ものつくる日記

使いやすくておしゃれなデザインの漆器「楽膳-RAKUZEN」デザイナーの日記。開発のエピソードや漆器の豆知識など。日々思うことを書かせていただきます。

漆塗りを習う・22回目

こんにんちは。
RAKUZENデザイナーのおおたけです。
ご覧いただきありがとうございます。

「漆塗りを習う」シリーズ、「金継ぎ」もあと2回となりました!
金を蒔く一歩手前まで進みましたよ。

今回は
下地の赤漆を研いで、さらに赤漆を重ねて乾口(ひくち)を取る
です。

下地の赤漆を研ぐ
前回塗った赤漆を#1000の耐水ペーパーで水研ぎします。
表面の凸凹を平らにするためです。

DSCF6474

DSCF6467

DSCF6472

器の素地が見えてしまってヤバイ?と思ったけど、大丈夫でした!
欠けの修理をした箇所は凹んでいる=赤漆が残るので
研いで素地が見えた場所の漆=余分な漆となるそうです。

赤漆を塗る・2回目

研いだところに赤漆を重ねて塗ります。
細かい作業なので蒔絵筆を使います。

DSCF6475

コツは薄く塗ること。
厚塗りすると乾燥中に漆がヨレてしまいます。
でも、いちど失敗してみないと厚いのかちょうどいいのか、判らないんですよね。

もうひとつのすごく大切なコツ。
下の赤漆が完全に隠れるように塗ること!
下の赤漆よりもはみ出るくらいでいいみたいです。
後にこれがとっても大切だと実感することになったのでした...

DSCF6478

DSCF6480

塗りたての漆のツヤツヤ感が好きです。

20分ほど乾かし→乾口を取る

● 乾口(ひくち)を取るとは
漆が半乾きの時に粉(金、銀など)をふりかけて漆と密着させることをいいます。

20分ほど室に入れておくと先ほどの赤漆が半乾きになって
触るとぺたぺたした感じになります。
これが乾口が取れたサイン。
職人さんは素手で触って確かめていらっしゃいますが
真似をするとかぶれる方が大半だと思われます。

乾口が取れたら、いよいよ金を蒔きます。
これが金粉。

DSCF6486

粒子が細い「消粉」とそれよりも粒子が大きい「丸粉」があるそうです。
消粉は蒔いたら完成、つや消しの仕上がり、
丸粉は蒔いた後にさらに研いでピカピカの仕上がりにできるそう。
使ったのは消粉です。

DSCF6489

金って、産地によって色が違うらしいです。
左右の金粉、どちらも消粉なのに微妙に色味が違いますねー。

長くなってしまうので、金を蒔くのは次回の日記に。
いよいよ金継ぎのクライマックスです!


RAKUZENのウェブサイトはこちら



木地師さんの豆知識受け売り

こんにちは。
RAKUZENデザイナーのおおたけです。

今回も少々マニアな内容。
前回の日記でご紹介した木地職人さんは木が大好き。
そこでお聞きしたトチ材にまつわるお話です。

RAKUZENの商品の多くはトチ材を材料にしています。
トチ材は、白い木目が美しい、中くらいの硬さで加工のしやすい材。
ここまではわたしも知っていました。

ここからが初耳だった、職人さんのお話。

辺材のほうが高価な木材はトチだけ
心材は死んだ細胞


〈辺材のほうが高価な木材はトチだけ〉

一般的には心材が高級な木材とされますが
トチには心材がほとんどないそうです。

DSCF6140

乾燥中のトチ材。
ほんとだ!赤い部分がないですねー

名称未設定 1

さっきの木材、近寄ってよーく見ると
木材の中心にほんの少しだけ赤っぽい部分があります。
赤丸で囲った場所が心材で「偽心」というそうです。
偽心は木材はおろか薪にもパルプや木炭にもできない、利用価値のない材だそう。

心材がほとんどないんだから、辺材に価値があるのは当然ですね。
でも、どうしてトチは心材がほとんどないんだろう?
次に木地師さんにお会いした時に聞いてみよう。

〈心材は死んだ細胞〉

70eca0c8aba27237572ec6120b9b860c_m

トチ以外の木材。
丸太の真ん中、赤いところが心材、外側の白いところが辺材です。

心材は硬くて反りにくいから辺材よりも珍重されるのは知っていました。
でもどうして硬いのか、考えたことはありませんでした。

木の表皮側の細胞がいちばん若くて、毎年外側に若い細胞ができていく
すると、内側の古い細胞はやがて死んでいくそうです。
死んだ細胞は硬く、赤い色に変わり、心材になります。

しかも!死んだ細胞は虫が嫌いな匂いを出して
木が虫に食い荒らされるのを防いでくれるそうです。
ヒノキの香りに防虫効果があるのはこのためなんですねー

1本の木のなかに生きた細胞、死んだ細胞が共存していて
死んでからも木全体を守っている。
1本の木のなかに宇宙を感じるお話でした。
自然ってすごいなー。

ご覧いただきありがとうございました^ ^
RAKUZENのウェブサイトはこちら

会津塗を支える鈴木式ろくろ!

こんにちは。
RAKUZENデザイナーのおおたけです。

今日は少々マニア向けな内容。
これを楽しく読んでくれる方とは仲良くなれそうな気がします。

「鈴木式ろくろ」をご存知でしょうか?
会津で漆器産業に関わっていない方で
知っている方はマニアな部類だと思われます。

先日、RAKUZENの木地職人・長谷川利之さんの工房におじゃましてきました。
そこで聞いてきたお話が、鈴木式ろくろ。

会津の漆器産業は戊辰戦争の敗戦で一旦ぺしゃんこになって
その後、明治時代に発明された鈴木式ろくろによって再び一大産地になりました。

DSCF6102

図面です。特許制度って明治時代からあったのですね。
会津人の鈴木治三郎さんが発明したから鈴木式ろくろ。

画期的だったのが「スリ型」を使って器を挽くという点。
スリ型というのは刃物で木地を挽く際のガイドのようなもの。
それまで1点ずつ職人の感覚で木地を挽いていたのが
スリ型があることで同じ形の器を短時間で
大量に作れるようになったというわけです。

量産化が叶った当時は
量産したものの方が高額で売れたのだそうです。
それまでは1点ずつバラバラな形・大きさだったので
一定の品質で供給できることが価値になったのだそう。
今の感覚とは全然違いますね。おもしろい。

名称未設定 1

赤く丸で囲ったところがスリ型。

DSCF6121

工房の壁にはスリ型がたくさん掛けてあります。
器ごとにそれぞれ専用のスリ型があるそうです。

DSCF6112

これは器のサンプル。かなり無造作に積まれています笑

DSCF6115

楽膳椀もちゃんとありました!
右側のがサンプル
左のは底部にカットを入れた、作りかけ状態の木地です。

名称未設定 2

実際に木地を挽いているところ。
この日は杯を作っていらっしゃいました。
挽いていたのは80歳の職人さん!
赤丸のところがスリ型です。

DSCF3167

長谷川さんの工房は天井に巡らされたベルトが動力になっています。
年代物で、今ではとても珍しいものなんですって。
壊れても修理を頼める業者がいないらしいです。

DSCF6125

アップ。
工房の中はいつもベルトが動く音が響いていてなんともカッコイイ。

ご覧いただきありがとうございました^ ^
RAKUZENのウェブサイトはこちら

大公開!デニムなうるしができるまで

こんにちは。
RAKUZENデザイナーのおおたけです。
ご覧いただきありがとうございます。

ツヤツヤぴかぴかの漆器、キレイなまま使いたいな。
キズが付いたらがっかり、キズをつけそうで怖くて使えない...
漆器って美しいな使ってみたいな、でも...↑やっぱりやーめたという方にこそ
使ってほしいRAKUZENの「デニムなうるし

漆器を長年使ううちにキズが付いたり
塗装が剥げてきたりするのは仕方のないこと。
それでもやっぱり、キズが増えたらがっかりするもの。
キズや剥げが漆器の味になるように
キズが増えたらむしろ愛着が増すのが「デニムなうるし」!

今日はそんな
★「デニムなうるし」の作り方を大公開します!★
キズ=味の理由がここに!

DSCF3310

下地の状態。
昔ながらの下地の技法で「布着せ」といいます。
木の器に綿や麻の布を貼ることで強度がアップします。
この布の質感をいかして色落ちデニムの風合いを出しています。

DSCF4201

濃淡の異なる3色の青漆を3層に塗り重ねて作ります。
明るいブルーがいちばん下の層、暗いブルーがいちばん上の層になります。

23732410_662044657336708_2064155752_o

こちらはいちばん上の層、暗いブルー。
乾く前は空色で明るいですが、乾くと藍色になります。

23961173_664671850407322_340746668_o

いちばん上の層=暗いブルーの上に
ある粉を蒔いてマットな、深い色合いにします。←企業秘密
マットな質感にすることで多少のキズなら目立たない漆器になります。

df45c2d75b47a2beae8058411e5ee37e_s

イメージはこんな感じ。
色落ちしていないインディゴデニム。

DSCF4473

粉を蒔いた器を研ぐと、下の層のブルーが出てきます。
左が布着せをしてある箇所、右が布着せなしの場所(椀の側面)のイメージです。

DSCF4508

DSCF4515

ブルーの濃淡が出るように研ぐとデニム風の漆器になります!
手作業なので1点ずつ濃淡の風合いが異なります。
履き込むうちにデニムが色落ちしたイメージ。

a56eba9b997042d3e327fd8155f3bdc9_s

10年20年と長く使っていくうちに
★キズが付いた→下の層のブルーが出てくる→キズが新しい模様に
★縁など擦れやすい場所→下の層のブルーがだんだんと出てきます

デニムの色落ちと同じく、使う人のクセでブルーの出かたは変わるから
使うほど表情が変わって愛着が増していきます。

DSCF5254

以上の制作工程を見て、お気づきでしょうか。
昔ながらの技と材料だけで作られているんです。
(青い漆は合成塗料じゃありません、漆に青い顔料を混ぜたものです)
漆器作りの伝統技術や素材を今の空気に合わせてデザインした漆器。
いいモノを長く大切に使いたい、そんなあなたにぜひ使っていただきたい漆器です。

デニムなうるし
red
blue
RAKUZENのウェブサイトはこちら


漆塗りを習う・21回目

こんにんちは。
RAKUZENデザイナーのおおたけです。
ご覧いただきありがとうございます。

「漆塗りを習う」シリーズ、前回の更新から半年が過ぎておりました...
さて「金継ぎ」もいよいよ大詰め、もうすぐ金が出てきます!

今日は
金を蒔くための下地=赤漆を入れる作業(1回目)です。

DSCF5733

半年ぶりなので、金継ぎ作業のおさらい。

キズ、欠けた箇所をサビで埋める
サビを研いで平らになめらかにする
キズの深さによってを繰り返す
サビの上に黒漆で中塗り
黒漆を研いで平らになめらかに


金継はサビでキズうめ&研ぐ作業が大半なんですね。
漆器作り同様、地味な作業が大半なのだと知りました。

今日の作業
黒漆の上に赤漆をのせる(1回目)→室で乾燥
赤漆を塗るのは全部で2回行います。
金の下に赤漆を入れる理由は、金の発色が良くなるからだそうです。

器の縁とかに見える黒いところ=黒漆を入れた部分です。

DSCF5726

今回使うのはガラス用の漆。
基本的に漆はガラスや磁器のようなツルツルした面には塗れません。
(ただし専用の下地をすれば塗れます)
ガラス用の漆は下地なしでもガラスや陶器に塗れるというスグレモノ。

DSCF5731

蒔絵筆を使って、黒い部分を隠すように赤漆を塗ります。
黒い部分よりも太くしたり、デザインぽく形を変えて塗ってもOK。
でも厚塗りはダメです。
厚塗りすると、乾かすときに漆が縮んでしまいます。

DSCF5729

縁をぐるっと一周塗り終わりました。
他の器も同じように赤漆を塗って、室で乾かします。

DSCF5732

次回は赤漆を研いで→もう1回赤漆を重ね塗りします。
そのあとがいよいよ最後の工程、金を蒔く作業になります。
もう少し!

RAKUZENのウェブサイトはこちら

実は便利!青いうつわ

こんにちは。
RAKUZENデザイナーのおおたけです。
ご覧いただきありがとうございます。

前回に引き続きデニムなうるしをご紹介します。
今回は「青い器って便利!」というお話です。

青い色は食欲を減退させるっていいますね。
そんなわけで
青漆なんか塗っちゃってご飯がまずそうになるんじゃないの!?
と言われることもしばしば。

でも、思い出してみてください。
和洋問わず青い色の陶磁器って、多くないでしょうか?
7f91233cb04faaf130c1da07b73a767b_s

0d46fd695eeca8e7933a5b6387753923_s

2d8fb6b67d61600443f8708117fa4a10_s

青い器は食べ物の色を鮮やかに引き立たせてくれるんですよ。
青い漆だって同じです。
デニムなうるしにお料理を盛り付けてみました。

DSCF5273

DSCF5288

和食も洋食も、カラフルな食材と相性ばっちり。
食欲が減るどころか湧いてきます。

DSCF5068

お酒を注ぐと布目柄のブルーに光が反射してとてもキレイ。
ますますお酒が美味しくなりますねー

DSCF5035

スイーツ×漆器はおすすめの使い方。

アクが強そうに思われがちなペイントデニム風の模様も
お料理を盛り付けてみるとふしぎと違和感がありません。

長年使ううちに変化する風合いがデニムなうるしのいいところ。
使わないで飾っておいても経年変化は楽しめない。
それじゃつまらないから
いろんなお料理と自由に組み合わせて楽しんでみてくださいね。

RAKUZENのウェブサイトはこちら

一生モノ「デニムなうるし」を育てよう

こんにちは。
RAKUZENデザイナーのおおたけです。
ご覧いただきありがとうございます。

新作「デニムなうるし」を何回かに分けてご紹介。

昔ながらの下地の技法「布着せ」と3種類のブルーの漆を塗り重ねて
使い込んだデニム風に塗り上げた漆器です。
見た目はイマドキ、作り方は職人さんの手塗り、昔ながらの伝統の技です。
DSCF5531

漆器を販売していてお客様によく言われる
「キズが付きそうで怖くて日常使いできない」という言葉。
ー「漆器は意外と丈夫で日常使いできるし、キズもまた味ですよ」
と伝えても、ピカピカのツヤツヤな漆器では、使うのをためらうのも頷けます。
だったら、キズを付加価値にしてしまおう!と考えたのが
この「デニムなうるし」。
DSCF4691

デニムを着たことがない人って、きっとほとんどいない。
デニムにたとえたら漆器の良いところが直感的に伝わる気がしました。
・何年も使い込んで色落ちして、良い風合いになっていく
・ダメージも使い込んだ味わい
・長持ちする
・育てる楽しみがある
ーこんな漆器です。
DSCF4868

見た目がデニムなだけじゃなくて
何十年も使っていくうちに、フチなど擦れやすい箇所の漆がはげ落ちてきます。
表面の暗いブルーの漆の下には明るいブルーの漆が隠れていて
デニムが色落ちするみたいに明るいブルーが少しずつ現れてくるしかけ。
DSCF4778

DSCF4799

使う人の癖で色落ちする場所が変わるのもデニムと一緒。
長ーく使ううちに自分だけの器が育っていきます。
(新品購入時は少しだけ色落ち風に仕上げてあります)

良いモノを大切に愛着を持って使う。
ていねいな暮らしの相棒にしてもらえたら、うれしいです。

RAKUZENのウェブサイトはこちら

3/15 NHK「まちかど情報室」で紹介 倒れないぐいのみ

こんにちは。
RAKUZENデザイナーのおおたけです。
ご覧いただきありがとうございます。

3月15日にNHKさんの「まちかど情報室」でらく杯が紹介されて
在庫が完売、今は予約生産で承っております。
気長にお待ちくださっているお客様には感謝の気持ちでいっぱいです。

*テレビでは持ちやすく倒れにくい「お椀」として紹介されていますが
サイズ的にはお椀ではなく「ぐいのみ」(90ml)です。
RAKUZENでは同じデザインの持ちやすいお椀
楽膳椀という商品も販売しておりますので、お間違えのないようご注意くださいね。

らく杯のご注文についてはこちらをご覧ください。

らく杯はお届けまで2〜3ヶ月程度のお時間を頂戴しています。
どうしてそんなに時間がかかるのかというと
・作れる木地職人さんがひとりしかいない
・木地の底加工がすべてて手作業で、時間がかかる
・漆塗りをとても丁寧に行う職人さんだから


伝22_18木地造り

RAKUZENの木地作りはこの木地職人・長谷川さんが手がけています。
楽膳椀とらく杯は底のカットが特徴。
底にカットを入れるには専用の機械がなくて
職人の長年の感覚でまっすぐにカットを入れています。
ごまかしのきかない手作業なので
カットを入れる工程が木地職人の匠の技が最も発揮される工程です。

p2-2-10

カットを入れただけだと荒くて漆を塗れないので
手作業でやすりをかけてなめらかな、手になじむ手ざわりに整えます。
底部にカットのないお椀やぐいのみに比べて3倍くらいの手間がかかります。
時間のかかる、面倒な作業なので、ほかの工房は引き受けてくれません。
長谷川さんご夫婦だけが引き受けてくれています。
ありがたいです。

おわんにやすり

完成した木地は拭き漆をして仕上げます。

拭き漆とは
木地に透けた生漆を擦るように薄く塗っては
布で拭き取る作業を繰り返し
木目の風合いをいかして仕上げる技法です。
会津独特の塗り方ではなく、全国の漆器産地で行われています。

木目のナチュラルな風合いと漆器の中ではリーズナブルな価格、
傷がついても目立ちにくい塗り方なので、普段使いに向いています。

DSCF3251

こちらが拭き漆を担当している職人・石本さん。
なんと90歳で現役の職人さん。
拭き漆の作業は「漆を塗る→余分な漆を布で拭き取り→乾燥→磨く」で1セット。

DSCF3271

拭き漆を塗り重ねる回数は4回程度が一般的なようです。
石本さんは本当に丁寧に作業をされる職人さんなので
倍の8回も拭き漆を繰り返して完成させます。

DSCF3294

つややかで光沢のある質感は丁寧でごまかしのない仕事の証です!
お時間はかかりますが
職人が心を込めて手作りしてお届けいたしますので
商品が届くまで楽しみにお待ちいただけたらうれしいです!

RAKUZENウェブサイトはこちら
3月28日まで!クラウドファンディングで限定版の楽膳椀販売中→こちら

ゆるベジ料理×会津漆器で食育イベント☆

こんにちは。
RAKUZENデザイナーのおおたけです。
ご覧いただきありがとうございます。

2月3日は節分でしたが
バレンタインに間に合う!米粉のアーモンドチョコケーキ
ゆるベジ料理教室とのコラボで食育イベントをしましたよ!

DSCF5170

ゆるベジ料理ってご存知でしょうか?
肉、魚、乳製品、そして砂糖もみりんも酒も、だしも一切使わないベジタブル料理。
と聞くとユルくないでしょ!?美味しいの!?難しそう!?
と思われるかもしれませんが、大丈夫。

おおたけはゆるベジ料理初体験でしたが
混ぜるだけだったり、数分で作れちゃったりのズボラレシピで
チョコケーキも子どもたちが作れるくらい簡単でした!
DSCF5092

DSCF5107

DSCF5163

完成したチョコケーキ
米粉のもっちりとアーモンドのコクで満足感のあるお味。
なのに重くない&低カロリー。
なんて素敵なお菓子でしょうか。

ケーキを焼いている間、楽膳椀は”ラクに正しく持てるから子どもにおすすめ”
というお話と、漆器って意外と難しくないんですよというお話をさせていただき。
漆器に親しんでもらうには、まず使ってみてもらうことだよねと
ベジ料理を楽膳椀に盛り付けて実際に食べてみてもらいました。

DSCF5137

DSCF5176

大根でできたカスタードスイーツ
おからで作ったマヨネーズ
じゃがいものヴィシソワーズなどなど

日本人はおだしが入っていないと旨みがないと思い込んでしまいがちですが
お野菜から出る旨みがとっても濃厚で、美味しさに衝撃を受けたのでした!

子どものうちから野菜料理と
福島の伝統工芸・漆器に親しんでほしいなと企画したイベント。
参加したお母さんからは
野菜嫌いの子どもが野菜料理なのにパクパク食べていてびっくり
実家にしまってある漆器を出して使ってみたくなった
とうれしい感想をいただきました。

お料理を作ってくれたはぴ子先生
会場のコラボスペースCoCoを提供してくれた渡辺さん
参加してくれたみなさま
楽しい時間をありがとうございました!

はぴ子先生のブログはこちら

RAKUZENウェブサイトはこちら
クラウドファンディングで限定版の楽膳椀販売中→こちら

らく杯の使い方いろいろ

こんにちは。
RAKUZENデザイナーのおおたけです。
ご覧いただきありがとうございます。

日本酒が美味しく飲める「らく杯」はお酒以外にも使えますのPart 2です。

今回は小鉢として優秀です!の回

らく杯は日本酒がたっぷり入る90ml。
手酌な家飲みだったら何度もお酒を注ぐ手間がなくて便利だったりします。
でも、お酒が弱い方にはちょっとたっぷりすぎるサイズかもしれません。

そんなときは小さな器として使ってみてください。
漆器というのは存在感ばつぐんで
小さいのにテーブルがぱっと華やかになりますよ!


お酒とおつまみ3種盛、使った器はすべてらく杯。
DSCF0546


漆器とスイーツはぜひ試していただきたい。
DSCF0613

本当にかわいいです。
ティータイムのおもてなしに喜ばれそうですね。

オランダで日本食ワークショップをやったときの写真。
DSCF1602

手づくりの甘酒をスイーツ風に。

こんな意外な組み合わせも。
DSCF4032

中南米なおつまみを入れてもふしぎと違和感がなくてびっくり。
漆器のくすんだ色合いは中南米の土着的なイメージと相性がいいのかも。
らく杯の売りは倒れにくさ。
だからディップソース入れにも最適。

ぐいのみだからお酒しか飲めない、そんなことありません。
漆器だから和食じゃなきゃいけない理由もありません。
和に洋にエスニックと、自由に使ってみてくださいね。

RAKUZENウェブサイトはこちら
クラウドファンディングで限定版の楽膳椀販売中→こちら
livedoor プロフィール

rakurakuzen

GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
livedoor 天気
  • ライブドアブログ