[イ・イルオのミリタリーtalk]韓ステルス機vs日ステルス機、結果は? 「韓国惨敗」(ナウニュース/朝鮮語)
よく韓国を「日本を見下している世界で唯一の民族」ともいう。日本はGDP順位世界3位、世界経済に強い影響力を及ぼす国であるだけでなく、全体的な国力が韓国を大きく上回る国が、このような客観的な指標の劣勢に関係なく、私たちの国民は、日本を「無視」、「軽蔑」、「蔑視」している場合が多い。
国家代表サッカーチームの監督は、どれほど優れた成績を収めていても韓日戦で負ければ辞任を覚悟しなければならないし、さまざまな指標や統計で日本に劣る結果が出たというニュースが報道されると、怒りを放つコメントが列をなす。
韓国が国家的自尊心をかけて「檀君以来最大の国防事業」と呼ばれる韓国型戦闘機(KFX)システムの開発を宣言すると、日本は次世代ステルス戦闘機の技術実証機の試験飛行を実施して、最近の次世代戦闘機の開発本格化のための技術公開受付が終了すると、本格的な戦闘機の開発に入った。

韓KFX vs日F-3
韓国のKFXと日本のF-3はほぼ同じ時期に登場する戦闘機であるが、その性能面では「天と地」に近いほどの違いがある。結論から言えば有事の際、独島上空でKFXでF-3に対抗するのは無謀な自殺行為に近い。
2026年から実戦配備される予定のKFXは第4.5世代戦闘機を標榜している。ラファールやユーロファイターのような第4.5世代戦闘機が2000年代初頭から登場したという事実を考慮すると、登場自体が競争機種より20年以上遅れている。米国とロシア、中国などの大国は、すでに5世代戦闘機を実戦配備しており、KFXが量産されている予定の2030年代の発売を目標に第6世代戦闘機の概念の研究段階に入っている。
F-16よりも少し大きい24.5トンの最大離陸重量に双発エンジン、マッハ1.8レベルの最大速度を備えたKFXは現在の基準では非常に優れた戦闘機が、第5世代戦闘機の普及が一般化されている2020年代半ば以降、性能面で周辺国の主力戦闘機よりもかなり劣勢に立たされるしかない。このため、KFXはブロック(Block)の概念を導入して段階的に性能を向上させる計画だが、機体の大きさの限界のため改良型であるブロックIIやブロックIIIでも十分な容積の内部武装ウィンドウや航空電子機器を備えるのは難しく周辺国の主力機との性能比劣勢は克服するのは難しいと思われる。
これとは対照的に日本が準備しているF-3は目標性能値がKF-Xと「クラス」が異なっている。日本は、F-3の目標性能を現存最強の戦闘機と呼ばれる米国のF-22Aラプター(Raptor)と同等以上に設定している。
F-3にはステルス機を遠隔で検出することができる高性能AESA(Active Electronically Scanned Array)レーダーと電子戦機器、赤外線ナビゲーション追跡装置(IRST)などを統合した先進の統合センサーはもちろん、機体表面に貼り付け死角をなくし与えるレーダーのスマートスキン(Smart skin)、中距離空対空ミサイル6発以上を収納することができる広い内部武装ウィンドウ、30トン級以上の大型戦闘機をマッハ1.5以上で超音速巡航させることができる高性能エンジン、そして高機動のための飛行制御システムなどが実装される予定である。
日本は4月と5月に試験飛行を実施した技術実証機X-2では、F-3に搭載される統合センサーとエンジンの先行開発製品の技術的なテストを実施したほど関連研究を相当なレベルに進捗させている。このため、来る2028年までにF-22Aと同等以上の性能を持つ、世界最高水準の戦闘機を開発するという日本の目標は、難なく達成することができるものと思われる。

防衛省は、F-3戦闘機をF-2支援戦闘機の後継として100機以上の戦力化するという構想を持っているが、昨年11月の防衛装備庁の技術シンポジウムで公開されたF-3の要求性能の空中戦能力と長距離作戦能力、内部武装能力などが非常に高く設定されているという点を勘案すれば、この戦闘機はF-2よりF-15の後継に近い。すなわち、長距離航続能力と優れた空中戦のパフォーマンスに基づいて周辺国の攻勢的な航空作戦に投入される可能性が高いものであり、これは有事の際に独島上空で韓国のKF-Xが、この戦闘機を相手にしなければならない可能性が高くなることを意味する。
現在までに公開されている仕様を比較するとKFXはレーダーと航空電子機器の性能、武装能力と高速機動力など、すべての能力でF-3に劣勢だ。ここに空中早期警報統制機とイージス艦などがクモの巣のように接続された自衛隊のネットワーク交戦能力まで勘案すればKF-XでF-3に敵対するのは自殺行為になる恐れもある。怒りが爆発せざるをえないことだが、似たような時期に開発された両国の戦闘機がここまで深刻なパフォーマンスの格差が発生するしかないのは、過去数十年の間、航空産業を眺める両国政府の見解の違いのためである。
(引用ここまで)

 引用部分までがKF-X対F-3の脳内決戦の様子。
 後半の2/3くらいは航空産業に対する日本と韓国の取り扱いの違いが続きます。これもそこそこ面白いので、後に掲載しておきましょう。

 全般的には、そりゃそうでしょって話で終始しています。
 F-22以上の戦力を目指しているF-3と、F-16プラスを標榜しているKF-Xじゃ相手になるわけないです。
 そもそも、そんなところで勝負してないし。

 比較的まともなコラムになっていまして。
 冒頭にあるX-2を「日本が開発したF-3」ってキャプションがあるので、どれだけトンデモなのかと思って若干期待していたのですが。キャプションは編集者がつけることも多々あるので、そういうことなのかもしれません。

 そしてそれをフォローするために「韓国人の反応」をやりたかったのだけども、まだコメントが1件もなかったです。
 今日の14時に掲載された記事だからそれもしょうがないですかね。
 というわけで、残りの「日韓の航空産業に対する扱いの違い」も翻訳で。


続きを読む