中国の南シナ海掌握陰謀「韓国型空母で対応しなければ」(Global Defence News/朝鮮語)
最近、中国が南シナ海を自国の領海に宣​​言してサンゴ礁の人工島を建設するなど、海上軍事基地化をしようとしており、周辺国の不安を加重させている。これ米国は、日本、ベトナム、フィリピンなど南シナ海周辺国を糾合して、中国の海上勢力が膨張することを牽制している。もし南シナ海が中国の領海と認めになって、その水域を通過するすべての船舶が中国港湾当局に報告をして通航しなければならない状況が発生した場合、韓国に入ってくるすべての戦略物資に対する詳細な情報を中国政府が「手のひらの手相」を見るように知ることができるのである。

これに対して海上検閲をしようとしたり、海上制御をすれば大韓民国は憲法で保障された主権を実質的に喪失することになる可能性がある緊急事態なのである。しかし、残念ながら遠い海で起こっていることなので、私たち国民は大韓民国の主権が実質的に脅かされている重大な事案について真剣に考えていない状況である。 (中略)

大韓民国海上交通路を確保して主権を実質的に保ち、低迷している大韓民国の造船産業と防衛産業を新しい成長動力として育成するためには、4万トン級空母とイージス艦と大型護衛艦艇の大々的な投資が必要な状況である。 (中略)

現在KF-X事業が進められているが、4万トン級空母が導入されれば、今後開発されるKF-Xの戦闘機も空母用に改造して搭載することになると大韓民国の航空業界や造船産業など先端産業を短い期間内に飛躍で成長させることができると予想される。フランスの「ラファール」戦闘機もフランス海軍の原子力空母「シャルル・ド・ゴール」に搭載されて運営されているので、私たちのKF-Xも空母搭載が不可能ではないと考えられる。 (中略)

もし私たちが4万トン級空母と護衛船団を備え、南シナ海で私たちの商船を保護するという名目で活動するなら、米国の空母がその水域を空ける間に米国と周辺国が韓国政府に助けを求めることもできる。逆に中国政府は私たちの政府との衝突を避けるために、より多くのニンジンを提示することができる。もし空母の南シナ海活動について、中国が韓国企業に経済的報復をすると脅しをするならば、私たちの政府は「韓・米・日三角同盟を正式に結ぶことができる」と、むしろ切り返せるようになるので、むしろ中国に対して大きな音を打つことができるようになる。

現在、米国を中心とした韓米同盟と日米同盟が構築されているが、2つの同盟が韓・米・日三角同盟に正式に発足して陸・海・空・海底・宇宙・サイバースペースで同時多発的中国に圧力を加える最悪のシナリオを中国は望んでいないので、私たちの海軍の空母は規模は小さくても外交的に信じられないほど大きな威力を発揮することができるのだ。私たちは空母船団を保有することになら大韓民国はアジアで「てこ」になることもあり、手榴弾の「安全ピン」の役割をすることができるため、米国と中国の両方でラブコールを受けることになると考えられる。 (中略)

空母を建設するには、莫大な予算がかかるが、「この財源をどのように調達するか?」の悩みも多くの状況である。政府からの先行投資をするなら大韓民国造船産業と防衛産業が高度化する契機になり、軍事用船舶と各種の先端防産製品の輸出にほとんど回収することができ、開発された高度な技術を業界全体で拡散させて経済的波及効果を極大化することができる。したがって空母建設に投入される費用を「埋没コスト」で見るのではなく、先端技術を確保して大韓民国業界全体の競争力と輸出競争力を向上させる投入される「投資」と事故の方向のみ切り替えると、十分に可能である。 (中略)

韓国が韓国で建造された空母・護衛艦・潜水艦と韓国型艦載機をガジゴソ南シナ海で海上作戦を展開した場合、全世界が大韓民国の造船技術と航空技術について再評価することになるだろう。軍事船舶輸出と​​KF-Xの戦闘機の輸出も増えると見込まれる。大韓民国の船舶建造技術は世界最高水準であるが、造船機資材などの部品は、世界的なレベルとの距離が遠い状況なのに空母建造を介して先端技術を確保をして、私たちの企業が納入実績を積むことができるような機会を与える必要がある。
(引用ここまで)

 南シナ海事態に対して韓国は4万トン級の空母を建設しなければならない。
 フランスがシャルル・ド・ゴールを持っているので、韓国だって持っていたっておかしくない。
 いや、むしろ持つべき。
 空母を持つことができればアメリカにも中国にも日本にも一目置かれる存在になるから。
 造船産業と防衛産業にも仕事を与えられて、韓国のプレスティージも上昇して、KF-Xの艦載型も開発できて、輸出もできる。
 なんという薔薇色の未来。

 空母なんてそこそこの国力があれば作れますが、最大の問題は維持費と運用する人員なのですよね。
 そこに一切の言及なしで「空母が持ちたい!」とか。苦笑するしかないですね。
 通常動力にするのか、原子力空母にするのかの言及もないしなぁ。

 もうひとつ面白いのはKF-Xの艦載型もできるっていうところかなぁ。
 まだ影も形も存在していないKF-Xに艦載型もできちゃう。ついでに空母の護衛艦としてイージス艦も特盛りで作っちゃう。
 予算がどれだけあっても足りませんな……。
 まあ、この「提言」の中では「輸出することですべてまかなえる」らしいので、問題ないようですが。
 これが子供の妄想で「ぼくのかんがえたさいきょうかんたい」ならともかく、士官学校を卒業した准将予備役が言っているんだから救えません。

空母入門 (光人社NF文庫)
光人社
佐藤和正
2005/11/15