ブログネタ
今はまっている漫画 に参加中!

『ガラスの仮面』49巻発売された!

2012年4月号以来、レビューを書くのは久しぶりだ。
5月号以降の亜弓さんの話は、どうにもこうにも妄想が広がらず・・・。(亜弓マンション火事には、ちょっと「おっ!」と思ったんだけど、49巻読んだら、火の演技の覚醒は済ませてたので、これは「忘れてください」ってことかな。紫織部屋派手に燃えたしね~、もう火事起こらないよね。いやいやいや、それでも気は抜けません。なんせガラカメですから<笑>)

おかげで、その間、史上最低視聴率を更新した大河ドラマ『平清盛』に夢中になり、気が付けば4月からこっち、30回も感想を書いてしまった。(このドラマもまた妄想力かきたてられまくりなんです)半年前は”伊豆=真澄の別荘”だったのに、今やもう”伊豆=頼朝幽閉蛭が小島”になってたわ

でも!今回49巻を読んだら、”伊豆”萌え再・燃別荘脳内返り咲き

そして、唖・然
話盛りまくりよ!紫織さんに至っては、200%増し!
半分位描き下ろし!?
なるほど・・・、発売日も延期されるわけだ・・・。
ともかく、最終回へ向けての本気度、ビシバシ伝わって参りました

見所多すぎて、どこら辺の感想書くか迷うわ~。おかげでロングレビューになってしまいましたが、どうぞお付き合いのほどよろしくお願い致します。

さて、49巻、冒頭。
これはホラー!!?紫織の狂いっぷり・・・ハンパないよ~!!

しかし、見れば見るほど、たまらん!!!(笑)。
鋏突き立て「ドス、ドス、ドス」って!!!
この、えも言われぬ勢い・・・ あれだ!☆岡田あーみん降臨!?!☆(←ご存じですか?)!!

看護士に怪我さすわ、火事をおこすわ、池には浮かぶわ(顔がちょうど出てるあたり紫織らしい)・・・。真澄さんは、紫織の殺意がマヤに向いているのを悟り、自責の念にもかられ茫然自失。鷹宮会長に「紫織と結婚してやってくれ」と懇願され、

「はい」。

ああっ、言っちゃったよ~

その後、マヤに突撃され、「あの時のことは退屈しのぎだった」と氷の表情。
最後は幸せになる決心したけど、あの「はい」はどうやって撤回するんだ?「やっぱりやめときます」なんて言おうもんなら、会長キレるで
「社長辞任します。速水家とも縁切ります」とか言って、自分を無価値にして乗り越えるおつもり?いや~そんなんじゃあ火に油やと思うわ。理由がマヤだってことを探り出しエライ目に合わせそう。

前巻前々巻と、あれほど固い決意表明してたのにね。
なんつ~か、この辺りが、”真澄さんが真澄さんたる所以”だね~。
ファンとしてはもうそれをとやかく言う気も無くなってきたので、とにかく伊豆に、いえ、前に向かって下さい


(妄想全開)
真澄さんは”マヤが紫のバラのひとの正体を知ってる”とは1ミリも気づいてない様子。”別荘”で会うとは言ってなかったけど、サプライズ演出死守のため、未刊行と同じく、伊豆のホテルで会うのか?
たしか未刊行は直前、紫織自殺未遂の報が入り、寸でのところで会えず、真澄さんは引き返す途中事故るっていう話だったっけ。自殺未遂済みやし、事故は桜工事くん担当だし、そういう展開はもうないかな。

でも~、こんだけ前振りが長いんやから、”紫のバラのひとバレ”と”きっとその夜は帰れない”はぜひとも別荘で実現してもらいよお~

次50巻に載るかな~!?
いや、ここまで焦らされたんやから、もう1巻くらい焦らしてもらっても・・・。
や、やっぱり心の準備が

え?「どんだけ心の準備すんねん!」って?(笑)

だって、これこそが何十年も続いてきたガラカメのクライマックス
我が青春の片鱗の終焉を、万感の思いで受け止める為でございます

(さらに妄想続く・・・)
気になるのは、「もう戻らない、おれはおれの人生を生きる」と速水家決別シーン。
英介やお手伝いさん達と”永のお別れ”みたいだった・・・。
こ、これって、ま・まさかの死亡フラグ!?!。
いや~~~
伊豆の別荘が書かれた絵は、みんな断崖絶壁だし。不吉な予感がよぎりまくるんですが・・・

”きっとその夜は帰れない”の翌朝、正気に戻り2人の逢瀬情報を聞きつけた紫織が別荘に猛突撃。
あ~だこ~だもみ合ってるうちに、断崖絶壁から転落とか・・・。
(そういやドラマでは真澄さんがマヤをかばって刺されてたっけ)

<転落するのは誰?>
真澄さん : やっぱり?いやいやいや~!!、あの死亡フラグは本当だったのか!?生き返ってよお~!!
マヤ :主人公やし、それはあかんやろ、やっぱり。
紫織 :それはもう願ったりかなったりやけど、後味悪すぎて、物語としてあかんやろ。
まさかの聖さん::・・・こういう立ち位置のひとが身代わりになるのよくあるよね・・・。

それと、鷹宮会長が真澄さんに紫のバラについてしらを切ったことに、「いずれわかる」って言ってたのもちょっと気になる。”いずれわかって”しまのか?で、紫織の憎悪が鷹宮家の憎悪となり「マヤを始末しろ」なんてことにならないかな~。あのやたらと光ってる斧が本番当日、本物にすり替えられて・・・名実ともに紅天女・・・(ギャー)とかないよね~

・・・と、なる前に紫織さんが自らの愚かさを後悔し改心して「おじい様、や~め~て~」と全て丸く収まるとか。

(もとい、感想です)
桜工事くん、速水さんに一言言いにいった。無言で聞いて、「きみにはすまないことをした・・・彼女はきみのものだ」(キラッ)

認めたんだよね、これ、桜工事くんに。
なんか、ちょっとニマニマしてしまったわ。
でも結局、「ウソだよ~ん」ってことやん!

どこまでもお気の毒な桜工事くん・・・。
記者会見の時にマヤにギュッと袖を握られるところ、とくに。

心を殺した真澄さんに、聖さんは「北島マヤはぼくがいただきます・・・紫のバラのひとは私だと言えばいい」と芝居を打つ。ペーパーナイフがヒュン!聖さんの髪が一房スッと切れ・・・トン。扉に刺さる。
「それだけはやめてくれ、お前を殺すかもしれない」

あかん、半笑いになったらあかん!

ペーパーナイフ、ヒュン、トンって!
切れ味鋭っ!!
こ、殺すって~!!そんなテイストの漫画やったっけ!?

聖さんは真澄さんに、自分の真澄好き度を告白。真澄さん「聖・・・?」。
これ、結構焦ってるよね~(笑)。
で、マヤ奪取宣言により、真澄さん大激震。
聖さんの話全部、半分本気っぽいわ~。そんな本気を、いとも簡単に真澄さんを奮い立たせるための芝居に変えてしまうなんて、聖さんの懐と愛の深さに胸が熱くなりました

真澄さんは桜工事くんには、「彼女はきみのものだ」と言えるのに、聖さんだと許せないもの?桜工事くんには悪いことをしたと負い目を感じてるから?聖さんとは主従関係だから、裏切り行為という認識?それとも何十年も、いえ7年も胸に秘めてきた”紫のバラのひと”を一言でかっさらわれることが許せない?

草食男子の台頭が目覚ましい昨今、「~のものだ」とか「僕がいただきます」とかの肉食発言は、どこか懐かしい昭和のかほりが致します。
いや~、色んな意味で趣深うございました

そして、今一つよくわからないのは、この”紫のバラのひと”のこと
以前真澄さんは、黒沼先生に「マヤが”紫のバラのひと”に恋をしている」を言われて「こんなせつない気持ちははじめてだ」ってバラを握りしめてうなだれてたけど、その件はどうなったん?

持前のネガティブ思考で「そんなことはやっぱりありえない」と打ち消したのか?
それとも、「マヤが”紫のバラのひと”の正体を知っている」とは1ミリも考えたことはなく、「マヤはおれのことが好きだし、あれは黒沼先生の勘違いだった」って勝手に自己完結したとか?・・・むむ、あり得る・・・。
それとも、”走り出した男女の恋は止まらない”で両想いになるのはできても、”紫のバラのひと”はまた別物、マヤへの思いとともに、自分の本性をも投影した格別な物なので、好きな相手であっても告白するのは勇気がいるのか?(いやいや、これ、そんな繊細な心の内側をえぐり出すマンガやったっけ??)

・・・ここ一番謎だわ。(亜弓さんがなぜ試演延期を申し出て手術しないのかは、もっと謎だけど)

それと・・・、私としては、どうしても「黒沼先生にイジられる真澄さんの図」見たいんですけど~
美内先生よろしくお願いします。

ロングレビュー、お付き合いのほど誠にありがとうございましたではまた!

↓応援頂ければ励みになります

web拍手 by FC2