福祉部は今年2月保健社会研究院に「韓国の高齢者貧困の実態分析と所得保障の方案」をテーマにした研究を依頼した。この研究の主な課題は、「従来の高齢者貧困率の指標以外に、高齢者の所得と財産保有現況など、韓国の特殊性を反映し、高齢者の貧困の実態を正確に把握できる指標の開発」である。 (中略)

OECD資料によると、韓国の高齢者貧困率は49.6%で、比較対象34カ国(国別、2012年あるいは最新値基準)の中で最も高い水準であり、OECD平均(12.4%)の4倍に達する。政府は、韓国の場合、住宅を保有している高齢者が多いため、OECDのように現金収入だけを基準にすると、貧困率が実際よりも高く出ると見ている。したがって、住宅などの資産が世帯所得に与える影響を考慮した対案的な指標の開発に乗り出す必要があるということだ。 (中略)

基準を変えても高齢者貧困率があまり変わらないという分析結果の報告を受けたことが確認された。保健社会研究院の幹部はハンギョレとのインタビューで「昨年、政府の要請で高齢者世帯が保有している不動産を現金収入に換算した場合、貧困率に及ぼす影響を分析したところ、影響があまり大きくないという分析結果が出たため、政府に報告した」と語った。保健社会研究院の内部分析報告書には、韓国の高齢者の不動産保有率が他の国に比べて、高いとも言えないという内容も盛り込まれていたことが分かった。

 専門家たちは、韓国の高齢者貧困率が他の国に比べて圧倒的に高い理由は、公的年金制度が整っていないためと指摘する。高齢者世帯の所得項目別の割合を見てみると、韓国は公的年金の割合が16.3%に過ぎないが、OECD加盟国の平均は58.6%に達する。一方、勤労所得の割合は、韓国が63.0%であるのに対し、OECD平均は23.9%だ。高齢者になった後も、勤労所得に依存している割合が高いため、貧困のリスクに陥りやすいのだ。
(引用ここまで)

 面白い。
 以前もイ・ミョンバク政権で前年同月比で上昇を続けていた物価指数を安定させるために、物価統計で扱う品目を変更していましたね。本来であれば品目変更は定期的に行うものなのですが、それをかなり前倒しして導入していました。
 無償給食を実行したのも見た目の物価を下げるためと噂されていましたね。

 それと同じようにして、「老人貧困率OECD1位」という悪名を返上するために、貧困率の算定方式を変えることを提唱しようとしているというわけです。

 韓国人にとってもっとも大事なものはメンツであるとされています。
 そして、朱子学を重んじる韓国では「老人は大事にされるもの」という建前があるのです。
 なので、韓国人にとって「老人貧困率世界1位」というのはメンツを損なうものと思われるのですよ。

 そこで、こうして小手先の改変で実態を変えられないまでも、数字だけはどうにかしてやろうという前向きな方策を試みた、ということですね。
 数字を変えることができ、ランキングを上げることができれば実態なんかどうでもいいのですよ。
 ACT、SAT、TOEICや修能試験の点数がよければ手段はどうでもいいという韓国の風土をそのまま反映していますね。

 最大の問題はその変更した算定方式であっても、さほどの改善は見られなかったというくらいなものですか。



韓国の汚職清廉度、まったく変化なし……しかし、今年からは汚職防止法案ができて……?

韓国の「汚職清潔度」37位 改善進まず=日本は18位(聯合ニュース)
Corruption Perceptions Index 2015(TRANSPARENCY INTERNATIONAL)
 汚職問題に取り組む非政府組織(NGO)「トランスペアレンシー・インターナショナル」(本部ドイツ・ベルリン)は27日、各国の公的部門を対象とした2015年の「汚職指数」を発表した。

 韓国の「清潔度」は100点満点中56点で、168カ国・地域のうち37位と前年の43位から順位を上げた。汚職指数は、公的部門の腐敗に関する専門機関のデータなどを反映し、各国の清潔度を数値化したもの。

 同NGOの韓国本部はただ、順位が上がったのは調査対象が前年の175カ国・地域から減ったためで、大きな意味はないと説明する。また、指数も前年から1点上がったものの、08年の5.6点(10点満点)以来7年にわたりほぼ改善が進んでいないと指摘した。

 昨年は公務員らに対し金品のやりとりを厳しく禁じる法律が制定されるなど肯定的な変化があったとしながらも、自殺した建設会社前会長が政治家に金銭を渡したとされる問題が波紋を呼び、さらには防衛事業をめぐる汚職が発覚し、国民に衝撃を与えたと説明した。

 清潔度1位はデンマーク(91点)、日本は18位(75点)。最下位には北朝鮮とソマリア(各8点)が並んだ。
(引用ここまで)

 毎年、1月の終わりから2月にかけて出る「汚職清廉度ランキング」。
 いつも定点観測するつもりで忘れてしまうので、気がついたときにピックアップしておこうというヤツ。
 おそらく何度か引用することになるでしょうし。

 記事中にあるように、韓国は2008年の調査開始時からほとんど点数が変わっていない。
 改善されていないのですね。
 OECD加盟国の平均が67.2点で、韓国は55点前後をうろちょろとしている。

 ただ、今年は大きなトピックがありまして。
 そう、例の公務員への5万ウォン以上の付け届けを禁止した「キム・ヨウンラン法」が施行されるのです。
 これがどう評価されるかっていうのが、ちょっと見所というのもあります。

 韓国では贈り物が一般的になりすぎていて、キム・ヨウンラン法で「内需がしおれてしまうのでは?」といわれるくらいの状況……ではあるのですが。
 それでも5万ウォン、ざっと5000円以下の贈り物であれば自由ということでもあるのですよ。
 最初に「韓国で『贈り物』がついに禁止される!」って聞いたときには「おお、これでようやく近代の最中を潜り抜けて、まともな国家を形成できるようになるのかな」とかちらと思ったのですが。
 直後に「5万ウォン以上は禁止」というのを聞いて。「ああ、やっぱり韓国は韓国のままなのね」という苦笑いしたものです。
 まあ、それでも公務員にとっては大きな変化であるのは間違いないのですが。
 この「贈り物」という風習は、いわゆる「ナム」である他人が、コネクションを作って「ウリ」の一員になるための大きな武器だったのですよね。
 それが禁止……ではなく、金額制限されることでどんな副作用が出るのかちょっと楽しみなのです。

お中元 御中元 ハム ギフト 【送料込】ハム 詰め合わせ セット 5FB【国産】 ゴールデンポーク サイボクハムウインナー ロースハムお中元 内祝い お返し 【楽ギフ_名入れ】
お中元 御中元 ハム ギフト 【送料込】ハム 詰め合わせ セット 5FB【国産】 ゴールデンポーク サイボクハムウインナー ロースハムお中元 内祝い お返し 【楽ギフ_名入れ】

韓国社会:「もはやがんばっても階級を上がることはできない」と考えている韓国人が約80%……

「階級上昇」が可能と考える韓国人は10人のうち2人だけ(ハンギョレ)
 自分の努力で社会経済的地位が上昇できると考える国民がますます減って、今年は10人のうち2人にとどまることが分かった。所得・資産の不平等が深刻化し、もはや本人の努力や能力では下流階級から中流階級、上流階級に上っていくのが難しいと判断する国民が増えている。

 統計庁が26日に発表した「2015年社会調査の結果」によると、「生涯努力を続けると、本人の世代で社会経済的地位が上昇する可能性が高いと思うか」という質問に21.8%だけが「はい」と答えた。 「可能性が低い」と回答した割合は62.2%で、「分からない」は15.9%だった。階級移動の可能性が高いという回答は、調査が初めて行われた2009年には35.7%だったが、年を追うことに(2011年28.8%、2013年28.2%)低くなっている。統計庁は13歳以上の3万9000人を対象に調査を実施している。

 より大きな問題は、本人だけでなく、次の世代でも事情はあまり変わらないだろうと思っている点にある。子世代の階級移動の可能性についても31%だけが「高い」と答えた。この割合は、2009年の48.4%から6年間で17.4%ポイントも下落したものだ。

 “階級上昇のはしご”が崩れたという認識は現実と大きく変わらない。韓国保健社会研究院が今年1月に発表した資料によると、下流階級出身者が中流階級以上になった割合は、昨年22.6%で歴代最低水準だった。「私が作る福祉国家」のオ・ゴンホ共同運営委員長は、「階級上昇がますます難しくなっている原因は、福祉政策が脆弱な状態で、仕事の質が落ち、高齢者の貧困が深刻化したせいだ」と指摘した。
(引用ここまで)

 「経済的に階級を上がることができる」と考えている割合が、実際に働いている世代では3人にひとりから5人にひとりへ。
 子供の世代では2人にひとりから3人にひとりへ。
 最初に記事をみたときに「ああ、高度成長の時代から現在でそんなに減ったんだぁ」とか思っていたのですね。
 違ってた。

 たった6年間でこの変化でした。

 「子世代」というのが、統計上ではどういう年齢なのか記事中に言及がないのでいまひとつ分からないのですが。
 まあ、「13歳以上の意識調査」とあるので中学生以上の学生であるとしておきましょうか。
 実務を経験していない世代ですでに「いまの階級は固定されているか、もしくは下がるだけだ」と考えているのがほぼ7割に達しているわけですね。

 で、実務を経験している世代ではそれが8割に達している、と。
 これは厳しいなぁ……。
 「階級を上がることができる」、言葉を換えてみれば「がんばればあるていどの富をつかみ、幸せに暮らすことができる」ということですから。
 がんばろうがなにをしようが、この国では幸せになれないという考えが蔓延してしまっている。
 つまり、「この階級がすでに一生のゴール」であると。
 人口ボーナスの枯渇がはじまった国でこの認識はきついですね。

 こういう世界だと若い世代は暴力デモを是認したりするようになるのだろうか……。


最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
亜人ちゃんは語りたい 5巻
ローグ・ワン/スターウォーズストーリー
Blu-ray+DVD+デジタルコピー版
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ