楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

F1韓国GP

 相互RSS募集中です

韓国経済:韓国が「ちょっと背伸び」してスポーツの世界選手権を開催し続けた結果……

【コラム】F1、世界水泳…自治体の財政を悪化させるスポーツイベント(朝鮮日報)
  2010年から4年間にわたり全羅南道で開催された国際自動車レース・フォーミュラワン(F1)韓国グランプリは、今年と昨年は開催が見送られた。F1開催の影響で全羅南道の財政赤字が膨れあがった上に、国も財政面での支援を打ち切ったからだ。F1に伴う全羅南道の累積赤字は1900億ウォン(約200億円)で、サーキット建設のために発行した地方債の発行残高は2900億ウォン(約307億円)に達する。さらに全羅南道はF1のみ不開催に伴う違約金として970億ウォン(約103億円)を支払わねばならない可能性もある。契約に違反した場合、2年分の開催権料に相当する額を違約金として支払うことが定められているからだ。これまで全羅南道の職員はさまざまな批判を受けながら現場に多くの情熱を注いできたが、現実は彼らの思いとは関係なく、今やF1は全羅南道にとって大きな頭痛の種になってしまった。このままではF1を統括する英国のフォーミュラワン・マネジメント(FOM)との国際的な訴訟も覚悟しなければならないだろう。

 一方で今年7月に光州広域市で開催された夏季ユニバーシアードは成功したと評価されている。特に「低費用・高効率」が高い評価の要因とされているようだ。ところが実際にふたを開けてみると、内情はそれほど良いことばかりでもない。光州市はユニバーシアードの開催に向け、2012−14年の3年間に3278億ウォン(約347億円)を投入した。大会の総事業費は国費などを含めて8171億ウォン(約865億円)だったが、光州市は「大会を終えた時点で1999億ウォン(約212億円)を節約した」などと自画自賛している。ちなみに光州市が毎年法律で定められている経費を除いて使える予算は3000億−3500億ウォン(約318億−約371億円)だ。しかし光州市はこのように余裕がない中で大会を開催するため、2046億ウォン(約217億円)の地方債を発行し、大会終了後の投資誘発効果がほぼない競技施設などの建設に予算を投入した。その結果、当然借金は膨れあがった。

 しかも光州市は2019年に世界水泳選手権を開催することになっているが、これも見通しは決して明るくない。当初の総事業費は1149億ウォン(約127億ウォン)とされていたが、大会規定に伴うプールの増築・整備のために550億ウォン(約58億円)以上の追加予算が必要となり、総事業費は2000億ウォン(約212億円)前後にまで膨れあがるのはほぼ間違いない。これは今後大会の開催に向けて、3年立て続けに600億ウォン(約64億円)前後を市の予算から支出することを意味する。しかも韓国政府は来年度予算にこの大会を支援するための予算を組み込んでいない。

 光州市は地下鉄2号線の建設も進めているが、これには総額2兆71億ウォン(約2130億円)という巨額を投入しなければならない。市のある職員は「水泳の世界選手権と地下鉄建設を同時に進めていけば、光州市としては財政面で対策の取りようがない」と実情を明かした。そのため世界選手権開催に向け光州市が抱える事情はかなり深刻になりつつある。

 光州市のように大規模なスポーツイベントを開催する地方自治体には、負債が急激に膨れあがるという共通点がある。先日行政自治部(省に相当)は各自治体における2014年度の資産に占める負債割合を発表したが、それによるとスポーツイベントを開催した自治体はどこも負債の割合が上位にランクインしている。アジア大会を開催した仁川が9.19%で1位、光州が6.59%で3位、世界陸上を開催した大邱は6.27%で4位だ。

 このように一時は韓国国内の自治体が先を争って世界的なスポーツイベントを誘致してきたが、どこも見掛けの派手さとは裏腹に、大会終了後は財政面の大きな負担に直面している。海外からの観光客も、また経済への波及効果も期待されたほどではなかった。あるスポーツ関係者は「地方自治体が大規模なスポーツイベントを将来の発展策として活用するには、あまりにもリスクが大きかった」と指摘する。地方自治体が他山の石とすべき教訓は、このように韓国国内のあちこちに転がっている。
(引用ここまで)

 意外ですね。
 仁川の負債割合がまだ9.19%に過ぎないということが。
 ま、それはともかく。

 これ、日本のせいって言うこともできるかなーとちょっと思いました。
 韓国の横にあって、夏冬のオリンピックを行い、F1を誘致し(それも3ヶ所で開催)、世界陸上、世界水泳といったイベントを成功させてきた。……世界陸上はちょっとアレだったかな。
 まあ、そつなくこなしてきたことは間違いないでしょう。

 それを韓国は横目に見ながら「ちょっとがんばれば開催できる」という立場になったわけですよ。
 2000年代後半から、ちょっとがんばって開催誘致を続けてきたのですね。
 もうすぐ人口ボーナスが枯渇して経済成長の余地がなくなっていることに目もくれず、地方ががんばったわけです。

 2000年代には何度もインディーカーの開催を失敗しながら、2010年にはF1の誘致に成功。
 2011年には大邱の世界陸上。2013年には世界ボート選手権。2014年には仁川でアジア大会。

 これらの開催に際して、最大の理由が「当時の知事が自分の功績を後世に残したい」というものであったのが運の尽き。「インフラがあるからできる」とか「競技が盛んだから開催の機運があがった」とかじゃないのですよね。
 F1開催が決まってしまったとき、韓国メディアは「オリンピック、ワールドカップ、F1の3つのワールドクラスの大会を開催したことがあるのは先進国だけ! 韓国もその先進国に加入したのだ」と盛り上がったのを思い出します。

 まあ、確かにちょっとがんばれば開催できた。そして残ったのはスポーツ文化等ではなく開催した自治体の財政悪化。経済成長停滞が重なって、これまでであれば経済成長にともなうインフレで吹き飛ばせていた借金がずっしりと重さを持つようになった。

 そして、そのクライマックスとして2018年の平昌冬季オリンピックが控えているわけですよ。
 2019年の光州世界水泳はカーテンコールですね。開催返上という可能性もありますが、それはそれでよいカーテンコールになるのではないでしょうか。



ボート大会からF1、アジア大会まで無駄に国際行事をやってきた韓国、最後の大物はもちろんアレ

負債抱えて終わった国際行事…維持・補修で赤字膨らむ=韓国(中央日報)
金浩福(キム・ホボク)元市長(67)は約900億ウォン(約100億円)かかる国際スポーツ行事を誘致した。次の李鍾培(イ・ジョンベ)前市長(58)は90億ウォンを追加し、放送中継用の便宜施設を設置した。こうして990億ウォンの行事を開催した。2013年に開催された忠清北道忠州(チュンジュ)国際漕艇選手権大会だ。収入は入場料に寄付金まで合わせて137億ウォン。建設費まで含めて853億ウォンの赤字となった。

それだけではない。行事後に施設を維持・補修するのにまた費用がかかった。昨年の収入は選手の食堂と休憩室として使用した3階建て建物(マリーナセンター)を食堂・カフェ・コンビニとして使うため民間業者に賃貸して受けた5000万ウォン、また大会本部の建物を会議場として貸与して受けた165万ウォンがすべてだった。

結局、この1年間、施設の管理だけで5億ウォンの赤字を出した。 (中略)

2010年に世界大学生乗馬選手権大会を開催した慶尚北道尚州市の国際乗馬場は利用者がほとんどいない。20日午後に中央日報の記者が立ち寄った時、訪問客は1人もいなかった。管理費がかかり、昨年だけで3億ウォンの赤字を出した。 (中略)

全羅南道霊岩郡(ヨンアムグン)のF1コリアグランプリ大会場は昨年、黒字を出した。カーレース大会用と現代自動車の車両性能試験用として場所を貸し、5億2500万ウォンの収益を出した。しかしこの金額ではレース場建設で抱えた負債1250億ウォンの利子も返済できない。

昨年アジア競技大会を開催した仁川市は今からが悩みだ。1兆5100億ウォンを投入して建設した16カ所の競技場の管理費が少なくない。今年、清掃と維持管理費などとしてひとまず予算132億ウォンを確保し、5月の補正予算で20億−50億ウォンを追加する計画だ。 (中略)

「今の状態ならば数年間は年間200億ウォン近い管理費用を負担しなければいけないようだ」と述べた。
(引用ここまで)

 ……あれ、アジア大会までで記事終わり?
 こういう記事であれば大本命となるであろう平昌の使用用途とかはないのか。まあ……実際の被害額が出るのはこれからですしね。
 あと記事にはないのですが、気になるのがテグの世界陸上のために作られた競技場ですかねー。
 まあ、これまで韓国にはなかった高反発素材を使用した競技場らしいので、陸上大会があれば開かれているのでしょうけども。
 世界陸上にしろ、世界水泳にしろ施設の数自体はどうってことないですからね。

 やっぱり、霊岩の韓国インターナショナルサーキットからの仁川アジア大会、そして平昌オリンピック関連施設というのが王道でしょうか。
 なんの王道かよく分かりませんが。

 んで、韓国インターナショナルは単年度で黒字を出したのだけども、利息すら払えないというのは「ああ、やっぱりな」ってところでしたね。それにしてもあのサーキット建設に125億円ってところか。
 もちろん絶対額としては高いのだけど、安上がりだなぁ……。バブル期に作られたオートポリスは800億円くらいかかっていたと記憶しています。 

  どの施設も建設費用がやたらに安いのですよね。
 労働者の人件費の問題なのかなー。


 

F1韓国GP、2016年にも復活か? ってその理由がひどい……

Korean GP bosses want 2016 race(ユーロスポーツ/英語)
韓国GP来季復活を模索…違約金回避が目的か/F1(サンケイスポーツ)

A senior Korean GP official with good knowledge of the situation said that rather than being put off by the dispute with FOM the hope was that a fresh contract could be sorted.

"We would like to get the race back, and believe we can do it for 2016, but not at any price," said the official, who did not wish to be identified.

"It must make financial sense in terms of the sanctioning fee."
(引用ここまで)

 ユーロスポーツでこの項目が出たのが20日、サンケイスポーツがそれを後追いしたのが23日。
 韓国国内にはサンスポの後追い報道しかないようですね。というか、まったくもって興味ない模様(笑)。

 で、上の英文をさくっと訳すと……

 正体を明かしたがっていない、F1に対して知識のある韓国GPの上級役員は「議論を重ねるよりも新しい契約で区分したほうがいいように思っている。もちろん、レースに復帰したいし、2016年にはできると思っている。だけどどんな値段でもというわけにはいかない」「制裁金に関してもいろいろ考える必要があるだろうね」

 ……ってとこです。

 どっちにしても狙いは「financial sense」であって、F1GPを開催したいというわけではないのですね。
 罰金を取られるくらいなら開催してやるっていう。
 というか「開催するって言っている連中から罰金取れるの? 本当に開催しちゃうよ? 最悪のグランプリって認定されてるんだけど、それでもいいの?」っていう開き直りを感じますね。
 というか開き直りしか感じません(笑)。

 実際問題、開催したほうの赤字が低いっていう状況なら開催するでしょうね。
 そんな理由で開かれるGPを見てみたいものですが。
 過去の韓国GPは行きたかったのですが、どうしても10月くらいから忙しいという業種なものでなんともできなかったのですよね。
 もし、来年に韓国GPが開催されるのであればぜひ取材に行ってきたいと思います。
 いや、かなり本気で。

 そしてどれだけホスピタリティにあふれたグランプリであるかレポートしたいと思いますわ。


F1、世界陸上、冬季五輪……誰も望まないイベントが韓国で開催される理由

【社説】F1で巨額の赤字を抱え違約金まで支払う全羅南道(朝鮮日報)
国際自動車レース、フォーミュラワン(F1)韓国グランプリ(GP)の大会組織委員会が昨年と今年、韓国GPを開催できなかったことによる違約金として最大1億ドル(現在のレートで約120億円、以下同じ)を支払わねばならない見通しとなった。F1グランプリを統括する英国のフォーミュラワン・マネジメント(FOM)は「韓国GPが開催されないのは契約違反」として、違約金の支払いを求める通知をすでに組織委に送ったという。2012年6月、それまで韓国GPの運営法人だったKAVOから開催権を譲り受けた組織委には全羅南道が主に出資している。

 韓国GPは当初、当時のパク・チュンヨン前全羅南道知事が中心となって誘致し、2010年から13年まで4回にわたり開催された。ところが毎回数百億ウォン(100億ウォン=約11億円)の開催権料を支払っているにもかかわらず、観客動員数が非常に少なかったため、4回の開催に伴う累積赤字は1902億ウォン(約206億円)に達している。これに加えてサーキットの建設費用4285億ウォン(約465億円)やその他の費用まで合わせると、これまで投入された額は総額1兆ウォン(約1100億円)に達するものと試算されている。このように赤字が積みあがった現状を受け、全羅南道は14年に続き今年も韓国GPの開催を断念した。組織委は韓国GPを16年まで開催する契約をFOMと取り交わしているため、来年の不開催に伴う分についても違約金を支払わねばならない状況に追い込まれそうだ。

 全羅南道は2006年から大会の誘致に乗り出したが、実はこの時点から「赤字は不可避」との指摘は相次いでいた。ところが全羅南道は「地元の発展に大きく貢献する」という大義名分を掲げて誘致を強行した。同じようなケースは実は全羅南道だけではない。仁川広域市も2014年アジア大会開催のために1兆480億ウォン(約1140億円)の地方債を発行した。平昌冬季五輪も赤字が確実な状況であるにもかかわらず、国際オリンピック委員会(IOC)などからの分散開催の提案を全て拒否し、新競技場の建設を進めている。
(引用ここまで)

 F1にしても、アジア大会にしても、そして平昌冬季オリンピックも同じことなのですけども。
 あ、世界水泳も世界陸上も含めて。

 大会をやることだけが目的で、それでなにかを伸ばそうとか韓国のためになろうとか、地方自治体のためになろうとかそういう理念はないのですから。
 誘致決定当時の首長が自分の実績として国際的なスポーツ大会を誘致して、後世に名前を残そうというだけのために行われているのですよね。
 あ、平昌に関しては周辺の土地を前もって買っておいて、オリンピック誘致で土地価格を高騰させようという目論見はあった模様です。
 一応、それは成功しているようで、財閥系が抑えていた平昌の土地は数倍のレベルで跳ね上がったそうです。

 あとはF1韓国GPもF1を打ち上げ花火にして、サーキット周辺を開発する予定だったのですが。
 ヨットハーバーとかできる予定だったのですが。
 マンションとショッピングセンターもできる予定だったのですが。
 ……。

 現状ではただの野原が広がってます。
 サーキット横の広大な土地で外人さんが飛行機のラジコンを飛ばしてて気持ちよさそうでしたね(笑)。

 誘致に成功したら後は野となれ山となれ。
 成功したら誘致した首長の名が残る。
 失敗しても負債をかかえるのは首長の仕事ではありませんし。
 まあ、それにしても端から端まで全部失敗しすぎでしょって話もありますが。

 こういうイベントの遂行能力が本当にないのですよね。
 コミケのスタッフが行ったほうが役に立つんじゃないのってくらいに。


韓国GP、完全消滅へ。大会組織委員会が解散。FOMから50億円規模の違約金請求も?

大赤字のF1韓国GP 組織委員会が解散へ(聯合ニュース)
 韓国南部の全羅南道・霊岩で2010年から13年まで開催された国際自動車レース、フォーミュラワン(F1)韓国グランプリ(GP)の大会組織委員会が解散することが8日、分かった。

 この先、韓国GPを開催しないことを決めたためで、解散の時期はF1グランプリを統括するフォーミュラワン・マネジメント(FOM)と韓国GPの不開催に伴う交渉が決着すると予想される上半期中になる見通しだ。

 組織委は2009年12月に発足。2012年6月、韓国GPの運営法人だったKAVOから開催権を譲り受け、12年と13年の2回にわたり韓国GPを開催した。10年と11年はKAVOの主管で開催していた。

 組織委は12年(総観客数16万4000人)に386億ウォン(現在のレートで約41億5000万円)、13年(同15万8000人)に181億ウォンの赤字を計上し、全羅南道に巨額の損失を負わせた。

 全羅南道が多額の赤字や劣悪な財政状況を理由に、昨年に続き今年も韓国GPを開催できないと発表したことから、同道がFOMから提訴される可能性もある。

 道は韓国GPを開催しない場合、開催権料4300万ドル(約50億4000万円)を違約金として支払う義務を負う。
(引用ここまで)
are1

 おやまぁ。……って当然といえば当然ですけどね。
 韓国の西南の果てにある木浦からまたタクシーを飛ばして30分。
 地の果て感がハンパない、不動産投資を失敗した場所へわざわざF1を持ってくる理由がない。 詳しくは韓国インターナショナルサーキット訪問記をご覧ください。

 いろんなライターが「言うほど悪くない」って繰り返し言っていましたが、ドライバーレースディレクターも、今宮純さんも切って捨てていたGPでしたからね。
 韓国GPから日本GPへと続く、地獄から天国への脱出GPも楽しくはあったのですが、実際問題としてやらされているドライバーにとっては冗談ではなかったでしょうし。

 それよりなにより、サーキット近くのヒュンダイ財閥傘下のホテルでウィークエンドをすべてのドライバーがひとつ屋根の下で過ごすことになって、4日間ほとんど同じような食事を食わされる。
 地獄のような日々だったとのことですわ。

 ま、とりあえずチームとドライバーにとってはほっとできるニュースで、うちにとってはネタがひとつ少なくなるというニュースですね。

 F1の招致委員会は韓国インターナショナルサーキット内にあったのですが、それが消滅するということはサーキットのほうもどうなるのかなぁ……って感じですか。
 まあ、韓国国内で国際格式のある唯一のサーキットみたいですし?

 もうひとつの国際格式サーキットであるインジェサーキットはいまだに目鼻ついていないようですし。
 サーキット自体の運営は続けるのでしょうね。たぶん。
 なにを開催するのかよくわかりませんが。 

 50億円の違約金ですが、WRCでのヒュンダイのようにうやむやにするんじゃないですかね。
 そもそも、この組織委員会の資本金が300万円くらいしかなくて、それ以上の請求はしてもむだ、みたいに話していましたが……。


 

F1韓国GP、暫定カレンダーに掲載されていた理由が判明

「あきらめたのに… F1開催地に含まれ当惑」=韓国(中央日報)
エクレストン、韓国GPを載せたのは「法的理由」(ESPN F1)

バーニー・エクレストンは2015年カレンダーに韓国GPが加えられたのは法的理由によるものであり、オーガナイザーが開催を望んでいないことを明かした。

"承認待ち"の注釈が付けられていたとはいえ、今月初旬に発表された来季のレーススケジュールには韓国の名前が電撃復帰を遂げていた。韓国でのF1グラン プリは2014年からカレンダー落ちしており、エクレストンはサーキットの契約上、実際に開催されないにせよ来年のカレンダーに含まれる必要があったと説 明。

「(オーガナイザーは)開催を望んでいない。韓国とは契約があり、カレンダーに記載せざるを得ない。もし載せなければわれわれが訴えられる可能性がある。われわれは彼らが戻ってくると理解して1年のオフを与えたのだ」
(引用ここまで)

 カレンダーに掲載するだけ掲載しておかないと、韓国のオーガナイザーから訴えられる可能性があった……と。
 純粋に契約の問題だけだったと。
 韓国側もなんの用意もできていない、青天の霹靂だったようで。

 実質的には去年、「休み」をもらった時点で終了していたのです。

 バーニー・エクレストン自身も「ここは施設が足りなさすぎる」って言っていたくらいですから。アゼルバイジャン以下ってことなんですけどね。
 マクラーレンのすポーティングディレクターも「現在のGPでは韓国以上に悪いところはない」って断言していました。
 まあ……さすがにあのサーキットやオーガニゼーションのもとでレースをさせるのは憐れだってことでしょう。

 へっぽこなライターがどれだけ擁護しようとも、現実はこうだったってことで。

F1機械工学大全
世良 耕太
三栄書房
2014-10-28

なんと! あのF1韓国GPが復活! ただし……

F1=暫定カレンダーで韓国GPが復活、ポイント2倍は廃止(ロイター)
F1、2015年カレンダーを修正。韓国GPが復活し全21レースに(TOPNEWS)

韓国GPは2014年に廃止されたが、今回は第5戦として登録された。ただし、次週にバルセロナでのスペインGPが予定されていることや、総レース数が21に達することから現実的ではない。レース数を20以上にすることには、各チームが反対している。
(引用ここまで)

 韓国GPが2015年に復活!
 まさか「モータースポーツ」のカテゴリをまた使うことがあろうとは。

 モータージャーナリストも含めて他の誰もがやらなかった韓国インターナショナルサーキットレポートもごらんください。
 サーキット名で検索するとかなり上にきているっぽいですね(笑)。

 と、思ったら暫定カレンダーに掲載されただけですか。
 F1をちょっと見ている人であれば、この暫定カレンダーは本当に暫定でぽいぽい変更されることを知っていると思います。
 実際問題、ロイターに書かれているように1週間後にスペインGPがあることから現実的には無理。

 ちなみに現在のスペインGPまでのスケジュールはこう。

開幕戦 3月15日 オーストラリアGP
第2戦 3月29日 マレーシアGP
第3戦 4月12日 中国GP
第4戦 4月19日 バーレーンGP
第5戦 5月03日 韓国GP
第6戦 5月10日 スペインGP

 あるとしたら、マレーシアと中国の間に入れる……かなぁ。
 あと半年でなんの準備ができるんだって話ですが。

 バーニー・エクレストンは本当に拡大路線を行きたいのですね。


バーニー・エクレストン「韓国へは戻りたいと思わない。施設が足りなさすぎる」

アゼルバイジャンは韓国に代わるものとF1のボス(TOPNEWS)
>エクレストンは今週、アゼルバイジャンでのF1グランプリは、昨年まで韓国の霊岩(ヨンアム)で開催されていたものの、不人気による財政難で開催継続ができなくなった韓国GPに置き換えられるものだと示唆した。

エクレストンは、F1ビジネス記者として知られるクリスチャン・シルトを通じて『Independent(インデペンデント)』に対し、「あそこ(韓国)へは戻りたいと思わない」と語り、次のように続けた。

「バクーとは契約を済ませている。そのレースは2015年にスタートし、韓国に置き換えられるものだ」

「彼ら(韓国)は、サーキット建設に関してはいい仕事をした。だが彼らは、自分たちが望んでいたものすべてのものを建設することを忘れていたんだ」

エクレストンはそう語り、湾岸地域に建設されたサーキット周辺の施設が不足していたと指摘した。
(引用ここまで)

 「自称先進国」がアゼルバイジャンに取って代わられる切なさよ。
 10年……いや、20年前だったら周辺の不動産投資もうまくいって、総合的な都市開発なんてものができていたかもしれませんね。
 「世界に冠たるF1グランプリを開催するサーキットを中心とした都市開発」みたいな言い方で。
 でも、建設も不動産も韓国経済の足を引っ張る「脆弱産業」となってしまった今、こんな不動産投資の成功は夢のまた夢。
 サーキットを客寄せパンダに使うつもりだったのでしょうが、もはやPFは通用しない状況

 半ば涙目になりながら韓国GPを擁護していたライターもいましたが、そもそも主眼だった不動産開発自体が頓挫しているのですから、早晩こうなることは目に見えていたのですよね。

 ま、バーニーがここまで言うということは、もはやよほどの金額を積まないかぎりこのまま永遠のお別れということになるのでしょう。
 一応、国際格式のサーキットらしいのでF1以外でも開催できるはずなのですが……。
 ま、序列大好きな韓国人がそんなものを開催したがるとは思えません。施設自体が終了でまた楽韓さんの取材対象になるのかもしれませんね。



最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
亜人ちゃんは語りたい 5巻
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ