2010年06月13日

鹿児島出張 6

職人の手で捌かれた豚肉は
ベルトコンベアーで次々
包装室へ運ばれます。
CIMG1148
















これが南州畜産ブランドです!
CIMG1149














後は各店舗への出荷を待つのみ
CIMG1151














楽豚に到着するのは
放血してから枝になり
一日熟成されてからカットされ
箱詰めそして出荷
次の日に到着します。
まさにベストな状態です。

私は南州畜産のスタッフの方々の
気持ちや想いがいっぱい詰まった
豚肉をベストな状態でスライスして
焼いてご飯の上に乗せて
楽豚のスタッフが運び
お客様が食べられた時に
幸せそうな顔をされたときが
一番嬉しいのです!

久し振りの鹿児島入り
改めて南州畜産の素晴らしさを
再認識できました。

この豚肉なら今よりももっと
いい商品ができるはず!
もっともっと追求して
いいものをお客様に知ってもらいたい
そんな気持ちになって
鹿児島から帰ってきました!

南州畜産様
いつもありがとうございます。

そして豚さん
ありがとう!感謝しています!














rakutonmaster at 15:59コメント(0)トラックバック(0) 
鹿児島出張 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
ホームページはこちらです