楽して海水魚2016

プレコ30cmOF水槽でカクレクマノミペアとハタゴイソギンチャクなど、アクアキュート220でカクレクマノミとハタゴイソギンチャクを飼っています。

オゾナイザー

ブクブクオゾンの設定変更

ブクブクオゾンをセットしてちょうど1ヶ月が経過しました。

立ち上げ当初はORPは順調に上がり効果を感じていました。

最近どうもORPの上がりが悪いというか、ORP値にバラつきがあります。

20190628_163132
↑もともと付けているORPコントローラーは313mvなんですが、先日にセットしたORPモニターは249mvと開きがあります。

どちらが正しいのか?

ORPモニターは2回も校正しているのでこちらが正しいような気がします。

しかしこのモニターの電極は中華製なので信用性はいまひとつかも。

ORPコントローラーは本体が校正できません。

使用期間も長期になっていますし電極が怪しいのかもしれません。

そこでオゾンの添加量を増やしてみることにしました。

その前にやっておくことは硝酸塩値のチェックです。

tempFileForShare_20190628-174047
↑硝酸塩は2日連続で測定してみたのですが0.5~1ppmといったところでした。

これなら問題ないでしょう。

というのも嫌気バクテリアの働きを主体とするBPシステムではオゾンの殺菌による影響が多々あると考えられます。

なので現在の添加量は過去のデータに基づき導き出したものです。

オゾンを多量に添加するとバクテリアも死滅してしまいシステムに支障をきたします。

なので今も1時間に1回15分だけブクブクオゾンを稼働させています。

これで46.2mg/dayのオゾン添加量になります。

20190628_163100
↑今日は0時6時12時18時に1回30分ブクブクオゾンが稼働するよう増やしておきました。

これで1日1時間すなわち7.7mg添加量が増えることになります。

これがどう影響するのかORPや硝酸塩を細やかにチェックしておく必要があります。

こういう変化を見ていくのも面白いです。


さてブクブクオゾンに関して最凶アクアリスト友人から1ヶ月以内で故障という情報を得ました。

20190628_163217
↑うちのは大丈夫なんでしょうか。

故障の症状を聞くとオゾン発生体が発光しなくなりオゾンが発生しなくなったようです。

オゾン発生体が発光?

知りませんでした。

20190624_152755
↑昼間に確認してみましたが周りが明るすぎて全くわかりませんでした。

そこで夜まで待ってみると…

20190624_204712
↑おー!

これがオゾン発生体の発光ですか。

右下に紫色に発光しているのがそうです。

キレイじゃないですか。


↑動画です。

設定通りきっちりと8秒点灯(オゾン添加)、2秒休止になっていますね。

素晴らしいです。

うちのは大丈夫そうですね。

ちなみに友人のブクブクオゾンですが、すぐにメーカー対応してくれて部品交換してもらったそうです。

やはり国産品は安心できますね。

20190628_163329
↑今日は非常に蒸し暑いです。

接近した台風の影響でしょう。

扇風機、換気扇があってもさすがに暑いです。

なければもっと過酷な環境になっているでしょう。



Screenshot_20190628-163534_Chrome

現在大阪ではG20サミットが行われていますが、来週は大阪のアクアな場所でG2(じじぃ2)サミットが行われる予定です。

パワフルになったカルシウムリアクターがやって来る予定です。

過去最高レベルに楽しみです。

空冷式実験

今日はいつもとまったく違う視点です。

これからの猛暑に備えてなんとか水をクールダウンできないかと試行錯誤です。

20190604_090812
↑小型のクーラーボックスに保冷剤を満タンに入れます。

20190604_091650
↑そこへ4.5mのチューブを放り込みます。

20190604_091839
↑エアポンプをつないで先はオゾンミキサーである小型スキマーに接続しました。

よく冷えたエアをスキマーに送り込むことでどれくらい効果があるのかを調べてみました。

開始時のクーラーボックス内は-6.2℃でした。

そしてろ過槽内の水温は25.9℃でした。

20190604_092051
↑庫内を通った空気はよく冷えていました。

さてどうなるでしょうか。

20190604_111214
↑2時間後のクーラーボックス内は-1.1℃まで上昇していました。

ろ過槽の水温は25.9℃と変化なし。

やはり室内の空気を冷やすには庫内でも熱交換が行われています。

試しにクーラーボックスを開けて保冷剤を確認すると、まだよく固まって冷えていました。

20190604_135848
↑そして5時間後です。

庫内は1.8℃まで上がっていました。

ろ過槽水温は26.0℃

う~ん、ずっと観察していなかったんで水槽用クーラーの稼働率なんかがわかりません。

微妙な結果に終わりました。

しかしやってみないことには微妙な結果か出るかどうかもわかりません。

やはり水量50リットルで揚水ポンプなどの熱源がある環境下では空冷式は厳しいようです。

この結果がわかっただけでも満足です。

20190604_140121
↑エアチューブ内は結露していました。

よく冷えていたんですけどね。






20190603_203055
↑今日は高性能活性炭のリーフスペックカーボンを入れてみました。

今までも高性能活性炭は使っていて効果はありました。


↑レッドシーはわりと根拠とデータを示してくれています。

眉唾が多いアクア用品の中で科学的な根拠があると信じてしまいます。

20190604_162046
↑リーフスペックカーボンは50リットルならわずか12.5gだけです。

これはコスパよさそう。

20190604_162525
↑最初は排水口ネットに入れていましたが粒が小さくて漏れてきました。

20190604_162534
↑結局、付属していたフィルターバッグに入れました。

20190604_163305
↑ろ過槽内にフィルターバッグをぶら下げておきました。

20190604_163714
↑添加剤などは開封日や添加量なんかをフタなどに明記しておくと便利です。

これでさらにピカーンな水になるでしょう。




20190604_060012
↑ORPはついに320台まで上昇してきました。

これ以上上がってくるようならブクブクオゾンの添加時間を減らさないといけません。

師匠の水槽の魚にも影響があったようですしオゾン添加は注意が必要です。

ブクブクオゾン地味に効いているようです。

ブクブクオゾン始動!

全国のアクアリストのうちオゾナイザーを使っている人は何人いるんでしょうか。

以前にも書いたことがあるような。

200人もいないんじゃないでしょうか。

和歌山県では私一人のような気もしてしまいます。

それだけオゾナイザーっていうのはマイナーなアクア用品です。

その効果やオゾンについてはここの記事でまとめています。

この記事の中で「ブクブクオゾン」という国産のオゾナイザーについて紹介していました。

20190528_140913
↑それが今日届きました。

改めてご紹介「ブクブクオゾン

アイテックデザインというところから発売されています。

まもなくアデックスが閉鎖されるので現在は唯一のアクア用の国産オゾナイザーです。

アデックスL75からこのオゾナイザーに変更する理由はいくつかありますが…

ひとつは「低音プラズマ発生体」です。

これは湿度の影響を受けることなく安定してオゾンを発生できるものです。

一般的にオゾンは湿度の影響を受けやすく、これからの梅雨時期には発生濃度が落ちます。

それでもアデックスのは優秀で安定してORPを維持できていました。

もうひとつの特徴は低濃度のオゾンを持続発生させることです。

アデックスL75のオゾン濃度が70mg/hなのに対してブクブクオゾンは5mg/hです。

わずか1/14の量しか発生できません。

これは使い方に違いがあってアデックスは本体にタイマー機能を有しています。

ブクブクオゾンはタイマーはなく連続添加のみです。

ただしブクブクオゾンは3段階にオゾン添加量を変更できます。

湿度の影響を受けることがないという強みとオゾン発生管の交換必要性がないというのが最大のメリットです。

どうしようかと悩んでいたところアクア師匠から貴重な情報をいただきました。

なんとこのブクブクオゾンはパソコンのソフトを使って設定濃度や発生タイミングなんかを変更できるそうです。

まさに今時の商品です。

いろいろと考えた結果、設定を書き換えてもらうことにしました。

基本的な初期設定は…

設定1:1mg/h(10秒毎に1秒発生
設定3:3mg/h(3.5秒毎に1秒発生
設定5:5mg/h(2秒毎に1秒発生

となっています。

なのでこの発生パターンを変えればオゾン発生量をもう少し増やすことができます。

初期設定の5mg/hでは物足りません。

この設定を変えるに当たり師匠が目を付けたのがオゾン発生体の起動特性でした。
起動
↑このグラフからわかるのは起動して約0.5秒でオゾン発生量がMAXになっています。

初期設定のそれぞれのオゾン添加時間は1秒間しかありません。

ということは1秒間でのオゾン添加量は約70%と考えたほうがいいでしょう。

なので設定5でもオゾンは3.5mg/hほどしか添加されていないと思われます。

これではパワー不足は否めません。

なので設定を書き換えてもらいオゾン添加量をアップさせます。

この設定も師匠が考えてくれました。

設定1:2秒点灯、8秒休止≒1.7mg/h
設定3:5秒点灯、5秒休止≒4.7mg/h
設定5:8秒点灯、2秒休止≒7.7mg/h

この設定5で7.7mg/hならアナログタイマーの調整でなんとかなりそうです。

これらの師匠からの情報をもとにうちの水槽での設定を考えました。

設定
↑なんのこっちゃな表ですが。

現在使っているアデックスL75とブクブクオゾンの添加パターンを一覧表にしてみました。

というのはうちではオゾナイザーをアナログタイマーで制御しています。↓
24a1f5d1

なので1日あたりの稼働時間からオゾン添加量を知ることができます。

ちなみにアデックスL75は現在4時間毎に15分だけ稼働させています。

さらにアデックスL75本体のタイマーは5分間稼働、30分以上休止の設定にしています。

なので現在の設定では1日に6回×5分=30分間×70mg/h=35mg/dayってことになります。

この数値を元にパターン表を作ってみました。

パターン表で見ると…

アナログタイマーを1時間に1回15分ON
ブクブクオゾンを設定5(7.7mg/h)

この設定で1日あたりに46.2mg/day添加できます。

この数値なら現在の添加量よりも少し多いくらいです。

20190528_141933
↑1時間に1回15分ONの設定に変えました。

設定変更の前置きが長くなりました。

20190528_141021
↑ブクブクオゾンの中身

しっかりとした箱に梱包されています。

シンプルでいい感じです。

20190528_141236
↑箱から出してみて

ん???

20190528_141242
↑なんだか本体表示がおかしいです。

一瞬焦りましたがどうやらフタが逆さまになっていただけでした。

20190528_141328
↑左側のが低音プラズマ発生体です。

これが安定したオゾンを発生できる装置です。

右側の基盤にパソコンを接続して設定書き換えができるようです。

20190528_141618
↑オゾナイザー比較

ブクブクオゾンはかなりコンパクトです。

20190528_142317
↑念のために付けていたエアドライヤーを取り外しました。

20190528_142634
↑電源ONにするときちんと設定5のランプが点灯しました。

ちなみに初期設定ではいったん電源OFFにするとON時には設定1から立ち上がるようです。

なので電源ON時の立ち上がりを設定5にしたい場合も書き換えが必要です。

アナログに慣れてきたジジィには目新しいです。

20190528_144523
↑エアドライヤーがなくなり本体も小さくなったんでスッキリとしました。

20190528_143005
↑最近のORPは280~300mvで経過

これからの変化をみていきます。

電極が怪しい感もありますが。

20190528_144409
↑いったんアナログタイマーを連続ONにしてみたんですがオゾン臭はほとんどしませんでした。

オゾンミキサーに鼻を近づけてかすかに臭う程度でした。

アデックスのは水槽に近寄っただけでオゾン臭がしていましたからね。

20190528_154250

さてこれからどんな変化が起こるでしょうか。

ORP値変動の検証とオゾナイザー放電管交換

昨日の記事でORPについてまとめてみました。

ついでに昨日は電極の掃除をしたわけですがその結果を検証してみました。

なんでこんなことをするのかといいますと…

昨日の記事にも書きましたがORPはバクテリアの増殖やオゾンの添加なんかで上昇します。

ORPモニターを設置した頃はオゾナイザーが稼働するとすぐにORPが上昇していました。

また2016年にべっぴん珊瑚を使い始めた頃は土壌バクテリア、炭素源を添加するとすぐORPが下がっていました。

具体的には20~40mvは下がっていました。

ただこれは一時的な低下でしばらくすると戻っていました。

この変動で炭素源の効果を実感できました。

炭素源はバクテリアの餌なのでそれを添加するとバクテリアが増殖します。

このときに酸素を多量に消費するんでORPが下がると思われます。

エクセル2
↑2016年のべっぴん珊瑚を使い始めた頃は毎日データを取っていました。

今はもうこんなことをする気力はありません。(^^ゞ

エクセル
↑バクテリア、炭素源の添加前後でどれだけORPが変動するのかも調べていました。

こんなことを約半年間も続けていました。

なのでべっぴん珊瑚での立ち上げやオゾナイザーについてはなんとなくわかったような気がします。

やはり水槽を科学する視点がリーフタンクでは重要かと思います。

化学は苦手ですが科学する視点は好きです。

こんな感じでORPモニターを設置した初期の頃はいろんな要因でのORP変動を見ることができました。

しかし最近になってORPがほとんど変動しなくなりました。

それは水質の安定化というとらえ方ではいいのですが、炭素源を添加してもオゾナイザーが稼働しても変動しなくなってしまいました。

これはどうもおかしいということでORP電極の掃除をしたわけです。

たぶん1年以上は何もしていなかったと思います。

前置きがかなり長くなりましたが電極掃除後の検証です。

20190510_051415
↑早朝5時からオゾナイザーを5分毎の添加速度に上げました。

これで1時間ほど様子見です。

今まではアナログタイマーで2時間毎のオゾン添加にしていました。

5分毎の添加なら濃度の高いオゾンが多量に添加されます。

これならORPは変動するはずです。

20190510_050432
↑検証開始前のORPは278mv

昨日の掃除直後よりも上がっています。

これも昨日の記事で書きましたが朝はORPが一番高い時です。

で、1時間後…

20190510_060442
↑ORPは285

思った以上に微増でした。

もう少し上がると思ったんですけどね。

20190510_055702
↑今度はオゾンを連続発生にしてみました。

OFF時間なしの設定です。

これなら流石に上がるはずです。

結果は…

20190510_063738
↑293mvまで上がりましたね。

こららのことからORP電極掃除後の効果は出ていると思われます。

今までは2時間毎のオゾン添加だったんでORPが上昇するほどの濃度ではなかったのかもしれませんが。

ついでに今日はオゾナイザーの放電管を交換しました。

放電管を交換したのは2018年1月26日でした。

1年以上使い続けてきたのでかなり汚れています。

放電管の交換期間は特に決まっていませんが内部が汚れているとオゾンの発生量が少なくなります。

オゾンが発生しているかどうかの判断はオゾン特有の臭いです。

タイマーON時には必ずオゾン臭がしますのでわかります。

今もオゾン臭はするのですが1年以上なんで交換しました。

20190510_060919
↑オゾナイザー本体を取り外します。

アナログタイマーにつないでいるだけなのでかんたんに取り外せます。

20190510_061008
↑裏側4ヶ所のネジを外します。

このオゾナイザーが素晴らしいのはネジ部分に目隠しシールがしてあるところです。

普通アクア用品でここまでの気遣いがあるものはありません。

アデックスが閉鎖されてしまうことは本当に残念です。

20190510_061227
↑オゾナイザーの内部です。

上の赤と黒の電極があるのが放電管です。

これを外します。

クリップ式で挟み込んであるだけなのでワンタッチで外すことができます。

20190510_061621
↑やはりかなり汚れていましたね。

左側のが取り外した放電管、右側のが掃除後保管していた放電管です。

放電管内部にかなりの汚れが付着しています。

こんな汚れがあるんでブクブクオゾンでも本当にオゾン発生体交換なしで大丈夫なのか心配になるところです。

20190510_063227
↑取り外した放電管は熱湯で洗浄します。

20190510_063504
↑こうやって800mlほどの熱湯を放電管内部に直接通します。

これでも破損しません。

20190510_063621
↑熱湯洗浄後はピカピカになっています。

これでまた予備の放電管として保管できます。

アデックスのオゾナイザーが優れているのは、こうやって繰り返し放電管を使えることです。

20190510_061716
↑再び放電管をセット

これで掃除完了です。

またこれでORPの変動を見ていきます。

20190510_063738
↑放電管掃除後に連続添加を15分ほどしてみると293まで上がっていました。

掃除の効果ありですね。

ORP電極もオゾナイザー放電管も掃除が大事です。

最近のオゾナイザー事情

私の水槽では2016年からオゾナイザーを使っています。

オゾナイザー

以前は数種類のオゾナイザーがあったのですが、今はもうこれしか見当たりません。

そのうえ海水水槽でのオゾナイザー使用に関する情報が少なすぎます。

検索しても私のブログ記事が出てきます。(^^ゞ

まぁそれだけ使っている人が少ないということでしょう。

オゾンということについてもほとんど知られていないと思います。

そんなオゾンについて勉強してみました。(化学バカなのでかんたんにです)

◎オゾンとは?
「オゾン層」という言葉はだれでも聞いたことがあると思います。
オゾン層の役割は太陽からの有害な紫外線を吸収し、地上の生態系を保護しています。
オゾンは酸素(O2)と酸素原子(O)によって構成されています。
オゾン分子(O3)は、きわめて反応性の高い物質であり、時間とともに安定した酸素(O2)に戻ろうとする性質をもっており、反応後は残留物を出さないきわめて安全な物質のようです。
オゾンの強い酸化力は除菌や脱臭においてその威力を発揮します。細菌や悪臭物質の成分の多くは酸素原子と非常に反応が速いので、オゾンによる除菌・脱臭はとても効果的なようです。

こういった脱臭、除菌効果を水槽に使おうと考えた人は偉いですね。

水槽使用でのメリットは…
①黄ばみ除去(黄ばみ原因のフミン酸を分解してくれます)
②脱臭
③除菌(ある程度の病気は予防可能、白点病は不可)
④コケ発生抑制

一方デメリットは…
①腐食性が高い(使用しているエアジョイントなんかが割れるほどです)
②設定が面倒(ピンポイントでの設定がわかりずらい)
③器具が効果(2万円以上)
④オゾン臭がする
といったところでしょうか。

私は小型水槽でのオゾナイザー導入にあたりいろいろと調べました。

しかし分かることはほとんどなく実践あるのみでした。

小型水槽でBPシステムでの運用なんで厳しいという意見もありました。

バクテリア活動をメインにしたBPシステムに強力な殺菌作用のあるオゾナイザーは相反するものがあります。

そこで目指したのがBPシステムでのバクテリアの機能を失わない程度にオゾンを添加する方法です。

これは綿密に硝酸塩とORPのデータを取りながら調べていきました。

そこで現在のアナログタイマーでの調整システムにたどり着きました。

↑の写真にあるようにアデックスのオゾナイザーL75は本体にタイマー機能を有しています。

このタイマーはON/OFF時間を設定するものです。

ON時間はいずれも5分間のみと定まっています。

OFF時間は最長で70分間です。

ところがこの5分ON、70分OFFでもバクテリアには影響があるようでした。

硝酸塩値が上昇するばかりでした。

タイマー
↑このアナログタイマーへオゾナイザーをつなぎ2時間間隔で作動させるようにしてから安定してきました。

ここまでのデータ取りはこの記事でかんたんにまとめています。

この方法に定まってから今日までずっと使っていますが水の透明感は最高です。

コケの発生速度も抑えてくれているようです。

なおかつBPシステムで硝酸塩値は0で推移しています。

20190425_164450
↑これだけの魚とSPSを入れながらも好調を維持できているのはオゾナイザーの効果も大きいです。

なので設定さえつかめば非常に有効な器具だといえます。

で、最近になってオゾナイザーを新規に調達しようかといろいろと検索してみました。

当然国内でのオゾナイザーはなかなか見つかりませんでした。

すると海外製のを見つけました。

オゾナイザー3
Sander製のです。

昔ウッドストーン式スキマーを出していたところですね。

今でもウッドストーンは売っています。

これを調べていると国内でもナチュラルさんで販売されていました。

それもまだ発売されて間もない製品のようでした。

が、お値段を見てびっくりでした。

とても買えるものではありませんでした。

コントローラー
↑このORPコントローラーなんかも良さそうですがラディオンに負けてないくらいのお値段です。

こんなのしかないのかと思いながら検索を続けていると…

オゾナイザー4
BUKUBUKU OZONE (ブクブクオゾン)なるものを見つけました。

これはきちんとした国内メーカー品でした。

このHPを読んですごいと思ったのが高湿度環境でも影響なくオゾン発生ができることでした。

一般的なオゾン発生体は湿度が高いとオゾン発生率が極端に低下するようです。

なので昔販売されていたオゾナイザーにはエアドライヤーなるものを付けていたんですね。

「エアドライヤー」ってほぼ死語になっています。

知っている方は私を含めてそこそこお年の方ですね。

エアドライヤー
↑実は私は今も使っています。(^^ゞ

アデックスのオゾナイザーL75も湿度に強いと言われていましたがエアドライヤーを得る機会があったので使ってみました。

しかし明確に湿度に強いと説明されているのはこのブクブクオゾンだけですね。

ブクブクオゾンのオゾン発生体は国内メーカー「低音プラズマ発生体」というのを使っているようです。

国内メーカーでこういうのがきちんと明記されていると安心感があります。

オゾン専門の会社なんですね。

そこの製品を使いオゾナイザー化したのがブクブクオゾンです。

このブクブクオゾンのオゾン発生量は3段階で調整できるようです。

1mg/h、3mg/h、5mg/hの3段階です。

アデックスのオゾナイザーL75のオゾン発生量は70mg/hもあります。

この極端な発生量の違いがどうなのか判断ができません。

ブクブクオゾンには本体にタイマー機能がないのでゆる~くオゾンを持続的に添加させるようになっているんだと思います。

一方アデックスのはタイマー機能付なので高濃度のオゾンを添加できるのでしょう。

ブクブクオゾンにも魅力を感じるのですがうちで使うとなるとアナログタイマーの再調整が必要です。

これだけオゾン発生量が違うと調整も難しそうです。

今こちらのメーカーにいろいろと問合わせているところです。

ちょっとだけオゾン事情も変わっていたようです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
translation
>
経過日数
プレコ水槽 2016/3/25
プレコ水槽リセット 2017/9/9
Eco Mini水槽 2018/7/16
べっぴん珊瑚 2016/6/18
カクレクマノミ&ハタゴ 2014/8/30
チェルブピグミー 2016/4/3
マガキガイ 2017/2/17
蛍光&ノーマルハタゴ 2017/9/17
カクレクマノミペア 2017/9/20
ハナヤサイサンゴ 2017/9/30
フトトゲサンゴ 2017/11/3
ターボスネール 2017/11/22
フラワーロックアネモネ 2017/12/5
カクレクマノミ2匹 2017/12/29
フロリダバブル 2018/2/18
レッドディスク 2018/3/11
ハイマツ 2018/3/13
ユビミドリイシ 2018/3/20
コモンサンゴ 2018/4/20
トゲサンゴ 2018/4/20
エダコモンサンゴ 2018/4/26
トゲサンゴOG産 2018/6/7
OGハナサンゴ 2018/6/23
シリキルリスズメ 2018/7/18
ナガレハナサンゴ 2018/7/18
マガキガイ4匹 2018/8/21
カクレクマノミ・オス? 2018/9/8
アカネハナゴイ3匹 2018/9/9
ミドリイシ 2018/9/19
OGミドリイシ 2018/9/22
ニシキテグリ 2018/9/22
ショウガサンゴ 2018/9/24
プテラポゴン2匹 2018/10/6
マメスナ・グリーン 2018/10/7
ミドリイシ・ブルー 2018/10/22
コモンサンゴ・レッド 2018/10/27
ハナバチミドリイシ 2018/10/27
Forest Fire Digi 2018/10/22
コモンサンゴUSA 2018/10/29
Mini Carpet 2018/11/7
ヒメシャコガイ 2018/11/16
ハナタテサンゴ 2018/12/8
キサンゴ 2018/12/8
ミドリイシ・フラグ 2018/12/15
ミヤケテグリ 2019/1/31
ミドリイシ・蛍光G 2019/2/23
プリンセスモノクルブリーム 2019/3/3
ハナバチミドリイシ 2019/3/17
マメスナ 2019/3/17
スギノキミドリイシ 2019/3/17
ユビミドリイシ小 2019/3/24
ツツミドリイシ 2019/3/24
沖縄産ヤドカリ 2019/9/5
キンチャクガニ 2019/9/13
リュウキュウフジナマコ 2019/10/4
ナガレハナサンゴ 2019/10/4
キッカイソギンチャク 2019/10/15
マガキガイ4匹 2019/10/15
エメラルドグリーンクラブ2匹 2019/10/16
ライブロック 2019/10/7
棒状ライブロック 2019/6/16
phモニター 2017/3/4
Jebao SW-2 2016/12/19
Jebao DCS2000 2017/2/11
ラディオンG4Pro 2017/11/24
Inspire200 2017/11/26
CO2ALボンベ交換 2018/3/29
レアメタル 2018/2/18
PicoStream 2018/12/13
SW-2ポンプ交換 2019/9/18
ZR-75E 2018/4/1
Oki-Cal 2018/4/6
DEP-4000 2018/4/13
ZC-100 2018/5/23
DEP-4000ポンプ交換 2019/1/21
ブクブクオゾン 2019/5/28
3in1モニター 2019/6/16
Jebao DCS2000再開 2019/7/17
海藻フィルター 2019/11/27
DEP-6000 2019/7/14
カテゴリー
RSS
  • ライブドアブログ