楽韓Web

韓国に関する話題を面白おかしく、韓国の文化背景を含めて解説してしまうサイトです。

KAIST

 相互RSS募集中です

韓国最高の秀才だけが集まる科学高校 → 超詰め込み教育の結果、志望大学はもちろんあそこ

【コラム】塾街の私腹を肥やす21世紀の韓国の科学教育(中央日報)
「実際に、私も科学者だが、これは深刻な問題です。最初からなくすか、準備期間を十分に与えるべきでしょう。先行学習で夜遅くまで塾を転々とする子供たちはもちろん、そうではない子供までも5〜6週間で特定のテーマで討論大会のための実験や報告書を作成するのは不可能なことです」

毎年4月、科学の日を控えて韓国科学創意財団で小中高校生を対象に行っている「科学探求討論大会」を批判する話だ。実際、講師の意図は別のところにあった。「現実がこうだから子供に丸投げしてはならない。お金をかけて塾に任せろ」ということだった。科学探求討論大会や小論文発表などの経歴は、随時選考(高校の成績を反映する大学入試選考)の割合が大きくなっている大学入試で重要な「スペック」の一つになる。実際に、江南の塾街には英語・数学だけでなく、各種校内外の大会の参加を指導する塾に生徒が集まっている。ここまでくると、百薬が無効だ。21世紀に見合う創意性のある教育を行うために打ち出した対策の科学探求討論大会は塾街の私腹を肥やしている。

最高の秀才だけが集まるという全国英才高校・科学高校の現実はどうだろうか。中央日報の年中企画「リセットコリア第4次産業革命分科委員会」に参加したある英才教育専門家の証言は衝撃的だ。彼の話によると、韓国英才高校・科学高校は英才教育でない「先行学習機関」に転落した。本当に必要な創意性教育は事実上ないと釘を刺した。教員は生徒がすでに先行学習をしてきたという前提の下で授業を行う。平日は寮生活をして週末に家に戻る生徒たちは親と人の情を交わす時間もなく、塾に追い出される。このようにしなければ、学校の成績競争でついて行けないためだ。(中略)

このように勉強した優秀な生徒が行きたい大学は理工系大学ではなく、医科大学だ。「全国医大を一回りしてからソウル工業大学に入る」という言葉も聞こえる。だが、韓国最高の頭脳が集まった医科大学の研究能力は低い水準だ。医大生の目標が社会の付加価値を創り出す研究開発ではなく、整形外科・皮膚科の医師になることであるためだ。4月21日の科学の日が50周年を迎える大韓民国の科学教育の現実だ。
(引用ここまで)

 韓国では創意工夫の精神を育むために小中高生を対象として「科学探究討論大会」というものをやっているのですね。
 で、韓国の子供にはそんなものをやっている暇はないので、学習塾に「委託」しておきなさいと。
 入賞すれば大学入学に向けて有利になるので、お金をかけて委託するのはいい選択でしょうね。

 後半の「全国英才高校」というのは聞いたことがないのですが、KAIST付属の韓国科学英才高校をはじめとした科学高校の総称なのかなぁ。
 韓国では最高峰に位置づけられる高校です。
 ちなみにこれら科学高校・英才高校では上記の大会で入賞なりして得たスペックは採用されなかったりします。入試は内申と面接だけで行われるのですね。

 KAIST=科学技術人材を育てるための大学です。その付属高校であるからには本来、科学技術振興に携わる研究者を輩出する高校だったはずなのですが。
 そのオチとして医学部に入りたい学生しかいないというもの。
 まあ、韓国の学生だったら当然の選択ですね。

 ソウル大学の理系学部を受験させられて優先合格したとしても、他の大学の医学部に入りたいので合格を取り消してくれと主張する。ソウル大学の医学部は超難関なのでパスせざるをえないのです。
 一芸入試でTOEICで満点をとって入学できた学生も志望は医学部。

 物理学者は公務員になりたいと言ってゴミ収集人の募集に応募してしまうような世界で、誰が将来の道に科学を選ぶのかって話ですわ。
 美容整形でクリニックを開けば、それだけで未来は開けている。
 その選択をする彼らを糾弾するわけにもいかないでしょう。金銭的に報われる最適の道を選んでいるのですから。
 なにしろ30大財閥に就職できる確率は2015年で1.67%。10大財閥だったら確実に1%未満。不況のきわまった現在ならそれ以下なのは間違いない。
 医者になればそれと同等以上の社会的成功は約束されたも同然ですからね。

 ノーベル賞がほしいなら研究バカが報われる道を残しておいてほしいものです。
 ま、韓国の社会構成では無理なことでしょうけども。

オーディション社会 韓国(新潮新書)
佐藤大介
新潮社
2012/6/15

韓国の有名大学で一時的に汚職一掃! → すぐ元に戻らざるを得ない理由

「改革」アイコンだった韓国科学技術院、10年で清廉度調査の最下位に(中央日報)
2006年7月、韓国科学技術院(KAIST)は1971年の開校以来35年ぶりに最も大きな改革の波が起きた。米国名門マサチューセッツ工科大学(MIT)客員教授の徐南杓(ソ・ナムピョ)氏が総長に着任して新しい風を吹き込んだ。当時、徐氏は▲教授テニュア(定年保障)審査の強化▼成績にともなう授業料の差等賦課制▼全科目100%英語講義−−などの改革課題を力強く推進した。2007年、テニュア審査対象教授38人のうち15人を電撃的に脱落させるという衝撃的な措置も取った。その後、KAISTは大学改革の象徴として注目された。

だが、それから10年が過ぎた2016年12月。KAISTの道徳性は地に落ちた。今月20日、国民権益委員会が発表した全国36の国公立大学清廉度測定結果で、KAISTが最下位となる36位(10点満点中5.31点)を記録した。KAISTは昨年の清廉度調査でも最下位から2番目となる35位だった。 (中略)

KAISTの一部からは清廉度の下落が総長のリーダーシップ不在に関連しているという分析も出している。KAIST清廉度は徐氏が在任していた最後の年である2012年に全国6位を記録した。だがその後は清廉度が下り坂に転じ、2013年2月にカン・ソンモ総長体制が始動した翌年の2014年には25位まで落ちた。

匿名を求めたKAISTのある教授は「2011年から教授協議会の辞任要求で徐氏が(2013年2月に)退いてから、教授協議会の声が強くなった。大学の指揮体系が総長・教授陣などへ多元化しながら組織に緩みが出てきた」と指摘した。当時、教授協議会に所属していた一部教授が、現在、職務教授を担当している。A教授は「徐氏退任後、改革と革新が失速して不正が横行しているようだ」と話した。
(引用ここまで)

 これは面白い。
 強く汚職を取り除く意志を持つ人物が組織のトップにいれば、そのように作用する。
 だけども、その人物が退職してしまえば元の木阿弥。

 KAISTは韓国の理系大学としてトップにある大学です。位置づけとしては筑波大に近いのかな。
 授業はすべて英語で行われるということでも知られていますね。
 記事によると「教授協議会からの辞任要求で総長が辞職」してから、汚職が蔓延するようになっていた。

 つまり、大学では汚職が蔓延していることのほうが一般的な姿なのです。韓国では常識的な姿というべきか。
 時々、汚職に対抗する高潔の士が出てくると「しょうがないなぁ……」とばかりにつきあいはする。
 でも、7年間つきあったのでもう限界になって「辞任しろ!」と辞任要求を叩きつけられて終了。

 こうやってマスコミに取り上げられればまたしばらくは鳴りを潜めるのでしょう。で、また元に戻るという繰り返し。これこそが韓国の本来の姿なのですから。
 そうでない姿勢を強いられるのは苦痛のなのでしょう。

中国食品工場のブラックホール (扶桑社BOOKS新書)
福島 香織
扶桑社
2014/8/29

なんとあの仁川ロボットランドがリブート! 韓国ウォッチャー小躍り……か?

9年間の投資 '0' ... '仁川ロボットランド」の事実上白紙化(毎経ドットコム/朝鮮語)
仁川青蘿 ロボットランドまた活性化 ? KAIST分所の設置を推進へ(中央日報/朝鮮語)

【アンカーコメント】
2007年、政府はロボット産業を新たな成長産業として育成することにし、仁川が「ロボットランド」対象地に選ばれました。ところが、どういうことか事業が霧散の危機に陥っているのです。ノスンファン記者が取材しました。

【記者】
マンションを過ぎると辺ぴな所が表示されます。

2007年、政府がロボット産業を育成するとして指定したロボット産業団地とテーマパーク、別名「仁川ロボットランド」の敷地です。

▶ノスンファン記者
「しかし、10年が過ぎようとしているのにも関わらず、この敷地でロボットを研究して生産するという企業やテーマパークを作るという投資家は現れませんでした」

現場には政府のお金で建設された企業支援センターのみが、ぽつんと建てられています。
ロボット産業、テーマパークという事業について当面の収益性が認められないとして、投資しようとする企業が存在しないためです。
事業は行き詰まりを見せています。

仁川市は現状ではこれ以上の事業推進が難しいと判断して、事業総括代理店である「(株)仁川ロボットランド」を、清算することにしました。

▶インタビュー:(株)仁川ロボットランドの関係者 「損害が出るというのです。分譲マンションを建てるのではなく、テーマパークや(関連)大学といったものが……民間企業が投資しようとしていないのです」

仁川市は市が事業を引き取り、「仁川都市工事」によってどうにかして事業化を試みようとしていますが、財政難が深刻な仁川都市工事が難色を示しています。 韓国ロボット産業の中心を作ろうという目標がはるか遠くに霞んでいます。
(引用ここまで)
仁川市が青蘿国際都市に造成されている仁川ロボットランドにKAIST(韓国科学技術院)分所が設置される。テーマパーク造成計画の白紙化など見直し論議が起きているロボットランド事業が再び弾力を受ける見込みだ。

仁川市とKAISTは19日、市役所でロボットランドの発展のための業務協約(MOU)を締結した。今回の協約に基づいて仁川市​​とKAISTは仁川ロボットランドの発展とロボット大会・展示(体験)など、ロボット文化の拡散のために協力することにした。また、ロボット製品・技術を共同開発し、これをロボットランドに活用することにした。来年完成予定のロボット研究所の建物にKAIST分所を設置する案も推進する。

仁川市はKAISTとの協力体制の構築を契機に、ロボットランドの中に関連企業や研究所の誘致に助けを得ることを期待している。

ロボットランドは、西区青蘿国際都市76万7286屬量明僂縫蹈椒奪隼唆隼抉腑札鵐拭次▲蹈椒奪噺Φ羹蝓▲董璽泪僉璽、付帯設備(ホテル、商業施設など)などを建設する事業である。総事業費で約6704億ウォンが投入される。しかし、国費で建設するロボット産業支援センターとロボット研究所などの公共施設は来年完成予定となっているものの、民間事業として推進するテーマパークと複合商業施設、ホテルなどは投資を誘致できず、長期間放置されたままだ。

これに対して仁川市はテーマパークなど、いくつかの事業を白紙化するなど事業の見直しに入った状態だ。また、事業権を仁川ロボットランドから仁川都市工事に移管する案も推進している。

仁川市関係者は「今回のKAISTと協約に基づいて、ロボットランドを国内ロボット産業の代表地域として作り上げられる」として、「ロボット分野の将来の技術の研究と国際協力のための部分もKAISTと積極的に協力していく」と明らかにした。
(引用ここまで)

 上が5日前の「まったく民間からの投資に見通しが立たなかったために事業清算」という記事で、「まあ当然だよなぁ……」という感じだったのですよ。
 他にも優先度の高いニュースがいくつかあったので、放置していたのです。
 ところが再度チェックしたらなんと韓国の最高峰工業大学であるKAISTが参画することでリブートされることになったという報道が!
 とはいったものの、まだ覚書を交わしたていどなのでどうなるかさっぱり分かりません。

 現状で決まっていることは「KAISTが協力する」というだけで、それも毎度おなじみのMOUのみで契約段階ですらない。
 つまり、呼び水として使われている可能性も高いのですよね。
 国内最高峰の工学大学であるKAISTが協力するのですから、あなたたちも協力すべきではないですか……というような感じですかね。

 特に仁川の財政は韓国の自治体の中でもトップクラスの火の車。
 そしてリブートが伝えられたのが、「事業清算か」と報道された直後。
 ……うむ、分かりやすい。 

 どちらにしてもテーマパークとしてのロボットランドは完成しそうにないですね。
 「仁川ロボットランドでテコンVと握手!」ができなくなってしまうのは残念です。
 行ってみたかったのですけどね。いや、ホントに。中国の偽ディズニーランドと同じくらいに行きたい場所でした。


韓国型戦闘機KF-X:例の教授は不採用側の企業を評価していた……ということは?

KF-Xレーダー時制業者の選定」ノイズ」...事業全般不安増幅(聯合ニュース/朝鮮語)
 今年初めに野心的な韓国型戦闘機(KF-X)事業のアンカーを上げ、政府がKF-Xの核心装備である多機能位相配列(AESA)レーダー時制業者を選定したが、公正性論議が絶えていない。

 KF-X開発事業を主導する防衛事業庁と国防科学研究所(ADD)は、緊張業者の選定をめぐる議論を解明するために未熟な点を露出して、今後10年の間に国民の関心が集まった超大型国策事業であるKF-X事業を無理なく進めることができるか懸念する声が出ている。

 ADDの関係者は2日、記者たちと会ってAESAレーダー時制優先交渉対象企業選定過程にC教授が評価委員として参加したことが不適切だったという指摘と関連して、「C教授を評価委員に委嘱したことが正しいのか確認作業をしている」とし、「必要に応じて(評価委員選定)手続を補完するだろう」と明らかにした。

防衛事業推進委員会は先月20日、AESAレーダー製造業者にハンファタレスを選定したと発表してすぐ議論に巻き込まれた。過去10年余りの間AESAレーダーを開発し、技術を蓄積してきたLIGネックスワンを落としたことが予想外のことで受け入れられたものである。

その上、製造業者の選定過程に評価委員として参加したC教授がハンファタレスの研究を行った事実が明らかになると議論は公正性是非に広がった。

ADDの関係者は、「ADDは評価委員を選定する時にC教授がハンファタレスの誘導兵器関連の研究を行ったことを知っていたが、その研究用役がAESAレーダー事業とは無関係して評価の公正性を害するおそれがないと判断した」と釈明した。

続いて、 "C教授の評価結果を確認してみるとハンファタレスよりLIGネックスワンが優勢と評価されC教授の評価の公正性には問題がないと判断される」とし「C教授の評価結果を除いて、全体の評価結果を算出しても、現在の順位は変動がないことを確認した」と強調した。

C教授の評価がAESAレーダー製造業者をハンファタレスに選定するために決定的な影響を与えなかったので、公正性是非は意味がないという説明だ。

しかし、ADDの釈明はC教授を評価委員に委嘱したこと自体が間違っていたという主張は避けているという指摘が出ている。

防衛事業庁の行政規則的な「兵器システムの研究開発事業提案書の評価と交渉指針」は、「提案書の評価対象企業との利害関係のある者」を評価委員に選定することができないようになっている。このガイドラインは、AESAレーダー製造業者の選定過程にも適用された。

C教授がハンファタレスの誘導兵器研究を行ったというだけではハンファタレスとの利害関係があるとは考えられないというのがADDの立場である。しかし、常識としてこの釈明を納得しがたいと考える人間が大多数である。

一部ではAESAレーダー時制業者の選定のための評価項目のうち「中小企業加点評価」でLIGネックスワンが0点​​を受けたことも議論の余地があると指摘している。

ADDは、中小企業の保護・育成のための防衛事業庁のガイドラインに基づいて提案要請書の「契約締結から完了時まで(中小協力会社の)契約上の地位及び比率を維持する」という点を要求したがLIGネックスワンが中小協力会社と結んだ業務条約(MOU)は、「本契約締結時まで有効である」と規定しており、加点を与えることができなかったという立場だ。

しかし、兵器システム開発事業に参加した経験のあるLIGネックスワンは、中小企業加点評価でとんでもないスコアを受けたのはメーカーが期待していなかった評価基準が適用されたためではないかという疑問を起こす。

利害関係が鋭く交錯する兵器システム製造優先交渉対象企業を選定した直後に公正性の是非が起きるのはよく見られる現象であるが、防衛事業庁とADDがこういった是非を未然に防止して、事後的に議論を静めるためにも未熟だったという指摘を避けることは難しそうだ。

防衛事業庁とADDはAESAレーダー時制業者の選定から脱落したLIGネックスワンが保有する技術もAESAレーダー開発事業に積極的に活用する方針だ。

ADDの関係者は、「ハンファタレスとの交渉を通じて法が許容する範囲内で、LIGネックスワンを含めて、優れた技術を保有している企業が参加できるように交渉に反映し、そのための具体的な計画を策定する」と述べた。
(引用ここまで)

 これは面白い。
 「ハンファタレスから研究費用を受けていたKAISTのC教授」は、全体としてLIGネックスワンの技術を高く評価していた、という事実が分かったそうです。
 さらにそのC教授の評点を差し引いたとしても、ハンファタレスが上回っていたとのこと。
 つまり、ハンファタレスを採用したいと考えたのは残りの評価委員の9人。すなわち昨日の記事にあったADDの5人、空軍の3人、防技品院の1人
 ……軍そのものじゃないですか。

 やはりタレスのAESAレーダーに標的を絞った、ということになるのかな。
 日米が先行して実用化に成功し、欧州もようやっと追いついてきたというていど。
 言ってみれば最新の装備。それを韓国が独自に製造できるわけもない……というのが現実なのでしょう。
 軍人というのはかなりのリアリストでないとやってられない職業です。
 南スーダンの銃弾貸出でも政府単位ではアレでも、現地の隊長は感謝の言葉を述べていたということもありましたね。

 もうひとつ、お笑い韓国軍の主因でもあるポッケナイナイがこのままではできない、という考えかたもあったかもしれませんね。
 そういった意味における「利点」がLIGネックスワンとの共同事業ではないということがこれまでの試作開発で分かった、ということがあったのかもしれません。


韓国科学技術院が開発した「オンライン電気自動車」がWEFの選ぶ有望技術に! → 嘘でした

KAISTのオンライン電気自動車、世界10大有望技術に(朝鮮日報)
>  韓国の国立大学、韓国科学技術院(KAIST)が開発した「オンライン電気自動車」が世界経済フォーラム(WEF)による「世界有望技術トップ10」に 選ばれた。オンライン電気自動車は、地下に埋設された電線を通じて無線で充電できる電気自動車。電線に電流が流れると周囲に磁場が生じ、ここから再び電流 が流れるという物理学の原理を応用した。
(引用ここまで)

 出たよ、100%のウソじゃないけど大筋では大嘘っていういつものパターン。
 こちらがWEFの「2013年版世界有望技術トップ10」のページ。

 ・The top 10 emerging technologies for 2013

 で、そのひとつめにあるのは確かに確かに『OnLine Electric Vehicles (OLEV)』、すなわちワイヤレスで走行中に充電できる非接触式の電気自動車。
 道路に埋設したワイヤレス充電器から、走行中の自動車に対して充電するという技術。トヨタもベンチャー企業に出資していましたね。
 でも、WEFが有望技術として挙げているのはそれだけ。

 つまり、WEFは2013年の有望技術トップ10のひとつに「非接触充電式電気自動車」を挙げているけど、それがKAISTの開発したものだとは書いていないのです。

 ざくっと書くと「非接触充電式電気自動車とはこれこれこういうものだ。搭載するバッテリーを数少なくできるという利点がある。韓国のソウルにテスト線が存在する」とだけ書かれているのですよね。
 そのテスト線、こちらに写真等もあるのでごらんくださいな。

KAISTのオンライン電気自動車、ソウル大公園で試験運行

 全長2.2kmの巡回バスですな。
 まあ、実在はしています。それをいうなら各企業でも同じようなテスト路線は存在するのでしょうが。

 はっきりいって、この記事で「KAISTの技術がWEFに有望技術として取り上げられた」というのは捏造です。

電気自動車 市場を制する小企業群 Small Hundreds (Mainichi Business Books)電気自動車 市場を制する小企業群 Small Hundreds (Mainichi Business Books)
著者:村沢 義久
販売元:毎日新聞社
(2010-08-31)
販売元:Amazon.co.jp

自殺が続出するKAISTと、韓国人ゴルファーの寿命の短さに見る相似点

死に急ぐ韓国の超エリートたち(JBPress)

 韓国のKAISTが今年に入って3ヶ月の間に学生4人と教授1人が相次いで自殺した件の解説記事。
 ロボットで一芸入試に合格した彼から続々と自殺があったようで。
 確かにアメリカの大学では異常なほどに詰め込み教育をしますが、KAISTみたいに続々と自殺者が出るかといったらそういうわけではないと。
 詰め込みかたというかプレッシャーのかけかたになんらかの問題があるんだろうなぁ。
 肉体を鍛えるときに負荷が必要なように、精神を鍛えるときにも負荷が必要ではあるのですが。
 そのかけかたがちょっとおかしいのかなと。
 おそらくは韓国的……なのでしょうね。

 自殺者が出るレベルでやっているのに、KAISTがなにか生み出せたというわけでもなく。もちろん、標榜しているノーベル賞を取れたわけでもなく。
 最後のページにある「韓国人女子ゴルファーはアメリカツアーを制するほどなのに、その寿命は極端に短い」というのと同一性を求めているのは間違ってないと思うな。
 むしろ面白い考察です。

ロボットを作りたいのなら一芸入試でも微積分のレポートを出そう!

【社説】微分積分につまずき崩れた「ロボット王」の夢(朝鮮日報)
> 専門系高校(実業高校)出身で、ロボット製作分野での創意力を認められ、筆記試験なしの入学査定官制選抜試験でKAIST(韓国科学技術院)に入学した学生が、1年生の1、2学期に「微分積分」の科目で続けて F(不合格)判定を受けたことを苦にして、自ら命を絶った。
(中略)
 北海道でカムイ・スペース・ワークス(CSW)というロケット開発会社を経営する植松努氏(44)は、中学時代から飛行機について勉強を始め、地方の工業大を卒業した後、自動車修理工場を経営し、2004年から小型ロケットの開発を始めた。植松氏のロケットは、50回以上の発射試験を経て日本の宇宙航空開発研究機構の実験ロケットに選ばれた。
(引用ここまで)

  KAISTといったら韓国の工学系大学としては最高峰のところなんですが、そういうところとはいえども一芸入試で入れたのなら微積分なんてどうでもいいという考えかたはできないんだろうな。
 そもそも論として、そんなところに入学させたこと事態が問題なんじゃないかという話が。KAISTっていったら英語で授業するところですし。記事中にもありますが。
 でも、そういう多様性はまだまだないのでしょうね。

 そして、この記事にカムイロケットの段は必要であるのかどうか。
 要するに日本ではそういう多様性が花を咲かせることもあるよという例として出しているんだろうけど。
 最強の主将ことパク・チソンも韓国では選手生命が絶たれる寸前だったのを大学のコーチにJリーグのテストを受けてみろって言われて、どうにかなったとか。
 あるいはこういう話だったらアメリカでもいくらでも転がっていそうですけどね。
最新記事
スポンサーリンク
オススメアイテム
NEW GAME! 6巻
この世界の片隅に (Amazon.co.jpオリジナルメイキングDISC付)
君の名は。 Blu-ray3枚組
スペシャルエディション
4K同梱5枚組も。
ドラゴンクエストXI
過ぎ去りし時を求めて
3DS版もありますよ。
初音ミク ハートハンターVer.


匠の技 ステンレス爪切り
About This Weblog
楽韓WebのBlog版。今年中にはドメイン含めて移行予定。

うちはそこらにありがちなゼノフォビアライクなところとは異なっており、文化的・文明的背景をもって「なぜこのようになっているのか」を解説して、大いに韓国を楽しんでしまおうというコンセプトの元に2002年から設立されているサイトです。単純に韓国が嫌いなかたは他を見てもらったほうが満足できるんじゃないかと。

相互RSSのご連絡先等 → rakukan.net★gmail.com
★を半角@に変更してください。
なんか適当な欄w
記事検索
Twitter プロフィール
楽韓Webの更新情報なんかをお伝えしますよ
最新コメント
Monthly Archives
Categories
スポンサーリンク
QRコード
QRコード
逆アクセスランキング
Twitter
  • ライブドアブログ