スウェーデンのパトリック・サンデルが、ミニと契約を交わし、来月のラリースウェーデンで自身初となるワークスシートを得ることになった。

- ソース:MaxRally | News | Sandell gets Mini seat for Sweden
元ジュニア世界ラリー選手権チャンピオンのサンデルは、ダニエル・ソルドのチームメイトとしてプロドライブが運営するワークスチームから出場する。今シーズンのワークスシートをペイドライバーに明け渡しているクリス・ミークにとってはさらなる痛手となった。

サンデルの出場は、最近新しく立ち上げられたスウェーデンラリーチームの一部。1984年以来となるスウェーデンのラリーチームは、スウェーデンの有名ラリースト、スティグ・ブロンクビストやビョルン・ワルデガルドらに支援を受けている。

29歳のサンデルは、昨年のラリースウェーデン総合11位以来WRCから遠のいていた。2011年の彼は、インターコンチネンタルラリーチャレンジに加え、中国選手権の数戦にも出場した。

彼は公式ツイッターで「ミニ・プロドライブからラリースウェーデンだ。素晴らしい!」とつぶやいた。

ラリースウェーデンでミニ ジョン・クーパーワークス WRCのステアリングを握るスウェーデン人は、サンデルだけではない。二度のスウェーデンツーリングカー選手権チャンピオンであるリチャード・ゴランソンが、グループN三菱 ランサーでのWRCデビュー戦総合17位から12ヶ月ぶりにミニを駆る予定だ。


1/43ダイキャストモデル トヨタ セリカ GT-Four(#3)1990 サファリ / B.ワルデガルド
1/43ダイキャストモデル トヨタ セリカ GT-Four(#3)1990 サファリ / B.ワルデガルド