楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

韓国海軍

 相互RSS募集中です

「セウォル号沈没の真実が明かに! 韓国海軍の潜水艦と衝突していたのだ!!」……ああ、はいはい

文字、JTBCと単独インタビュー「セウォル号沈没の原因、軍潜水艦衝撃性 」(中央日報・朝鮮語)
ネチズン捜査隊「文字」がJTBCイ・ギュヨンのスポットライト単独インタビューで、「セウォル号沈没の原因は、軍潜水艦との衝突の可能性もある」と主張した。

25日午後放送されたJTBCイ・ギュヨンのスポットライトで「セウォル号沈没の原因は、外部からの衝撃にある。外部からの衝撃は、軍の潜水艦である可能性が高い」という主張を繰り広げた。これまでのセウォル号沈没の原因は、過積載や操舵未熟、整備不良で把握された。しかし、文字は「セウォル号はそれまで1〜2年運航しながら、過積載したことが一度や二度ではない」「ドスンと音がしてから、船腹まで傾いたという生存者の証言が多い」などの理由で外部からの衝撃がセウォル号沈没の原因だと主張した。 2014年6月シム・サンジョン正義党議員で公開した深度VTSのレーダー映像に基づいて衝突直後の船のような大型の物体が捕捉されたと分析した。セウォル号が突然方向を変更したポイントは水深が50メートルと、これまで「水深が浅く潜水艦が入らない」と軍も反論した。ただし、潜水艦とセウォル号直撃したという具体的な証拠は、この日公開されていなかった。文字は、JTBCを介して「軍は、当時のレーダー映像を公開しなければならない」と主張した。

この日、JTBCイ・ギュヨンのスポットライトは、通常の放送時刻である午前9時40分から80分延期され、10時20分に放送された。放送は文字がこの日4時16分に公開されるとしていた動画の歳月のX(SEWOLX)一部だけ公開した。文字は同日午後、Facebookを介して「本当に申し訳ありません。 8時間49分の映像ファイル自体が大きすぎて、アップロードにかかる時間が予想よりもはるかに長い時間がかかるね」と語った。この動画は、11時06分現在まで公開されていない。

文字は身分を隠して偽名でのオンラインコミュニティで活動しているネチズン捜査隊だ。 2013年、国家情報院の大統領選挙介入の証拠を世に発表した。また、2014年にはジョン・ソングン文化体育部長官内定者がTwitterに投稿政治偏向的な記事を収集して公開した。チョン氏は、国会の検証の過程で辞退した。
(引用ここまで)

 「あのスクープを連発したネチズンが、セウォル号沈没の原因を韓国海軍の潜水艦であると喝破」したって感じですかね。
 「文字」というのがハンドルネームなのかな。
 なんかこれ、構造的にどこかで見たことがあるような話だなぁ……と感じていたのですが。

 2010年に天安艦が北朝鮮の潜水艇に撃沈されたときの陰謀論ですね。
 一部の人間は北朝鮮の仕業であると信じずに、「米軍の潜水艦の潜望鏡が切り裂いたのだ」なんていう話を出してきましたっけ。
 その他に当時、「証拠として出された魚雷についているホヤは黄海には生息しない」なんて話も出ましたが、そもそもその「ホヤ」は生物ですらなかったというオチでした。

 今回の「韓国海軍の仕業だ」というのは、パク・クネ政権下で行われたということからよりその罪を強くしようというところから発しているんじゃないかと感じますね。
 韓国の混乱をより長引かせようとする勢力から発せられているものではないかと。

陰謀論の正体!
田中聡
幻冬舎
2014/7/3

お笑い韓国軍:「韓国が独自に改良した」76mm砲、実はイタリアからの中古リサイクル品だった

76佶い埜躡酘阿不発...責任主体は不明(KBS/朝鮮語)
<アンカーコメント>
韓国海軍ミサイル艇(訳注:コムドクスリ級)の76mm主力艦砲に根本的欠陥があるとの報道をKBSがしました。

76mm2a

この76mm主力艦砲は予算を削減するために、中古品をリサイクルしたものでした。
しかし、責任の所在はどこになるのでしょうか。現在、明確な責任の所在がなくどこも責任を負おうとしていません。
ソ・ジヨン記者のレポートです。

<レポート>
最近2年間に発生した76mm艦砲の事故です。
76mm2b
14/04/21 ソ・フウォン(5番艦) 艦砲の異常動作
14/10/07 チョ・チョンヒョン(3番館) NLL交戦中不発
14/10/17 試験射撃中不発
14/10/20 検証射撃中不発
15/01/21 ファン・ドヒョン(4番艦) 異常、寿命症状

昨年10月にNLL南北交戦でチョ・チョンヒョンの艦砲不発、今年1月の訓練中だったファン・ドヒョン艦砲誤作動によって兵士が大きく傷ついたなど次々と問題が発生しました。

このように発見された欠陥だけでも5件です。

すべてイタリア製で、退役した哨戒艦と護衛艦の艦砲をリサイクルしたものです。

海軍は2005年のパフォーマンスに問題がなく、予算を千億ウォン以上削減することができると、この艦砲のリサイクルを決定し、国内メーカー(訳注:ヒュンダイウィア)に性能改良を依頼しました。

76mm2c
「海軍、2005年に砲のリサイクルを決定後、性能改良を業者に依頼」

しかし、この艦砲が問題を起こしてから2回の全数調査をしているにも関わらず、まだ原因は明らかにされていません。

76mm2d

海軍は、運用上のミスであれば海軍が、艦砲自体の欠陥であれば性能を改良した企業が責任を負うべきだと明らかにしています。

76mm2e
「艦砲欠陥に関連する海軍の立場
海軍            メーカー
運営上のミス      艦砲独自の欠陥」
 
しかし、この会社は品質保証期間2年を経て法的責任はないという立場です。

76mm2f
「メーカー談:品質保証期間が過ぎており、法的責任はない」

<インタビュー>ヤンウク(韓国国防安保フォーラム研究委員): 「新しい武器体系について運用期間中、どのように整備をし、維持をするのかといった方法を契約中で明確にしていないことが問題です」

海軍は、今月末の再調査が終わり次第改善案を用意する方針ですが、責任の所在が漂っている中にも別の事故が発生する可能性も排除できない状況です。
(引用ここまで)

 ……。うわあ。
 えーっと、まずコムドクスリ級の2番鑑以降に搭載されているのは、これまでヒュンダイWIAによってステルス性を付与されたり、連写速度を向上させてきた独自の76mm砲とされてきたのですよ。
 少なくとも韓国の最高裁判所はそうやって認定していました

 でも、実際にはそれはオート・メラーラ社製の純正品だった。
 純正品……というか、中古品をリサイクルしたものだったということですか。
 まあ、単純にリサイクルしたのではなくて改良を施したというのは実際のところのようですが。
 本当にそれは改良だったのかどうか。

 前回のエントリにも書きましたが、オートメラーラの76mm砲は世界の艦船に搭載されているベストセラーなので、そのままであればなんの問題もないはずなのですよ。
 でもまぁ、言っても中古ですからねぇ……。
 今回は珍しく部品の不正認定とか、廃部品の使い回しとかじゃなくて、軍からちゃんとした認定を受けた事業だったようですが。

 なるほど、これは確かに特許違反事例ではありませんね。
 悪い意味で。
 砲自体はイタリアの艦船に搭載されていたものなのですから、オートメラーラー製に間違いないですから。

 あ、それと1枚目の画像がチマチョゴリなのは春節だからです。

となりのトトロ [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
2012-07-18


お笑い韓国軍:「韓国が独自に改良を加えた」速射砲、改良部分に不具合でいつもの隠蔽【パクリだけどパクリじゃなかった】

<アンカーコメント>
韓国海軍ミサイル高速艦の76ミリ主力艦砲がNLL交戦時に動作停止を起こし、その後に誤作動まで起こしたことで問題が提起されています。
76mm01
「76mm砲、試験射撃も欠陥を発見」

しかし、KBSの取材の結果、この艦砲に根本的な欠陥があり、何度も問題を起こしていたことが確認されました。
ソ・ジヨン記者の報道です。

<レポート>
76mm2

昨年10月7日、海軍ミサイル高速艦がNLLを侵犯した北朝鮮艦艇と交戦を繰り広げていた最中に、76ミリ艦砲が突然停止したために緊急待避をしました。

10日後、海軍は交戦環境を再現して試験射撃を実施しました。

76mm3


試験射撃では24発を発射した後、不発弾が生じました。三日後に再度の試験射撃がありましたが、今回は3発を撃った後、砲弾が詰まってしまいました。
76mm4
「76mm砲、昨年NL交戦後の試験射撃でも不発弾が発生」

76mm5
「76mm砲不発弾
2014年10月7日 NLL南北交戦当時艦砲不発
        17日 試験射撃中、24発目で不発
        20日 1次検証射撃3発目で弾薬詰まり」

海軍はNLL交戦時の艦砲動作停止は、国会国防委で公開しましたが、二度の試験射撃における性能不良はを隠匿していました。
海軍は、その後にすべてのミサイル高速艦の76ミリ砲を調査して、一斉整備を行いました。
しかし、先月21日にはファン・ドヒョン(訳注:ミサイル艇コムドクスリ級4番艦)に搭載された艦砲で故障が発生して、将兵が重傷を負いました。

76mm6
「76mm砲、整備後も故障……将兵は重傷」

<インタビュー>チェ・テボク(海軍公報課長):「昨年10月の問題は弾詰まりだったので、その部分は改善補完したが、艦砲全体に対して全数調査をしたわけではないので、今回は装填系統の原因を究明しています」

海軍は、76ミリ艦砲について再調査を進めており、25日前後に調査結果報告が出され次第、欠陥の改善案を議論する方針です。

76mm7
「海軍再調査の結果は25日にも発表」

(引用ここまで)

 ……76ミリ艦砲……ってどこかで聞いた覚えがあるのですよね。 と、過去ログをぱらぱらと検索していたらありました。
 オート・メラーラの76ミリ砲を勝手にパクって取り付けていたアレでした。
 コムドクスリ級に搭載されているアレ。
 どう考えたって現代ウィアがオート・メラーラからパクったのだけど、韓国の法廷ではいつものようにパクリ認定されなかったアレ。

komdkusuri

 船首側にある砲塔が件の76mm速射砲。

 なるほど、当時韓国の法廷は「ステルス機能が付与されているなど、さまざまな点で性能を改良しているのでパクりではない」と判決を出していましたが。
 こういうことだったんですね!
 ちなみにオート・メラーラ社は国際仲裁裁判所にも訴えているという話でしたが、その後の報道はないようです。

 オート・メラーラ社のものか、ライセンス生産品にしておけばこんなこともなかったのでしょうが。
 なにしろオート・メラーラの76mm速射砲といえばベストセラーもいいとこ。日米欧にかぎらず、世界中で採用されている名品です。

 勝手にカスタマイズしたこそが、この不具合の原因そのものでしょうね。
 よけいなことしかせんなー。

艦隊これくしょん -艦これ- 提督@報告書
KADOKAWA / エンターブレイン
2014-12-17


韓国海軍最新の救助艦、「魚群探知機」を装備されていた……

韓国海軍最新鋭救助艦に魚群探知機が装着されていた(ハンギョレ)
相次ぐ防衛事業不正 抜本的な見直し推進へ=韓国(聯合ニュース)

 セウォル号事故後、海軍の救助艦である統営(トンヨン)艦の投入論議が盛んに行われていた5月、統営艦の音波探知機がマグロ漁船などに付ける魚群探知機を改良した装備に交替されていた事実が遅れて明らかになった。 核心装備である音波探知機の性能問題で海軍が統営艦の受け取りを拒否したため、防衛事業庁がまともな検査も行わずに軍用には不適切な装備を付けて海軍に渡そうとしたのではないかという疑惑が起こっている。 (中略)

 会議で海軍本部通信電子技術課は「(現在)統営艦に設置されているSH90は魚群探知機として知られている装備」で軍用には使えないと明らかにした。

 当初、軍需業者であるハケンコ(米国Hakenko)は統営艦と掃海艦に6219万ドル(約660億ウォン)規模の音波探知機MS3850(5台)を納品することにしていた。 だが、該当装備が要求性能を充足できなかったため海軍は統営艦の受け取りを拒否した。こうしたなかで4月16日にセウォル号事故が起き、現場に投入されないまま造船所に停泊中だった統営艦に関連して軍と防衛事業庁に対する非難の世論が沸き立った。 この頃、5月にハケンコが防衛事業庁の許可を得て統営艦に商用の魚群探知機であるSH90を搭載した。 SH90を製作したメーカーは、ホームページでSH90がマグロの群れなどを追う魚群探知機(Fish findingsonar)と紹介している。

 海洋装備業者のある関係者は「軍用音波探知機と魚群探知機では目的が全く違う。 魚群探知機は下側の観側が主用途だ。 広く水平方向を探知したり、速い速度で移動する物体などを探知する必要がある軍用音波探知機より探知範囲が狭く性能が劣る。 特に商用品では軍が要求する具体的条件を満足させることはできない。 改良したと言っても限界がある」と話した。 (中略)

 チン・ソンジュン議員は「軍艦である統営艦に魚を釣る魚群探知機を付けさせたということは安保を放棄するに等しい。 セウォル号以後、統営艦投入論議が広がると、自らの失敗を隠蔽しようとしたハケンコを助けようとしたものと見られる。 厳重な問責が必要だ」と話した。
(引用ここまで)

 ……面白い。
 「泥縄」っていうのはこういうのを言うんでしょう。 
 この水上救助艦・統営というのは、韓国海軍に納入される予定だったものです。
 最新式のセンサーを搭載するはずが、40年前のセンサーを取り付けられていたので軍に受け取り拒否をされたというものです。
 その原因はいつものポッケないないです。

 さらにその40年前のセンサーを魚群探知機に入れ替えて「これで納入できませんか」って話にしようとしたという。
 セウォル号事故で「なぜ去年のうちに納入されていたはずの救助艦が現場に投入されないんだ!」という話になりまして。
 で、あまりにも統営に話題が集中してしまったので、センサーを取り替えて急いで現場投入できるように頑張ったのでしょう。

 がんばった結果が魚群探知機だったというのは……まあ韓国らしいところですかね
 これだけでなく、いろいろと陸空海の三軍すべてでお笑い韓国軍コントショーをやりつづけているのですが、今回のものもなかなかのものです。



 

駆逐艦が冗長性を突破してブラックアウト&通信不可能になる韓国軍のすごさ

【噴水台】止まった駆逐艦と爆発しない機雷、単純に予算の問題か=韓国(中央日報)
韓国駆逐艦が5時間停電、その間に北が攻撃していれば…(1) - (中央日報)
韓国駆逐艦が5時間停電、その間に北が攻撃していれば…(2) - (中央日報)

>  西海(黄海)の北方限界線(NLL)を守る西海第2艦隊の主力駆逐艦「乙支文徳」で昨年12月未明、ブラックアウト(大停電)が発生し、於青島付近の海上で5時間ほど立ち止まっていたことが確認された。 (中略)
昨年12月9日午前3時30分、全羅北道群山市沃島面於青島の西南110キロの海上で対潜水艦作戦中、発電機2台が突然警報を鳴ならして非常停止した。直 ちに電源が切れた。真っ暗な海上に全長135メートルの巨艦が明かりもなく浮いていたのだ。当時「乙支文徳」には約170人が乗っていた。

停電の5分後、艦長は「戦闘配置」指示を出した。非常事態を迎えた際に取る措置だ。「乙支文徳」の発電機は計4台。乗組員が残り2台の予備発電機を稼働さ せようとしたが作動しなかった。このため近くで作戦中だった「栗谷李珥」に発光信号を送り、交信を試みた。しかし距離が遠く、失敗した。平沢の西海第2艦 隊とも交信を図ったが、今度は通信室の通信機が作動しなかった。通信室に置かれた非常バッテリー12個のうち9個が不良品で、電源が不足した。
(引用ここまで)

 うん。
 まあ、最初に発電機が落ちたのはいいとしましょうか。
 理由は違いますが、強襲揚陸艦の独島も発電機が落ちてましたっけ。
 いや、よかないんですが。

 故障はあたりまえにあることですから。もう、使っている以上はしょうがない。できるだけ確率を減らす努力は必要ですが、故障は起きるものですよ。
 メインが2基という冗長性を施しておいても同時に起きる場合もあるでしょう。そういう事故が韓国では起こり過ぎなような気もしますが(笑)。

 ここで笑えるのは予備の発電機が起動できずにそのまま沈黙。
 さらに非常用バッテリーが不良で通信装置すら動かすことができなかったというひどさ。

 韓国ではどれだけ冗長性を確保しておいてもダメなのです(笑)。
 軍の装備っていうのは、普通はそういうものではないはずなのですが。
 ま、韓国軍の装備なのですから韓国社会をそのまま反映しているということなのでしょうかね。

 【レビューでおまけ特典】 無停電装置 停電からパソコンを守るUPS L-650VA [650VA/390Wタイプ 50Wの使用で63分電源供給]
【レビューでおまけ特典】 無停電装置 停電からパソコンを守るUPS L-650VA [650VA/390Wタイプ 50Wの使用で63分電源供給]

韓国海軍主力の214型潜水艦に異音発生。原因が解明できずにドイツから技術者招聘へ

韓国軍:海軍の主力潜水艦、20カ月も修理中(朝鮮日報)
 韓国海軍の主力潜水艦「孫元一 (ソン・ウォンイル)」=排水量 1800トン級=が、原因不明の故 障で20カ月も作戦から外れ、修 理を受けていることが1日までに 分かった。

 韓国海軍によると、孫元一では 昨年4月、潜航が困難なほど大き な騒音が発生。その後、海軍は孫元一を完全に解体し、原因究明に 乗り出したが、今のところ正確な原因はまだ分かっていないという。

 海軍の関係者は「推進モーターに問題があると推定しているが、 まだ正確な原因をつかめていない。輸入元のドイツから技術陣を呼 び、原因を究明しているところ」と語った。
(引用ここまで)

 この214級潜水艦、去年の5月時点ではボルトの不良で1年以上も運行停止処分でした。
 もともとがいわく付きの潜水艦で、ギリシャに納入された当時も「騒音が大きくて使い物にならない!」と大騒ぎ。韓国でも1番艦が同様に騒音を出していたのですよね。

 んでもって今回もブラックボックス部分に故障があったらしく、20ヶ月もうだうだと修理をしたのだけども原因把握ができずに、ドイツから大元の技術者を招聘。

 2006年の就航当時は「設計はドイツでも製造は完全に韓国。輸出だってできる。韓国の独自技術はここまできた!」と大騒ぎだったのですが。
 技術がないのは首がないのと同じだな。

韓国海軍搭載艦砲、パクリ品だった!

海軍の76ミリ艦砲めぐり韓・伊企業が訴訟合戦(朝鮮日報)
> この艦砲が韓国海軍に最初に導入されたのは1975年で、当時、国防部(省に相当)がイタリアのオート・メラーラ社から購入した。その後、韓国の現代ウィアが164億ウォン(現在のレートで約11億4000万円)を投資し、2008年に国産化に成功した。

 これについてオート・メラーラ社は「現代ウィアは2002年に国防部からこの艦砲を無償で借り受け、国産化を進めた」「現代ウィアは機密保持の義務がある国防部を通じて艦砲を手に入れ、当社の技術を盗んで製品を製造している」として、韓国国内の裁判所に訴えたのに続き、国際仲裁裁判所にも仲裁を申請した。

 国際仲裁裁判所の仲裁判定は、韓国の裁判所が下した判決と同じ効力を持つ。(中略)

 まず韓国の裁判では現代ウィアが勝訴した。ソウル中央地裁民事12部は14日、オート・メラーラ社が現代ウィアを相手取って起こした機密漏えい訴訟で、原告敗訴の判決を下した。

 裁判長は「現代ウィアが開発した艦砲は、ステルス機能が追加されるなど、多くの面で性能が改良されている。オート・メラーラ社の艦砲技術はインターネットなどで一部がすでに公開されている点を考慮すれば、現代ウィアが国防部から借り受けた艦砲を分解し、逆設計して営業秘密を侵害したとはいえない」と判決 理由を説明した。
(引用ここまで)

 ……オートメラーラの76mm砲の部品を「純正です」って言ってパクった韓国製部品をつけてただけじゃなくて、砲そのものをパクってもいたんだ。
 しかも、韓国国内じゃすでに無罪判決を受けているというね(笑)。
 オートメラーラ社もそうなるであろうことを見越して、国際仲裁裁判所に訴えているというのが面白いところ。

 韓国側「韓国での訴訟には勝ったぞ!」
 オートメラーラ「……で? っていう」

 対韓国の訴訟ではスタンダードになりそうな手法ですね。
 しかし、本当にリバースエンジニアリング大好きだな。
 RD-191(RD-171)も燃焼実験を韓国でやらせて、その残骸をリバースエンジニアリングしようとしていたらしいし。
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ