楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

韓国社会

 相互RSS募集中です

韓国人「バス停留所で娘と引き離された! 泣いて頼んだのに運転士は止まらずに暴言まで!」 → 嘘でした

【萬物相】「止まらなかった」ではなく「止まれなかった」240番バス(朝鮮日報)
 5年前、「菜鮮堂」というしゃぶしゃぶ専門チェーン店で、不親切な店員ともめて暴力を振るわれたという妊婦の書き込みがインターネット上に掲載された。この妊婦は「妊娠の事実を知りながら、おなかを足で蹴られた」と訴え、ネットは大騒ぎになった。この店のサイトは炎上し、謝罪文を出した。ところが、その後すぐにどんでん返しが待っていた。警察が店内の防犯カメラで確認したところ、トラブルはあったがおなかを足で蹴ってはいなかったことが分かった。今度は妊婦側が「国民をだました」と総攻撃を浴びた。これがいわゆる「菜鮮堂事件」だ。(中略)

 11日、ソウル市バス運送事業組合のホームページに、ある市民が投稿した。「午後6時ごろ、建大入口駅近くのバス停留所で子どもが1人で降りてしまい、母親が『ドアを開けて』と泣き叫んで頼んでいるのに、240番バスの運転手が運行を続けた」という目撃者の告発だった。この書き込みには、「次の停留所で泣きながら飛び降りた母親に向かって、運転手はののしり言葉を浴びせた」ともあった。同日夜からバス運送事業組合のホームページや掲示板には「運転手を処罰せよ」という非難が寄せられた。大統領府のホームページにも処罰を求める請願文が投稿された。ネット上には「240番バスの蛮行」という記事が広まった。

 だが、今回もどんでん返しのきっかけになったのはバス内の防犯カメラだった。ソウル市が確認したところ、バスの運転手は子どもが降りた停留所で16秒間ドアを開けてから出発、母親が一足遅れでバスを止めるよう要求した時は既に第2車線に入っており、停車が難しかったという。運転手もののしり言葉を発していなかったとのことだ。「運転手はバスが出発して10秒後に左右を見回しているが、その時に問題に気付いたと見られる」とソウル市では言っている。

 不確かな事実に基づいた告発が大衆の怒りに火をつけ、何の関係もない人を責めて被害者にするという出来事が繰り返されている。刺激的な「ネタ」があると集団催眠にでもかかったかのようにたかり、たたくという行為がネットの世界での病理現象として定着してしまった。ネットやソーシャル・メディアの発達により、今や誰もが自身のメディアを持っている時代だ。無責任で不誠実な書き込み一つが誰かを殺す凶器になるかもしれない。
(引用ここまで)

 韓国でバスの運転手といえばタクシー運転手と並んで質の悪いものとして挙げられる職種です。
 ソウルではだいぶマシになったとも聞くのですが、元々の基準が相当に低いのでなんともってところですかね。
 少なくともテグでバスに乗ったときにはキャリーバッグが吹っ飛ぶくらいの運転であったことは書いておくべきでしょう。

 なので、最初にこのニュースを目にしたときはさもありなんとか思っていたのですよ。
 ところが翌日になってこのバス運転士の娘という人が出てきて「父は無罪だ」と言い出して、さらにバス会社からも防犯ビデオの映像が出てきてやむを得ない処置だったということが分かってきています。
 この母親の方こそがモンスタークレーマーで、自分が有利なように出来事をでっち上げたということですね。
 娘と一緒に降りることができなかったという自分のミスを他人に転嫁するために「幼女と引き裂かれた自分」というものを演出し、さらには「暴言を吐かれた」という「バス運転士によくある」ことを付け加えた。

 以前の韓国社会であればそれも通用したのでしょうが、いまでは「それではこちらの防犯カメラ映像をご覧ください」となってしまう。
 かつてメジャーリーガーだったカン・ジョンホがレンタカーのBMWで自損事故を起こしたときに、同乗者が身代わり出頭しようとしたのですが警察がドライブレコーダーを確認してしまったので本人が罪を認めざるを得なかったなんてこともありましたっけ。

 以前にもちょっと書いたのですが、「なにがあったのか、映像で真実が分かってしまう」ということから、韓国社会と防犯カメラやドライブレコーダーとの相性はとことん悪いのですよ。
 なにしろ、証言が通用せずに「真実」が分かってしまうのですからね。
 炭鉱で死ぬより辛い目にあった、だの。
 日本陸軍が捕らえにきた、クリスマス休暇があっただのいう証言が通用しなくなってしまったのです。
 残念なことに、ですかね。大半の韓国人にとっては。


「韓国人は狂牛病になりやすい」「殺人マクワウリ」に「セウォルX」……韓国人がデマ、都市伝説に振り回される理由とは?

【萬物相】厄介なうわさに振り回される韓国(朝鮮日報)
 韓国では、大きな事件や事故が発生すると厄介なうわさが幅を利かせ、科学と理性は力を失ってしまう。狂牛病がはやった時、ある前長官は「米国にいる人間の狂牛病患者25万−65万人が認知症患者として隠蔽(いんぺい)され、死亡した」と主張した。セウォル号の沈没事件の際は、あるテレビ局が「ダイビングベル」の装備を使用すれば海中で20時間連続で作業ができる」とでたらめの主張を展開。救助作業に混線をもたらした。結局この装備を投入するおかしな事態に発展した。当然何らの成果も上げることができなかった。同テレビ局は「セウォル号の潜水艦衝突説」を主張したネティズン(インターネットユーザー)と教授のインタビューを計53分の特集で放送した。

 韓国の厄介なうわさの特徴は、それが虚偽だと判明しても、誰も潔く認めて謝罪しないという点だ。セウォル号の潜水艦衝突説を主張したネティズンは、セウォル号が水面上に顔を出し、衝突説が虚偽であることが判明したにもかかわらず「結果をいとも簡単に断定するのは望ましくない」とコメントした。同ネティズンは、最初から事実に関心がなかったのかもしれない。同テレビ局も衝突説の報道について、その後一切言及していない。

 政府が8月12日、慶尚北道星州にある米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の砲台から出るレーダー電磁波を測定したところ、人体に無害であることが分かった。電磁波が健康に害を与え、マクワウリの農業を壊滅させるといううわさは、事実ではなかったのだ。にもかかわらず、THAAD反対団体と一部の住民は「信じられない。認めることができない」と繰り返す。厄介なうわさに便乗した政治家たちが誰なのか、皆分かっているにもかかわらず誰も謝らない。
(引用ここまで)

 韓国では異常なくらいに都市伝説が流行するというか……一般にまではびこるのですよ。
 韓国人は基本的に事実かどうかであるよりも、身内(ウリ)の中で流れている話を信じます。
 ぱっと見て科学的にありえない話であっても、ウリのほうが大事なのです。
 たとえそれがデマであろうとも。

 かつてはそのデマ、もしくは噂の範囲は狭いものでした。住んでいる集落や親戚の間でだけで流れていて、情報を占有していたのですね。
 ウリで情報を占有する、もしくは共有する。
 そうすることでなおのことウリとしての意識を再認識させ、協調をより強固なものへとしていったのです。

 それがいまやインターネット、テレビによって一瞬で駆け巡る状況になってしまった。
 噂、デマに関してウリの範囲が韓国全土になってしまったのです。「ここだけの話だけどね」という話が全土で広まるという地獄。
 セウォルXなんてその典型でした。
 これが大規模にデマを流通させる原因のひとつになっているのです。

 もうひとつ原因はありまして。
 これは「ウリ意識」を固める原因でもあるのですが、とにかく韓国では李氏朝鮮の時代からお上の流す情報がアテにならなかったのです。
 なんの前触れもなく法律が変わったり、税率税法が変わったり。
 下々の民はそれに対抗するために、「ウリ」を固めていったのです。情報共有組織とでもいうか、いち早く情報を得て、政府の唐突な方針転換に対抗しようとするためにウリ意識が形成されたというべきか。

 時を経て「大韓民国」になっても、「我々は最後までソウルを死守する!」って国会決議をした翌日にはソウルの橋を国民もろとも爆破するなんてことをやってましたしね。
 そのせいで政府の公式見解を誰も信じない。
 政府の話と、ウリで流通している話、どちらを信じるのかといわれたらウリを信じる。
 そうしないと命が危ないので。
 なのでデマを信じる。なにしろ、政府は嘘をつくものだと相場が決まっていますから。

 2008年にPD手帳という番組が「アメリカ産牛肉がBSEに汚染されており、vCJDの患者は認知症として隔離されてしまっている。かつ韓国人はvCJDへの感受性が高く、アメリカ人よりも狂牛病に感染しやすい」という「隠された真実」を報道した結果、全土でろうそくデモが繰り広げられたことがありました。
 中学生が「もう人生はおしまいだ!」とか叫びながらデモに参加していたものですが。
 その後、10年ほど経過しましたが、彼の人生は終わりになりましたかね? 違う意味で終わっている可能性は大きいですが。

 とまあ、斯様に韓国では人々がひとつの方向に向かって暴走しやすい傾向にあるのです。
 この傾向はすべてにおいて適用されています。国民情緒法も同じ文脈で語れそうですね。
 楽韓Webではその様子を「過剰」というキーワードで韓国人の特徴のひとつとして挙げています。
 面白いもので、取り巻く環境がどうなろうとも、どれほど時が経過しようともそれぞれの持つ国民性の芯にある部分は揺るがないのです。

韓国のコンビニ、狭くて暗くて店員は無愛想……それでも自営業者が集まる理由とは?

4万箇所に迫る... 「コンビニ王国」のため息(朝鮮日報・朝鮮語)
ソウル永登浦でコンビニエンスストアを運営するキム某(42)氏は、今年から一ヶ月に一日だけ休んで毎日コンビニに出勤する。「収益が引き続き減少していく状況で店を維持するには、アルバイトを減らすしか方法がない」と言う。5年前、キムさんがコンビニを最初に開いた時には半径300m以内にコンビニエンスストアは、キム氏の店舗を含んで2店舗だけだった。しかし、今では5つの店舗がしのぎを削っている。キムさんは「新しい店舗が入るたびに収益が減っていく」と「来年に最低賃金まで上がれば、まったく収入が残らないのではないかと心配だ」とため息をついた。

最近コンビニの数が急速に増え、人口あたりのコンビニ店舗数が「コンビニ王国」と呼ばれる日本を追い越したことが分かった。韓国コンビニエンスストア産業協会と業界によると、国内のコンビニ店舗数は、先月基準3万7539個に上る。国内人口5125万人の基準で見たとき1365人にコンビニ1つの営業をしているわけだ。日本のコンビニは5万6160個(3月時点)で2226人にコンビニ1ゲコルである(人口1億2500万人)。日本よりコンビニの数は少ないが、人口比店舗数を計算すれば1.6倍多くの状況である。(中略)

コンビニの急増は、店舗運営が外食業フランチャイズより相対的に安く、創業費用も少なく済むからである。公正取引委員会によると、コンビニの平均創業費用は昨年基準7120万ウォンで韓国料理のフランチャイズ(1億1020万ウォン)、コーヒー専門店(1億2496万ウォン)、ピザ(9979万ウォン)など、他の業種よりも低かった。余裕資金が十分でなくてもドアを開くことができるので、予備創業者が集まるということだ。

限られた市場での店舗数が急増しているため、店舗あたりの収入はますます減っている。統計庁が先月発表した「2015年基準経済総調査」によると、コンビニ店舗別平均営業利益率は、2013年に5.3%から2014年に5.2%、2015年4.3%に減少した。同じ期間チキン店の営業利益率は13.7%から17.4%で、コーヒー専門店は8.5%から13.1%へと上昇した。利益率自体が他のフランチャイズ業種に比べて低い上に、それさえも着実に減少しているものである。 (中略)

コンビニ本社でも店舗数を増やすことではなく、店舗の大きさを育て、様々な製品やサービスを提供するために、より集中しなければならないという指摘もある。コンビニエンスストア協会によると、韓国のコンビニの平均面積は72屐別22坪)、日本は132屐別40坪)で、韓国コンビニサイズは、日本のコンビニの半分水準だ。狭い面積で様々なものを陳列し、サービスを提供するには限界があるということだ。
(引用ここまで)

 今月頭にあった「韓国の人口あたりのコンビニ店舗数は日本の1.5倍」という記事の詳細記事。
 引用していない部分には先のエントリで書いた「2階にコンビニが入っていたビルの1階に他のコンビニが入った」というケースも紹介されています。
 参入のハードルが低いから猫も杓子もコンビニ経営やりはじめて、この状況というわけですか。

 で、先のエントリでは「日本のコンビニに比べて売り上げは1/4」という記述がありましたが。
 それもそのはずで、店舗面積が約半分。
 面積が半分であったとしても、まだ面積あたりの売り上げは日本の半分なので効率はかなり悪いイメージです。

 実際、韓国でコンビニを見つけて入ると「ええっ?」ってなるほどに小さい店舗が少なくないのです。
 路面店なんかだとイートインを設置するくらいに広いところも多いのですが、住宅街の中にある店舗だと驚きの小ささ。
 あと妙に薄暗い。たぶん、光熱費を節減しているのだと思うのですが。
 昼間っから店頭で焼酎飲んでて、飲んだあともそのまんまなんて光景もフツーです。



 そして店員もレジを打つとき以外はずっとスマホ見てるか本(たぶん参考書)を読んでいる。制服もなく私服のままという店も多いですね。
 ここ何年か行く度に垢抜けた店舗が増えているようには感じはしますけども。

 韓国でファミマと提携していたCUはコンビニ市場でトップシェアになると「ファミリーマートなんていう3番手企業(当時)から教わることはなにもない」とか言い出して韓国市場から追い出してましたっけ
 まだまだ日本のコンビニとは隔たりが大きいように思います。
 日本に来たイルベ民が日本のコンビニ飯に驚いてスレ立てしてはカイカイ反応通信に転載されるのも当然と言ったところでしょうか。

 来年の最低賃金7530ウォンを支払えるところはどれだけあるんですかねー。

コンビニ店長の残酷日記 (小学館新書)
三宮貞雄
小学館
2016/4/6

米国教授「韓国社会はデモをやりすぎ、ムン・ジェインは改革を急ぎすぎ……もっと未来を見据えなければ……」

米識者が忠告「デモと街頭政治、韓国の民主主義には毒」(朝鮮日報)
「デモと街頭政治が習慣になったら、韓国の民主主義にとっては毒だろう」

 民主主義論の世界的な権威に挙げられるスタンフォード大学のラリー・ダイアモンド教授(68)が、現在の韓国政治の状況について投げ掛けた忠告だ。(中略)

 ダイアモンド教授は、東アジア研究院(EAI)主催のカンファレンスに出席するため、最近韓国を訪れた。教授は、本紙のインタビューで「街頭政治は最後の手段だ。問題が起こるたび利害団体が街角に飛び出すのは、民主主義のためにならない」と語った。 (中略)

「デモが続くと、結局は一番声が大きい勢力、一番よく組織化された勢力が注目されることになる。そのせいで民意がねじ曲げられ、政策にきちんと反映されないということも起こり得る」とダイアモンド教授は診断した。また、理想的な価値にこだわって間違いを犯す左派政権の限界も指摘した。「社会的不平等を解決しなければならないという焦燥感のせいで、(過激な政策を急進的に推し進め)しばしばやり過ぎるケースがある」という。

 ダイアモンド教授は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権について「社会構造的な改革など、当面している課題を避けずに正面から取り上げるべき」とアドバイスした。韓国社会が直面している「不都合な課題」には、高齢化や年金改革などを挙げた。こうした課題は「進歩と保守の問題ではなく、『数学の問題』に近い」と語った。ダイアモンド教授は「最も有能なリーダーは、政治的に難しい課題を避けない。現在だけでなく、未来についても責任を負わなければならない」と語った。 (中略)

ダイアモンド教授は「ソーシャルメディアが情報共有や民主化など、前向きな役割を果たしたのは事実だが、自分と似た考えの者同士でしか集まらない『社会的同質化(homophily)』現象が深刻」と語った。実際、米国では利害が衝突する二つの集団の間で共通分母が全くなく、討論そのものが成り立たないというケースがしばしばあるという。互いに見たいものしか見ないせいで、知っているファクトそのものが異なっているからだ。「相互尊重がないのは民主主義にとって実に致命的」とダイアモンド教授は語った。
(引用ここまで)
 民主主義研究の権威ということで、言葉を選んで使ってはいますが。
 一般論という前提ではありますが。
 要するに韓国に対してこういうことを言ってますよね。

 ・デモをやりすぎている。
 ・声の大きいだけの勢力が力を持ちすぎている。
 ・左派政権(要するにムン・ジェイン)は過激な政策を推し進めすぎる。
 ・ムン・ジェイン政権が本来やるべきなのは社会構造の改革。
 ・未来へつなげる政策を意識しなければならない。

 一度、デモで政権を倒すという目的が達成されたなら、そこですべてをフラットすべきだったのですよね。ムン・ジェインも「国民統合をすべきだ」と当選当時は語っていたものでした。
 だけども、現実は「ろうそく革命」を支持した労組を優遇している。組閣は徹底したお友達内閣

 で、左派特有の構造もなにも無視した「改革・革命」をやってしまって、社会そのものが死ぬという不思議な風景が隣国で繰り広げられる様子をこれから観察できるわけですが。
 小国や資源国がこんなことをするのであればともかく、世界的に見れば中堅かそれ以上に発達しているはずの民主主義社会がやってしまうのですから、興味深いとしか言いようがありません。

 まあ、その「革命」を止めたが最後、盟友だったはずの労組がろうそくを持って牙を剥いてくるのは間違いないのだからしかたないですね。


韓国政府「殺虫剤汚染があったのはこの養鶏場」→「うち5件は汚染がありませんでした」→養鶏場「もうインターネットに拡散してるよ……」

政府、「でたらめ発表」謝罪...「殺虫剤烙印」の農場の涙(YTN)
[記者] 農林畜産食品部は17日午前、20以上の農場で農薬成分が追加で確認された発表した。
発表資料には、プルペノックスロンなど、新しい殺虫剤成分が出てきたという内容を盛り込んでいました。

ホ・テウン/農林畜産食品部食品産業政策室長:「ビフェントリン」が今、多いのですが。19件……。「プルペノックスロン」が2件、「エトキシオキサゾール」1件など(新しい殺虫剤成分)3件などして、合計29件になりました」

これら農場には、すぐに取引先抗議の電話や返品要求が行われました。
しかし、政府が発表した資料には問題がない農場が5ヶ所や含まれていたことが確認されました。
忠南牙山と慶南昌寧、京畿道楊州と坡州、光州光山区など地域も様々です。


政府は半日が経過してから間違いを認めましたが、すでにそれらの農場は「問題がある農場」という烙印を押された後、でした。
一部の農民は農場の名前まで変更することまで考えているといいます。

「殺虫剤検出」の濡れ衣を着せられた養鶏農家:「国民が賢いでしょう。すべてを探し出して……。(インターネットに)私の農場や私の名前を検索すればすぐに出てきます。それも(殺虫剤)検出があったとヒットしますね」

キム・ヨンロク農食品部長官は、YTNに出演して被害を受けた農場について遅ればせながらも遺憾の意を表しています。

キム・ヨウンロク/農林畜産食品部長官:「緊急性の高かったためにこのような問題が生じましたが、農家については大変申し訳なく思っています。農家が本当に大きな被害を受けたのであれば、国家的な責任を感じています」

今でもインターネットには、これらの農家で農薬成分が検出されたという文を簡単に見つけることができている状況です。
信頼性墜落に経済損害まで受けた農民は、政府に被害補償を要求する計画だが、実際に補償がなされるまでの工程は長く、農民の憂いだけが深まっています。
(引用ここまで)

 欧州で農薬が残留した卵が多数見つかったことから、韓国でも検査が行われたとのことです。
 オーガニックを謳っているところを中心に検査があったのですが、多数の養鶏場の卵から残留農薬や殺虫剤が検出されたのです。
 で、事態を重く見た韓国政府は3000羽以上を飼っている養鶏場の全数検査を決定。
 出荷を一切中止させて、「3日以内にすべての農家を検査」し、合格した養鶏場のみ出荷を許可するという方式を取ったのですね。
 これが15日のこと。

韓国産の卵から殺虫剤検出 出荷中止に=韓国政府(聯合ニュース)

 で、その全数検査の結果として、17日の午前中に29件の養鶏場から追加で殺虫剤の残留があったとの発表があったのですが。
 そのうち5件は実際には問題なかったということが午後になって分かったという。

 ……なにをどうすればこんなことになるのやら。
 パリパリ精神でなによりも早さを尊重するっていうのが韓国だ、なんて話をよく聞くと思いますが。
 その早さで失敗したらもう目も当てられない事態になるってとこですかね。


ジム・ロジャース「韓国社会は停滞している。投資に値しない」 科学ジャーナリスト「韓国人の研究は閉ざされている。ノーベル賞は期待できない」

「投資の鬼才」の韓国未来に対する警告…「大きな危機が到来するだろう」(中央日報)
ジム・ロジャーズ氏「韓国はもはや投資の魅力ない国」(朝鮮日報)
また、ロジャース会長は「韓国株式の時価総額30位のうち財閥系列会社ではない会社はただ5社だった」として「世界どの国も少数企業が国家経済の半分を占めることはない」と指摘した。

同時に、「つまり、韓国経済が3社にかかっていると言える」とし「だから、韓国に投資することができないのではないか」と反問した。 (中略)

ジム・ロジャース会長は「韓国の若者たちは誰もが公務員を夢見ているが、このような場合は世界どこにもない」とし「私が懸念しているのは今後、韓国の人口も減り、借金もますます増えているが、皆が公務員になりたいと思っていること」と主張した。

また、「それでは、その借金は誰が返すだろうか。中国、ミャンマー、ベトナムとどう競争することができるだろうか。悲しいことだ」と付け加えた。
(引用ここまで)

 これまでジム・ロジャーズは日本市場に対して悲観的な予測を繰り返したり、「日本の若者は北朝鮮に移住すべき」と発言するなどしてきたせいで、韓国では神のごとくに扱われてきた人物なのです。
 どうも北朝鮮にすでになんらかの形で投資しているか、投資の約束を裏でしているかという感じがするのですけどね。
 そのくらいに異常なくらいの北朝鮮推し。

 まあ、そんな人物が「もう韓国はダメ」と言い出した。韓国のKBSで放映されたインタビューだそうですが。

 ・財閥に支配されすぎている。
 ・その結果、若者の目が公務員にしか向いていない。
 ・家計負債も大きすぎる。
 ・社会が停滞のさなかにあるのだ。

 この記事でも「韓国はダメだけど統一されたら投資するよ」と言っているあたり、先に述べた北朝鮮にすでに投資済みではないかという疑惑が拭えないのですが。 まあ、それはともかく。
 ついでもうひとつの記事。

「韓国人は『知っていること』に挑戦しない…閉じ込められた状態ではノーベル賞は期待できず」(中央日報)
−−韓国人の創意性にはどのような問題があるか。なぜ科学分野のノーベル賞受賞者が出ないのだろうか。

「2つのことが言える。最初に、韓国人は多くのことを知っているが『我々が知っていると考えること』異議を唱えて挑戦しない。ほとんどすべての偉大な発見と発明は、基本前提に挑戦して『我々が知っていると考えること」を逆にひっくり返す。挑戦する方法を学ぶのは難しい。恐ろしいことでもある。第二に、多くの発見者・発明者は『ポリマス(polymath、博学者)』だ。ポリマスは2つ以上の分野について専門的な訓練を受けた人だ。彼らは、例えば一分野の問題を第2、第3の分野の技法や知識を結びつけて解決する。多方面に知識がなければ発見・発明はない。韓国人は単一の専門分野に閉じ込められている。閉じ込められた状態では他の人と全く同じことを考えるようになる」
(引用ここまで)

 寡聞にしてこのロバート・ルート・バーンスタイン氏のことを知らなかったのですが、著書はだいぶ面白そうな内容なのであとで原著で読んでみようかと思います。
 さて、この記事では「ノーベル賞クラスの研究はどのようにして生じるのか」という話をしています。

 ふと白川英樹博士のことを思い出しました。
 ピョン・ヒョンジクという当時の韓国人留学生が単位を間違って実験したところ、変な膜ができた。「さて、この膜はなんだろう」と考えて濃度を濃くして実験を続けた結果、導電性高分子の発見に至ったと。
 ちなみに韓国では白川博士がノーベル賞を受賞するに至って「真の発見者はピョン・ヒョンジク」とか「ノーベル賞を共同受賞しなければならなかった」とか書いているマスコミもあったのですが。

ミスでノーベル賞(全北道民日報)

 違うのですよね。
 なにか目的とするものができなかったときにどう対応するのか、という問題なのですよ。
 「セレンディピティ」を備えているかどうか。
 田中耕一さんの場合も間違えて混合した物質で「いいや、実験しちゃえ」とやったところ発見に至った。
 韓国であれば「よく分からないものができてしまった」「試料作りに失敗した」で終わりなのではないかなと。

 投資と科学、まったく異なるふたつの分野から「韓国は停滞してしまっている」と同じことを提言されているのですよ。
 社会として人々の心が停滞せざるを得ない状況に置かれている、とでも言うべきでしょうかね。
 ちょっとシンクロニシティを感じてニュースを並べてみました。

ノーベル賞の100年 自然科学三賞でたどる科学史 [増補版] (中公新書)
馬場錬成
中央公論新社
2009/11/1

ムン・ジェインがノーネクタイなら周囲全員ノーネクタイ、ジャケットを羽織れば全員ジャケット着用……なんなのこの変な文化……

【新・悪韓論】韓国カメラマンは“バカの中のバカ”なのか 「構図」「風景」「服装」全部同じ…気持ち悪いメディア写真(zakzak)
 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、常に周囲と際立って違う服装をしている。これに対し、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、周囲が大統領と同じ服装をする。

 両者はまったく正反対の現象のように見えるが、本質は同じだ。トップは「絶対的に偉い存在」であることを、自ら示すか、周囲が示すか−の違いが表出している。民主主義とは真逆の権威主義政治文化が底流にあることは何ら変わりない。 (中略)

 文氏が白いワイシャツでノーネクタイなら、出席者はみんな、白いワイシャツにノーネクタイ。みんながほぼ一様に口を少し開けて、いかにも作った笑い顔を大統領の方に向けている。
(引用ここまで)

 リンク先の画像は7月27日にあった、ムン・ジェインと大企業幹部の集まりで「ビールミーティング 」というもので。
 「胸襟を開いてビールでも飲みながら今後の韓国について話し合いましょう」というものだったそうで。
 でもって、その様子がムン・ジェインを中心にして、まったく同じ格好をした人間が揃っていると。
 ムン・ジェインがノーネクタイに白いシャツであれば、そのように。

mun1

 画像はzakzakの記事から引用。

 そして28日にも同様の会合がありまして。

大統領府「ビールミーティング」で明らかになった韓国経済の特徴(ハンギョレ)

mun2

 画像は上記記事から。
 このときはムン・ジェインがノーネクタイでジャケットありの姿だったのですが、周囲の人間もすべて同じようにノーネクタイでジャケットあり。
 これ、なんかで同じ風景を見たな……と思ったのですが。

 G20で日米韓首脳会談があったときに、韓国マスコミが「トランプ大統領とムン大統領は赤いネクタイで統一されている。安倍は青いネクタイで仲間はずれだ!」と騒いでいたのとまったく同じ構図でした。
 権力が上のものに合わせようとする、徹底した事大精神の賜物ですね。

 というような感じで比較文化論的には理解できるのですが、なんというか……根本的なところで「分からない……文化が違う!」って感じです。

[まとめ買い] ヒストリエ(アフタヌーンコミックス)
岩明均
講談社

韓国人科学者「福島の放射線量は北欧よりも少なく危険ではない」→韓国人「売国奴!」「精神障害者!」「原発マフィア!」と怒号の嵐→結果、研究者たちは……

【コラム】脱原発、「積弊扱い」の恐怖に震える識者たち(朝鮮日報)
 韓国科学技術院(KAIST)原子力・量子工学科のチョン・ヨンフン教授は最近ネットで激しい批判にさらされている。今月12日に「脱原発政策の問題点」をテーマに開催された討論会で、原子力発電所の爆発事故が起こった日本の福島県について「考えられているほど危険ではない」と発言したからだ。チョン氏は「福島に1年いて受ける放射線量は大人が4ミリシーベルト、子供は7ミリシーベルトを少し上回る程度だが、これに対して北欧の一部地域において自然状態で受ける放射線量は10ミリシーベルト以上だ」と述べた。

 チョン氏がこの内容を発言した時の動画、あるいは討論会の様子が撮影された写真などはネットやSNS(会員制交流サイト)などを通じて拡散しているが、どのサイトもチョン氏を攻撃する書き込みであふれかえっている。「国を売り渡した」「精神障害者」「原発マフィア」などはまだ穏やかな方で、中には口にするのもはばかられる侮辱的な言葉も数多く見受けられる。しかしチョン氏の発言に対して科学的に反論する書き込みは一つもない。

 文在寅(ムン・ジェイン)政権は本来なら何度も検討を重ね、慎重に取り組むべき政策を次々と実行に移しているが、影響で関係する分野の識者や専門家たちが大きな批判にさらされている。事実を説明しても、政府の政策や国民の好みに合わなければ、チョン氏のようにたちまち国賊扱いだ。(中略)研究員は「へたをすれば自分も積弊にされるかと思った。この問題が起こった後、研究員たちは批判されそうなテーマを研究対象にすることはしなくなった」と語る。

 非正規社員の正社員化に対する意見を聞くため、先日ある民間の研究所に勤務する男性に電話をかけた。この男性は「どんな批判にさらされるか分からないので、何も言わない」として取材を拒否した。匿名を保証すると説得したものの「それでも個人が特定される恐れがある」として最後まで取材に応じなかった。

 自ら最も民主的と自負する政権の期間中、専門家や知識人たちが恐怖心から何も話さなくなるのは奇怪で悲しいことだ。このような状況が今後も続けば、最終的に政府と国民が聞きたいことしか言わない三流の識者しか残らなくなるだろう。事実とうそ、理性と感情を適当に混ぜ合わせた言葉で大衆に迎合する偽識者の中には、すでに「本当の知識人」として称賛される人物も少なくない。(中略)

今もどこかの研究室では研究者が低い声で「それでも地球は回っている」とつぶやいているかもしれない。
(引用ここまで)

 常に韓国内でも科学的見地からのまともな話や、正論を述べる人物は存在するのですよ。
 この記事にあるように福島の大部分よりも北欧のほうが高い。
 そしてソウル(約3ミリシーベルト)とも大差がない。
 他にもパク・クネはそこまでの罪を犯したのかとか、2006年のワールドカップのスイス戦におけるスイスのゴールはオフサイドではないとか。
 言える人はいるのですが、徹底的に叩き潰されます。
 韓国人の中では福島は穢れた地であり、東日本全体もすでに本来であれば人が住めないような地であるべきなのです。
 現実はどうであれ、韓国人の中での概念ではそうあるべき存在となっているのです。
 その概念に反するようなことを述べる韓国人は記事にあるように「国を売った愚か者」「精神障害者」みたいな扱いで叩き潰される。
 同調圧力の高さは日本も相当のものですが、韓国のそれは明らかに日本以上。

 ですからES細胞研究で論文捏造をしたファン・ウソクを内部告発した研究員も8年もの間、沈黙を守り続けていたのです。
 そして「8年も経ったのだから大丈夫だろう」と思って名乗り出たら、案の定叩き潰されましたけどね。「おまえが国を売った人間か!」と。
 WAISTの科学者とまるで同じことを言われたわけです(笑)。

 ウリ(身内)でなければナム(他人……というよりも敵)という価値観である以上、そういう扱いは当然なのですが。

 そして、現在の韓国で最大のウリともいえるのがムン・ジェインとその支持者。
 その政策に異議を唱えるような人間は「国を売った愚か者」であったり、「精神障害者」であたりするのです。
 そんな怒号を浴びせられる様子を見ていて、自分の意見を通せる人間はそうはいないでしょう。
 それらの怒号に加えて、「さてはおまえは積弊勢力だな!」とか「反ろうそく革命分子だな!」とか言われて、パク・クネ成果給を導入した経営者と一緒に高く吊される可能性すらある。
 そりゃま、本心でなにを思っていようとも沈黙を守りますわな……。

最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ