楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

韓国代表

 相互RSS募集中です

韓国が中国に敗れてW杯最終予選A組2位は3チームが争う混沌状況、勝ち点18前後でワールドカップ進出か? シミュレーションしてみた

<W杯サッカー>韓国、中国に敗れる…容易でない本大会行き(中央日報)
韓国はこの日の敗戦で3勝2敗1分け(勝ち点10)となった。シュティーリケ監督はW杯本大会直行のために「勝ち点22」獲得を目標にしているが、この日の敗戦で本大会への道のりは険しくなった。目標を達成するには韓国は残り4試合を全勝で終えなければいけない。カタール戦(6月13日)、ウズベキスタン戦(9月5日)がアウェーであるうえ、難敵イランとのホーム試合(8月31日)も残っている。

一方、中国は3敗2分け後に初勝利をつかみ、W杯本大会進出へのわずかな望みをつないだ。韓国は中国と32回対戦し、2敗目(18勝12分け)を喫した。2010年の東アジアカップ(0−3敗)以来7年ぶり、2回目の敗戦だ。 (中略)

一方、同じ組のウズベキスタンはこの日、アウェーでシリアと対戦し、0−1で敗れた。ウズベキスタンは3勝3敗(勝ち点9点)となった。
(引用ここまで)

 さて、中国に衝撃の敗戦を遂げてしまった韓国代表ですが、韓国国内では「このままでは2位以内も危ない」という論調が出てきました。
 実際にどんなもんかというのをチェックしてみましょう。現在のところ、イランはほぼ突破決定。
 2位争いは勝ち点10の韓国、勝ち点9のウズベキスタン、勝ち点8のシリアに絞られてきていると思われます。
 それぞれの対戦相手を見てみましょう。

●韓国 勝ち点10
 03/28 シリア(H)
 06/13 カタール(A)
 08/31 イラン(H)
 09/05 ウズベキスタン(A)

●ウズベキスタン 勝ち点9
 03/28 カタール(H)
 06/13 イラン(A)
 08/31 中国(A)
 09/05 韓国(H)

●シリア 勝ち点8
 03/28 韓国(A)
 06/13 中国(H)
 08/31 カタール(A)
 09/05 イラン(A)

 それぞれカタール、イラン戦を残していて、ここでそれぞれイランが勝ち、カタールが負けるという想定で勝ち点3を計算しましょうか。いや、実際は分かりませんが。まあ、そういう想定で。

 韓国はシリア戦で勝てば勝ち点16で最終戦のウズベキスタン戦を迎えられます。
 ウズベクはイランに負けてカタール・中国に勝つとして、勝ち点15で韓国戦。
 シリアは韓国戦に引き分ければ勝ち点15までは見えています。おそらく1位抜けしているであろうイラン戦がアウェイなのがきついところですね。さすがにホームのイランで勝ちを計算するのは厳しそう。

 つまり、韓国は28日のホーム開催のシリア戦で引き分け以下だと本当にやばいことになりそうです。
 この場合、勝ち点14(負ければ12)で最後のアウェイのウズベク戦に臨むわけです。
 逆にシリアに勝てば勝ち点16でウズベキスタンを上回って、余裕を持って戦える。

 韓国は最後まで予選を楽しめそうです。
 リーグ戦で下位にいる勝ち点供給機に負けると、一気に苦しくなるというのがよく分かりますね。直接対決で負けるのとほぼ同じダメージとなるわけですから。
 シリアも初戦でカタールに負けたのがここまで響いているわけです。
 そういうわけでキャスティングボートは中国とカタールが握っているといっても過言ではなくなってきました。

 まあ、ありそうなシナリオはウズベクがカタール戦、中国戦のどちらかでヘタこいて韓国が楽になるってパターンかなぁ。
 今回のシリア戦でもそうですが、本当に堪え性がないのですよね……。

ワールドカップがもっと楽しめるサッカー中継の舞台裏 (角川SSC新書)
村社 淳
KADOKAWA / 角川マガジンズ
2014/6/13

WBC速報:韓国代表、イスラエル代表に負けてファーストラウンド脱落濃厚

 YouTubeでやってた中継見ていたんですが……ひどい試合だった。
 イスラエルに満塁から押し出しで先制点。その後、満塁機を2回与えるもののなんとか失点はなし。
 韓国の攻撃は失敗に次ぐ失敗で5回にタイムリーで1点のみ。
 8回途中からオ・スンファン投入でなんとかピンチをしのいだのですが、韓国も得点なしで延長突入。
 延長突入って時点で「おいおい」って感じでしたが。

 10回にイム・チャンヨンが登板して、タイムリー打たれて勝ち越されて10回裏も三者凡退で終了。
 残る希望はオランダ、台湾。両方に勝ってプレイオフになる……ってくらいかなぁ。
 アンティル出身の選手が多数いるオランダに勝つのは相当に難しいと思いますけどね。

 イスラエル代表っていってもマイナーリーグ所属のユダヤ系アメリカ人ばっかりですから、こうなっても不思議はなかったのですけどね。
 まあ……お疲れ様でした。 

WBC 侍ジャパンの死角 (角川書店単行本)
高代延博
KADOKAWA / 角川書店 
2013/8/15

韓国代表、スペイン代表にまったく通用せず! 動画で比べても動きの質の違いが明らかに……

衝撃…スペインが韓国をコテンパンに、全ゴールを見る(QOLY)
<サッカー>韓国代表“沈没”…「無敵艦隊」スペインに1−6で大敗(中央日報)
サッカー韓国代表が「無敵艦隊」スペインに完全に沈められた。

シュティーリケ監督(62)が率いる韓国代表は1日(日本時間)、オーストリア・ザルツブルクのレッドブルアリーナでスペインと評価試合を行い、1−6で大敗した。最初の失点後に守備が崩れ、ミスを連発した。数少ないチャンスを迎えても一発を決められなかった。

序盤はスペインを相手に善戦した。前半7分、孫興民(ソン・フンミン)が南泰煕(ナム・テヒ)からパスを受けて左足で鋭いシュートを放った。ゴールは外れたが、スペインを緊張させるプレーだった。前半22分には黄儀助(ファン・ウイジョ)が相手ペナルティーエリア正面からタイミングよくシュートを試みたが、ボールを正確にとらえることができなかった。黄儀助は何度かチャンスをつかんだが、得点に結びつけることはできなかった。

韓国代表は前半、ボール支配率が46%と、スペインに大きく劣らなかった。有効シュートも3本と、スペインの5本と大差はなかった。勝負を分ける得点力の限界が改めて指摘される。スペインは違った。一発で韓国の集中力を崩し、執拗に攻めた。
(引用ここまで)

 スペインの4点目くらいまでは記憶があるんですが、その後はさっぱり……たぶん、寝落ちしてましたね。
 なので試合後にユニフォーム交換があったのかどうかとか、すっかり見られませんでした。
 とにかく試合が圧倒されすぎててつまらない。通用する場面がミリほどもない。
 スペインにとってはちょうどいい身体慣らしになったんじゃないでしょうか。怪我もありませんでしたしね。
 やっぱりユーロ直前の代表は仕上がってるなぁ……。
 日本は2004年だったかのユーロ直前の試合でイングランドと戦って引き分けたことを覚えていますが、やっぱりあれは快挙と言ってもいいレベルだったのですね。
 ……あれでジーコを勘違いしちゃったって面もあるか。

 さてここ数年、韓国代表の守備のひどさが重ねて指摘されていましたが、強豪と戦うと如実に弱点が分かります。
 かといって代表の半分が中東・中国欧州組は出番なしの状況じゃ経験値を積み上げることもできない。
 詰んでいるっぽいなぁ。

 QOLYのほうに7点分のゴールシーンが全部あって韓国のゴールも見られるのですが、とにかくボール処理の速度が全然違う。
 韓国にとって最良の動きであったはずのゴールシーンですらスペインの攻撃を見てると遅さを感じます。
 すぺてがワンステップ多い。
 あれを90分見させられるのは、韓国人にとってはちょっとした拷問だったんじゃないでしょうか。
 とにかくスペイン代表に怪我がなくてよかった。


「韓国代表のソン・フンミン放出は信じられないほどにいいビジネスだった。うちはより良いクラブになったね!」とレバークーゼンSD談

ソン・フンミンの移籍金に感謝するレヴァークーゼンSD 「チームを強くできた」(Goal.com日本語版)
CL出場権を獲得したことで選手が集まる一方、好成績を上げればさらなるビッグクラブからプレーヤーたちを狙われることになる。だがフェラーSDは、トッテナムへ移籍した韓国代表FWのソン・フンミンを引き合いに出し、主力選手の放出がチームのクオリティーを向上させる場合もあると話している。

「尋常ではないほどの高額なオファーが届けば、それを受け入れるのもレヴァークーゼンの歴史だ。去年のソン・フンミンが良い例だね。トッテナムが支払ってくれた大金で我々は(ケヴィン・)カンプルとチチャリート(ハビエル・エルナンデス)を獲得できたんだ。未だに信じられないよ」

「ソンに対してネガティブなことを言うつもりはない。だが事実としてチームはより良くなったんだ。これからも良い取引があれば受け入れるだろうね。もっとも、反対に非常に痛い移籍もあり得るけどね。ベルント・レノが移籍したとすれば、もちろん喜ぶことはできなかっただろうね」
(引用ここまで)

 「ベルント・レノが移籍したとすれば、もちろん喜ぶことはできなかっただろう」けど、ソン・フンミンを2200万ポンドで売り払えたのは喜ばしいってとこですね。
 守備力ゼロのフォワードをフィールドに置いておくよりは戦術の幅も増えたでしょうし。
 なにしろ「ブンデスリーガでもっともキュートなプレイヤー」であるチチャリートをまかなえたのは大きいですわ。チチャリートがソン・フンミンの1/3で獲得できたっていろいろおかしい。
 マンチェスターユナイテッドはどうしてああなっちゃったんだろうなぁ……。

 さて、韓国代表もワールドカップ最終予選に向かって強化試合を組んでいます。
 先日、代表メンバー20人が発表されたのですが。
 中国クラブから4人、中東から5人(カタール3人、サウジ、UAE各1人)。Kリーグから3人、Jリーグから2人。
 いわゆる「ヨーロッパ4大リーグ」からはチ・ドンウォン、ホン・ジョンホ(ともに独)、ソン・フンミン、キ・ソンヨン(共に英)の4人だけ。あとは英2部とルーマニア1部。
 中東、中国所属でほぼ半分とか、日本とはだいぶひどい差がついたもんだ……。

 でも、ヨーロッパでスペイン、チェコと連戦はちょっとうらやましいかな。



サッカー韓国−イラン戦、「キーパーチャージを取られなかったから誤審」だそうです……20世紀にはなくなってるよ、そのルール

<サッカー>韓国、またイランに敗れる…アウェー4敗2分け(1) (2) - (中央日報)
サッカー:韓国、誤審騒動の末にイランに敗れる

勝負は体力が落ちた後半終盤に分かれた。アーク正面で許したFKからネクナムが右足で蹴ったボールが左側と右側のゴールポストに順に当たってこぼれたとこ ろ、アズムンが走りこんで頭に決めた。アズムンがGKの金鎮鉉(キム・ジンヒョン、27、セレッソ大阪)と接触して倒す場面があったが、審判はキーパー チャージの反則を認めなかった。
(引用ここまで)
 均衡が破れたのは後半37分。ネクナムのFKがポストに当たって跳ね返ったところをGK金鎮鉉が取りに行こうとした瞬間、アズ ムンが頭と体で金鎮鉉を押し、ボールがゴールイン。GKへのチャージに当たる動作だったがウズベキスタンの主審はファウルを取らず、ゴールはそのまま認め られた。
(引用ここまで)

 なつかしいな、キーパーチャージ。
 どのくらい前になくなった規定でしたっけ?
 うちの記憶では前世紀にはキーパーチャージはなくなって、普通のフィールドプレイヤーと同等の扱いになったはずですが。

 韓国の中ではまだキーパーチャージが存在するらしいので、その世界では「誤審」だったり「偏った判定」だったりするのでしょうが、一般的な世界基準ではなんの問題もなくゴールです。



 イランの選手は完全にボールに行ってますし、衝突もヘディングのあと。あれをキャッチにいこうというほうが間違ってますわ。
 腕を伸ばしてパンチングで逃げないと。

 おまけに終了寸前〜アディショナルタイムにかけてイランのちょっとした挑発に乗っかって乱闘騒ぎを起こして時間を無駄にするし。



 2:30秒くらいから。
 負けてる側なのに。
 まんまとそういうイランの戦略……というかマリーシアに乗っかって負け。

 で、「また韓国は誤審に巻きこまれた!」みたいな話をすると。アジア大会の記憶もまだまだ鮮明なのに。
 自業自得もいいとこですわ。

 韓国国内では「因縁のイラン戦!!」として盛り上がっていたようですが。残念なことにケイロス監督は「韓国代表なんかと親善試合したって意味ないよな」とまで言っていたという。
 まあ、ホームで勝ちが計算できる相手というくらいなものだと思われていて、実際にその通りだったというオチですね。

うわっ……韓国代表の作戦、せこすぎ? 親善試合でニセ背番号採用、しかもガーナに大敗

せこすぎ!? 韓国代表、親善試合で「ニセ背番号」 対戦国のかく乱狙い(サンスポ)
サッカーW杯:ニセ背番号をつけた韓国代表、ガーナに惨敗


 背番号入れ替えが効くのであれば、そのていどの知名度だからってことなんでしょうが。
 さすがに他国のスカウティングシステムだってそんなにダメじゃないでしょ。

 韓国ではそのくらいで効いてしまうのかもしれませんけどね。
 そもそも作戦って自分たちのレベルにあった作戦を行うものなのですよ。
 こういう「作戦」を考えるときに、「こりゃないわー」って思うようなものは採用されませんよね。逆に「これはいけるんじゃない?」って思うようなものであれば採用される。
 つまり韓国代表にはこの「作戦」が効くのでしょう。

 バレーボールでこういう作戦を日本の女子代表がやっていましたが、あれは選手の入れ替わりやポジションチェンジ、得点の行き来が激しいゲームだっていう特徴があればこそですよね。
 比較的、選手の交代が少なく戦術でポジションがあるていど固定されているサッカーには通用しないんじゃないかなぁ……。

 で、挙句の果てにガーナに0-4で大敗。
 ガーナは9回シュートで4ゴール。韓国は12回シュートするものの枠内ゼロ。

 今年に入って親善試合を6試合。3ゴールで11失点。 
 日本は超攻撃サッカーになって、「点は取られるけど、それ以上に得点する」というやりかたを貫いているのに対して、韓国は「点を取らないし、取られる」という敗北主義サッカーを貫いているようです。

敗北主義~雨宮留菜 [DVD]
雨宮留菜
claris
2014-04-04


韓国代表のいるグループHはどうなる? ワールドカップ予想をいろいろ集めてみた

 日本代表に対する予想はそこそこ報じられていますが、韓国代表への予想もちょっと集めてみようかなと。 韓国代表というよりはグループHですけどね。

 ゴールドマンサックスやヴェンゲルの予想はすでにエントリにしていますが、それも含めて大元のソースにリンクしています。

アーセン・ヴェンゲル  ロシアとベルギーが抜ける
ジョゼ・モウリーニョ  ロシアとベルギーが抜ける
イビチャ・オシム    ロシアとベルギーは天国のグループにいる
CBSSports        6人中5人がベルギーとロシアの勝ち抜けを予想
ESPNFC        5人中4人が韓国の脱落を予想
ゴールドマンサックス  ベルギーとロシアの勝ち抜けを予想
Bloomberg       ロシアとベルギーが抜ける
ロイター         ベルギーとロシアの掛け率が低い

 こうして見ると3位予想が多いですね。
 FOX SPORTSだったかにアルジェリアが韓国の成績を上回っても驚くべきことではないという記事があったような気がしたのですが、見つからないなぁ……。

 ま、妥当なところではないかと思いますよ。


 

マインツ岡崎慎司2ゴール! 影の立役者は韓国人ク・ジャチョルの……

ホッフェンハイム 2-4 FSVマインツ05(Yahoo 海外サッカー)

 この試合、スカパーとかで見ていた人いませんかね?
 ドイツ・ブンデスリーガで岡崎の所属するマインツ(A) - ホッフェンハイム(H)の試合でした。すさまじかったです。

 後半20分くらいまで2-0でマインツが負けていました。
 後半22分に1点を返したものの、全体的に攻撃が停滞している状況だったのです。
 1月からマインツに加入したク・ジャチョルが中盤にいて、ドリブルでこねてこねて前線にボールを供給しないのなんの。
 マインツはこれまで岡崎にボールを預けることでゴールを産み出してきたクラブで、ク・ジャチョルが加入してからこっち、それまでの連動性が封じられていたのです。

 で、マインツのク・ジャチョルが後半26分に交代した途端、2分後にマインツのサラーが同点ゴール、さらにその2分後に岡崎がシーズン2桁得点となる逆転ゴール。
 さらにアディショナルタイムに11点目のだめ押しゴールで、結果2-4の大逆転勝利。
 なんとマインツはCL圏内も視野に入ってきてしまったのです。

 いや、もう本当にク・ジャチョル邪魔。
 マインツにとって必要ないプレイヤーが誰であるのか、きっちり理解できてしまった試合だったと思います。

ザッケローニの言葉
遠越 段
総合法令出版
2014-02-28

 
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
亜人ちゃんは語りたい 5巻
ローグ・ワン/スターウォーズストーリー
Blu-ray+DVD+デジタルコピー版
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ