楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

香川真司

 相互RSS募集中です

Wシンジ+丸岡が輝いたドルトムント−マインツ戦、その影に沈む韓国人プレイヤーが……

“シンジ対決”での主役は岡崎! 香川の復調、丸岡初陣にも煌めきが。(NumberWeb)
>「僕はいつも『後悔したくないな』という思いで走っているだけです。これで(ゴール前に)行かなくて、あいつが突破したときには……と考えて。今までは(クロスボールがなかなか)来なかったんですけど、そこで諦めなかったことが結局、点につながった。そういうことがやっぱり大事なのかなぁと思います」

 この言葉には解説が必要だろう。シーズン序盤から岡崎はもっとシンプルにクロスをあげてくれるよう、チームメイトに何度も要求していた。実際、ヒュルマンド新監督もサイドからの崩しを求めていたのだが、機能しなかったのだ。

 その理由の一つは、サイドを専門とする攻撃的なポジションの選手がいなかったからだ。そこで、マインツは9月1日の移籍期限間際に、この試合で先発したアラギとホフマン、そして岡崎のゴールをアシストしたハイロと、そのポジションの選手を3人も補強したのだ。岡崎のあきらめない気持ちに加えて、彼らの加入がチームの底上げにつながった。
(引用ここまで)
dongwon

 かなり長めのサッカーネタなので、それがダメな人はスルー推奨。

 今日、TGSに行くつもりで早めに寝たかったのですが、この試合もライブでも見たくて起きていようかどうしようか迷っていたのですよ。
 試合開始前の1時間前にあるスタメン発表で見ることを決めました。
 それとけが人続出のドルトムントで丸岡がベンチに入っていたのでデビューするようなことはあるのかな(まあでも、出ないだろうな)というちょっとした期待の元に。

 引用部分でない記事にあるように、最初は香川もノリノリだったのですがだんだんとマインツが圧力を増してきて、香川が交代した直後に岡崎がゴール。その後、岡崎がPKを取られたりもしたのですが、マインツが勢いで2-0で勝ったという試合でした。
 丸岡も後半35分くらいに投入されて、ドリブルから切り込みを見せたり「あれ? ……なんか通用しちゃってる?」というサプライズがありました。
 ま、考えてみたら何度かトップチームと帯同しているのであるていど「できること」が理解されているのでしょうね。

 えー、さて。
 その一方でこの1戦は韓国においては「韓国人直接対決」と煽りを入れられていたのです。マインツにはク・ジャチョル、ドルトムントにはチ・ドンウォンという韓国人がいるもので。
 ク・ジャチョルの休場は公式では「ふくらはぎにケガ」とアナウンスされています。あと、パク・チュホは兵役免除を目指してアジア大会出場中。 
 チ・ドンウォンもハムストリングスのケガとされています。

 そもそもチ・ドンウォンの役割は韓国のスポンサーマネーを引っ張ってくることでしたから、投入されなくても当然といえば当然なのですが。
 ま、そんなことはどうでもよくて。

 ク・ジャチョルがいない中でのマインツの攻撃陣がどうつながるのかを見ておきたかったのです。
 もうね、こいつがマインツに入ってからこっちというもの、ボールをコネてコネてコネまくってくれるおかげで前線が停滞してしまっていたのですよ。
 前シーズンはク・ジャチョルが入ってから岡崎のゴールラッシュが消えてしまったり、途中交代で消えたら岡崎が2ゴールを上げたりしてました。
 サッカーの相性がよくなかったのですね。 

  でも、今シーズンはサイドからの押し上げ+アーリークロスの精度が上がっていて、それが岡崎のゴール連発につながっていたのです。記事の引用部分にあるように。
 さらにク・ジャチョルがいなくなった今節、どうなるかというのが楽しみだったというわけです。

 いやぁ、ボールが動く動く。
 で、結果が岡崎は暫定で得点王(!)、マインツは暫定で2位。
 ま、第四節途中終了で順位がどうこうなんていうのはナンセンスですが。
 それでもク・ジャチョルがいなくても(いなかったからこそ)ブンデスリーガ屈指の強豪クラブのドルトムントに勝利。
 次節からどうなるかがちょっと楽しみですかね。


 

香川のドルトムント復帰であの韓国人プレイヤーはどうなるの?

Kagawa frei fur Dortmund(BILD/ドイツ語)

dongwon

 香川のドルトムント復帰がほぼ決まったそうです。
 ま、bild紙にここまで書かれて「やっぱなかったわ」ってことはないので、実際のところ決まりでしょう。
 ドイツ語圏のTwitterでは分刻みにその動向が語られていて、ドルトムントでは偉大なプレイヤーであったのだなぁ……ということが実感できますね。

 ところで、ドルトムントといえば「サンダーランドの失敗作」ことチ・ドンウォンが今シーズンから移籍して、かつ以前の香川の背番号である23をつけて在籍していますが果たしてどうなるんでしょう。
 現在のところ、負傷で出場していないのですが負傷していなかったときに開催されていたポカール杯の試合でもベンチ外。戦力としてカウントされているとは思えませんね。

 ただ、チ・ドンウォンがドルトムントにきてくれてよかったことがひとつだけ。
 ハンコックタイヤがドルトムントのスポンサーでして。おそらくチ・ドンウォンをねじこむのにそれなりのスポンサーフィー増額があったのではないかと思われます、
 ハンコックタイヤ自体はだいぶ前からドルトムントのオフィシャルスポンサーではあったのですが。

 スポンサーフィーがどれだけとかは発表されていませんが、そのチ・ドンウォンがドルトムントにきてくれたおかげで、香川を復帰させる資金のあてになったというのは間違いないでしょうね。
 フンメルスから香川へのフィードがまた見れるというのは嬉しいことです。

 23番ですが、まあもう登録自体はやっちゃっているんで変えられないんでしょうかね?
 香川の旧背番号を背負ったプレイヤーがベンチとかベンチ外から、そのスポンサーフィーで復帰した香川のプレイを見つめるなんて、針の筵もいいところでしょうに。
 でもまぁ、お礼は言っておくべきなんでしょうね。香川の移籍金を払ってくれてありがとうって。

 ちなみに画像はドンウォン水産のツナ缶。韓国でチ・ドンウォンがマグロと呼ばれている所以です。


UEFAチャンピオンリーグ:ソン・フンミンが香川よりも高く評価されているこれだけの理由?

<サッカー>CLデビュー戦の孫弘敏、香川と記録比較すると…(中央日報)
<サッカー>孫弘敏、欧州CLデビュー戦で評点5…香川は評点6(中央日報)


 このスタッツが正しいのかどうかは置いておいて。
 サッカーで走行距離を比べないスタッツとかあり得ないだろとか。
 そもそも負けている状態で一発目に交代させられる前の選手がいいわけねぇだろとか。

 まあ、その辺は置いておきましょう。

 このふたりをこれほどまでに執拗に「比較」したがるのなんて、韓国マスコミ以外にはありえませんけどね。
 香川はブンデスではMVPクラスの活躍をしたプレイヤーで、ドルトムントの2連覇を演出したブンデスリーガの宝石ですよ。

 その一方でソン・フンミンなんて昨シーズン2桁得点したとはいえ、ただそれだけのプレイヤー。
 昨日もごっつぁんアシストはあったものの、基本的にPA付近をふらふらとしてるだけ。守備意識ほぼゼロ。昨日もそのプレースタイルはそのままでした。

 それでも現状の韓国としては唯一の希望ともいえるプレイヤーなので、過大に期待がかかっているようなのですけども。

 それにしたって香川と比較とか(笑)。
 ちなみにロンドンオリンピックには出場していないので、兵役免除はされていません。


 

パク・チソンと香川真司、1年目の成績を比べると……え、比べるの?

<サッカー>“欧州3連覇”香川真司、朴智星と比較すると…(中央日報)
> 昨年6月にマンUに移籍した香川は、朴智星の比較対象となってきた。朴智星は05年から7年間、マンUでプレミアリーグ優勝4回、チャンピオンズリーグ優勝1回に寄与した。

 しかし香川の最初のシーズンは“半分の成功”だった。香川は今季5得点・5アシストをマークした。先月3日のノリッジ・シティ戦ではハットトリックを決めた。朴智星のマンU初シーズンの記録(2得点・6アシスト)を上回る。

 その一方で、香川のチーム内での位置づけはあいまいだった。昨年10月に左ひざの負傷で2カ月ほど欠場し、今年2月までポジション争いでも劣勢だった。香川が今季出場した23試合は、朴智星のマンU初シーズン(45試合)の半分程度だった。

 チョン・ジヒョンSBS ESPN解説委員は「香川は以前とは違う環境で、潜在力ある活躍を見せた。しかし同僚との連係プレー、創意的なプレーなどの長 所を十分に発揮できなかった」とし「可能性は見られたが、マンUの優勝に決定的に寄与したというレベルではなかった」と述べた。
(引用ここまで)

 パク・チソンと比べるようなプレイヤーじゃないと思うんですけどね、香川って。
 それ以前に比べるなって。
 こっちを見るな。

 それにしても1年目のパク・チソンと比べるのかぁ。
 ちょっとフェアじゃないかな。
 っていうのは、パク・チソンの1年目というのはプレミアリーグでキャリアハイの出場時間なのですよね。

JI-SUNG PARK Summary

 2年目以降は減るばかり。
 2008-09シーズンだけは例外ですが、他は1000分出られるかどうかって感じ。
 そもそもウィンガーで2000分も出場時間がありながらリーグ戦で1得点ってダメすぎるでしょ。
 香川の出場時間は現時点で1166分。

 さらによく見るとプレミアリーグの先発出場はパクが23試合、香川は15試合。香川はプレミアリーグであと4試合を残している。
 それに加えて2ヶ月(プレミアリーグ11節分)の離脱を考慮に入れると「プレミアリーグのプレイヤー」としてはそんな変わらないって感じですけどね。
 ついでに言えばCLでは香川は先発3試合194分。パクは先発試合なしで125分。 

 プレミアリーグに関してはあと4試合残しているので200-300分くらい上乗せできるとしてざっと1400-1500分。
 ま、負傷も込みで考えると1年目としてはそれなりじゃないですかね。
 ここ数試合になって、ようやくマンチェスターユナイテッドというクラブ全体が、香川真司というタレントになにができるのかということを理解してきたって感じです。

 思えばドルトムントの1年目も負傷して、出場時間はそれほどでもなかったのですよね。
 本当にすごかったのは2年目にドルトムントのメンバーが「香川真司というプレイヤー」を理解してからでした。
 フンメルスがフィードする時に、常に香川をターゲットにしはじめてからだったかなー。
 ま、韓国にも香川みたいなプレイヤーが生まれるといいですね。

 ちなみに香川がマンUに移籍したら自殺するかもって言っていた例の韓国人嫁のブログは書籍になってたそうです。

わが家の闘争 韓国人ミリャンの嫁入りわが家の闘争 韓国人ミリャンの嫁入り [単行本(ソフトカバー)]
著者:趙美良
出版:ミシマ社
(2012-09-27)

シュマイケル「香川のハットトリックはすごかった。EPLで2ゴールしたアジア人ってはじめてだよね」 韓国人「パク・チソンが2ゴール上げている!!!!!」

韓国人、「プレミアで2ゴールを決めた初のアジア人は香川」とTwitterで発言したピーター・シュマイケルを謝罪させる(Twitter.com)>

 "Ok guys I surrender. Park scored 2 v Wolves dec 2010...!!" ―― 「分かった分かった、俺が間違ってたよ。パクが2010年12月にウォルバーハンプトン戦で2ゴール上げてたわ」……ってところでしょうか。

 元デンマーク代表のゴールキーパーであるピーター・シュマイケルが香川のハットトリックに際して「プレミアリーグでアジア人が2ゴール決めたのははじめてだと思う」というTweetをしたのですよ。
 それを見た韓国人が「パク・チソンが2010年にウォルバーハンプトン戦で2ゴール上げている!」と突っ込みまくり、冒頭の謝罪Tweetに追い込まれたと。

 韓国人はいつも同じ行動をするものですねぇ。
 シュマイケルも「プレミアリーグでハットトリックをしたのは香川がアジア人初!」くらいにしておけばよかったと思いますが。
 そうしておけば韓国人もぐうの音すら出なかったでしょうに。
 むしろこの話はパク・チソンひとりが惨めな感じになってしまっていますよ。
 たった2年半前に2点入れたという事実すら覚えていてもらえていなかった。しかも、「2010年12月にあったんだな」って謝ったんですけど、実際には2010年11月だったりするし……。(ESPN FC

 そういえば「香川がマンUに入ったら憤死する」って日記に書いていた来日韓国人嫁がいましたが、あの人はどうしていることでしょう。
 全身から血を吹き出しているかもしれませんね(笑)。

パク・チソン対香川の韓日ビッグマッチが英プレミアリーグで実現? → ふたりとも出場せず

<サッカー>朴智星−香川、英国で韓日ビッグマッチ実現か(1) - (中央日報)
<サッカー>朴智星−香川、英国で韓日ビッグマッチ実現か(2) - (中央日報)

 最下位のQPRに対して大幅にメンツを落としてきたマンUは香川ベンチ外、元キャプテンのパク・チソンはベンチスタートで出番なし。
 韓日ビッグマッチは残念ながら実現しませんでした……っていうか、もうパク・チソンをこういういじりかたするのやめてあげてほしいな。
 香川とパク・チソンじゃ立ち位置が違いすぎるし。
 並び立つような存在じゃないんだよなぁ。

 そもそもこの報道自体が若干、「野村かかってこい!」なんだよなぁ……。
 まあ、香川はもうちょっとやれるはずという失望感がないではないですけども。

マンチェスターユナイテッド#26 香川真司 キーホルダー〜サッカーグッズ 日本代表マンチェスターユナイテッド#26 香川真司 キーホルダー〜サッカーグッズ 日本代表
販売元:ノーブランド

販売元:Amazon.co.jp

香川真司、ESPNのインタビューで「パク・チソンを絶賛」する?

<サッカー>香川「朴智星はアジアナンバーワンプレーヤー」(中央日報)
Kagawa: Bring on the pressure(ESPN Star.com)

 まーたすごいピックアップのしかたを……。
 以前も朝鮮日報が記事の中の3行分を、ひとつの記事にまとめていたことがありましたが、中央日報も同じようなことをしているということです。
 今回もESPNに掲載されている香川のインタビュー記事から3行ほどをあきれるほどに拡大して、かつ記事のタイトルにまでピックアップするっていうね。

 香川へのインタビューの主題が、まるで「香川、パク・チソンへの尊敬の念を語る」になっているかのようですが。
 そんなことはないのですよね。
 さすがに言ってすらいないことを追加したり、言っていることを無視したりはしていないのですが。

 それでも、この中央日報の記事の韓国版を韓国人が読んだら勘違いするだろうなぁ。
 まあ、勘違いさせておいたほうがいいでしょうけどね。
 少なくとも「韓国の英雄であるパクを追い出した!」とかいちゃもんをつけられて、安重根の真似事をするためにスタジアムに乱入される危険性を残すよりは、こんな風に勘違いさせておいたほうがマシです。

WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2012年 8/2号 [雑誌]WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2012年 8/2号 [雑誌]
販売元:日本スポーツ企画出版社
(2012-07-19)
販売元:Amazon.co.jp

パク・チソンが懐かしいマンU……だったらもっと去年の試合に出てるでしょ(笑)

<サッカー>「香川がいても…」 朴智星が懐かしいマンU(中央日報)
>  18日から南アフリカツアーに入ったプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(マンU)は、球団のバスにクイーンズ・パーク・レンジャーズ (QPR)に移籍した朴智星(パク・チソン、31)の大型写真をそのまま入れている。 スポンサーがあらかじめ確認できずに生じたハプニングだったが、むしろファンは喜んでいる。 朴智星は去ったが、マンUはまだ朴智星を記憶から完全に消すことができずにいる。

 競技でもそうだ。 プレシーズンマッチだが、朴智星がいないマンUは力が抜けていた。 献身的な役割をする選手を見つけるのに時間がかかりそうだ。 日本人MFの香川真司(23)のプレーからもマンUのファーガソン監督(71)は朴智星を思い出した。

◇もどかしいゲーム 「朴智星を思い出す」

マンUは南アフリカで行ったプレシーズンマッチ2試合で1勝1分けだった。 しかし内容はよくなかった。 まだ呼吸を合わせたばかりで、マンU独特の攻撃力と組織的なプレーが出ていない。

もちろん事情はある。 ルーニー、ナニ、エブラ、ヤングなどユーロ2012でプレーした選手は南アフリカツアーには参加しなかった。 またクレバリー、シルバ、ヘアなどロンドン五輪に出場する選手も今回のツアーから抜けた。 空いた位置にはリンガードなど20歳前後の若い選手が入った。

それでも過去のプレシーズンマッチで確実な競技力を見せてきたのとは違う。 どんな試合でも活発に動いた朴智星を思い出すしかない状況だった。

◇「朴智星のような選手」 時間がもっと必要

朴智星がプレーした位置ではアンデルソン(24)、リンガード(20)が出場した。 アヤックス・ケープタウン戦ではアンデルソンがサイド、中央を行き来しながら攻守を調整し、朴智星のような姿を見せようとした。 20歳の新鋭リンガードはアマズール戦の先発に続き、アヤックス戦でもアンデルソンと交代投入され、2試合連続でプレーした。

しかし朴智星のような献身的なプレーを見るにはもう少し時間がかかりそうだ。 競技力を高める時期のためか、2人は朴智星のように戦闘的かつ積極的な姿を見せられなかった。
(引用ここまで)

 こんなことをマンUのサポーターが思うわけないんだよね。
 パク・チソンなんて去年一昨年とリーグでけが人が出たとき以外、まともにプレーしていないんだから、そういうプレイヤーがほしいかどうか、ちょっと考えれば分かりそうなもんですが。
 韓国人がそう思うのであれば別ですけど。

 アヤックス・ケープタウン戦はYouTubeでざくっとしたプレー集のようなものしか見ていませんが、むしろ前線にボール供給のできるCMFが必要かなと思いました。
 あとはドルトムントでのフンメルスのような、フィードが正確なディフェンダーがいたらいいなぁとは思いますが。

 でもまぁ、香川の出来自体は悪くないのでまもなくフィットするでしょうね。
 レギュラー陣が香川になにができるかということさえ理解したら、ドルトムントの時と同じようにボールが自然に集まりますよ。

 もう、韓国人はQPRで我慢してください。
 エアアジアから求められて移籍したんだし。もうマンチェスターユナイテッドの競技は見ないほうが心のためだと思いますよ。
 ナショナリズムを超えて韓国人がマンUの試合を見ると思っている人もいるらしいですが、そもそもがパク・チソンがいなかったらサッカーを見ているかどうかも分からないような人たちなんだから。
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ