2011年09月07日

腰椎の外傷

〇骨折のない外傷

腰椎の外傷で多いのは、転倒したり、腰をひねった時などに起こる急性のねんざです

これはぎっくり腰の一種なのですが、レントゲンなどの画像検査をして骨や関節の変形が認められても、痛みの原因を確認することはできません。

あくまで、患者さんの訴える痛みと、それが発生した事故などの状況から判断されます。


急性で患部に熱感のある時には、クライオ療法で患部を冷やしさらしで固定して安静にしておいてもらいますが、炎症があるていど治まれば動ける範囲でなるべく普段どおりの生活をすることが大切になってきます。

施術においても、「冷やして固定する」⇒これ以上悪化させない為の守りの治療、から「暖めて動かす」⇒回復させていく攻めの治療にシフトしていきます。

骨折などのない軽い外傷の時は痛くて動けない場合をのぞき、過度の安静を避けるほうが回復を早めることになるからです



〇骨折

骨折などの外傷はカイロプラクティックの適応外となりますが、ここでは骨折におけるいくつかの注意点を申し上げておきます。


<ちょっとしたことで骨折した方>

骨粗鬆症が無いか、がんの骨転移などが無いかを検査する必要があります


<スポーツのあと腰痛が長引く>

疲労骨折が疑われます。また骨粗鬆症があると、同じ動作を繰り返すだけで圧迫骨折することもあります。



腰椎の骨折は、事故や転倒、スポーツ時のけがによるものがほとんどです。外傷などで急激に起こる骨折のほか、「疲労骨折」や「圧迫骨折」のように徐々に起こるものもあります。

中でも、中高年の骨折は注意が必要です。大きな外力が加わったわけでもないのに骨折した場合、背景に何らかの病気が潜んでいる可能性が高いからです。

がんによる骨折も考えなければならないため、鑑別診断が必要なことが多くなります。また、中高年になると骨粗鬆症が関係しているケースもよく見られます。ちょっとしたことで骨折したり、急激な腰痛を伴う圧迫骨折が起こったときは、骨粗鬆症が原因のことが多いのです。

とくに50歳以上の女性は注意が必要です。

rakutaikan at 19:01│Comments(0)TrackBack(0) 背骨に関する考察! | 腰や背中の症状

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔