7月3回目の更新です。

これからもゆるーいペースでの更新になると思います。

うちには2本のアクアキュート220があります。

DSC02140
↑ひとつはプレコ30cmOF水槽とろ過槽を共有しているアクアキュート220

こちらはアクアキュート220の水槽のみを使っています。

アクアキュート220
↑もうひとつは2階においているアクアキュート220

こちらはいわゆるアクアキュート220のセットです。

写真はいい感じのときのものです。

数日前からよくない兆候が・・・

DSC_0391
↑左手前によろしくない藻類が

シアノバクテリア類でしょうか。

よくわかりませんが、放っておくとエライ事になりそうです。

今日で2年11ヶ月8日目になります。

この間、一度も底床を触っていません。

さすがに限界がきたようです。

奥や右側の底床はサラサラパウダーのままですが、この左手前はパウダーサンドが固まっています。

吸い出して新しい砂を補充することにしました。

DSC_0394
↑補充完了

パウダーよりも少し粗めの砂を入れました。

これしかなかったのです。(^^ゞ

ハタゴイソギンチャクも水換え後はよく広がっています。

カクレクマノミ・ワイルドとハタゴイソギンチャクも2年10ヶ月25日目になります。


もうすぐ3年

ともに長生きしてくれています。

クーラーはペルチェ式テトラCR-2Nだけです。

水温MAX28℃を超えますが頑張ってくれています。

DSC_0395
↑添加はバクトフードSPのみを水換え時に

こっちにはべっぴん珊瑚は使っていません。

バクトフードSPも培養を始めたのが2014年5月19日

3年以上経過していますが、沈殿した時の上澄み液はきれいなままです。

もちろん異臭はなく嫌気バクテリアによるメタンガス臭がわずかにする程度です。

今でもフタをあけるとプシュっとガスの抜ける音がします。

きちんと嫌気バクテリアが活動しているようです。

バクトフードSPの使用者はネットではあまりみかけませんね。