02年W杯の韓国戦、「主審の買収」が確定・・イタリア紙が報道―中国メディア(FOCUS-ASIA)
L’arbitro Moreno e il metodo Sepp(Corrier dello Sport)
イタリア紙コリエレ・デロ・スポルトによると、02年ワールドカップ(W杯)の「韓国寄り」審判の2試合をめぐる不正疑惑について、両試合とも主審が買収されていたことが明らかになった。1日付で新華網が伝えた。

問題視されていたのは、1回戦の韓国対イタリア戦と準々決勝の対スペイン戦。イタリア戦ではエクアドル人のモレノ主審が、韓国の1点リードで迎えたアディショナルタイムで、イタリア選手に反則で退場を言い渡し、イタリアは10人で戦う羽目に。その後もモレノ主審はイタリア選手の反則をとり、イタリア側が決めた得点もオフサイドで無効とした。試合は韓国が勝利して準々決勝に駒を進めた。

準々決勝の対スペイン戦ではエジプト人のガンドゥール主審が、アディショナルタイムでスペイン側が決めた得点をやはり無効とした。韓国はPK戦でスペインを破り、4強入りを果たした。コリエレ・デロ・スポルト紙は「両試合とも主審に問題があったことを表す証拠がある。いずれも韓国が受益者だった」と報じた。

スペイン戦のガンドゥール主審は、先ごろ米司法当局に起訴された国際サッカー連盟(FIFA)元副会長のジャック・ワーナー氏が送り込んだ人物。イタリア戦のモレノ主審はこの試合直後に引退し、11年9月に麻薬売買で懲役2年6月が言い渡されている。
(引用ここまで)

 と、フォーカスアジアでは書かれているのですが。
 で、おそらく下のコリエレ・デロ・スポルトの記事が該当のものだと思うのですよ。
 この記事ではそうは書いてはいないような。
 いや、うちのイタリア語(ラテン語)の解読能力は中1の英語ていどなのでなんともいえないのですが。
 ちなみにタイトル的には「審判モレノとブラッターの手腕」って感じですかね。

 「証拠がある」の証拠が「いずれも韓国が受益者だったことだ」というのであれば、そりゃ確率論的にはそうですけどね。
 ポルトガル戦、イタリア戦、スペイン戦、そのいずれでも2つ以上の誤審が起き、かつそれが韓国に有利になる確率ときたら……。
 でも、それは証拠ではないですしね。

 ただ、前にも書いたように「FIFAで不正が行われていた」って報道があったときに、ヨーロッパで一斉に「そりゃ韓国戦だろ!」ってなったようにまだまだ生々しい記憶なんでしょうねぇ。
 今回のことを機会にして、徹底解明が行われればよいのですが。