Ramblin_naofish

2016年05月

もうそろそろ?ということで、大野さんとカヤックで中紀チヌトップ!!

image



当日は風もなくカヤック日和♪さっそく入水…やっぱり水上は気持ちいい-!

image






早速釣り開始…っと?遠くで大野さんヒットー!!

ん?!バシャバシャ!バシャバシャ!
豪快なエラ洗い?!チヌってあんなんやったっけ?(笑)と近寄ると…



ヒラスズキ!!(笑)こんな上流で?こんな朝2に?ポッパーに?(笑)不思議な感じでしたが、大野さんはビックファイト!!楽しそう!!

そして無事ランディング!!

image


70-Pのアヒルちゃんがちょこんとアゴ下に掛かってます(笑)

image



70クラスの良型でした(笑)うらやましい~(笑)




朝から良いの見せてもらい、スイッチオン(笑)

プカプカ流れに乗りながら打っていくと、ワンド奥でチュプッとバイト!このバイトは黒鯛やなぁ~とファイトすると見えたのはキビレ!!良く走るので楽しんで楽しんで(笑)

image




ホッとひと安心(笑)

しかしあとが続かない^^;



気分転換に、ヒラスズキでも喰わないかな?と放ったロリベ55にアタリ!ヒラきたー!

と掛けるも何かが違う(笑)



寄せると、なんと本命の黒鯛でした(笑)

image



あらま(笑)でもなんだか嬉しかったり(笑)






その後は大野さんが、激シャローでキビレ追加!!往年の名カラー、チャートマウスフナムシで(笑)

image





微妙な感じで、納竿。しかし、朝の大野さんのヒラスズキでなんだか今日はこちらまで満足したのでヨシと(笑)

またハイシーズンに行こっと♪

image

僕の熊野ロックフィッシュの師匠こと葛原さんのお誘いで熊野オオモンチャレンジ!!

前回はオオモンは釣れたものの、オオモンのオオモンが釣りたい!ので40cmオーバー、はたまた50クラス?を目指して熊野入り。




今回は沖磯。寝坊してしまい、朝2で磯へ。

先行してた葛原さんはさすがにオオモン、アカハタ、を手にしていました。


雰囲気ムンムン、いつオオモンがきてもおかしくない感じに、張り詰めて緊張感漂う中、さっそく釣り始める。

しかし、巻きでは当たらず。ボトム着底でアカハタがバイト。今年の冬発売予定のドリームシャッドで。

image





ボトムをとればアカハタが釣れるのが分かっていますが、ここはオオモンに狙いを定めて釣りを続ける。

キャスト後、ボトムをとって、10~15巻、再度ボトムをとり10~15巻。足元のかけ上がりに注意しながら巻き回数を減らしたりしながら調整して釣っていくも、反応はなし。




見かねた葛原さんの判断で磯変わり。

ここも雰囲気はかなり良い感じ。ベイトも各所で見られ、期待はもてそう。昼ごはんを挟みながら、磯をぐるりと調査。




またしても反応は薄いままでしたが、葛原さんにヒット!「オオモンきた!!」と瞬時に判断し、手にしたのは40に迫る良型。

image



さすが!オオモンのみに狙いを絞り熊野を駆け回る孤高のロックフィッシュハンター。反応は薄いながらも狙い撃ちし、本命を手にするのは尋常ではない経験と集中力の賜物。本当に素晴らしいとしかいいようがない。



まだ居るかも!という葛原さんのアドバイスで同じエリアを撃つと、2回ほどバイトがあるもものにできず…。

時間も迫り、オカズ狙いにシフト(笑)アカハタはぽつぽつ釣れてくれ傷ついた心を癒やしてくれました(笑)

image





そしてタイムアップ…。帰着し、次はショアから!と葛原さんの案内でアタック!!
毎度ながら磯までの路が激しすぎる(笑)そしてなかなかの距離!!

朝夕毎日、磯に繰り出す葛原さん(笑)毎行ってもなかなか結果出ないよと、苦笑いしながら話しながらも、50オーバーはもちろん、40オーバーは数知れず。
再現性の厳しい、ベイト付きのオオモンハタを狙い続ける、オットコマエな尊敬するアングラーです。




というわけで、到着した磯は前回に案内してもらったポイント。熊野はどこでも雰囲気がヤバいですが、そこはやっぱりオオモン。一筋縄ではいきませんでした。アカハタを釣って、今回のチャレンジは終了となりました。

今回も葛原さんにお世話になりっぱなし、感謝です!ありがとうございました♪



次回はハイシーズンにリベンジ!!

image


ドリームシャッドの成長も気になるところです!!

南紀入りしてたトンさんと、竹下くん、で北上しながらチヌ行脚!


image


僕、トンさん、竹下くん、はPowersevenとクロナッツの3人お揃い!(笑)



河川、港湾、をランガンするも、バイトまであと数cmでいたらなかったり、ノー感じだったり。チヌは無数にいるも…それがチヌトップ(笑)気分次第だからいつも困ります^^;

とりあえず昼ごはんは、いつものリーファでホルモン丼!(笑)

image


image





気を取り直し、現地でセブン君と合流。もしかしたらデイでもいける?というセブン君の誘いに乗ってデイズル(笑)


image


デイは小さくても嬉しいですね!!
ちぬつるやつ4g!





その後、トンさんは帰路につき、再度反応のあったポイントへいくと、セブン君のクロナッツにチビレ(笑)なんだかかなりバイトしてきてます(笑)!

image





だんだん歩を進めていくと、キタ!と竹下くん!!激しいバイト音と同時にファイト!

そしてやっと手にできた黒鯛はクロナッツを丸呑みでした。良かったね!!

image





今回は様々なポイントを駆け回りましたが、黒鯛は1匹…。真夏のハイシーズンにもう1度皆で楽しみたいもんですね♪

image


今年も記録は更新できなさそうな磯ヒラ。

前回のチャンスを逃した時点で…^^;



最近、最後の一手として投げる、タックルハウスのビットストリーム95FMD。


サイズ感と、水深のあるポイントで少しだけレンジを入れるため。




前回の余裕の自己記録級をバラしたときも、コレだったので、よく使うようになりました。

元々、本流でサクラマスなどを狙うためにつくられたということもあり、サラシの中の複雑な流れにもバランスよく泳いでくれ、足元までキッチリと探れます。

image





個人的にはできるだけ水面、水面直下でバイトシーンを見たいのですが、ここぞという時には投げてしまいます(笑)

image


毎年楽しみなターゲット、シロギス。

5月入って穏やかな日はついつい癒されにいってしまいます(笑)

砂浜の女王ですが、ライトゲームタックルで漁港でチョイ投げが楽で良い(笑)



まだチョイ投げでは早いかな?と思いながら、義弟と南紀漁港ランガン…(笑)なぜなら、微妙に釣れないから(汗)


義弟の家族分なら楽勝やー!と開始前には言ったもののポツリポツリ…^^;




思い当たるフシを駆け回って、なんとか夕食の分は釣れました(笑)

あー楽しかった♪


image


Go-Phish P2

このページのトップヘ