楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

AFCU-19選手権

 相互RSS募集中です

韓国代表、U-16に続いてU-19でも予選リーグ敗退、育成方針大失敗!?

U-19韓国代表、“歴史的大逆転”で敗退…2連勝スタートなのに(Qoly)
バーレーンで行われているAFC U-19選手権。

U-20ワールドカップの予選も兼ねるこの大会で、グループAに入った韓国はタイとバーレーンにそれぞれ勝利し、グループステージで連勝スタートを飾り首位に立っていた。

しかし、最終節に波乱があった。

サウジアラビアとのゲームで逆転負けを喫し、なんとグループステージ敗退が決まったのだ。

32分に先制した韓国であったが、その後38分と64分にそれぞれ失点。1-2で敗れ、2勝1敗でグループステージの戦いを終えた。

しかし他会場で行われていた試合で、開催国であるバーレーンが3-2でタイに競り勝つ。この結果、韓国とバーレーン、サウジアラビアが勝ち点6で並び、AFCが定めるレギュレーションによって順位决定がなされた。

今大会では勝ち点が並んだ際、グループ全体での得失点差ではなく、当該チーム同士の結果が参照される。

この3チームは「当該チーム同士の勝ち点」、「当該チーム同士の得失点差」が全て同じであり、対象となったのは「当該チーム同士での総得点」。

これにより、2試合で6点をあげたバーレーンが1位、4点をあげたサウジアラビアが2位に入り、3点の韓国は勝ち点6をあげながら3位に転落してしまったのだ。

国際トーナメントにおいて2勝1敗で敗退するケースは時折見られるが、2連勝スタートからの敗退はかなり珍しいと言える。韓国は来年開催されるU-20ワールドカップのホストカントリーであるためすでに出場権を手にしているが、ショッキングな形で大会を後にすることとなった。
(引用ここまで)

 AFC U-16選手権に続いて、AFC U-19選手権でも韓国代表が予選リーグで敗退。
 サッカーの予選リーグで1弱は危険なのですよね。こんな風に2勝してもリーグ敗退の危険性があるので。

 さて、これまで日本代表もアンダーエイジの代表で勝負弱いことが指摘されてきて、往々にしてU-16/U-19の準々決勝で敗退してU-17、U-20ワールドカップへの切符を逃してきました。
 それをもって「これで世界でもまれる経験を逃すことになった」って批判されてきました。

 でも、さすがにAFC選手権で予選リーグ敗退、それもU-16、U-19揃ってなんて事態は記憶にないなぁ……。
 U-23になる五輪代表ではそれなりに結果を残していますしね。アンダーエイジでのフィジカルに問題があるのは間違いないのですが、成長線が閉じる頃になれば対抗できるようになる、という感じかな。
 テクニックとフィジカルのバランスがこの時期になれば取れるようになるのでしょうね。

 その一方でフィジカルエリート(だけ)を選んで選抜してきた韓国代表にとって、これは緊急事態といえるのですが。
 あ、それでも来年に開催するU-20ワールドカップは韓国でやるらしいのですよ。
 というわけで開催国枠をキープできているんですって。
 よかったですね、開催国で。

これだけは名著といってもいいと思う。
28年目のハーフタイム (文春文庫)
金子達仁
文藝春秋
1999/10/10

「U-19韓国代表は勝てばグループ1位抜けと共に日本の敗退という戦利品も得られる」 → U-19日本代表勝利で韓国代表がグループリーグ敗退

笑う韓国-泣く日本、また ‘意地悪な運命’で取組む(MKスポーツ)
  ↓
U19日本、韓国撃破し決勝T進出!南野2発「特別な勝利」(スポニチ)

意地悪な運命だ。韓日戦、どちらか一方だけが笑うことができる。国際サッカー連盟(FIFA)U-20ワールドカップの出場権がかかっている。勝てば出場権を争う戦いを続けられるが、負ければ荷造りに行かなければならない。

ところが、この状況は初めてではない。最近になってぐっと多くなり、2年ごとに繰り返されている。「宿命のライバル」という表現らしく、「丈夫な」縁であ る。一本橋で顔を合わせた負担は、韓国よりも日本の方が大きい。「よりによってまた...」という思いが頭の中にいっぱい「ミニサムライブルー」だ。

韓国が13日午後6時、ミャンマーでのアジアサッカー連盟(AFC)U-19選手権グループリーグ日本の最後の試合を行う。

ベトナムを6-0で下した韓国は11日、中国と0-0で引き分けた。1勝1分け(勝ち点4・得失点差+6)でC組1位。中国(1勝1分け・得失点差+1) に得失点差で上回った。日本は韓国-中国に先立って、ベトナムに3-1で勝った。しかし、先に中国に1-2で敗れ、足首が逮捕された。1勝1敗(勝ち点 3)でC組3位となった。

日本に勝てばC組1位確定だ。ここに「日本の挫折」という戦利品も得ることができる。
(引用ここまで・太字引用者)
     ↓
 サッカー男子のU―19(19歳以下)アジア選手権は13日、ミャンマーのネピドーなどで1次リーグ最終戦が行われ、C組の日本は韓国と対戦し、2―1 で勝利。2勝1敗の勝ち点6とし、同組1位で決勝トーナメントに進出を決めた。2位は中国で、3位となった韓国は敗退。(中略)

 2ゴールを決めた南野は「(韓国に敗れた)U―16とU―21のかたきをとるつもりで戦った。特別な1勝」と、宿敵相手に勝ち、決勝トーナメント進出した喜びを口にした。
(引用ここまで)

 CSで見てましたが、終始U-19日本代表が押していたように思えました。
 韓国のU-19の試合を見たのはたぶん、はじめてなんですけども。
 ……なんか無理矢理にパスサッカーやろうとしてません?

 パスサッカー同士だったら日本のほうがサッカーの文化的に収まりがよくて、韓国の付け焼き刃で対抗できるわけないんじゃないの……と思いつつ見ていたら、その通りの結果になりました。
 中国戦はなんだかんだで相手ゴールキーパーが当たりすぎていただけでしたし。

 正直な話をしてしまうと、アンダー世代から出るA代表レベルの人材って2人とか3人くらいまでなのでそれほど重要視するようなものでもないのです。
 将来的に、代表に2人くらい入れば充分。その他の人材はJリーグには所属するだろうけど、どうしても代表レベルではウィークポイントになりがち。
 そういうレベルの代表戦で勝ったからっていって、世界に通用するというわけでもないのですよね。

 U-16でFCバルセロナの下部組織にいて、韓国に帰るくらいならサッカーをやめると公言しているイ・スンウ(スペインでは公式試合に出られないが、代表戦なら出られる)が活躍して日本代表に勝って大騒ぎでしたが。
 もう、一時期サッカーの話題がそれしかなくなるくらいの勢いで。

 ヨーロッパでレギュラーとして出ているのがmonKI、ソン・フンミンくらいしかいないので、そういう話題に飛びつかざるをえないというのが韓国の現状なのですけどね。

 ま、なにが言いたいかっていうと、そういう状況の韓国なのに、アンダー世代でも勝っちゃってごめんなさいねっていうことです(笑)。


サッカー:U-19日本代表、AFC U-19選手権で韓国と同組に

日本がAFC U−19選手権で韓国と中国、ベトナムと同居(サッカーキング)
> 10月にミャンマーで行われるAFC U−19選手権の組み合わせ抽選会が24日に行われ、日本はグループCに入った。

 日本は、前回王者の韓国と中国、ベトナムと同居。全体の上位4カ国には、来年にニュージーランドで行われるU−20ワールドカップの出場権が与えられる。
(引用ここまで)

 なぜか日本はU-20が鬼門なのですよね。
 正確にいうとAFC U-19で4位以内になかなか入れない。
 オリンピックのU-23では少なくとも本大会に出場はできているのですが。

 過去3大会中、2回はノックアウトラウンドの初戦で韓国に当たって敗退。まだこの年代だと身体ができきっていないので、身体の大きさ優先で選ばれている他国の代表に当たり負けしてしまうのですよね。
 そこから身体ができると並びになって、代表クラスになるとかなりの差がつくってとこかな。

 ま、こういうピックになったということをお知らせってことで。


 
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ