楽して海水魚2016

プレコ30cmOF水槽でカクレクマノミペアとハタゴイソギンチャクなど、アクアキュート220でカクレクマノミとハタゴイソギンチャクを飼っています。

CREATE THE SEAとREEF-TRIGGERから

今日はサンゴも新たに追加しました。

20181208_175052
↑REEF-TRIGGERからスパスラータ

以前購入したスパスラータが調子いいので追加しました。

本当は擬岩にレイアウトして配置する予定でしたがフラグラックへセットしました。

前回同様にREEF-TRIGGERさんの梱包は完璧でした。

20181208_153055
↑こちらはCREATE THE SEAの水槽

いろいろと迷った挙句…

20181208_150903
↑こちらのストックにも目が行き…

20181208_175104
↑ブルーディスク

今ではすっかり見かけなくなりました。

20181208_175129
↑ハナタテサンゴとキサンゴ

今まで何回か飼ったことがあります。

欠けありのためお買得価格でした。

陰日性サンゴなんで配置場所を悩みました。

20181208_181113
↑本当はうす暗いところに配置したかったのですが小さな水槽で影部分には手が届きません。

なのでエサが流れやすい場所へレイアウトしました。

陰日性サンゴの長期飼育は給餌がポイントです。

20181208_180252
Ultra Mini Maxi Carpet Anemoneの存在感が圧倒的です。

水箱工房でワンオフパーツいろいろ

水箱工房さんから先日お願いしていたものがいろいろと届きました。

20181206_200103

蛍光イエローがLEDでギラギラしています。

狙い通りのカラーです。

20181206_200445
↑メインはこのフラグラックです。

ブログ名のロゴを入れてもらいました。

20181208_065324
↑小型水槽用の造波ポンプPicoStream

コントローラーが別途必要なので新たに注文中

なのでまだセットできていません。

今使っているPicoWaveよりも少し小さいです。

20181208_180831
↑エレクトロードホルダー

ろ過槽にORPとPHセンサーをセットしていたのですが、このパーツのおかげでスッキリとセットできました。

こういうグッズを送り出してくれるのが水箱工房さんです。

20181208_180815
↑チューブ用排水口

カルシウムリアクターの排水用ホルダーです。

20181203_192941
↑今まではこんな感じでキスゴムで固定していました。

ホルダーのおかげではずれにくくスッキリと固定できました。

アクアリウムメーカーでは決して作製できないグッズばかりです。

水箱工房さんに感謝です。

20181208_180802
↑写真じゃわかりにくいですが蛍光イエローパーツがブルーライトに反応してキレイです。

海水館でトゲナシヤギ・オレンジ

どうも最近のブログは新規生体追加の記事しかありません。

それ以外のことを書く気にならないというかネタもないというか。

備忘録のためだけのブログとなっています。

ブログ熱はすっかり冷めておりそろそろブログから引く時期なのかもしれません。

アクア熱はまったく冷めていません。

今日はとりあえず入荷の記事を残しておきます。

20181127_094606
↑久しぶりに海水館で通販利用です。

海水館は送料が非常に安いです。

一度値上げされましたがそれでも安いです。

今回も送料は450円だけでした。もちろん梱包料なども一切ありません。

一度店長に聞きましたが送料は赤字でされています。

どこで儲けているんだろうかと心配になります。

20181127_123536
↑水槽へ投入直後です。

非常に鮮やかな色です。

オレンジとなっていますが見た目は蛍光イエローな感じです。

ヤギは昔もけっこう飼いました。

陰日性サンゴは長期飼育が難しくて給餌がポイントです。

20181127_123607
↑水槽左側の影の部分に配置しましたが正面から見ても脇役的に目立っています。

20181127_152113
↑しばらくするとポリプ満開になっていました。

20181127_152137
↑いいですね。

おまけで海水館の無脊椎用飼料フレームⅢが付いていましたのでこれを与えていこうと思います。

20181127_152452
↑まだ影の部分があるので小さな陰日性サンゴを入れてみたいです。

問題は手が届かないこと…

CREATE THE SEAでヒメシャコガイ

連日の生体追加です。

またいつものCREATE THE SEAへ

あと数ヶ所配置できるスペースがあるのでいいのがないか見に行ってきました。

20181116_145052
↑レアなSPSがありました。

おそらく他店では扱っていないようなフラグが多いです。

これがCREATE THE SEAの戦略ですね。

20181116_145108
↑これなんか見たことがないカラーのコモンサンゴです。

青飛びしているんでうまく再現できていません。

20181116_152138
↑今日は買うつもりはなかったのですがジャストサイズなヒメシャコガイがありました。

SPS水槽に合いそうだったのでお持ち帰りしました。

シャコガイは岩に活着するのですが、レイアウトしたいところにうまく活着してくれるかはわかりません。

なので方法を考えました。

写真ではシャコガイの下にフラグがありますが、これは仮置きしてもらっただけで活着していません。

フラグに活着してくれればレイアウトしやすくなります。

植村さんにフラグも付けてもらい持って帰りました。

20181116_170446
↑フラグに活着するまでは自家製フラグラックに入れておきます。

フラグラックとは言えるレベルではありませんが、適当な入れ物で作りました。

20181116_170436
↑これで完成と思っていたのですが思わぬことが発生

手前のエサリングに魚にエサをあげると見事にシャコガイのラックの中へ入ってしまいました。

なので自家製フラグラックを改良

20181116_171926
↑写真じゃわかりにくいですが底を2ヶ所くり抜きました。

フラグが動かないように瞬間接着剤で少しだけ固定しておきました。

これで1日にすれば活着してくれるでしょうか。

REEF-TRIGGERでスパスラータ

今日は初めての通販ショップ利用です。

REEF-TRIGGERという通販専門店です。

Twitterでもよく商品の情報発信されています。

オージーのスパスラータ・フラグが販売されるということでしたのでTwitterで質問してから注文しました。

20181115_101752
↑オリジナルのステッカーが貼られていました。

20181115_102142
↑梱包状態は完璧でした。

今まで利用した通販ショップの中でもトップクラスの梱包状態です。

これなら水温低下も抑えられるでしょう。

20181115_103115
↑驚いたのは袋の中でポリプが開いていました。

梱包状態の良さと生体の状態の良さがわかります。

しかし、これで開くとはびっくりです。

20181115_152941
↑レイアウトしてすぐにポリプを咲かせていました。

20181115_195231
↑夜にはさらに開いていました。

スパスラータは維持するのが難しいSPSです。

現在の水質、システム、技術で維持できるでしょうか。

アクアギフトでハイマツ&スパスラータのハイブリッド?

今日は久しぶりにアクアギフトへ

真夜中仕事の休憩中にアクアギフトのHPをチェックしていると…

Screenshot_20181112-183959_Chrome
↑激美のオージーがアップされていました。

フラグなのでサイズもばっちり

これはすぐ売り切れ完売間違いなしと思ったのでポッチっとしておきました。

Screenshot_20181112-184024_Chrome
↑ポチったの

一番お安いのにしておきました。

送料がもったいないので1時間かけてアクアギフトまで行ってきました。

20181112_150742
↑ありましたね。

写真ではキレイなピンクが再現できていませんが非常にいい状態でした。

お店でもアクアギフトのHPを確認したのですが、すでにすべて売り切れでした。

20181112_151032
↑フラグと同じ株のもののようです。

ハイマツミドリイシとスパスラータのハイブリッドということでした。

ミドリイシのハイブリッドなんてあるんでしょうか。

先端の感じがスパスラータちっくらしいです。

ハイマツミドリイシだともっとポリプを開かせるようですが、これはそれほど咲かないようです。

それでもポリプは全開でした。

この色揚げはLEDのほうがいいらしいです。

20181112_151334
↑楽天で注文して店舗で受け取りです。

20181112_171347
↑いいです!

非常にいい感じです。

20181112_171402
↑入れてすぐにポリプ満開

うちの水槽ではどのミドリイシも最初の数日はポリプを開かせてくれるんです。

問題は数日経過してから。

魚が多いんでポリプを閉ざしてしまうことが多いです。

20181112_171423
↑手前の緑色のはハイマツの生き残りです。

これはずっとポリプを咲かせているのでハイマツはじょうぶなんでしょう。

コモンサンゴUSAの成長過程

今日はコモンサンゴUSAの成長過程を少しだけ。

わずか半月ほどですが少しは成長しているようです。

Screenshot_20181110-183047_Scene
↑10/15 CREATE THE SEAの販売水槽

Screenshot_20181110-183547_Scene
↑10/29 CREATE THE SEAの販売水槽(お持ち帰りした日)

Screenshot_20181110-183746_Scene
↑11/4

Screenshot_20181110-183921_Scene
↑11/9

Screenshot_20181110-184138_Scene
↑11/10

写真を拡大しているのでキレイじゃありません。m(_)m

水槽でサンゴが成長してくれることが一番の励みになります。

エアドライヤーのシリカゲルを再生

うちの30cmミドリイシ水槽にはオゾナイザーを使っています。

オゾナイザーについてはこちらを参照下さい。

20180821_135654

オゾナイザーにエアドライヤーをつないだのが8/21でした。

これでオゾナイザーの効果が上がるのか経過を見ていました。

湿度が高いとオゾナイザーの効果が落ちると言われているので除湿目的でエアドライヤーを使います。

Screenshot_20181109-162207_Aquarium Note
↑オゾナイザーの効果をみる客観的な指標はORPしかありません。

最近になってようやくORPが300を超えるようになってきました。

これがオゾナイザー+エアドライヤーの効果なのかバクテリアの安定化に伴うものなのかは?です。

一番知りたかったのは湿気による影響を受けやすいオゾナイザーにエアドライヤーが効果があるのかということ。

アデックス製のオゾナイザーは湿気に強いと言われています。

この2ヶ月ほどエアドライヤーをつないでみてもそんなに劇的にORPが上昇している感じではありません。

微増といったところです。

まぁちょうどいいところで安定してきたのでこのままエアドライヤーは使っていきます。

20181109_104432
↑エアドライヤーの中にはシリカゲルを詰め込んでいます。

水分を吸収すると青からピンク色に変わっていきます。

2ヶ月ちょいくらいでほぼピンク色に変わりました。

今日はこのシリカゲルを再生しました。

20181109_111746
↑フライパンで炙ると青色に戻って再利用できます。

1リットル近くあるのでけっこう時間がかかりました。

20181109_142204
↑再生したシリカゲルを詰めました。

20181109_142328
↑これでまた2ヶ月以上は除湿してくれます。


おそらくオゾナイザー、エアドライヤーといった昔のアクア機器を使っている人はほとんどいないでしょう。

私は2人くらいしか知りません。

CREATE THE SEAでUltra Mini Maxi Carpet Anemone

最近はずっとレア物を求めてCREATE THE SEAです。

20181029_194748
↑CREATE THE SEAにUltra Mini Maxi Carpet Anemoneが入荷したときから目をつけていました。

ド派手なレッドやオレンジはとても買えませんがイエローグリーンならなんとかなりそうでした。

20181030_171210
↑正面に置いていたハナサンゴを左横に置き直して正面のスペースを確保しました。

そして今日CREATE THE SEAからお持ち帰りしました。

20181107_160938
↑なかなかの存在感です。

ホワイト系の照明がMAX状態なのでイエローグリーンが少しくすんで見えます。

ブルー系がアップすればもっと存在感が上がりそうです。

CREATE THE SEAでコモンサンゴUSA

2週連続でのCREATE THE SEAへ

以前から予約しておいたのを取りに行きました。

20181015_185559
↑USAのコモンサンゴです。

この感じのコモンサンゴは見たことがありません。

LEDなんかをヤフオクに出品し資金調達して買いました。

20181029_220248
↑写真ではうまく表現されていませんがオレンジ色のポリプがいい感じです。

20181029_194218
↑このエダコモン・グリーンもお持ち帰りしました。

普通のミドリイシはまだ怖いので丈夫なSPSから投入です。

20181029_221329
↑コモンサンゴUSAのグリーンはユビサンゴよりも目立っています。

少しずつ立て直していこうと思います。

次は底物を狙っています。

そこでCREATE THE SEAにあったのが…

20181029_185925
↑こんな強烈なのがありました。

写真はコーラルレンズを付けて撮影しました。

Ultra Mini Maxi Carpet Anemone

国内では入荷されていないようです。

CREATE THE SEAはいつもレアなサンゴを入荷してくれます。

20181029_193609
↑この赤は小さいですが別格でした。

20181029_193543
↑オレンジもかなりキレイでした。

20181029_193529
↑このイエローグリーンも見ないカラーです。

20181029_191551
↑フィルターなしで撮影

フラワーロックアネモネと似た感じですが、これも強烈な印象です。

植村さんの猛烈なアタックとマジックでやられた?
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
translation
経過日数
プレコ水槽 2016/3/25
プレコ水槽リセット 2017/9/9
Eco Mini水槽 2018/7/16
べっぴん珊瑚 2016/6/18
OG1 2018/3/5
アクアキュート220 2014/8/17
カクレクマノミ&ハタゴ 2014/8/30
チェルブピグミー 2016/4/3
クダゴンベ 2016/8/8
マガキガイ 2017/2/17
蛍光&ノーマルハタゴ 2017/9/17
カクレクマノミペア 2017/9/20
ハナヤサイサンゴ 2017/9/30
フトトゲサンゴ 2017/11/3
ヒメマツミドリイシ 2017/11/22
ターボスネール 2017/11/22
フラワーロックアネモネ 2017/12/5
カクレクマノミ2匹 2017/12/29
フロリダバブル 2018/2/18
オージーミドリイシ 2018/3/5
レッドディスク 2018/3/11
ハイマツ 2018/3/13
ユビミドリイシ 2018/3/20
スミレナガハナダイ 2018/4/16
コモンサンゴ 2018/4/20
トゲサンゴ 2018/4/20
エダコモンサンゴ 2018/4/26
キンチャクガニ 2018/6/6
トゲサンゴOG産 2018/6/7
OGハナサンゴ 2018/6/23
ヨコミゾスリバチサンゴ 2018/6/23
シリキルリスズメ 2018/7/18
ナガレハナサンゴ 2018/7/18
マガキガイ4匹 2018/8/21
カクレクマノミ・オス? 2018/9/8
アカネハナゴイ3匹 2018/9/8
アカネハナゴイ1匹 2018/9/9
アケボノチョウ 2018/9/9
ミズタマハゼ 2018/9/15
エメラルドGクラブ 2018/9/19
ミドリイシ 2018/9/19
OGミドリイシ 2018/9/22
ニシキテグリ 2018/9/22
アミチョウチョウウオ 2018/9/22
ショウガサンゴ 2018/9/24
エメラルドGクラブ 2018/10/6
プテラポゴン2匹 2018/10/6
マメスナ・グリーン 2018/10/7
ミドリイシ・ブルー 2018/10/22
コモンサンゴ・レッド 2018/10/27
ハナバチミドリイシ 2018/10/27
Forest Fire Digi 2018/10/22
コモンサンゴUSA 2018/10/29
Mini Carpet 2018/11/7
スパ&ハイマツ・ハイブリッド 2018/11/12
スパスラータ 2018/11/15
ヒメシャコガイ 2018/11/16
スパスラータ・フラグ 2018/12/8
ハナタテサンゴ 2018/12/8
キサンゴ 2018/12/8
棒状ライブロック 2018/10/20
オゾナイザー 2016/10/21
放電管交換 2018/1/26
phモニター 2017/3/4
Jebao SW-2 2016/12/19
Jebao DCS2000 2017/2/11
ラディオンG4Pro 2017/11/24
Inspire200 2017/11/26
CO2ALボンベ交換 2018/3/29
ゼオライト交換 2018/2/18
レアメタル 2018/2/18
ZR-75E 2018/4/1
Oki-Cal 2018/4/6
DEP-4000 2018/4/13
ZC-100 2018/5/23
RSS
  • ライブドアブログ