2009年08月

2009年08月26日

お墓参り

楽豚はお盆営業しているので
遅めのお墓参りに行く。
毎年必ず家族で行く行事の一つです。
これをしておかないとどうもすっきりしない
私の実家大阪と嫁の実家三重の両方の
お墓参り。

子供達も一生懸命お墓を磨きます。
会ったことのないご先祖様
この人らがいてはったから
僕がいて嫁がいて子供達がいる。
そう思うと感謝の気持ちいっぱいだ!

しっかり磨いて
みんなで合掌

ありがとうございます。

せっかく大阪に帰ったので
実家で食事でもしよう
兄貴家族も呼び出し
お食事会
呼び出した手前食事の段取りは私がする。

CIMG0560

本日のお墓参りツアーメニュー

丸ごと野菜とアイスバイン{前足すね肉のスモーク}の煮込み
CIMG0561

前足を塩漬けして一週間
スモークして8時間
野菜と煮込んで6時間
出来上がり!

やしの芽とサーモンのサラダ
 CIMG0563


スパニッシュオムレツと
ブラジリアンソーセージの煮込み
CIMG0562


みんなでワイワイ言いながらの
食事ってなんでこんなに楽しいんやろう?
こんな気持ちになれるのも
ご先祖様がいてはったからです。

ありがとうご先祖様!

私のご先祖様も祭りや宴会が好きやったんかなぁ・・・

rakutonmaster at 07:26コメント(0)トラックバック(0) 
日々雑感 

2009年08月22日

う〜ん・・・

私は、「ありがとうございました」という言葉は
感謝の気持ちを込めて
言うものだと常日頃思っている。
けど最近おかしい「ありがとう」が多いように思う。

昨夜早めに夜の営業が終わったため
音楽仲間と次のライブ話を
遅くまでしていた。
何も食べず音楽話で盛り上がり
終わったときは、かなり腹が減っていたので
がっつりいきたい。

そんなときは王将だ!

夜中の餃定でいこう。
かなり久々の王将
相変わらず流行っている。
以前と随分スタッフも変わっているような。
私はいつも厨房がよくみえるカウンターの
側面に座る。
頼んだ品が出てくるまでスタッフの
動きを見るのが好きなんです。

スタッフの名札を見ると
社員だれだれ Aだれだれ Pだれだれと
私は社員で私はアルバイトよと
しめしている。
最近そんな名札をよく見かける
初心者マークってのもありますが
それってどうなんだろう
客の立場で言うとあんまり関係ないし
みんな一緒なんだけどなぁ

驚いたのが昨夜の王将は
「私は新人です。どうぞよろしくおねがいします」
だれそれと書いた名札でした。
確かにかなり初心者っぽい対応でしたが
必死に仕事を覚えようとしている
姿勢は新鮮でいいと思うのですが
あえて私は新人ですってアピールするのもなぁ・・・

社員は餃子を焼いていたが
かなり無愛想
かなり早めに蓋をあけたので
もう少し焼かなあかんのとちゃうやろかと
思っていたら。私の前に
焼きのあまい餃子がやって来た。
文句を言うレベルでもないので我慢して食べた。
気分もあまりよくなく精算して
「ありがとうございました」と声を出していたのは
一人だけ

私は新人ですさんだけでした。

最近のスーパーのレジもひどい
前に手をあてありがとうございましたと
言うもののマニュアル通りって感じ。
ひどい人は、まったくよそ見をしながら
言っている人もいる。
そんなんやったら言われやんほうがえぇわい。
とても気分が悪い。
そんな仕事していて楽しいのかなぁ・・

楽豚のスタッフは、皆感謝の気持ちを込めて
「ありがとうございまいた」と言ってくれている。
けどそれは当たり前のこと。
本日最後に店を出られるお客様には
全員でてきてお客様を送る
そして最後にみんなでハイタッチで終わるのが
楽豚流!

お客様に感謝する気持ちがあるから
仕事が楽しいのになぁ・・・





rakutonmaster at 16:21コメント(2)トラックバック(0) 
日々雑感 

2009年08月20日

郡上踊り

さて一杯ひっかけ
えぇ気分になったので
ジャパニーズディスコタイム!
郡上ダンシングだ
CIMG0547

盆踊りを踊るのは
小学校6年以来だ

なかなか覚えれない
あっ合わない・・

嫁とチビ達はすぐ覚えたみたい
とくに嫁と娘はダンサーだ
キレがある。
CIMG0551

郡上の町に下駄の音が響き渡る
気がつけば1時間以上ノンストップで
踊っていた。

ある意味トランス状態になっていたようだ。
今夜は3時間ぐらいの踊り時間
昨日一昨日その前は徹夜で朝の4時ごろまで
踊り続けるそうだ! すごい・・

郡上踊りは7月中旬から9月上旬にかけて32夜にわたって踊られます。
郡上節を演奏する囃子の一団が乗る屋形を中心に、
自由に輪を作り時計回りに周回しながら踊る。

毎年各地からこの季節に
リピーターが踊りに来る気持ちが
解る様な気がする。
素晴らしい伝統だ

ずっと続いてほしい伝統です。

我が町のだんじり祭りも
伝統ある祭りだが
最近は理解してくれない人もいるそうだ
太鼓の音がうるさいとか
喋っている声が、うっとおしいとか
苦情もあるそうです。
悲しい話です・・

帰り吉田川はライトアップされていました。
とても幻想的でした。






CIMG0552

火の灯火は、なんだろうと近くまで行くと
なんと缶ピーの空を利用して作られた
ランタンでした。
CIMG0555

自分の町を愛する気持ちって
本当に素晴らしいことだと思います。

郡上八幡

とても素晴らしい町でした。


rakutonmaster at 08:05コメント(2)トラックバック(0) 
お気に入り 

2009年08月19日

郡上八幡その3

さて旅の楽しみは食にあり!
郡上八幡は初めてなので
どんな郷土料理があるのか
興味深々だ

今回は宿では朝食のみで
夕食は外で食べることにした。
近くに旨そうな居酒屋をリサーチしていたので
そこで夕食をとることにした。
CIMG0541

前菜のあずき菜
この地ならではの山菜だそうだ。
胡麻和えで食す。

旨い

後は郡上の珍味
ちちこ{子鮎の甘露煮}
みたたき{山鳥たたき味噌和え}
魯山人も大好きだそうです。

こりゃ日本酒やなぁと思いましたが
先週大阪に帰ったときに
日本酒をやりすぎて大変なことになったので
やめとくことにした。

ではワインにしよう
最近休日はワインが多い
無難なところでマルキ・ド・シャッスの白が
あったのでそれにした。
CIMG0544

山葵菜の酢漬けと合わす。

えぇやんかぁ!

CIMG0538

郡上の白舞茸のみそ焼き

これ最高!抜群に旨かった!
CIMG0540

郡上名物B級メニュー
鶏ちゃん{けいちゃん}
これも味噌炒め
生中に戻る

飛騨牛塩たんやら
郡上焼きやらいろいろ食べた!

総合的に味噌味ものが多い
で味噌が旨い
大豆がいいのかなぁ
味噌を発酵させるのに適した気候なんだろうか
朝ごはんの味噌汁も抜群に旨かった!

さぁ!えぇ気分になったし
郡上踊りに繰り出そう!

rakutonmaster at 16:27コメント(2)トラックバック(0) 
お気に入り 

郡上八幡その2

炎天下だが川遊びで完全に身体が冷える。
夕食まで少し時間があるので町を歩く。
街中道沿いの溝にも綺麗な水が流れている。
生活用水も全て湧き水と川の水で
賄えるって究極の贅沢やん

しかし街中には畑が無い
野菜は他所から仕入れているのだろう。
コンビニも一軒もないので
観光スポットとしてかなり
こだわっているようだ。
ヨーロッパの中世の面影を思わせます。

環境庁が選定した全国名水百選の第1番に選定された名水
宗祇水を見に行く。

CIMG0530

いまでも日常使用されているらしい。
水源含め5つの層にわけられ
上から水源 飲料水 米等洗い場 野菜等洗い場
桶等をつける場と分けられている。
飲んでみたが柔らかめの水でした。
街中あちこちで飲める水があるのだが
場所によって水の味が違うから面白い。

CIMG0532

小腹が減ったので
宗祇水近くのお菓子屋さんで
郡上焼きたるもんを食べてみる。
見た目は回転焼きで中身は
明宝ハムにキャベツや紅生姜が入っている。
表面にソースをベッタリつけて食す。
結構いける。
子供達はとっても気に入ったらしく
郡上を発つときも買って欲しいと言ったくらいだ。
聞くとこの店オリジナルだそうで
他には無いそうです。
一個150円でした。
CIMG0528

さぁ私はビールでもひっかけ
楽しみの晩御飯だぁ〜

rakutonmaster at 15:20コメント(0)トラックバック(0) 
お気に入り 

郡上八幡

夏休み家族旅行で郡上八幡へ行く。
今回は川で遊ぶ 踊る 旨いもんを食べる
がテーマ。

郡上八幡に決めたのはゴリの提案です。
旅好きのゴリお勧めスポット
私も水の町、郡上に興味があったので
即決でした。

名神から東海北陸自動車道で
行けば家から3時間もかからない
ただ私はパーキングエリアマニアなので
寄り道が多いから結局家から5時間はかかって
しまいました。
まずは郡上の町から少し離れたところに
鍾乳洞があるので観光しにいく。

CIMG0522

鍾乳洞のマイナスイオンをたっぷり吸い込み
昼食は郡上の綺麗な水に流れる流し素麺を
たらふく食べる。
2時過ぎに宿に到着
まずは川遊びだ!
滅茶苦茶綺麗な川だ
そしてかなり冷たいし深い
水深8mはあるかも
潜ると鮎や虹鱒がウヨウヨ泳いでいる。

こんなん見たんは始めてだ

まるで水族館の中で泳いでいるようだ
郡上の川で有名な橋の上からのダイブ
今回はこれにも挑戦してみたかった。
橋の上から12m下へ飛び込むのだ。
地元の子供達がポンポン飛び込むが
我々の年層はいない
恥ずかしさもあり今回は飛ばず。。
しかし川沿いの大きな岩が沢山あり
一番大きな岩で高さ8mぐらいの岩から
ダイブしてみた。

めっちゃ気持ちよかった!

小学校の時体育館の上から
走り高跳びのマットにダイブしたときを
思い出した。
アレは高さ5mぐらいやったと思う
3m更新した!
しっかり泳いで宿に入り
しばし休憩
川沿いの宿で水の流れる音
アナログの小さなテレビ
窓際のペアーの椅子とテーブル
温かいお茶と茶菓子
使い捨て歯ブラシに宿名入りの手ぬぐい

あぁ〜旅してるって感じ


      


CIMG0534

            続く・・・

rakutonmaster at 08:28コメント(0)トラックバック(0) 
お気に入り 

2009年08月13日

盆踊り

この季節になると各地で
盆踊りのやぐらを見かける
我が古里の二田町の盆踊りは盛大だ
青年団 壱拾五人組 若頭
それぞれ屋台をだして威勢のいい声をはりあげ
町を盛り上げる。

売るための生ビールもどんどん
樽が空く

樽の原価より売り上げのほうが
断然低い!自分達が呑んでしまうからだ。

これに参加したいのだが
仕事のため無理だ
しかし片付けと打ち上げぐらいは
早めに店をでて大阪に走れば
間に合うはずだ。
この日は早めにお客様が来店されたので
この調子だと早めに店を出ることができる!

でも店の片付けはスタッフに任して
行くわけだから
キチンとしてから行かないと行けない。

理想はきりっとした顔で
明日の段取りを伝え
「ではよろしく頼むよ」と低めの声で言う
スタッフは「はいっ解りました!」
と真剣な眼差しを横目に
車に乗りこみ大阪へ向かう。
そないなるはずでしたが。。

めどがつき始めた頃から
顔がユルユルになってくる。
これから楽しいことを考えれば考えるほど
ユルユルになってくる。
身体も心も大阪に向いているのがわかる。
段取りを伝えようとするが
まったく説得力がない。
では皆さんよろしくと言ったときの
みんなの呆れた顔を横目に
車に乗りこみ大阪に行くことになりました。

思ったより早めに大阪に着き
片付けも順調に終わり
さぁ打ち上げだ!
CIMG0514

久し振りにあう地車仲間

楽しい

楽しすぎる!

これを考えてたから顔がユルユルになっていたのだろう。
祭り話で盛り上がり
どうして帰ったのかあまり覚えていない。
月曜日はゴリにすべて任してあるので
店を休ませてもらった。

二日も休んで楽しい時間を
思いっきり過ごせたので
仕事がしたくてしょうがない。
さぁ明日からまた気張ろぉっと!



CIMG0516


rakutonmaster at 08:49コメント(2)トラックバック(0) 
お気に入り 

2009年08月11日

三重の自然素材建築

私の友人Yは建築家です。
Yと出会うことがなかったら楽豚はオープン
していないだろう。

楽豚の外装内装はすべてYのプロデュースだ
オープン前に所持金もあまり無く
けど願望は強く
そんな無理な相談を真剣に考えて
私の望みどおりの店ができた。

Yのセンスや視点は素晴らしい
一緒に話をするとワクワクしてくる。
そんな彼のウェブサイト
木の家 サバーニデザインを紹介します。
これから自分の家を建てたいと思っている方
自分の隠れ家を建てたい人
内装を一変して気分を変えたい人
お店を考えている人
是非覗いてみてください。
かなり参考になりますよ!

もっとも信頼でき
腹を割って話が出来る友人がいることは
本当にありがたい。
次の楽豚もYと一緒に作りあげていくだろう。

私の豚肉料理にあうお酒を
アモーレ八木がチョイスして
それを食す環境をYがプロデュース!

ナイスなお店の出来あがりん!

そんな妄想大好きです。



rakutonmaster at 09:52コメント(2)トラックバック(0) 
お気に入り | 楽豚伊賀本店

2009年08月07日

ジメジメ

本当に梅雨が明けたのかなぁ
いつまでも身体に湿度を感じる。
天気も夏休みチックな感じではない。
大好きなヒグラシは鳴いているが。
爽やかな外気を感じない。
毎年言っているが
今年の夏もおかしい。

気候がおかしいと農作物もおかしくなる。
楽豚の米畑を見に行く。
CIMG0510

順調に実がついているように思うが。
本来ならここで
爽快な太陽光線をがっつり
浴びないといけないはずだが
本日もあいにくの曇り空

豚子の父親に言わすと
収量が今年は心配だそうだ。
楽豚のお昼は伸び続けているのは
この米のおかげでもある。

今日はスカッと晴れるかなぁ?

rakutonmaster at 07:27コメント(0)トラックバック(0) 
日々雑感 

2009年08月06日

冬瓜

小学校の頃もっとも嫌いだった野菜

冬瓜

ご飯のおかずにもならん 味無い
食った気ぃしない 量多い
食卓に上がった瞬間テンションが下がった。

けど今は大好きな野菜

冬瓜

この季節になると
前菜に食すと身体が落ち着くのが解る。
冬瓜自体の味は繊細なので
田舎料理では他の具材とあわして
しっかり味をのせています。
豚子の実家でよばれたのは
シーチキンと一緒に煮ていた。
結構美味しい。

けど私はいたってシンプル
羅臼の昆布で軽めに引き出した出汁と
高松商店の鰹だし
そして月ヶ瀬の椎茸の軸の味を
軽くのせる。
味付けは微量の薄口醤油と味醂のみ
後は冬瓜を弱火で静かに煮る。
そのまま一晩置いて
冷蔵庫で冷やす。
器も冷やしてから盛り付ける
夏の小鉢の定番

冬瓜の冷やし鉢

CIMG0508

冬瓜は96%が水分
そのため利尿効果もありムクミを抑える
効果もあります。
ビタミンCも豊富で
夏ばて防止に最高です。
冬まで保存が利くから冬瓜と
名がついたそうですよ。

なんで嫌いやったんやろう?

たぶん小学校のころ
利尿たらムクミなんて
考えもしないし
夏にばてることなんかなく
遊ぶことしか考えてなかったし
水分が多いたら少ないたら
どうでもえぇって
おかんの切り方デカイねん・・
腹が減っているから
ご飯にあうもん食べたいの
がっつり食べて早く遊びたいの!
そう思っていた。

あのころの身体はいずこへ・・

あんだけ嫌いで
けなしていた冬瓜
ぼろくそ言ってゴメンね
今は大好きです。
食べると身体の調子もよろしいです。
これからもよろしく!

冬瓜



CIMG0507


rakutonmaster at 07:46コメント(4)トラックバック(0) 
メニュー 
Archives
ホームページはこちらです