2005年01月28日

たばこ王

01.28 旧村井銀行 『 たばこ王 』

 
明治時代、我が国で初めて紙巻タバコを売り出し、「 たばこ王 」 と称された実業家 村井吉兵衛 は、円山公園の一角に私設別荘 ( 迎賓館 ) を建て、伊藤博文 によって 『 長楽館 』 ( ちょうらくかん ) と命名されました。

  巨万の富 を築いた村井吉兵衛は、明治29 ( 1896 ) 年 1月28日 ( 今日 ) 発布の 「 葉煙草専売法 」、続く 「 煙草専売法 」 により 「 たばこ 」 が国の専売品になると、次なる事業へ乗り出し、村井銀行京都瓦斯 ( ガス ) を創設しました。

  村井氏の所有していた建築物は、建築から百年近く経っていますが、今も 優れた明治期の近代建築物 として京都の街に生き続けています。

 
長楽館 円山公園内
    現 : 喫茶店 兼 レディースホテル
  旧 村井兄弟商会 たばこ製造工場 馬町
    現 : 関西テーラー
  旧 村井銀行 祇園支店 四条通花見小路西入る
    現 : 閻魔 ( ブティック )
  旧 村井銀行 五条支店 五条通川端東入る
    現 : 京都中央信用銀行東五条支店
  旧 村井銀行 七条支店 七条通東中筋角
    
現 : SECOND HOUSE 西洞院 ( パスタ & 喫茶 )

  明治の息吹を感じながら、『 長楽館 』優雅な喫茶タイムもいいですし、SECOND HOUSE 西洞院店パスタやケーキ ( お薦め ) をいただくのもいいですよ。 ぜひ、一度、訪ねてみてください。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rakutabi/12509302
この記事へのトラックバック
何が好き って 今まで生きてきた人々のぬくもりが感じられる場所、物が好きなんです。 京都の町そのもの、神社、お寺、通り。。 町家、カフェ、洋館。。 どれもが好きで、何かに深く入り込むのもいいのでしょうが、あちらこちらに目が行きます。 「洋館」も好きなもの
長楽館【yume_cafe】at 2005年02月03日 22:40
東山通の馬町交差点を西に、狭い道を行くと、東山税務署の隣に、煉瓦造りの建物があ
生き残っている明治の煉瓦造り【dragon-tail】at 2005年03月04日 14:12
京都散策を終えて南へ歩いているとき、東にひときわ目をひく鮮やかなオレンジ色の建物はいつも気になっていました? 飲食店? ファッションビル? それでも帰路を急ぐときになだらかな坂をあがろうとはしなかったのですが。。 「らくたび」涼さんのところの「鎌倉小幕府
京都こそ百聞は一見にしかず。。「旧 村井兄弟商会 たばこ製造工場」【yume_cafe】at 2005年03月30日 09:23
この記事へのコメント
馬町の旧タバコ工場=現:関西テーラーは、毎日その前を通るのですが、数年前から閉鎖されているようです。建物はそのまま残っております。
旧村井銀行祇園支店=現:閻魔は、昨年12月には改装工事中でしたが、閻魔の看板は掛かっていました。今はどうなっているかなあ・・・
Posted by 龍3 at 2005年01月28日 15:10
龍3さん、こんにちは〜。

さっそく、最新情報をありがとうございました。そうですか、馬町の工場は閉鎖されているんですね・・・。取り壊さずに、保存されるか、また現役として頑張ってくれることを願っています〜。

実は、大学生の頃、五条大橋東の京都中信をよく利用していました。でも、ま〜ったく、そんな歴史的な建物だなんて知りませんでした。
Posted by 涼 at 2005年01月28日 16:12
連続してお邪魔してすみません。
馬町の関西テーラー、ずっと出入り口のシャッターがしまっているので閉鎖されていると思ったのですが、今日見たらそのシャッターに張り紙がしてありまして、なんと、折鶴サロン某の教室に貸し出されているようです。また、煉瓦造りの建物は通りに面した一棟だけでなく、奥にもありまして、そっちには照明が灯っておりました。まだまだ、大丈夫のようです(^^)
Posted by 龍3 at 2005年01月29日 00:21
こんばんは、龍3さん。
早速のご報告、ありがとうございます〜♪
ちゃんと保存されて、しかも、貸し出しをして活用されているんですね。安心しました。関西テーラーさんも、奥の棟で営業してるんですね。
Posted by 涼 at 2005年01月29日 00:38
トラックバックありがとうございました。
今度 村井吉兵衛さんの建物を見て回ろうと思います。

私もトラックバックさせて頂きますね。
Posted by yume at 2005年02月04日 22:03