2011年07月10日

脊柱靭帯骨化症

特徴

好発年齢:40歳〜

症状:首の痛み、手のしびれ。 ちょっとした怪我で歩けなくなった。

こんな人に多い:家族に脊柱靭帯骨化症の人がいる。 糖尿病がある。 遺伝的に日本人に多い。


どんな病気?

「脊柱靭帯骨化症」とは、背骨を支えている靭帯が骨のように固く厚くなって(骨化)さまざまな神経障害を招く病気です。

背骨(脊柱)は椎骨が積み重なってできており、一つ一つの椎骨をつないで支えているのが靭帯です。 積み重なっている椎骨は、円柱形の椎体と突起部をもつ椎弓から成り、椎体と椎弓の間に脊柱管という筒状の空間があり、この中に脊髄が通っています。

背骨を支える靭帯には、椎体の後ろ側を縦に走っている「後縦靭帯」、前面を走っている「前縦靭帯」、椎弓をつないでいる「黄色靭帯」などがあります。後縦靭帯と黄色靭帯は椎骨とともに脊柱管を構成しています。

これらの靭帯に骨化が起こる病気を総称して「脊柱靭帯骨化症」といい、骨化が起きている靭帯が特定できればそれぞれの靭帯名で呼ばれることになります。「後縦靭帯骨化症」など・・・

骨化の起こる頻度が高いのは前縦靭帯と黄色靭帯で黄色靭帯骨化症は胸椎によく起こります 脊髄障害が出やすいのは後縦靭帯骨化症で、頚椎によく起こります。


靭帯がなぜ、固くなってしまうのかはまだはっきりわかっていません遺伝的要因が深く関係しており日本人に多いことがわかっています


症状

靭帯の骨化は加齢に伴って徐々に進行するので、脊柱管がかなり狭くなっても症状がなかなか現れません
ただし、転倒などのちょっとした衝撃がきっかけで、一気に発症することがあります。

また、頚椎の後縦靭帯骨化症に間板ヘルニアを合併したりすると悪化します。 この場合の症状は首の痛みのほか、脊髄が強く圧迫されるため、「手足の痛みやしびれ」、ペンや箸がうまく使えないといった「手指の運動障害」、脚が突っ張って歩きにくくなる「痙性歩行」(けいせいほこう)や、階段の上がり下りができないなどの症状が起こります。

さらに、排尿・排便にも異常が出ることもあります。

外傷などのきっかけがなければ、首の痛みや肩こり、手のしびれなどが最初に現れます。症状は後縦靭帯骨化症でも黄色靭帯骨化症でもほとんど同じです。 だだし部位によって異なり、下位頚椎や胸椎に起こった場合は胸の圧迫感肋間神経痛のほか、狭心症の胸痛と間違われやすい症状が現れます。


鑑別

問診ではまず患者さんの症状を確認します。 しびれや痛みに他に排尿や排便の異常がないか症状が現れるきっかけになる事故や怪我がなかったかも確認します

糖尿病の既往歴も重要です。高血糖の状態ですと、たんぱく質の変性が起こりやすく、靭帯の骨化に影響するからです。

神経・脊髄症状を調べるために、感覚反射、運動機能の検査も必要です。腱反射テストや手を閉じたり開いたりする10秒テスト、筋力テストなどで確認します。


問診や検査で骨化症が疑われる場合は、提携の病院でレントゲンやMRI画像を撮って来ていただきます。
靭帯の骨化はレントゲンの側面画像で確認できますが、脊髄はレントゲンでは映らないのでMRI画像で脊髄の圧迫部位を確認します。


施術

症状の強い部分を中心に、軟部組織を弛め特殊ベッドを使った自動伸展モビリゼーションポンプ牽引で関節に動きをつけていきます。 また圧迫されている部位をピンポイントで開いていくことによって脊髄症状の緩和をめざします。 それと平行してホットパックや温熱器具で血流やリンパの流れをよくしたり、キネシオテーピングで頚椎の安定と首への負担を軽減するようにします。

ただし、現在のところ靭帯骨化症は骨化した靭帯を治療する薬はなく、これらの保存療法でも頚椎症などの症状に比べると効果が得にくいのが現状です。

これらの保存療法を何回か続けてみて(目安は約一ヶ月)、痛みやしびれが軽減されて気持ちがいいとじない場合手術も視野にいれて病院の医師に相談されることをお勧めする場合も有ります。、

rakutaikan at 16:50│Comments(0)TrackBack(0) 背骨に関する考察! | 上肢の症状

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔