楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

Kリーグ

 相互RSS募集中です

またまたまたまたKリーグとのプレシーズンマッチで乱闘、今度はガンバ大阪が犠牲に

【G大阪】韓国チームと練習試合で乱闘!(スポーツ報知)
 G大阪がキャンプ中の宮崎で蔚山現代(韓国)と行った練習試合で、乱闘騒ぎが起こった。

 DF丹羽が相手選手から悪質なファウルを受けたことをきっかけに、両チームの選手たちがもみ合いに。練習試合ということで退場者は出なかったが、蔚山現代側はベンチから全選手、スタッフまで飛び出すほどヒートアップした。試合は3―1でG大阪が勝利した。
(引用ここまで)
 さて、それではここでこれまでのKリーグ所属クラブとのプレシーズンマッチの歴史を見てみましょう。

2007年 大宮アルディージャ 藤本大激怒
2009年 FC東京 長友激怒
2011年 ヴィッセル神戸 大久保激怒 
2011年 セレッソ大阪 城南一和と乱闘寸前
2012年 清水エスパルスの小野伸二が韓国Kリーグ城南一和との試合で負傷
2012年 水原三星との練習試合で「他の選手のプレーにむかついた」と、サガン鳥栖豊田が殴られる

 去年もなにかあったような覚えがありますね。浦和の阿部が怒っていたような……。
 まあ、これだけの「実績」があって、いまだにKリーグ所属クラブとプレシーズンマッチをやるんですから、自業自得なんですけどね。

 本当にやめればいいと思うのですが。


 

韓国サッカー:2部落ちの慶南FC、「もういいからクラブ解体する!」と慶尚南道知事が激高

[サッカートピック] 2部降格慶南FC解体の危機(スポーツ東亞/朝鮮語)
慶南FC社長など26人一括辞表提出(聯合ニュース/朝鮮語)

慶南FCが2015年Kリーグチャレンジ(2部リーグ)に降格が決定し、激しい暴風が吹いている。今シーズンKリーグクラシック(1部リーグ)11位を記録した慶南は3日と6日開かれた光州FCと昇降プレーオフ(PO)で1分け1敗にとどまり、チャレンジ降格が確定した。

ホン・ジュンピョ(60・セヌリ党)慶尚南道知事は8日に開かれシルグク院長会議で「2年間慶南の社長以下の従業員を登用もして予算を多く確保し、一度も干渉せずに完全に任せた。しかし、ひどい結果をもたらした。これは慶南社長以下監督とコーチの指導力の不在を意味している。過去2年の間に企業に対して支援をもらえるように依頼したが、クラブにプロ根性もなく、プロの姿勢にもならないでいる」と叱責した。

続いて、 「慶南について監査官室で特別監査をして運営を継続するか、運営をどのようにすればよいかなどについて決定する。その前に文化観光局長は、社長以下、監督とコーチ、従業員すべてに辞表を受理するようにせよ」と指示した。球団オーナーがクラブ解体もありえるという強硬な立場を再確認しながら、慶南は荒波の渦に包まれた。バク・ジェヨウン団長は6日、昇降PO 2戦直後辞表を提出した、アン・ジョンボク社長も「責任を負う」という立場を明らかにした。

サッカー界は、ホン・ジュンピョ知事の発言に懸念の視線を送っている。別の市民クラブの関係者は「事実自治体が市民クラブを鶏肋にしている(訳注:鶏肋=無駄だが捨てるには惜しい物)。予算は盛大に使うが、それに見合った効果がないと報告している。慶南が解体される場合、それはクラブだけの問題ではない。慶南の事例を見てドミノのように4〜5つのクラブがなくなるかもしれない」と心配した。

別の関係者は「慶南は、2006年に4万人の道民が直接株主に参加して創立した球団である。ホン知事が球団オーナーとはいえ、市民を代行していると見なければならない。解体問題は慎重になる必要がある。暮らし向きを減らして(他の市民クラブである)大邱や光州のように再び1部リーグ昇格する事例も見なければならない」と指摘した。慶南FCのアン・ジョンボク社長は「最悪の状況に行くのは防ぐように最善を尽くしたい」と明らかにした。
(引用ここまで)
 慶尚南道の市民クラブ、慶南FCが1部であるKリーグクラシックで11位になり、かつ昇降戦に負けて2部(Kリーグチャレンジ)落ち決定。
 それに激高した道知事が「監督、コーチ、社長の辞表を集めろ、こんなクラブ解団してやる!」となっているとの話。

 実際に1試合の平均観客数を比べても、クラシックであれば7000人くらい入っているのですが、これがチャレンジになると2000人にもならないのですよね。
 もっとも、クラシックの7000人っていう数字も、FCソウルと水原という人気クラブが圧倒的な客入りで平均を引き上げているだけで、他はしょぼいもんなのですが。

 2部落ちになった市民クラブが解団になると、「じゃあ、うちももうやってらんないや」ってドミノ倒しになる可能性があるということですね。
 あの仁川ユナイテッドは株式会社でコスダックに上場しているのですが、もうすでに給与遅配なんかは飛び越して、先月には社長が個人的に5億ウォンの借金して給料を配っている状態。
 いつ市民クラブが潰れてもおかしくない状況なのですよ。

 韓国国内の経済的に見ても、もはや市民球団が成立できないときが来つつあるということですかね。


 

アジア大会の負債が仁川ユナイテッドに直撃。解体危機へ?

「アジア大会の直撃」仁川、解散説の真実は?(スポーツ朝鮮/朝鮮語)
「私たちのチームはどうなるんですか?本当に噂通り解体しますか?」

 仁川ユナイテッドをめぐる荒々しい噂、「解散説」は果たして真実なのか。毎年財政難に苦しんでいた仁川(インチョン)が、今回は解散説に揺れている。球団内外から出てくる噂を組み合わせてみると、整合性があるように見える。すでに知られているように、仁川市は仁川(インチョン)アジア競技大会で、天文学的な負債を残している。現在、来年の予算案を置いて調整している仁川市は継続中の財政問題で厄介者となった仁川ユナイテッドを解体させようとするというのが噂の実体だ。

 実際に仁川市は、関係機関の大規模な予算削減を計画している。仁川ユナイテッドもこの流れを避けるのは難しい。仁川市は、毎年40億ウォンであったクラブへの支援金を来年10億〜20億ウォンに縮小させる動きを見せている。さらに再来年からは完全にクラブへのサポートを中止する可能性も示唆している。これが事実である場合、仁川ユナイテッドは、ただでさえ困難な状況であるにも関わらず、さらなる運営困難が避けられない。
 現在、仁川ユナイテッドは最悪の状況である。今年発表された金融監督院の電子公示システムによると、仁川ユナイテッドは、資産総計33億7000万ウォンに負債量135億2000万ウォンで、資本量がマイナス101億ウォンに達する。いつ崩れてもおかしくない状況である。
 最近では9月、仁川空港公社の後援金支給が遅れており、今月の給与も支給していなかった。より大きな問題は、仁川空港公社が毎年20億ウォンずつ5年間支給することにした後援金と市の銀行である新韓銀行の後援金などを除くと、これといった収入源がないという点である。
 今年4月から開始され、10億ウォンの収益を得ることができると予想していた液化石油ガス(LPG)充電所の収益事業まで、事実上失敗に終わった。仁川が直接運営している仁川サッカー専用競技場は、まだ収益につながる可能性がある構造ではない。このような状況では市のサポートまで切断した場合、より大きな財政危機を迎えることができる。

 現在までに解散に関連した具体的な動きは見せていない。解散にまで至る場合、反響が少なくないからである。キム・グァンソク仁川ユナイテッド代表取締役は「これまでのところ、市から直接話を聞いたことはない。大変な状況であるだけに市の内外で様々な話が出てくると思われる。仁川市民株主で完成されただけに極端な選択をするだろうとは考えていない」とした。
 仁川ユナイテッドは、2003年8月1日、4万7291人の市民株主が参加して結成された。市民株の持ち株比率は58.0%であり、6月30日現在、仁川市体育会が13.4%の株式を保有していることが判明している。仁川は黒字運営に成功して市民球団の模範に選ばれた。しかし、過去民選5期当時、南北経済協力の象徴として中国丹東にサッカーシューズ工場建設などを無理に進行して赤字が累積された。現在のサッカーシューズ工場は給料を支給しないほど混乱を経験している。仁川市は、この問題にも責任を先送りしていると伝えられた。
フロントは少しでも資金をかき集めようと、各所で走りまわっているが様々な障害物に塞がれている。サポーターの不満のように、今の仁川の抱える問題はフロントによって作られた問題ではない。

 仁川市は、仁川ユナイテッドの問題を解決するために、民間企業に運営権を渡すことに苦心していることが分かった。キム代表は「ユ・ジョンボク仁川市長も仁川球団について苦心している。球団もこれに歩調を合わせて強度の高い構造調整などを行うことができる」とし「しかし、誰もが知っているように財政問題を解決することができる最高の答えは、仁川市内の企業が買収することだろう」と述べた。しかし、経済が冷え込んほど簡単ではないようだ。
 仁川ユナイテッドは毎年、シーズンオフにキープレーヤーを売るという悪循環の中でも期待以上の成績を収めている。今季もシーズン初めの不振を乗り越え、降格圏脱出が有力である。市民球団は市民の幸福と福祉の向上のために作られたものだ。困難に当たってともにベルトを締めることはできても、難関をくぐり抜けることのできる存在ではない。2005年準優勝を占めたとき、仁川ユナイテッドが見せてくれた感動はまだファンの胸の中に残っている。

 仁川だけでなく、安養、富川など市民球団の危機が加速している。どこか一箇所が崩れるとドミノ効果が発生することがある。それで仁川の歩みがさらに注目される。K-リーグの未来と直結した問題だ。
(引用ここまで)
 かなり読みにくかったので、翻訳時にいくつか改行を入れています。

 「仁川」と聞いただけで伊藤君のように耳がピンとなる(あ〜るネタ)韓国ウォッチャーも少なくありません。
 そのあたりの理由はこちらをご参照のこと→アジア大会があったからではない、韓国ウォッチャーが仁川を見つめる理由

 さて、一昨年には給料遅配にまで追い込まれた仁川ユナイテッド、その他市民球団も危機が訪れているとのこと。
 まあ、一部にあたるKリーグクラシックの入場者数は常に数千人。一部の人気クラブは2万人規模の入場者数があるようですが。
 2部のKリーグチャレンジに至ってはきっちり一桁下になっていてこんなんでまともな経営ができるわけないのですよね。

 その中でも仁川ユナイテッドはやはり、市とともに韓国の先鋒として走っているようです。崩壊への道を、ですが。
 こんなんでもやっていけるのは最低年俸が2400万ウォン、市民クラブだとスター選手の年俸でも5000万ウォンとかだからなのですよ。
 ドラフト制なので市民球団でもそれなりの選手は入るので、それなりに勝つことはできてもクラブ運営は別。

  ……仁川だからなぁ。
 アジア大会があろうとあるまいと同じ道を歩んでいたとは思うのですが。
 ま、苦しみは早く終わったほうがよいんじゃないでしょうか。

 ついでに「仁川ユナイテッド」っていう名前について。
 普通はクラブ名に「United」とある場合はふたつ以上のクラブが合併したときにつくものですが。
 仁川ユナイテッドは最初からこのクラブ名でした。理由は謎です(笑)。

文明崩壊 上巻
ジャレド ダイアモンド
草思社
2013-07-12


2012年Kリーグ新人王のイ・ミョンジュ、UAEアル・アインにドナドナ移籍

イ・ミョンジュアル・アイン移籍、Kリーグ最高の選手の移籍にファンが物足りなさを表明(朝鮮日報/韓国語)

 このイ・ミョンジュという選手、ポジションはミッドフィルダー。攻撃型です。
 2012年のKリーグ新人王。さらに2013年には7得点4アシストでKリーグベストイレブンになっています。
 韓国代表でも何度か召集されているようです。
 ただ、ロンドンオリンピックには召集されていなかったようで、銅メダル獲得による兵役免除は手にしていません。
 また、「戦術面の問題」で今回のワールドカップには召集されていません。
 ただ、今シーズンはKリーグクラシック(1部)の11試合で5ゴール9アシストと八面六臂の活躍をしています。

 いわば若手のホープ。 香川のひとつ下で、大迫、柿谷、山口蛍なんかと同い年。
 これからの代表を担っていく戦力ですね。

 でも中東へドナドナ。 
 Kリーグで得点王になってもドナドナ
 他にも子供のころからエリート街道まっしぐらで、フランスのリーグアンでデビューしたナム・テヒという選手も中東行きでした。
 192cmと大型のフォワードでオランダの強豪クラブであるアヤックスと契約したソク・ヒョンジュンという選手も中東行きでしたね。

 原口はドイツに移籍決定、山口はイタリア移籍の噂。
 でも、Kリーグの若手で最高ともされている韓国人選手は中東行き。

 日韓の間にはとんでもない差がついてしまいましたね。
 あ、でも移籍金は500万ドルなんだそうですよ。原口が50万ユーロであることを見たら、だいぶクラブ財政には貢献しているといえますか。


すべてのクラブが縦ポンサッカーのKリーグに未来はない

韓国型サッカーがKリーグを滅ぼす(中央日報)
> 韓国サッカーの昔からの美徳がむしろKリーグを滅ぼしている。韓国の指導者は頑張って走る選手が好きだ。速いプレスは聖書の言葉と変わらない。相手がボールを持っていれば、2、3人が一斉に駆け寄ってボールを奪い取る。これが美徳だった。

しかしそこまでだ。攻撃に対する悩みは足りない。守備を厚くした後、俊足のウィングを使ってサイドから逆襲する。そしてクロス。正確につながるケースは少 ない。選手はくたばるほど熱心に走るが、競技の質が落ちるという指摘が出てくる。あるKリーグの指導者は「私も試合を見ながらうとうとしたことがある。 ファンならどれほど退屈だろうか」と語った。

城南FCと仁川ユナイテッドが5日に行ったKリーグクラシック第6節は、韓国型サッカーがぶつかり合った典型的な試合だった。両チームの選手は競技が終了 すると、その場に倒れ込むほど頑張って走った。速いプレスの真髄を見せる試合だった。しかしつまらなかった。この試合を見たサッカーファンは「見ている と、癌になりそうだった」「0−0の試合は勝ち点を与えるべきでない」「不眠症の特効薬だ」などとコメントした。

戦術的な単調さが最も大きな原因と指摘される。Kリーグクラシックの12チームのうち浦項とソウルを除いて、ほとんどが4−2−3−1のフォーメーション を使う。サイドには速い選手、真ん中には背が高いFWが配置される。3バックを実験したソウルを除けば、11球団が4バックだ。
(引用ここまで)

 異常なほどのプレスと、ボールを取ったら縦ポンからクロス。
 前世紀から続けてきた韓国の伝統的なオールドスクールな縦ポンサッカーがKリーグでも行われているというお話で、それがとてつもなくつまらないと。
 似たようなサッカーはイギリスのプレミアリーグで行われていますが、本当に眠いのですよね。

 韓国国内ではそれでいいのかもしれないし、アジアでも日本やオーストラリア以外でもそれは通用するのでワールドカップ予選はなんとか通過できる。
 でも、日本や欧州のモダンサッカーには通用しないので、ボッコボコになる。
 その繰り返しなのですよね。
 特にそれが顕著なのがU-20とかで、そこそこサッカーのできてかつフィジカルのある韓国代表はアジアではかなりの強豪なのですが、U-20ワールドカップでは笑っちゃうくらいに通用しない。

 それを覆すためにモダンサッカーを導入しようとしていたのがチョ・グァンレだったのですが、切り替えがうまくいかずに後任も決めずに更迭
 で、縦ポンサッカーに戻って「18ヶ月を無駄にした」とか言われちゃう。
 そりゃまあ、AFCの中でFIFAランキングが5番手くらいになっちゃっても当然なんじゃないですかね。


 

Jリーグになくて、韓国のKリーグにあるもの、なーんだ?

「八百長組織、J1に接触」 「協力得られず」構成員、国際調査員に証言(朝日新聞)
> 世界的に広がるサッカーの八百長問題で、シンガポールの犯罪組織が、Jリーグのクラブ関係者に日本で接触を図った疑いが浮上した。国際的な調査員が朝日新聞の取材に明らかにした。
 この調査員によると、シンガポールで内偵捜査を進めていた2013年2月、ある犯罪組織の構成員から「自分のボスが数年前、Jリーグのクラブに八百長への協力を求めるため日本に行った」との証言を得た。
 日本で接触した相手が選手かスタッフか、代理人かは明らかにしなかったが、ボスに近い関係のこの構成員はJ1の強豪クラブの名を挙げ、「ボスはそのクラブに接触したけれど、(協力を得られず)断念した」とも話したという。(中略)
  この調査員は、八百長撲滅のため国際サッカー連盟(FIFA)に昨年まで雇われていた人物で、今も各国警察や国際刑事警察機構に依頼されて世界中の八百長 組織を追っている。朝日新聞の取材に対し、調査員は「自分が証言を得た犯罪組織の構成員は、情報源としては信頼が置ける」と語った。構成員は「ボスは日本 での工作が難しいと知り、中国に渡った」とも証言したという。
(引用ここまで)

 Kリーグだけでなく、韓国のプロスポーツのほとんどを覆った八百長禍がありました。

 楽韓Web カテゴリー Kリーグ八百長禍

 おそらく同じブローカーと思われる連中がJリーグにも手を伸ばしていたのですね。
 だけども、Jリーガーが手を貸すことなく、八百長は成立せずに終わったと。
 ヤマトオノコ、ですね。

 ま、もちろんそういった「日本人の持つ規律性」もあるでしょうけども。
 基本的にお金を充分もらえているという側面がある、むしろ大きいのはこちらのパラメータであるのは確かでしょう。
 とはいっても、Kリーグの選手というのはそれなりのサラリーをもらっているのですけどね。
 まあ、最低年俸は180万円(これでも倍になった!)ですし、市民クラブとかだと一気にサラリーが低くなってしまう上に、ドラフト制なので自分が行きたいクラブを選ぶことができない。
 さらに3年毎の強制契約方式なので、移籍の条件がめちゃくちゃ厳しい。
 このあたり、2部制になって改善されているんでしょうかね。

 賭けの対象になるスポーツ選手には充分な報酬を与えろ、ということですわ。

        ポチ袋 「賄賂」

Kリーグでもっとも裕福だった城南一和、一気に消滅移転 → 市民クラブ化へ

ACLも制した名門・城南一和がまさかの消滅。クラブの資金源・統一教会が持っていた大きすぎる影響力(フットボールチャンネル)

 城南一和が消滅の危機ということで。
 去年の文鮮明が死んだときに「これで城南一和終わったな」とは思っていたのですが、案の定でした。
 よく「統一協会のサッカークラブ」というように紹介されていたのですが、実際には文鮮明の個人所有クラブだったようなものなのですね。

 で、安山市に移転できるかどうか。
 移転できるようなら市民クラブとして再生。
 移転できないのであれば消滅とのことです。
 城南にあるクラブとしてはなくなるということが確定しているのですね。

 今年から2部制をようやくはじめたのですが、1部にあたるKリーグクラシックに所属するクラブがいきなり消滅。
 さらにポスコがサポートするクラブが2つある(全南、浦項)のですが、これも合併の危機とのこと。
 現在、ポスコ自体の業績がグダグダなので、スポーツへの支出を低くしろという株主からの要望は当然といえば当然なのですが。
 そもそもスポンサーが複数のクラブをサポートしていること自体がおかしいのですけどね。

 Kリーグの中でもっとも裕福だったクラブから、最高年俸が400万円ていどの市民クラブへ。
 韓国でのサッカーの立場というものを如実に現している記事ですね。

日本サッカーは韓国のそれをすでに追い越していた、とオーストラリア人サッカージャーナリスト談

日本サッカーは長年のライバル韓国を追い越した(JBPress)

 オーストラリア人の見た日本サッカーが辿った軌跡、というような連載記事。
 んで、第1回ですでに「日本サッカーはすでに世界に通用する」というような話が出てまして。
 当然のことながらアジアでは1位であるという話。

 んで、その原因がKリーグとJリーグの差にあるというところに話を持っていくわけですが。

 そりゃま、国内リーグと代表チームというものは車の両輪のようなもので、片方だけが強いとかありえないのですよね。
 スポンサーのいない市民クラブ(という名目で実際には地方自治体依存。地方自治体が破綻寸前になると給料遅配)が多くてその市民クラブじゃ年俸もトップで400万円とか。

 でもって、そんなクラブで構成されていて今年になってようやく昇降制度を取り入れることのできたKリーグ。
 一方で地域密着っていう路線を貫いて、成功することのできているJリーグ。比べるまでもない。
 ドラフト忌避した選手とは5年間契約しないっていうような独自路線を行くといいと思うのです。

 ちなみにNリーグ(来季からはK2リーグ。ちなみにこれはかつて昇降制度を導入して失敗したときの名称でもある)も大半が「市民クラブ」……というか、市庁とかが運営しているクラブなのですよね。
 まあ、そういう意味じゃ地域密着はしているのかもしれませんが(笑)。

サッカービジネスの基礎知識―「Jリーグ」の経営戦略とマネジメントサッカービジネスの基礎知識―「Jリーグ」の経営戦略とマネジメント
著者:広瀬 一郎
販売元:東邦出版
(2012-02-21)
販売元:Amazon.co.jp
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
韓国人による北韓論
緊急追記で金正男についても。
BABYMETAL
LIVE AT TOKYO DOME
初回限定+早期購入特典
初音ミク ハートハンターVer.

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド COLLECTOR'S EDITION

匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ