楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

F1

 相互RSS募集中です

ヒュンダイ自動車が国際レースで活躍、ハンコックタイヤはF1に参入か?

ハンコック、2020年以降のF1タイヤサプライヤーに名乗り?(F1-Gate)
現代自動車、国際レースで相次ぎ優勝(朝鮮日報)
韓国のタイヤメーカーであるハンコックは、2014年にF1参入を目指して当時のF1最高責任者であるバーニー・エクレストンと本格的に交渉を重ねていたが、最終的にタイヤの開発期間やテスト不足を理由に断念していた。

だが、Auto Motor und Sport の報道によると、ハンコックは2020年からのF1参入を目指して再び動き出したという。 (中略)

近年、ハンコックは、DTM(ドイツツーリングカー選手権)およびF3ヨーロッパ選手権など複数のカテゴリーにタイヤを供給している。
(引用ここまで)
現代自動車は7日から10日までイタリア・サルディニアで行われた「2018世界ラリー選手権(WRC)」第7戦で、現代自動車世界ラリー・チーム所属のティエリー・ヌービル選手が優勝したと12日、明らかにした。WRCは量産車をベースに製作された車に乗ってレースを行うもので、欧州・中南米・オーストラリアなどで1年に合計13回開催され、13回の記録を合計して総合優勝を決める。

 現代自動車は今年、スウェーデンで行われたWRC第2戦、ポルトガルで行われた第6戦、イタリアで行われた第7戦と3回優勝した。メーカー総合順位でも2位のフォードとの差を28点に広げて1位をキープしている。現代自動車はまた、自動車サーキットで今年開催される世界ツーリングカーカップ(WTCR)でも5回優勝している。

 現代自動車は今年3月、高性能車とモータースポーツ事業のため「高性能事業部」という組織を新設した。モータースポーツは自動車メーカーの技術力をアピールする場だ。現代自動車関係者は「ヨーロッパや南米ではモータースポーツの人気が高く、ブランド認知度を高めるのに効果的だ」と話している。
(引用ここまで)

 ここ何年か、韓国企業もモータースポーツに対する姿勢が変わりつつあるのかな、とも思わされることがいくつか。
 このヒュンダイのWRC優勝はヨーロッパのレースディベロッパーに丸投げといういつものパターンでしょうけども。
 個人的には丸投げがそれほど悪いことだとは思いませんけどね。 

 ハンコックもクムホもF1参入という噂はありました。
 特にハンコックに関しては記事にもあるように2014年頃にはかなり現実的な参入の噂があったのですが、当時は断念していました。

 ただ、相変わらず韓国国内のレース振興はどうでもいいって感じですね。
 先日、フォーミュラコリア消滅とF1韓国GP消滅以来、初のフォーミュラカーによるレースが行われたのですが。
 日本のスーパーFJを輸出しただけでした。韓国人レーサーのスポット参戦ゼロ。
 韓国のトップカテゴリらしいSUPERRACEの前座だったそうです。SUPERRACEは何度か日本でも開催してますね。リュ・シウォンが参戦していたことでも知られています。
 ちなみに開催されたのは例の韓国インターナショナルサーキット
 まあ、スーパーフォーミュラとか開催するのは荷が重いか。

 韓国国内への投資をしないっていうのは、生産工場と同じということでしょうか。


F1韓国GP、2016年にも復活か? ってその理由がひどい……

Korean GP bosses want 2016 race(ユーロスポーツ/英語)
韓国GP来季復活を模索…違約金回避が目的か/F1(サンケイスポーツ)

A senior Korean GP official with good knowledge of the situation said that rather than being put off by the dispute with FOM the hope was that a fresh contract could be sorted.

"We would like to get the race back, and believe we can do it for 2016, but not at any price," said the official, who did not wish to be identified.

"It must make financial sense in terms of the sanctioning fee."
(引用ここまで)

 ユーロスポーツでこの項目が出たのが20日、サンケイスポーツがそれを後追いしたのが23日。
 韓国国内にはサンスポの後追い報道しかないようですね。というか、まったくもって興味ない模様(笑)。

 で、上の英文をさくっと訳すと……

 正体を明かしたがっていない、F1に対して知識のある韓国GPの上級役員は「議論を重ねるよりも新しい契約で区分したほうがいいように思っている。もちろん、レースに復帰したいし、2016年にはできると思っている。だけどどんな値段でもというわけにはいかない」「制裁金に関してもいろいろ考える必要があるだろうね」

 ……ってとこです。

 どっちにしても狙いは「financial sense」であって、F1GPを開催したいというわけではないのですね。
 罰金を取られるくらいなら開催してやるっていう。
 というか「開催するって言っている連中から罰金取れるの? 本当に開催しちゃうよ? 最悪のグランプリって認定されてるんだけど、それでもいいの?」っていう開き直りを感じますね。
 というか開き直りしか感じません(笑)。

 実際問題、開催したほうの赤字が低いっていう状況なら開催するでしょうね。
 そんな理由で開かれるGPを見てみたいものですが。
 過去の韓国GPは行きたかったのですが、どうしても10月くらいから忙しいという業種なものでなんともできなかったのですよね。
 もし、来年に韓国GPが開催されるのであればぜひ取材に行ってきたいと思います。
 いや、かなり本気で。

 そしてどれだけホスピタリティにあふれたグランプリであるかレポートしたいと思いますわ。


韓国GP、完全消滅へ。大会組織委員会が解散。FOMから50億円規模の違約金請求も?

大赤字のF1韓国GP 組織委員会が解散へ(聯合ニュース)
 韓国南部の全羅南道・霊岩で2010年から13年まで開催された国際自動車レース、フォーミュラワン(F1)韓国グランプリ(GP)の大会組織委員会が解散することが8日、分かった。

 この先、韓国GPを開催しないことを決めたためで、解散の時期はF1グランプリを統括するフォーミュラワン・マネジメント(FOM)と韓国GPの不開催に伴う交渉が決着すると予想される上半期中になる見通しだ。

 組織委は2009年12月に発足。2012年6月、韓国GPの運営法人だったKAVOから開催権を譲り受け、12年と13年の2回にわたり韓国GPを開催した。10年と11年はKAVOの主管で開催していた。

 組織委は12年(総観客数16万4000人)に386億ウォン(現在のレートで約41億5000万円)、13年(同15万8000人)に181億ウォンの赤字を計上し、全羅南道に巨額の損失を負わせた。

 全羅南道が多額の赤字や劣悪な財政状況を理由に、昨年に続き今年も韓国GPを開催できないと発表したことから、同道がFOMから提訴される可能性もある。

 道は韓国GPを開催しない場合、開催権料4300万ドル(約50億4000万円)を違約金として支払う義務を負う。
(引用ここまで)
are1

 おやまぁ。……って当然といえば当然ですけどね。
 韓国の西南の果てにある木浦からまたタクシーを飛ばして30分。
 地の果て感がハンパない、不動産投資を失敗した場所へわざわざF1を持ってくる理由がない。 詳しくは韓国インターナショナルサーキット訪問記をご覧ください。

 いろんなライターが「言うほど悪くない」って繰り返し言っていましたが、ドライバーレースディレクターも、今宮純さんも切って捨てていたGPでしたからね。
 韓国GPから日本GPへと続く、地獄から天国への脱出GPも楽しくはあったのですが、実際問題としてやらされているドライバーにとっては冗談ではなかったでしょうし。

 それよりなにより、サーキット近くのヒュンダイ財閥傘下のホテルでウィークエンドをすべてのドライバーがひとつ屋根の下で過ごすことになって、4日間ほとんど同じような食事を食わされる。
 地獄のような日々だったとのことですわ。

 ま、とりあえずチームとドライバーにとってはほっとできるニュースで、うちにとってはネタがひとつ少なくなるというニュースですね。

 F1の招致委員会は韓国インターナショナルサーキット内にあったのですが、それが消滅するということはサーキットのほうもどうなるのかなぁ……って感じですか。
 まあ、韓国国内で国際格式のある唯一のサーキットみたいですし?

 もうひとつの国際格式サーキットであるインジェサーキットはいまだに目鼻ついていないようですし。
 サーキット自体の運営は続けるのでしょうね。たぶん。
 なにを開催するのかよくわかりませんが。 

 50億円の違約金ですが、WRCでのヒュンダイのようにうやむやにするんじゃないですかね。
 そもそも、この組織委員会の資本金が300万円くらいしかなくて、それ以上の請求はしてもむだ、みたいに話していましたが……。


 

F1韓国GP、暫定カレンダーに掲載されていた理由が判明

「あきらめたのに… F1開催地に含まれ当惑」=韓国(中央日報)
エクレストン、韓国GPを載せたのは「法的理由」(ESPN F1)

バーニー・エクレストンは2015年カレンダーに韓国GPが加えられたのは法的理由によるものであり、オーガナイザーが開催を望んでいないことを明かした。

"承認待ち"の注釈が付けられていたとはいえ、今月初旬に発表された来季のレーススケジュールには韓国の名前が電撃復帰を遂げていた。韓国でのF1グラン プリは2014年からカレンダー落ちしており、エクレストンはサーキットの契約上、実際に開催されないにせよ来年のカレンダーに含まれる必要があったと説 明。

「(オーガナイザーは)開催を望んでいない。韓国とは契約があり、カレンダーに記載せざるを得ない。もし載せなければわれわれが訴えられる可能性がある。われわれは彼らが戻ってくると理解して1年のオフを与えたのだ」
(引用ここまで)

 カレンダーに掲載するだけ掲載しておかないと、韓国のオーガナイザーから訴えられる可能性があった……と。
 純粋に契約の問題だけだったと。
 韓国側もなんの用意もできていない、青天の霹靂だったようで。

 実質的には去年、「休み」をもらった時点で終了していたのです。

 バーニー・エクレストン自身も「ここは施設が足りなさすぎる」って言っていたくらいですから。アゼルバイジャン以下ってことなんですけどね。
 マクラーレンのすポーティングディレクターも「現在のGPでは韓国以上に悪いところはない」って断言していました。
 まあ……さすがにあのサーキットやオーガニゼーションのもとでレースをさせるのは憐れだってことでしょう。

 へっぽこなライターがどれだけ擁護しようとも、現実はこうだったってことで。

F1機械工学大全
世良 耕太
三栄書房
2014-10-28

なんと! あのF1韓国GPが復活! ただし……

F1=暫定カレンダーで韓国GPが復活、ポイント2倍は廃止(ロイター)
F1、2015年カレンダーを修正。韓国GPが復活し全21レースに(TOPNEWS)

韓国GPは2014年に廃止されたが、今回は第5戦として登録された。ただし、次週にバルセロナでのスペインGPが予定されていることや、総レース数が21に達することから現実的ではない。レース数を20以上にすることには、各チームが反対している。
(引用ここまで)

 韓国GPが2015年に復活!
 まさか「モータースポーツ」のカテゴリをまた使うことがあろうとは。

 モータージャーナリストも含めて他の誰もがやらなかった韓国インターナショナルサーキットレポートもごらんください。
 サーキット名で検索するとかなり上にきているっぽいですね(笑)。

 と、思ったら暫定カレンダーに掲載されただけですか。
 F1をちょっと見ている人であれば、この暫定カレンダーは本当に暫定でぽいぽい変更されることを知っていると思います。
 実際問題、ロイターに書かれているように1週間後にスペインGPがあることから現実的には無理。

 ちなみに現在のスペインGPまでのスケジュールはこう。

開幕戦 3月15日 オーストラリアGP
第2戦 3月29日 マレーシアGP
第3戦 4月12日 中国GP
第4戦 4月19日 バーレーンGP
第5戦 5月03日 韓国GP
第6戦 5月10日 スペインGP

 あるとしたら、マレーシアと中国の間に入れる……かなぁ。
 あと半年でなんの準備ができるんだって話ですが。

 バーニー・エクレストンは本当に拡大路線を行きたいのですね。


バーニー・エクレストン「韓国へは戻りたいと思わない。施設が足りなさすぎる」

アゼルバイジャンは韓国に代わるものとF1のボス(TOPNEWS)
>エクレストンは今週、アゼルバイジャンでのF1グランプリは、昨年まで韓国の霊岩(ヨンアム)で開催されていたものの、不人気による財政難で開催継続ができなくなった韓国GPに置き換えられるものだと示唆した。

エクレストンは、F1ビジネス記者として知られるクリスチャン・シルトを通じて『Independent(インデペンデント)』に対し、「あそこ(韓国)へは戻りたいと思わない」と語り、次のように続けた。

「バクーとは契約を済ませている。そのレースは2015年にスタートし、韓国に置き換えられるものだ」

「彼ら(韓国)は、サーキット建設に関してはいい仕事をした。だが彼らは、自分たちが望んでいたものすべてのものを建設することを忘れていたんだ」

エクレストンはそう語り、湾岸地域に建設されたサーキット周辺の施設が不足していたと指摘した。
(引用ここまで)

 「自称先進国」がアゼルバイジャンに取って代わられる切なさよ。
 10年……いや、20年前だったら周辺の不動産投資もうまくいって、総合的な都市開発なんてものができていたかもしれませんね。
 「世界に冠たるF1グランプリを開催するサーキットを中心とした都市開発」みたいな言い方で。
 でも、建設も不動産も韓国経済の足を引っ張る「脆弱産業」となってしまった今、こんな不動産投資の成功は夢のまた夢。
 サーキットを客寄せパンダに使うつもりだったのでしょうが、もはやPFは通用しない状況

 半ば涙目になりながら韓国GPを擁護していたライターもいましたが、そもそも主眼だった不動産開発自体が頓挫しているのですから、早晩こうなることは目に見えていたのですよね。

 ま、バーニーがここまで言うということは、もはやよほどの金額を積まないかぎりこのまま永遠のお別れということになるのでしょう。
 一応、国際格式のサーキットらしいのでF1以外でも開催できるはずなのですが……。
 ま、序列大好きな韓国人がそんなものを開催したがるとは思えません。施設自体が終了でまた楽韓さんの取材対象になるのかもしれませんね。



国際的スポーツイベントを開催しては廃墟を作り続ける韓国社会

赤字累積の「F1コリア」、開催権料引き下げ要求で来年は開催されず(1) (2) - (中央日報)
> 「地方自治団体の首長が国際スポーツ行事招致アイデアを出す。ほとんど賛成一色だ。一致協力し、総力をあげて開催権を獲得する。しかし大会後に精算をしてみると、巨額の赤字が残る」。例外はなかった。国内の地方自治体が招致した国際スポーツ行事はすべてこうだ。
(引用ここまで)

 このあとは個別のパターンの掲示なので、気になるのでしたらそちらもどうぞ。
 韓国って本当にこうやって「スポーツの国際大会」をやりたがるのですよね。
 世界陸上を開催するって聞いた時は、さすがに「常軌を逸してるわ……」と思ったものでした。
 で、開催された結果はアレだったわけですが。

 F1も同じです。
 最初から韓国ウォッチャーはどうなるのか分かっていたんですよね。
 大会自体がどうなるのか。
 大会が開かれた会場がそのあとどうなるのか。
 どれも同じ軌跡を描いて廃墟になるんですから。

 ま、さすがに世界陸上をやったテグの陸上競技場は細々と使われ続けるでしょうけど。
 韓国インターナショナルサーキットはもう使われることもないでしょうね。
 インジェにも国際格式のサーキットがあるらしいのですが、こちらもFIAの公認を受けていないことが判明して、開催しようとしていたスーパーフォーミュラが中止になったりしていました。

 陸上、水泳、F1、どれも文化として育っていないのにいきなり国際的なレースだけ持ってきて自尊心を満足させようとするから、すべてがいびつになるんですよ。
 「身の丈を知る」ことがいつになったらできるんでしょうかねぇ……。


 

韓国GP、カレンダーから削除。さようなら、韓国脱出GP

赤字累積で行き詰まった「F1コリア」…来年は開催されず(中央日報)
> 国際カーレースのF1コリアグランプリ(GP)が来年のF1公式日程から除外された。再来年の日程に再び含まれる余地は残っているが、その可能性は不透明だ。F1は2010年から7年間、全羅南道霊岩で開催される予定だった。 (中略)

開催権料交渉の決裂が大会白紙の決定的な理由だ。F1組織委員会(全羅南道)は赤字問題を解決するため、FOM(フォーミュラワンマネジメント)との交渉 で、昨年4370万ドル(約503億ウォン)だった開催権料を今年は40%水準の2700万ドル(約302億ウォン)に低めた。続いて来年は2000万ド ル(約212億ウォン)に引き下げてほしいと要求した。しかしこれに難色を示したFOMが結局、韓国大会を除いた。
大会の開催自体がなくなり、F1のメッカとして定着し始めたばかりの全羅南道霊岩の地位は大きく揺れることになった。残りの大会(3年)をすべて放棄すれ ば、国際訴訟は避けがたく、レース場の活用も課題として残る。F1サーキットと連係した車部品の高級ブランド化研究開発事業と自動車チューニング核心基盤 構築事業も困難が予想される。 (中略)

しかし2010年の最初の大会開催後、4年間で1902億ウォンの運営赤字が出ている。
(引用ここまで)

 1年につき50億円レベルの赤字で4年の累計が約200億円の赤字。
 高額な開催料金を払って進むも地獄。
 開催料金支払いを拒んで賠償金支払いをするのも地獄。
 どっちの地獄が楽かを比べて、後者を選んだといったところでしょうかね。

 どれほどへっぽこなライターが擁護したところで、見るべきものは韓国脱出GPとか、どれほどホスピタリティが低いかとかそういうところだけでしたからね。
 あとはどれだけずっこけるのかとか、今宮さんはどんなラブリーホテルに泊まるのかとか。

 そういう部分では見所のあるGPでしたけどね。
 まともなジャーナリストや観客が行くようなところではなかったということで終了でしょう。
 3年後くらいに霊岩に行ってみましょうか。


 
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
シンシアリーさんの新書がKindleで半額。9/6まで
ブラックパンサー MovieNEX
一応、韓国関連かな
TES V SKYRIM
Switch
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ