前回の記事でスキマーポンプの接続方法がわかりにくいと書きました。

20180710_194055
↑こんな感じで長い方のエルボを使ってスキマー室につないでいたのですが…

これではRio+800が水面から出てしまうことが発覚しました。

それでCoral Monsterの店長さんに問い合わせしておきました。

20180711_205708
↑どうやら短い方のエルボを使うようです。

1531310347434
↑Coral Monsterから送ってもらった写真です。

短いエルボで乳白色のホースを使っていました。

しかしこれじゃうちの場合ガバガバゆるゆるなんですよね。

それを店長さんに指摘すると…

「あれ?本当ですね。ゆるいです。」

やっぱりきちんとフィットしていないようです。

こんなんじゃスキマー室へ海水、エアを送り出すことなんてできません。

それをCoral Monsterの店長さんに伝えて展示水槽の動画を送ってもらいました。


↑やはりエルボとRio+800吐出口との接続部から漏れがあるよですね。

これではスキマーが効果的に使えません。

店長さんも悩んで宿題ということになりました。

Twitterからはこんな情報ももらいました。


この記事を見てもきちんとフィットしていないようです。

それでも大丈夫的な記事ですが、動画の漏れ状態を見ているとダメなように思います。

そこでいろいろと考えるとジャストフィットな方法を発見しました。

20180711_212033
↑付属していた黒いホースをRio+800の吐出口にはめ込んでみました。

するとでうでしょう。

エルボの太い方にジャストフィットしました。

これでなんとか問題解決です。

しかし…

そうもいかないのが背面ろ過槽の悩みです。

20180711_213016
↑このスキマー室への穴へエルボを差し込みにくいんです。

先にエルボだけ穴に差し込んでからエルボにRio+800の吐出口を差し込むようにします。

これが難しくて失敗するとエルボが穴からはずれて下に落ちてしまいました。

こんな状況なんで掃除メンテが思いやられます。

20180711_190207
↑Fish Streetで注文していたSW-2が香港から届きました。

思ったよりも早く着きました。

10日ほどでしょうか。

これで使っているのが故障しても大丈夫です。

20180710_204530
↑こちらはEco Mini水槽が入っていたダンボールで水槽枠の型枠をとったところです。

これはあさってにカイナッツォで使います。

カイナッツォは同じ和歌山県内なんで釣りに行くついでに寄って来る予定です。

目的はEco Mini水槽に入れるレイアウト用のライブロックの購入です。

非常に楽しみですが猛暑のようで釣りで死んでしまわないか心配です。