だんじり

2010年10月05日

雨の試験曳き 3

無事試験曳きは終わりました。
反省点も多々ありましたが
この最悪のコンディションでみんな怪我なく
よく頑張ったと思います。

身体が完全に冷えてしまったので
夜集合前に個々で風呂に入り着替え
少々疲れ気味で

やっぱり宴会
いやいや反省会です。
CIMG1574














最初はみんな疲れているので
静かでしたが
酒が入るとどんどん元気になりオッサンパワー全開です。
来年から若頭に入る新団の
挨拶が終われば今はほとんど見ることのない
一気!

そして一気コールは
もちろん

そうりゃ〜そうりゃ〜













なぜか昨年の若責塩見さんも一気
みんな大好きです。
CIMG1608














酒の中身は麦焼酎の芋焼酎わり・・・
危険すぎる・・
この時点で最後どうなるか予測できます。
CIMG1594














ハゲ4人組
可愛い後輩ですが彼らはほんまのハゲです!
私は坊主です。若いのに・・・・悲
CIMG1583














デブ三人組
若いのにハゲでデブ・・・悲しすぎる
でも楽しそう!
CIMG1584















するめを焼くのが大好きな忍ちゃん
車屋の社長です。
でも今はするめを焼く忍ちゃん!
CIMG1573















私の相方けんちゃん
酒では崩れませんが吐いて寝ます。
CIMG1585














そして麦焼酎の芋焼酎わりの効果が
出始めこうなり
CIMG1614














こうなり
CIMG1612















こうなり
CIMG1620















こうなり
CIMG1633
















こうなります!
CIMG1632
















毎回同じです!
でもこの仲間本当に大好きです。
この時間は私にとってとても大事な時間なんです!









rakutonmaster at 19:50コメント(0)トラックバック(0) 

雨の試験曳き 2

我が町 二田の前梃子は2組
たーちんとチーターは私たちより若いですが
前梃子のキャリアは長いのです。

チーターの前梃子さばきは天下一品です。
泉州地区ではトップクラスだと思います。
とても良い手本になります。

私とけんちゃんは後ろ梃子も
共にしてきたのでその分前梃子のキャリアは短く
前梃子歴はまだまだ

私の相方けんちゃんは二つ年上だが
家から20歩くらいの距離に住んでいた
幼馴染です。

私が大阪を出てからは祭りの時しか
会わなくなりましたが
気分は昔のまま変わりません。

前梃子は誰でもできる場所ではなく
相方が決まっていないとできません
なぜなら私は、けんちゃんには命を預けることが
出来ます。
けんちゃんの命は私が責任をもって
預かっています。
祭りの最中はアイトークもできます。
一瞬の隙がが命取りになる前梃子は
相方がとても大事!
スリルもありますがやりがいもあります。

前梃子にとって雨は危険がいっぱい
すべるは梃子も効きにくく
事故が多いので気が張ります。
とくに町内でのやりまわしは狭いので
大変です。

もっとも危ないタカギの一発目は
アウトに流れターチンはわずかの隙に逃げれたので
怪我はありませんでしたが
ドキッとしました。
CIMG1567














雨はどんどん激しくなるばかり
けど青年団は走ります!
CIMG1571














毎年やりながら青年団が走らんやら
後ろのタイミングが悪いやら
屋根の合図が遅いとか
言いながら反省点を見つけ出し
最終ぐらいに息が合い始め
のってきたときに祭りが終わるので
毎年来年はもっともっと
といいながら一年を過ごします。
同じ繰り返しですが
これが町の活性にもなり伝統が続く要素なんだろうなぁ〜

やっぱ祭りは最高です!
本番は晴れてほしい!





rakutonmaster at 19:09コメント(0)トラックバック(0) 

雨の試験曳き

岸和田祭りが晴れると
泉大津祭りは雨になるというジンクスがある。
まさに本日の試験曳きは雨

しかも大雨

私が前梃子になってから雨の確立が高い
おそらく半分は雨だと思う・・

晴れ男のはずなんだけどなぁ・・

しかし雨でもこの祭りは中止になりません。
私は祭りだけの参加ですが
地元の仲間はこの日のために
一年間いろんな準備をしてきたので
雨なんかで中止になるはずがありません。

まずはご祈祷から始まります。
私はこの感じが大好きです。
欅の神が息を吹き込んいるのが
解ります。
ここから試験曳き
本曳きと3日間
だんじりは目覚め五穀豊穣を祈り
地元の人間に精気を与えてくれるのだと
私は思っています。

私はここで一年分のパワーを頂きます。

まずはだんじりと前梃子にお祈りをします。
CIMG1556














この静粛感がいいのです。
CIMG1562
















青年団 十五人組 若頭 幹部
みんなが一つになる瞬間です。
CIMG1566














こうして雨の試験曳きが始まりました。







rakutonmaster at 18:37コメント(0)トラックバック(0) 

2010年10月03日

本日試験曳き!

とうとう祭りが始まった!
本日は日曜日ですが
試験曳きのためお休みさせていただきます。

申し訳ございません。

私の充電期間ということで
ご理解していただければ
幸いです。

さぁ今から大阪へ出発だぁ〜!

そうりゃ〜そうりゃ〜そうりぁ〜!

rakutonmaster at 07:33コメント(0)トラックバック(0) 

2010年09月27日

もうすぐ試験曳き!

毎度のことながら
毎年この時期は祭りのため
お店を休ませて頂くことが
沢山あります。

誠に申し訳ございません!

昨日も日曜日ですが
休ませて頂きました。
とても良い天気で
おそらく沢山のお客様が
お越しになられ
シャッター前のだんじりポスター付の
臨時休業を見て
ガックリされているお客様が
おられることを想像すると
申し訳なくてなりません。



私の根本でもあり
原動力でもある
生まれ故郷泉州泉大津二田町に
帰りだんじり仲間に一年に一回
この祭りで会うことにより
これからの一年分のパワーを
充電するための
補充期間なのです。

なにとぞこのお祭りバカの
ご理解どうぞよろしくお願いいたします。

今回は難波店もあるので
泉州に帰る前に
伊賀から難波
難波から泉州というコースが
多く昨日も朝ゴリと志野君の顔を見てから
二田に入りました。
難波店は看板や暖簾をかけたからか
いきなり爆発状態
沢山のお客様がご来店になったことを
ゴリから聞いております。

ありがとうございます!

まだまだ不慣れなところもあるとは
思いますがゴリ店長と難波店
スタッフ共々一生懸命頑張りますので
どうぞよろしくお願いいたします。

で大将の私は本日は充電中で
地元二田でブレーキテストと
若頭主催三団体の懇親会の準備です。
相方のけんちゃんと二人で
料理の準備です。
80人分なのでかなりの量です。

本日のメニューは
なんちゃっておでんと
モツの玉ねぎ煮込みです。

なんちゃっておでんは時間もあまりないので
出汁はしっかり強めに出して
火の通りやすい練りものと
とりもも肉のつくね
タコ 大根の小切り
なんちゃってのわりには
まぁ美味しく出来たと思います。
CIMG1533












そして思いつきメニューで
モツの玉ねぎ煮込み
玉ねぎは甘みのある淡路産
モツは牛シマ腸にテッポウ
赤せんミックス
特製みそタレを即興で作り
玉ねぎの水分だけで煮込みます。
自信作だけに失敗できません。
炊くこと30分途中で触ろうとする
卓郎や真也に怒りながら
様子をみる。

しかし途中様子がおかしいので
底をおたまでえぐるとざらっとした感触

焦げた・・・

シマッタぁ・・
鍋の薄さと火加減がうまくいかず
焦げてしまった・・
何とかできたものの
焦げ臭が気になるできでした。


くそ〜本番またリベンジしてやるぅ〜
CIMG1534









そして懇親会のスタート
なんとか間に合いました。
CIMG1530










乾杯〜!
CIMG1531










う〜ん充電してる〜
テントしたベニヤのテーブル
地元仲間!
この連中と飲むとなぜこんなに旨いのだろうか
ゴクゴク飲むビールは
まさに私の充電液!
CIMG1532










この仲間に出会えたこと
私の大きな財産です。

さぁ来週は試験曳き
頑張るぞぉ〜!







rakutonmaster at 07:39コメント(0)トラックバック(0) 

2010年09月22日

もうすぐ祭り!

久し振りに実家へ帰った
そう祭りの季節がやってきた。

大阪店の準備やらで
休むことなく動いていたので
久し振りのオフタイム

昨年はもっと祭りの準備に参加
していたのですが
さすがに今年はオープンもあり
本日初めての参加です。

だんじりファイターと会うのは
久し振りだが
それを感じさせないのがこの仲間!
先輩や後輩が「お帰りなさい」と
声をかけてくれる。
その一言が本当にうれしい

本日の仕事はつつみまき
これは我々前てこの仕事です。
CIMG1504










しっかりと親綱をまきしめつけていきます。
CIMG1509











それを青年団が右と左をバランスよく
ひっぱり締めつけます。
まさに人力!

今年初めてのだんじりそして
鳴りもんが身体の中に染みわたる
今年もやるぞ!と身体が熱くなりました!

一方若頭組はテントの設営
テントを張り
シートをひき
べニアのテーブルを並べたら
もちろん宴会
この日朝から夜の10時まで
ず〜〜〜〜〜と呑んでいました。
すごすぎる
オジサンだんじりファイター
CIMG1500











けどだんじりは大好き
青年団の鳴りものや
準備している姿を
少し羨ましそうにながめる若頭組でした。
CIMG1501











子供たちもお兄さんの姿をみて
いつか俺もだんじりに乗りたい
こんな光景をよく目にします。
CIMG1512












子供から青年そしてオジサン
女の子もギャルも奥さんも
じいさんばぁさんみんなが
この季節になるとワクワクできる町

ここで生まれてほんまによかったって
毎年この時期に思います。

今年もえぇ祭りになりますように!









rakutonmaster at 07:45コメント(0)トラックバック(0) 

2009年10月15日

祭り本番

朝五時集合
昨年は雨降る中
前日ビシッとハッピも用意していたが
いきなりビショビショ

しかし今年は試験曳きから3日とも晴天
清々しい曳き出しを迎える
若頭の幹部が塩と酒でみんなを清めてくれる
各責任者が鏡割りをして
全員に配られ乾杯
樽の匂いは私にとっては曳き出しの匂い
気合いが入った!
肋骨の痛みも感じない
神経が祭りに集中しているからだろう

さぁ!いったろかぁい!

曳き出しは青年団も気合いが入るので
出だし直線はかなり早い
私はこの瞬間が好きだ
コマの重みのある音
だんじりのきしむ音

普段こんな早くに起きて走るなんて
まず無い
祭りやからできるのだろう
一発目のやりまわしも決まり
今年は大きな事故も無く
順調に終わりました。

私は今年こそバシッと決めたいと
思っていた
カワバタホンダ
今年の七夕の願い事は
「カワバタホンダが決まりますように」
書いた。

だが梃子も早めに入れ
タイミングもバッチリだと思ったが
寄ってこない
どんどん壁が迫ってくる
相方が放してくれたのが見えたので
安心したが
かなり危なかった

くやしい

来年は絶対決めたるぞぉ!

今年同年の前梃子が引退することになった
彼は10年以上の前梃子キャリアがあるベテランだ
最後二発のやりまわしを
つま台から見さしてもらった
かなり大回りになりそうだったが
全体重を梃子にいれると
だんじりが寄ってくるのが
わかった。  すごい

練習は本番のみ
後はイメトレだけだ
また来年に向けて
イメージしまくろう。

祭りも終わった
また一年間だんじりはこの中で
眠りに入るのだ!
CIMG0665












次の日はみんなで片付け
その後お好み焼き屋で打ち上げ
昼間なのにアホほど飲む
私はこの日に帰らないといけないので
控えめにした
CIMG0663













私は祭りが好きなのは
この連中と一緒にいれることが
好きなんです。
40過ぎた男が
祭りが終わったら思いっきり泣ける仲間
素直に笑い怒り泣き
そんな仲間と共感できることが
私は幸せなんです!

みんなお疲れさんでした
そしてありがとう!

私は途中でぬけて
家で仮眠してから
とり串で焼き鳥を買ってから帰るとき
違う店で連中はまだ呑んでいた。





rakutonmaster at 08:09コメント(0)トラックバック(0) 

2009年10月13日

祭り前夜祭

朝からおでんの仕込みや買出しで
少々疲れ気味だが
日が暮れると共に
だんじりファイターが
集ってくる。

青年団の最後の鳴りもんの練習が
聞こえる

十五人組は昨年のビデオを見て
テンションを高めている

我ら若頭組は呑みでテンションを高めている。

明日は曳きだし5時集合だ
今年の私の目標は
前日あまり呑まない
早めに寝る
これが目標だ!

しかしみんなでいると楽しい
楽しいと呑む 騒ぐ 寝ない
けど私の今回の意志は固く
akiraお勧めの梅酒の午後ティ割りで
ボチボチしながら11時半には帰り
風呂につかり12時過ぎには床に入れた。
だが眠れない

前梃子をしてから前日熟睡した試しがない
緊張なのか不安なのかよく分からない・・・

実は今年の試験曳きの前に
身体のトラブルがあった
肋骨にヒビが入ってしまった
一定量の呼吸をすると痛い
ヒビぐらい対したこともないだろうと
過信していたが
試験曳きの後 身体がおかしかった。
鎮痛剤でなんとか痛みをしのいだが
明日梃子を入れたらどうなるだろう
心配だ

しかし明日はもうまじか

やるっきゃ無い!
そんなことを考えていると
結局今年も寝れずの
朝を迎えた。

相方と二人で地蔵さんに手をあわせ
お願いした。
どうか相方が無事でありますようにと・・


rakutonmaster at 21:48コメント(0)トラックバック(0) 

祭り前日2

おでんの出汁もバッチリ
牛スジ10キロ
竹輪120本
ひらてん120枚
ごぼてん120本
たまご120個
ひろうす120個
こんにゃく80枚
厚揚げ120個
じゃが芋1ケース

だんじりファイター仕込みだぁ〜
CIMG0656
   












CIMG0660












ド〜ン
本日の前夜祭と二日目の宮入で
食べちゃいます。
毎年余るのですが
今年は汁も残らず
足りないぐらいでしたぁ!
さすが高松商店の出汁がきいたようだ。

さぁ今夜は前夜祭だ
酒 ビールの準備もバッチリ
CIMG0651












同時に少しずつ明日の
緊張感がせまってくる。

そんな私を見て
同級生のakiraは毎年
飲み物やアテの変わったものを
提案してくれる
えぇ〜それってどうよって思うときも
あるが今回は悔しいがこれに
ハマッてしまいました。

午後ティと安もんの梅酒割り
CIMG0652












akiraいわく梅酒は
安もんでないとこの旨みは
でないそうだ。
ハマッてしまった私を見る
akiraの表情は憎らしいほど
自信満々だった。








rakutonmaster at 08:02コメント(0)トラックバック(0) 

祭り前日

毎年祭りの時は相方と二人で
炊き出しを任される。

二人とも料理が大好き
小学校の時も二人でお菓子を作ったりして
みんなに食べさせたりしたもんだ

その時から二人の気持ちは
一緒なのでこの仕事は
任されるというより
率先してやらしてもらっています。

祭りの時の食事は酒を呑むので
おかずにもなりアテにもなるものでないと
いけないのだ
だからおでんは必ず登場するのだ。

今年のおでんはグレードアップしよう!
出汁は楽豚ご用達
天満の高松商店から仕入れる
昆布は羅臼
カツオは厚切り節
そのまま食べても充分あてになる
贅沢出汁ブレンドを高松さんにお願いしました。
そして醤油は三重県島ヶ原
本格樽仕込みのはさめず醤油でいこう!
酒は純米酒をたっぷり煮切ってしまえぇ〜
コスト意識ゼロだよ〜ん!
CIMG0658












みるみる出汁がでます。
えぇ匂いやぁ〜

出汁をじっくり出している間に
佐野漁港の市場に仕入れに行く。
泉州は蝦蛄が上がる
子供のころ
ゴミ袋を横に無心で山盛りの蝦蛄を食べた
三重に来てから蝦蛄に出会うことがない
あってもパックで15から16匹くらいで
300円以上する
その感覚は泉州人には無い
トロ箱一杯なんぼが当たり前だ
CIMG0654












昔より値段は上がったが
いまでも大ざる盛り一杯500円だ
安いぜ!
みんなで食べるから
大ざる8杯購入

CIMG0657












今夜の前夜祭用だが
仕込みながらどんどん減っていくのだ
私も食べ過ぎて
口の中がギタギタになってしまいました。

しかしこの生き物を初めて食べはった人
だいぶチャレンジャーやなぁ〜




rakutonmaster at 07:24コメント(0)トラックバック(0) 
Archives
ホームページはこちらです