2009年07月15日

絶賛研修中

 この研修中にブログをエントリーするのは無理。
 朝9時から夜9時過ぎまでずっと研修中・・・

 そんな今日はお休みだったので、今住んでいるところの近くにある書店でプルートゥ最終巻を購入。
 また泣いた。
 この漫画で全巻泣いてるかも。

 この漫画はアトム漫画なのにアトムがぜんぜん出てこなくて、ほかの人?ロボットが主役なのに・・・な展開でどうやって終わらせるんだろうと思ったけど、最後まで映画的な演出で面白かった。

 これ、もしかしたらハリウッドで映画化できるかも。


rakuma4 at 17:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンガ | 日記

2009年07月09日

0からはじめましょう ととねみぎ


0からはじめましょう! 10からはじめましょう! 1
著者:ととねみぎ
販売元:芳文社
発売日:2006-10-27
クチコミを見る
 0(れい)からはじめましょう ととねみぎ 全2巻

 病弱な時代に出会った少年日下部有人(あると)と同じ高校に通えることになった東屋ことりだったが、入学式の日にトラックに惹かれて霊に。そこをとりつかれやすい体質のあるとに見付かって除霊する事になるが、実はことりは生霊だった。
 ことりがいつか自分の身体に戻るまで、憧れのあるとと一緒に生活することになって・・・

 まんがたいむきららMAXに2004〜2008年に連載されたドタバタラブコメ。
 新米幽霊と新米除霊士のあるととその妹のかんながドタバタしたり、除霊したり、ラブコメしたり。

 あるとはとりつかれやすいということだけで霊媒師に(家は貧乏神社)、ようはとりつかれて相手の希望をかなえて昇天させるという力技。性格はぶっきらぼうで不器用だけど優しいというある意味最凶。
 ことりはかつては病弱で口から蛇口のように血を吐く体質だったのに、霊になってからはある意味不死身。しかも性格もけっこう・・・ばか。
 かんなはブラコン、以上。

 他にも学校の屋上にいる自縛霊のポチ子(女子高生)、自縛霊のクセにどこにでもいける(しっぽが長い)などがいる。

 とにかくドタバタ、とりつかれる、そんなマンガだけどけっこう面白い。
 のりが良いのかなぁ。

 お気楽ドタバタ4コマを読みたい人にお奨め。きちんと完結しているので最後まで読めるし。4コママンガの場合そこもけっこう重要なところ。



rakuma4 at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンガ | 4コマ

2009年07月07日

ヤングジャンプ増刊

090707_1646~01



 部屋を片付けていたらこんなものがでてきたので、たまには趣向を変えて。

 マンガの神様手塚治虫氏への追悼のコメントが突いていることから、1989年のものだと思われる。
 総勢25人の漫画家がこの増刊号に関っているけど、有名どころは再録である手塚治虫の「どついたれ」255P!、桑沢篤夫「倒し屋テツ」105P、井上紀良し「ダイヤモンドエンドルフィン」75P、中島史雄「甘えたいの」、片山誠くらいかな?

 他にも絵だけを見ると見覚えのある人がチラホラ。

 でもほとんどの漫画家さんは、新人の連載が決まっていない読みきり投稿レベルかな。

 しかしこの1000Pという迫力。おそらくバブルの時代で無いと出来なかったんじゃないかと思う。今の出版不況時代では・・・

 個人的に好きなのは相変わらずの井上紀良かな?いつも平均レベル以上の面白さの読みきり、しかもきちんとエロも入れてるし。

 おそらく今はどこでも手に入らないと思うけど、こんな本もありましたということで。

 しかし500円って2Pで1円。


rakuma4 at 17:08|PermalinkComments(1)TrackBack(0)マンガ | 懐かしい

2009年07月05日

ひざまずいてメガネをかけろ 須田さぎり


ひざまずいてメガネをかけろ (B's-LOG COMICS)ひざまずいてメガネをかけろ (B's-LOG COMICS)
著者:須田さぎり
販売元:エンターブレイン
発売日:2006-09-30
おすすめ度:3.5
クチコミを見る
 ひざまずいてメガネをかけろ 須田さぎり 全1巻

 めがね高校生蛯名のいろんな顔を見たいクラスメートの宇井のもんもんとした毎日、天然系めがね兄にはじめてメガネをかけた弟、冷静沈着なめがねサラリーマン芦川と元気で天然サラリーマン生田のBL?そんな三組のめがねのギャグ4コマ。

 B’sLOGに2003〜2006年に不定期掲載されためがねギャグ。

 もうめがねギャグって結構立派なジャンルの一つなのかな?

 このマンガの場合はメガネに恋に近い感情を抱くめがね無しの高校生の妄想、めがね同士で冷静沈着なのにさらりとくどき文句を言うどこまでホンキなのかな芦川と、それに気がついていない生田というBLもちょっと入ったものに、ずっとメガネをかけ続けている兄とよいよめがねデビューした弟の癒し系の物語が入っている。

 個人的にはBLは苦手なんだけど、これくらいのものだったらあまり気にならないかな?

 そして作者のメガネへの愛情・・・

 まあめがねマンガを書くのはメガネへの愛情が無いと無理。

 めがね好きな人にお奨め。



rakuma4 at 15:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンガ | 4コマ

2009年07月04日

ネコナデ KUJIRA 永森裕二


ネコナデ (バンブー・コミックス)
著者:永森 裕二
販売元:竹書房
発売日:2008-11-27
おすすめ度:1.0
クチコミを見る
 ネコナデ KUJIRA 原作;永森裕二 全1巻

 オニタローと影であだ名を付けられる鬼の人事部長鬼塚。平気な顔でリストラを告げる彼を誰も快く思わなかった。しかし鬼塚自信もリストラを告げることが平気ではなく、胃薬を飲む毎日。
 そんなある日、雨の中で弱っていた子猫を拾ったことから彼自身が変わっていく。そんな時に始まった新人研修、やはり新人たちに厳しい態度を取る鬼塚だったが、じつは子ネコのコトが心配で・・・

 まんがくらぶに2008年に連載されたヒューマンドラマ。

 子猫を通して変わっていく鬼塚と、それに気がつく人たちの心の変化が描かれている。
 リストラを告げる役割。けっして彼がそのリストラを決めたわけではなく、会社の方針。しかしリストラを告げるときの冷たい態度はリストラ宣告されたものには辛いものになる。
 そんな状況で拾ってしまった子猫。家族にも言えず、研修のときに寮代わりに契約しているアパートの一室ではじまる子猫との生活・・・

 ドラマとして大変に出来が良いし、面白い。

 自分は連載中も読んでいたんだけど、やっぱり1冊にするとまたイメージが変わる。
 確か今も不定期?にべつのネコナデが掲載されていたと思う。
 それもお奨め。

 良質のヒューマンドラマを読みたい人にお奨め。けっして感動するとか泣くとか言う作品ではなくて、読後にほっとする作品。



rakuma4 at 15:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンガ | 動物

2009年07月03日

シスタールカは祈らないで!! 竹内元紀


シスター・ルカは祈らないで!! 1 (角川コミックス・エース 85-9)シスター・ルカは祈らないで!! 1 (角川コミックス・エース 85-9)
著者:竹内 元紀
販売元:角川書店
発売日:2008-02
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
 シスタールカは祈らないで!! 竹内元紀 全2巻

 ある教会にすむみつあみのシスタールカ。マジメだけど天然でちょっと流されやすい。そしてなぜか悪魔なのに同居しているレヴィア、教会の地下に封印されている悪魔が少しずつ漏れ出して実体化したらしい。貧乳の突っ込み役。
 クマの人形に入っている天使(クマ天使)、天使のクセにスケベ・・・そんな人たちが下品でエッチに繰り広げるヘンテコギャグマンガ。

 月刊少年エースに2007〜08年に連載されていた下品なギャグマンガ。

 というかこの人どんな作品でもずっとこんな感じのマンガを描いてる。
 少年が思い描くエッチな妄想と、大人が抱くエッチな妄想、そんな感じのものが交錯してひっちゃかめっちゃか。でもなぜかいやらしくないのが不思議。

 どんなに下品かというと、いのちと描いて、その横に
 いいいろ
 の
 ちくび
 こんなことを書いちゃう。エッチレベルが小学生・・・

 でもこういうマンガ大好きだぁ。自分も馬鹿だなぁ・・・

 そういう感じのマンガなので、下品なものがダメな人には徹底的にダメだと思うけど、下品OKの人には絶対面白いマンガ。



rakuma4 at 15:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンガ | ギャグ

2009年07月02日

ダズハント 筒井哲也


ダズハント (ヤングガンガンコミックス)ダズハント (ヤングガンガンコミックス)
著者:筒井 哲也
販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2005-05-25
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
 ダズハント 筒井哲也 全1巻

 年少上がりで営業の成績もそんなに良くない。そんな鬱屈した生活を送るナカニシは、チャットで知り合ったエクサムからあるゲームの参加を誘われる。
 「ダズハント」それは突然知らされるある地点を中心に、そこにいるゲーム参加者同志がもつ携帯にかいてあるナンバーを奪い合うこと。一つ奪えば10万円、奪う方法はどんな方法でもかまわない。
 そのゲームにのめりこみ、かつての凶暴だった自分を取り戻したナカニシにエクサムはさらに危険なエクストラゲームの存在を教えるが・・・

 サスペンスアクション。

 かつての狂気を取り戻すナカニシと、そのナカニシが少年時代に無益な暴行を加え、その怪我が元で自殺してしまった父とある少女の物語が同時進行的に進められていき、最後に二つの物語が一つになる。

 ダズハントという狂気のゲーム、それにはまっていくナカニシの姿にゾクゾクした感じがするし、同時進行(といっても時間軸は違う)していく少女の悲劇、物語の振興が物凄くうまくて、最後までどきどきしながら読んだ。

 個人的にはこういうリアルな暴力的なものは苦手なんだけど、それでも楽しめたので、万人に楽しめる作品だと思う。

 暴力的なサスペンスを読みたい人にお奨め。



rakuma4 at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンガ | サスペンス

2009年07月01日

ひよママ 真島悦也


ひよママ (電撃コミックス)ひよママ (電撃コミックス)
著者:真島 悦也
販売元:メディアワークス
発売日:2008-02
おすすめ度:3.0
クチコミを見る
 ひよママ 真島悦也 全1巻

 母は早くに他界、父は世界中を飛び回り、幼馴染はいるものの金無し、彼女無しの草壁雅人。
 そんな毎日に変化が、彼の前に現れた少女マリアが父と婚約をして、自分がママだという。どう見ても年下のマリアとのヘンテコな生活に慣れた頃にさらにママ候補が二人増えて・・・

 コミック電撃大王2007〜2008年に連載されたラブコメ漫画。

 常に一人ぼっち(雅人をストーカーのように見守る幼馴染はいるけど)の雅人、そんな寂しさを感じる間もないくらいの毎日が始まって、次第に血の繋がらない三人のママ候補を家族と感じ始める。

 ん?なんか昨日の「おねがいツインズ」と家族を求めるという部分では似ているかな。

 真島悦也という人の漫画は、とにかくテンポが良くてポンポン読めるしギャグの冴えも良い。
 しかしちょっと打ち切りのよう後半はいただけないかな?ヒルダの過去があまり語られていないし、幼馴染のまひろも結局超ストーカーということしか・・・雅人との過去に触れるエピソードがあれば面白いのに。

 まだまだ先を読みたかったマンガ。なんで1巻で終りなのかなぁ・・・



rakuma4 at 15:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンガ | ラブコメ

2009年06月30日

おねがいツインズ あきかん


おねがい・ツインズ (電撃コミックス)おねがい・ツインズ (電撃コミックス)
著者:Please
販売元:メディアワークス
発売日:2005-09-27
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
 おねがいツインズ あきかん 全1巻

 ここ数日更新出来なかったのは、引越しの準備で忙しかったから・・・でも久しぶりに古本屋に行ってたくさんマンガに包まれているので、とりあえず引越しまでは毎日更新の予定。忙しくても漫画を読む暇はあるはず・・・多分。
 引越し後は微妙かも。

 UFO騒動で映った一軒の家。その家を見た一人の男子と二人の女子、共通の写真を持つ三人の人生が動き始める。それから・・・神城麻郁(まいく)はその一軒家を借りて、在宅プログラマーの仕事をしながら学校に通う毎日。そこに深衣奈(みいな)、樺恋(かれん)という自分と同じ色の瞳を持った二人の女子が、自分が写真に写る双子だとやってくる。
 そして奇妙な距離感の同居生活がはじまって・・・

 コミック電撃大王に2003〜2005年に連載されたラブコメ。人気アニメ「おねがいティーチャー」の続編らしいけど、前作のことはなんとなくしか覚えてなくて、この作品のことは全く知らなかった。

 そんな上体で読んだ感想・・・けっこう面白い。

 施設などに育てられて、家族という絆を求める女子二人、しかし次第に麻郁への想いから自分が双子の片方じゃないほうが良いという想いを抱き始める。
 良い男でちょっとぶっきらぼう(でもモテモテ)、家族に対して飢えを感じていた麻郁は突然あらわれた二人に戸惑うもののぶっきらぼうだけど優しさを見せ始める。

 正直麻郁の性格はレンアイシュミレーションの主人公のような完璧超人で、思い入れは少ないけど、それでも家族と恋という気持ちの中で揺れ動く二人の感情をうまく表現出来ていて、面白いと思った。

 個人的にはこういうラブコメって苦手なんだけど、それでも楽しく読めたし、アニメのような絵柄が苦手では無い人だったら面白いと思う。そういう人にお奨め。



rakuma4 at 17:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンガ | ラブコメ

2009年06月27日

俺フェチ 桑原ひひひ

 俺フェチ 桑原ひひひ 全3巻

 ネコみみしっぽ少女たまこは、高校入学で浮かれていた。それは大好きなおねいちゃんと(ついでにオマケの兄と)一緒の高校に通えるから。
 そんな入学式の朝、玉子焼きを作ろうと卵を割ると仲から変な物体(くっちー)が、まあそんな感じだけどやっぱりおねいちゃんと一緒の高校に通う幸せなたまこは・・・

 月刊コミックドラゴンなどに連載されていた姉ラブギャグマンガ。

 俺フェチとか言う題名だけど、フェチなのはたまこの容姿くらい(くっちーの趣味もか)で、あとは愉快な学園モノになっている。
 といっても、当初の連載がアダルト雑誌だったらしく、その分桑原ひひひの普段の下品さにさらに下品さが重ねられている感じ。

 桑原ひひひという人は基本的にキャラクターを作るのがうまいので、このマンガもそのキャラクターの動きだけでもかなり面白い。とくにたまこの暴走振りはけっこう好き。

 面白いマンガだったのに、最後のほうに衝撃の事実。そして衝撃の最終回、衝撃の割にはあっさりだけど。
 下品なギャグマンガがダメな人以外なら最終回まで楽しめるはず。


俺フェチ (3) (ドラゴンコミックス)俺フェチ (3) (ドラゴンコミックス)
著者:桑原 ひひひ
販売元:角川書店
発売日:2004-08-01
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

 そういえばあの最終回で続編があるらしいけど、どうしようか悩み中。


rakuma4 at 17:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンガ | ギャグ

2009年06月26日

おうちでごはん スズキユカ

 おうちでごはん スズキユカ

 フラッツなのはなに住む食べるのも料理をするのも好きなカモくん。彼が料理をするのなのはなの住人もやってくる。そして今日もみんなとワイワイガヤガヤ楽しいご飯。
 人が喜ぶ姿を見るのが好きなカモくんは今日も料理に励んでます。

 まんがライフMOMOに2003年〜連載中の料理ショートコメディ?

 カモくんと友達の米田君。二人がなのはなの住人とご飯を通して仲良くなっていく。一癖も二癖もありそうななのはなの住人だけど、カモくんの料理を食べると表情が一変する。
 そんな平穏な毎日をゆったりと描いている。

 個人的にこのマンガが好きなのは、料理がおいしそう、食べている表情がおいしそう、そしてみんな幸せそうな表情。
 この漫画はみんな表情がいい。それだけでもお腹一杯。

 読んでいて幸せになれるマンガ。

 来月から一人暮らしなんだよなぁ、自分も料理好きだけど仕事に追われて絶対こんな凝った料理は作れないだろうなぁ・・・


おうちでごはん 1 (バンブー・コミックス)おうちでごはん 1 (バンブー・コミックス)
著者:スズキ ユカ
販売元:竹書房
発売日:2005-05-27
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
 

rakuma4 at 15:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンガ | ショート

2009年06月25日

愛しのMYハニー 鈴木ぺんた

 愛しのMYハニー 鈴木ぺんた 全1巻

 勇介16歳、10歳離れた彼女と駆け落ちするために学校を辞めて大工の見習いに。さと子26歳、暴走しがちな勇介を抑えるが、歳の差よりも身長差を気にするお年頃。
 そんな二人のヘンテコ同棲物語。

 大人になりたい、大人ぶりたい年頃の勇介と、それを見守る大人なさと子(けっこう嫉妬深い?)。そんな二人にいろんな人たちが関ってくる。
 4コマだけどけっこう定番なラブコメ要素をふんだんに入れていて、あまり4コママンガと感じさせないかな?

 個人的には可もなく不可もなく。ただ1巻を買ってしまったから続巻を買いたいんだけど・・・

 一応ストーリー4コマなので先が気になるけど、残念ながら1巻だけで終り。連載のほうは綺麗に終わっているので、いつか有名になったら続巻が出るかも。
 でも調べてみたら数年に一冊しかコミックス出してない。
 微妙かなぁ・・・
 
愛しのMYハニー 1 (バンブー・コミックス)愛しのMYハニー 1 (バンブー・コミックス)
著者:鈴木 ぺんた
販売元:竹書房
発売日:2005-04-27
おすすめ度:4.0
クチコミを見る
 

rakuma4 at 15:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンガ | 4コマ

2009年06月24日

天使のお仕事 佐藤両々

 天使のお仕事 佐藤両々

 やっと復帰、風邪がお腹に来たらしいけどきつかった。

 とある産婦人科、そこには妊娠患者に恐れられる超ドジナースモモがいた。彼女は一応がんばっているつもりだが、そこには惨憺たる後しか残らない・・・それでもがんばるモモだったが・・・

 まんがくらぶMOMOに連載中のナース4コマ。

 初心の患者さんにも情報が伝わり恐れられるモモのドジぶりとともに、それだけではなく、子供を産む事の大変さ、その幸せなども描かれている。
 他にも先輩ナースの弟の恋愛模様(悲惨、半ストーカー?)や院長娘の恋愛模様(悲惨)なども描かれている。

 個人的にはこんなナースいたらただはた迷惑だよなぁ。というくらいの印象で最初は読んでいたんだけど(もちろん面白い)、ここ数ヶ月でビックリするくらい内容激変。こうくるか、でももうすぐ3巻出るのにこういう展開だと、終わりそうに思ってたけどまだ続くのか?どうなるんだ?という怒涛の展開。
 これは是非1巻から読んで欲しい。そしてもう一回読み返してみて、あの人の行動を確かめるのも面白いかも。

 個人的に好きな漫画家さんだけど、ここまで物語を大きく展開させるのは初めてかも。
 これからが楽しみな作品。


天使のお仕事 2 (バンブー・コミックス)天使のお仕事 2 (バンブー・コミックス)
著者:佐藤 両々
販売元:竹書房
発売日:2007-07-27
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


rakuma4 at 15:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンガ | 4コマ

2009年06月22日

食あたり

 えっと食あたりというか食中毒でここ二日ほど寝込んでます。
 明日にでも回復できれば復活したいのですが、まだ先は見えず・・・とりあえず熱が下がってちょっとだけ落ち着いたので。

rakuma4 at 19:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2009年06月20日

あかるい夫婦計画 井上トモコ

 あかるい夫婦計画 井上トモコ 1巻

 家事が大好きな夫ダイスケ、妻を愛しているがその愛がちょっとうざい時も。その夫の観察が趣味で、うまく夫を操っているはなこ。
 そんなふたりののほほん幸せ4コマ。

 まんがタイムジャンボ、ホームで2001年から連載中の夫婦4コマコメディ。

 この漫画を読んでいると、妻が夫を熟知して、操ることが夫婦にとって一番良いのかなぁと思う。

 妻はとにかく夫を知り尽くしていて、夫が今何をしたいとかをすぐに察知。その妻の気分しだいで夫を喜ばせたりがっかりさせたりする。
 一緒に散歩に行きたい夫、妻は面倒臭いときは一人で買いものに行ってもらったり・・・そんなこんなでほんわかに進んでいく。

 こういうタイプの4コマはコミックスになり難いのが難点。

 4〜5巻はコミックスの分たまっているっぽいので、そろそろ出してくれないかなぁ・・・

あかるい夫婦計画 1 (まんがタイムコミックス)
著者:井上 トモコ
販売元:芳文社
発売日:2003-06-03
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


rakuma4 at 16:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンガ | 4コマ
Profile
ブログランキング
ランキング



ブログランク


ブログランク2


ブログプロフ