楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

韓国名:羅老

 相互RSS募集中です

羅老ロケット:今度こそ打ち上げを成功させたいと祈る韓国マスコミ

【社説】韓国ロケット「羅老」、今は努力の結実を見る時(中央日報)
韓国初ロケット「羅老」 予定通り26日午後に打ち上げ(中央日報)
発射台に運ばれる羅老号(朝鮮日報)
> 核心技術の一つである1段目ロケットの製造技術がなく、2億ドルでロシアから購入したとはいえ、残りはすべて韓国の科学者が産学研の技術オーケストラを通じて成し遂げた成果だ。 大韓航空は組み立てを、ハンファは火薬を、韓国ファイバーは機体と特殊素材の開発を担当し、宇宙軌道に乗せる小型衛星はKAIST(韓国科学技術院)人工衛星センターが製作した。 宇宙ロケット打ち上げのための準備自体が韓国の科学技術の発展につながる過程だった。 宇宙強国に比べて技術・予算・人材がすべて不足している韓国科学界がここまできたことだけでも大変な成果だ。 科学者の執念と情熱のおかげだ。

 「羅老」打ち上げは韓国科学界の長い間の夢だった。 韓国科学界のプライドがかかった課題であり、韓国の未来を率いる新しい産業を開拓する道でもある。 どんなことがあっても宇宙開発が継続される理由だ。
(引用ここまで)

 うーん、KSLV-Iで1段目以外の技術があったからってなんだってんだろうってのは禁句なんだろうなぁ……。
 8年後だか10年後だかに予定しているKSLV-IIにつながる技術なんて、フェアリングのノウハウくらいだろうに。
 キックモーター部分もロシア設計で基本は製造だけって話だし。そうじゃなかったら、1段目との接続ができるわけないですしね。

 というかですね。
 3つめの朝鮮日報の記事なのですが、製造棟から打ち上げ場所までこんな曲がりくねった山道をわざわざ運搬しなくちゃいけない理由がさっぱり分かりません。
 画像を見るだに、元々がそういう設計思想で作られた施設のようなのですが。

narospacecenter

 NASAのケネディ宇宙センターならほぼ直線で巨大キャリアによる運搬だし、JAXAの種子島は射場のすぐ横に組立棟があります。
 どんな理由でこんな風な設計にしたのやら……。
 打ち上げ用の支持タワー(下にある青い部分)込みで運んで、射場で立ち上げるという方式っぽいですね。

 ちなみに1回目、2回目と2段目の不具合で失敗に終わったKSLV-Iの打ち上げですが、3回目はもしかしたら1段目に問題が出るかもしれません。
 というのも、ここのところロシアの打ち上げは失敗続きなのです。
 2年くらいで10基くらい軌道投入に失敗していまして。去年もISSへの補給船の打ち上げ失敗がありました。ものすごい安定していたロケットなのですが。
 もう、本当に絶不調。根本的に問題が生じているとしか思えないのです。

 その上、今回は成功しようと失敗しようと、あとには続かない商用ロケット。
 韓国はKSLV-IIの独自製造を高らかに謳っていますから。独自技術で製造するのですけども、エンジンの設計はウクライナ製ですし、ロシアはその燃焼試験の手助けすらしようとしていない
 ロシアがこの打ち上げにかけるモチベーションって欠片もないのですよね。信頼性を高めたいっていっても、失敗したところで「これまでと同じで2段目が!」って言えますし(笑)。

 まー、成功するといいですね。成功したところで韓国がなにか得られるってわけもないのですけども。

アンガラロケット試験3号機こと羅老3号機、10月26日にも打ち上げ予定……えーっと中身は?

速報:人工衛星搭載ロケット「羅老」の3回目打ち上げ 来月26〜31日(聯合ニュース)
“もう失敗はない” 韓国初の宇宙ロケット「羅老」、来月3度目の挑戦(中央日報)
韓国の人工衛星搭載ロケット 来月26日にも打ち上げ (聯合ニュース)


 正直、速報を出すほどのニュースなんでしょうかね。
 ……まあ韓国的には今度失敗したら、今後10年は自国打ち上げができなくなる瀬戸際なのですから騒ぐべき話なのか。
 トップ10大好きの韓国としては、衛星打ち上げを行う10番目の国であるかどうかは大きなトピックスなのだろうなぁ。
 今回失敗したら、北朝鮮かブラジルあたりが10番目の国になってしまいますからねぇ。

 26日が本命で、27-31日が予備日。
 ……というか、どのニュースを見てもさっぱりなにを打ち上げるのか分からないっていうね。
 ま、中身には興味がなくて「自国打ち上げのできる宇宙開発強国」に加わりたいっていう自尊心(実際には虚栄心)ばかりが前に出ているさまがよく分かります。

ロシア「アンガラロケットは問題ない。2回目の打ち上げ失敗も韓国側の責任だ」

ロシア「羅老号打ち上げ失敗にわれわれの責任はない」(中央日報)
「羅老再打ち上げ失敗の責任はない」ロシア側調査委(9月1日) - (聯合ニュース)

 下の記事はクリックすると動画が自動スタートするので気をつけてください。
 んで、ロシア側の見解としてフルニチェフ社の製造した1段目、すなわちアンガラロケットには異常はなし。1回目の打ち上げと同様、韓国側の失敗であるということを表明したわけですね。
 さて、これで3回目の打ち上げがあるのかないのか。
 ちなみに韓国側は「ロシア側の勝手な言いぐさで我々は認めていない」と反発していますが、さてはて。

 というか韓国側の独立調査団も「2段目に搭載されていた自爆装置の誤動作」って結論を出しているのですよ。
 それを認めていないのは韓国の当事者だけっていうね。

ナロことアンガラロケットテスト、ロシア側からも3基目製造のコメント

羅老号:1段目ロケット、ロシア側が負担へ(朝鮮日報)
 羅老の1段目ロケットを製作するロシアのクルニチェフ国家研究生産宇宙センターのウラジミール・ネステロフ社長はこのほど、ロシアでの現地メディアのインタビューに対し「羅老の3回目の打ち上げに必要な1段目ロケットの製作費用はロシアが負担する」と語った。

 同社長はまた「韓国に提供した1段目ロケットは、ロシアが開発している次世代の『アンガラ・ロケット』の重要構成部分で、同ロケットの打ち上げ実験は2013年だが、羅老打ち上げと同時に実験は始まった」と述べた。

 発言は「韓国が2億ドル(約164億円)もの資金を払い、ロシアの未完成ロケットの開発試験場の役割をさせられている」との韓国の一部専門家の指摘を認めるもので、今後論議を呼びそうだ。
(引用ここまで)

 まあ、これはいくらなんでも決まりかなぁ。
 これまで韓国側からだけ何度何度何度何度も「打ち上げはする」って話があって、その度にロシアは完全沈黙で面白かったんですけどね。

 でも、これって正直なところロシア側に利がない話じゃないですから。
 出力制御したモンキーモデルとはいえども、新規開発エンジンのテストが3回も実地打ち上げでできるなんてことはそうないですよ。しかも、金を出してもらって。

 1週間ほど前のロコットロケットもも久しぶりに失敗していますし。
 これからのアンガラロケットの商業打ち上げを考えるに、この3回目の打ち上げに関してはあってもそれほど不思議じゃないとは思います。
 韓国のメンツとロシアの実利がちょうどうまく噛みあったんじゃないでしょうか。

「3回目の打ち上げに合意」していたはずのアンガラロケット、打ち上げ無限延期

羅老号:失敗原因究明できず、再打ち上げ延期へ(朝鮮日報)

>  教育科学技術部の金善玉(キム・ソンオク)巨大科学政策官は同日、「韓国側はロシアが製作した1段目・2段目ロケットの分離装置を失敗原因とみているのに対し、ロシア側は韓国が製作した『飛行終了システム』(FTS・軌道を離脱したロケットを爆発させる装置)を失敗原因として挙げ、共同で検証を進めてきたが、見解の差を埋めることに失敗した」と述べた。
(引用ここまで)

 何度も何度も、「三度目の打ち上げに合意」だの「合意文書に署名」だの言い続けてきたのですが、案の定。

 もう、韓国にとってはなんの関わりもないアンガラロケットのことは忘れて、2020年頃に打ち上げるというKSLV-2に注力したら?
 KSLV-2の打ち上げ目標が当初2018年予定だったんだけど、すでに現時点で 2年延期していることも忘れてさ。
 これで羅老号が終了だとすると、KSLV-2の現物が出てくるまでにおそらくブラジルが独自ロケットでの打ち上げを成功させちゃうと思うけど。

 それ以前にKSLV-2の現物が出てくることがあるのかどうかという問題もありますけどね。

次の世代のためのアンガラロケットテスト失敗……でも触れないんじゃ失敗も成功も等価でゼロだよ

【時視各角】「羅老号世代」のために(1) - (中央日報)
【時視各角】「羅老号世代」のために(2)
> 「羅老(ナロ)」打ち上げが2度失敗したが、まだ始まったばかりだ。 宇宙開発は夢とともに「失敗」を食べて育つ。 どの国でも宇宙開拓史は蓄積された失敗学の集大成だ。 私たちはわずか2度の小さな失敗にあまりにも失望しすぎているのではなかろうか。 日本の糸川、中国の銭学森に並ぶ「韓国型ロケットの父」らが宇宙開発の夢とともにすくすく育っていると、私は確信している。 「羅老」の夢と初期の失敗を見て育った「羅老号世代」だ。
(引用ここまで)

 ぱっと見、間違ったことを言ってはいないんだけども。
 そのナロとやらの一段目、重量ベースでは90%以上を占める部分が完全な完成品輸入で触ることすら許されないっていうのであれば、失敗からなにを学べるのかって話だわな。
 机上の空論よりも実際にやってみることが重んじられるのは、失敗の原因を探ることができるからであって、失敗をそのまま見守ることは実行のうちに入らんよ。

韓国側、すでに3回目の打ち上げに向けて2段目の製作は完了済

「羅老号」3回目の打ち上げ、製作済みの上段活用(聯合ニュース)
>  「羅老(ナロ号)」(KSLVー1)の再打ち上げ失敗を受けた3回目の打ち上げに備え、2段目(上段)の製作をすでに終えており、ロシア側が1段目(下段)を完成すれば打ち上げは正常に進めることができるとの見通しを示した。
(引用ここまで)

「こんなこともあろうかと思ってすでに3基目の2段目は完成済だ!」

 ……え?
 たしかにあの2段目というかキックモーターであれば製造は簡単でしょうが。
 どう考えても1年以上かかるであろう次回の打ち上げに向けて早すぎ。そして在庫として邪魔すぎ。
 まさかこんなものがロシア側へのプレッシャーになるとか思ってないよなぁ……。

 あと3回目やるにしても2%支払わないとか言ってるし。
 なんなんだ、こいつらは。

アンガラロケットテスト:3回目の打ち上げをしなかったら5%の残金を支払わないぞ!

羅老号失敗:「3回目の打ち上げなければ残金払わない」(朝鮮日報)
> 教育科学技術部によると、ロシアが 3回目の打ち上げを拒絶したとしても、契約面でそれを強制できる手段はない。ただし、3回目の打ち上げが行われない場合、契約で定められた全額を支払わないことはあり得るという。

金室長は、「04年に羅老号に関する契約を締結した際、韓国政府は、2億1000万ドル(現在のレートで約192億円、以下同じ)の契約金全額を、ロシア側に支払ってはいない。3回目の打ち上げが行われないのであれば、契約金の5%に当たる 1050万ドル(約9億6000万円)は支払われないだろう。このようは権利を示す条項は、打ち上げ契約にも記載されている」と説明した。
(引用ここまで)

 アンガラロケット一段目を10億円弱で作れるかどうか。
 それ以前に技術者がいるだけで自殺未遂を起こすような場所と、手切れ金10億円ならOKって思われる可能性が。
 どっちにしても、主体はロシアで韓国はリアクションしか取ることができないんだよなー。
 「訴えてやる!」っていうリアクション芸人のような真似をするのがいいところでしょうね。
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
亜人ちゃんは語りたい 5巻
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ